よろ づ 意味。 あなたはどう読む?「せろん」と「よろん」の違いを解説

あなたはどう読む?「せろん」と「よろん」の違いを解説

よろ づ 意味

「せろん」と「よろん」の違いは、それぞれの 言葉の意味です。 「せろん」とは一般の人々の感情的な意見を指しますが、「よろん」は多数の人々による議論に基づく意見を指します。 意味は違っていても、読み方としては、現代ではどちらも正しいですが、理由は後ほど説明します。 せろん 「せろん」は日本語だと意味が分かりにくいですが、英語にしてみるとより明確になります。 このことから、「せろん」は 専門知識のない一般の人の、感情的な意見のことだといえます。 例えば新聞などの世論調査は「よろんちょうさ」と読みますが、実際は国民の感情的な意見を数字にしたものです。 よろん 「よろん」は実は昔は「輿論」と書いていましたが、昭和21年に新しい常用漢字表が作られたときに「輿」が外されました。 その代わりに「与論」と表記されるようになり、その後「世論」となりましたが、なぜ「与」をあてた後に「世」となったのかについては、調査をしたものの明確な答えを見つけることができませんでした。 「よろん」の「輿」という漢字は、お神輿 おみこし に使われています。 お神輿は多くの人の力で持ち上げられますが、そこから人やものを持ち上げる台を表し、「みんな」という意味も生じました。 その結果「よろん」とは、世間一般の人々に共通した意見という意味になりました。 つまり、 世間一般の人々の共通した意見や、多数の人々の正しい知識に基づいて、議論した意見だといえます。 まとめ この記事では、「せろん」と「よろん」の違いを説明しました。 以下のまとめで確認してみましょう。

次の

花札の謎シリーズ! 赤短『あかよろし?』

よろ づ 意味

「せろん」と「よろん」の違いは、それぞれの 言葉の意味です。 「せろん」とは一般の人々の感情的な意見を指しますが、「よろん」は多数の人々による議論に基づく意見を指します。 意味は違っていても、読み方としては、現代ではどちらも正しいですが、理由は後ほど説明します。 せろん 「せろん」は日本語だと意味が分かりにくいですが、英語にしてみるとより明確になります。 このことから、「せろん」は 専門知識のない一般の人の、感情的な意見のことだといえます。 例えば新聞などの世論調査は「よろんちょうさ」と読みますが、実際は国民の感情的な意見を数字にしたものです。 よろん 「よろん」は実は昔は「輿論」と書いていましたが、昭和21年に新しい常用漢字表が作られたときに「輿」が外されました。 その代わりに「与論」と表記されるようになり、その後「世論」となりましたが、なぜ「与」をあてた後に「世」となったのかについては、調査をしたものの明確な答えを見つけることができませんでした。 「よろん」の「輿」という漢字は、お神輿 おみこし に使われています。 お神輿は多くの人の力で持ち上げられますが、そこから人やものを持ち上げる台を表し、「みんな」という意味も生じました。 その結果「よろん」とは、世間一般の人々に共通した意見という意味になりました。 つまり、 世間一般の人々の共通した意見や、多数の人々の正しい知識に基づいて、議論した意見だといえます。 まとめ この記事では、「せろん」と「よろん」の違いを説明しました。 以下のまとめで確認してみましょう。

次の

あなたはどう読む?「せろん」と「よろん」の違いを解説

よろ づ 意味

みなさんこんにちは、大石天狗堂の広報の藤澤です。 よろしくお願い致します。 さてさて、花札シリーズ第三弾として取り上げるのは、 花札の赤短(アカタン)についてです。 赤短とは (松、梅、桜)の5点札のことで、さらに 赤い短冊に字の書かれている物をこう呼びます。 この三種以外に 赤い短冊【藤、杜若(菖蒲)、萩、柳】がありますが、アカタンと言わず、ただタンといいます。 この赤短に書かれている文字。 『あのよろし』と書かれているように見えますが 実は違うんです。 『あかよろし』と読むのが正解です。 よく見ると『あ』と『の』の間に、チョンと書き込まれています。 むかしの『か』は、このように書いて『か』と呼んでいました。 変体仮名(旧仮名)とも言い、Windowsのフォントにはあまり見かけませんが、「Koin変体仮名」「奔行かな」という市販されているフォント(印刷屋さんが買うのかな?)にはあります。 では、実に素晴らしいとは、何が素晴らしかったのでしょう。 実はよくわかりません。 それもそのはず、これは昔、百人一首の歌人でも有名な喜撰法師の詠んだ和歌の一部『志(し)かそすむ』と、変体仮名で書かれていたものを、写し間違えたとの説もあるからです。 『し』=『志』と書かれていたもの。 わが庵は 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり 喜撰法師 (明治の初め頃まで、花札はご禁制の品でしたから、役人に見つかっても言い逃れする為に 百人一首などの和歌を使い、擬装していたのかもしれません。 あくまで筆者の想像ですが…) では、なぜこの喜撰法師の和歌を松と梅に使ったのか。 明治以前の札には(松・梅・藤・芒・楓)の赤短2枚ずつに、短歌が上の句と下の句と分けて 書かれていたそうですが、確証の無い話になってきますので、やめておきます。 赤タンからすごく話が飛躍しましたが、筆者は歴史家でもないので、あくまでちまたのうわさ等を参考にしております。 シリーズ一覧 #花札あのよろし #あのよろし #あかよろし #喜撰法師 #変り過ぎ.

次の