宇宙編 2章。 【にゃんこ大戦争】宇宙編 第2章 攻略解説 TOP

宇宙編 第3章23 デネブ 無課金攻略 にゃんこ大戦争|にゃんこ大戦争攻略ノート

宇宙編 2章

スポンサーリンク 宇宙編 第3章 デネブ 出撃制限 宇宙編 第3章 デネブは出撃制限なしなので、通常のステージと同じように編成できます。 宇宙編 第3章 デネブ無課金攻略に使用したアイテム 宇宙編 第3章 デネブ無課金の攻略はノーアイテムで行いました。 宇宙編 第3章 デネブ無課金攻略立ち回り 開幕からルーパーウーパーが出てくるので大狂乱ゴムを生産。 波動を出させます。 波動を出せばルーパーウーパーはノックバックまで動かないので放置でOKです。 エイリワンを引きつけて壁とネコ超特急を生産してお金を貯めます。 スターベンが出てくると少しずつ押され始めます。 この辺で宮木武蔵を生産。 スターベンは複数出てくるので、壁を出しつつ処理。 スターベンは単体攻撃で、壁は3枚いるので押される可能性は低いです。 スターベンの処理が終わったら進軍していきます。 覚醒ムートを生産。 ルーパーウーパーはノックバックして攻撃できなくなるので、もっと早く覚醒ムートを生産してよかったですね。 ルーパーウーパーを処理したら、そのまま城を破壊してクリアです。 これで、「宇宙編 第3章 デネブ無課金」の攻略は完了です。 次ステージの攻略記事はこちらから。 宇宙編 第3章 デネブ無課金攻略動画 攻略動画は以下になります。 createElement 'script' ; ad. dataset. googlesyndication. getElementsByTagName 'script' [0]; sc. parentNode. removeEventListener 'scroll', onLazyLoad ; window. removeEventListener 'mousemove', onLazyLoad ; window. removeEventListener 'mousedown', onLazyLoad ; window. removeEventListener 'touchstart', onLazyLoad ; window. addEventListener 'scroll', onLazyLoad ; window. addEventListener 'mousemove', onLazyLoad ; window. addEventListener 'mousedown', onLazyLoad ; window. addEventListener 'touchstart', onLazyLoad ; window. addEventListener 'keydown', onLazyLoad ; window.

次の

【にゃんこ大戦争】宇宙編 第2章 攻略解説 TOP

宇宙編 2章

編成(名前は左から右の順番)• 1ページ目:ネコモヒカン、狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、ムキあしネコ、ネコキングドラゴン• 2ページ目:ネオサイキックネコ、ネコジャラミ、ネコヴァルキリー・真、狂乱のネコムート、タマとウルルン• にゃんコンボ:なし• アイテム:ネコボン• 壁役:ネコモヒカン、狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ• 遠距離攻撃:ムキあしネコ、ネコキングドラゴン、狂乱のネコムート、タマとウルルン• エイリアン妨害役:ネオサイキックネコ、タマとウルルン• 反逆のヴァルキリー対策:ネコジャラミ• エリザベス56世対策:ネコジャラミ、ネコヴァルキリー・真• クマンチュー対策:狂乱のネコムート• 遠距離から範囲攻撃ができる「ネコジェンヌ」や、波動対策としても使える「狂乱のネコダラボッチ」などがおすすめだ。 対策キャラクター紹介 1. ネオサイキックネコ :ガチャ限定のレアキャラクター「サイキックネコ」の第2形態。 エイリアンの動きをたまに遅くする特殊能力を持っている。 体力や攻撃力などは低いが、攻撃射程が長いため、前線で意外と生き残ってくれる。 エイリアン妨害役は激レア以上のキャラクターが多いため、比較的入手しやすい点もメリットだ。 タマとウルルン:レジェンドストーリー「脱獄トンネル」クリアで入手できる「ウルフとウルルン」の第2形態。 体力や攻撃力が高く、遠距離範囲攻撃、攻撃速度も速いという高性能ぶり。 属性に関係なく敵をふっとばせる特殊能力も強力。 このステージではダメージソースと妨害を同時に担ってくれるので、いかに維持するかが重要だ。 このパーティーでの戦術 ネコムートはクマンチューが出現するまで温存:反逆のヴァルキリーとクマンチューが同時に前線にいると、攻撃がかなり苛烈になる。 ほかに敵が多いこともあり、ネコムートでまとめて攻撃していきたいところだが、投入が早すぎるとクマンチュー出現までに撃破されるリスクがある。 ネコムートは、クマンチューの出現を確認してから生産しておこう。 ネコジャラミはクマンチューがいないときに:攻撃力の高いクマンチューが前線にいると、さすがのネコジャラミでも耐えるのは難しい。 攻撃できずに倒されることも多いため、お金がもったいない。 ネコジャラミの投入はクマンチューがいないときにしておこう。 壁役でタマとウルルンを守ろう:前にズンズンと進むような敵がいないこともあり、タマとウルルンで敵を定期的にふっとばすことができれば、敵拠点付近に釘付けにできる。 ダメージソースであるウルルン自身や、ネコムートなどが被弾しにくくなるので、素早いステージクリアにつながるだろう。 ボス出現後は、壁役を常に生産し続け、全力でタマとウルルンを守ろう。 反逆のヴァルキリー:ネコヴァルキリーがエイリアンとして登場。 攻撃射程などはいつも使っているネコヴァルキリーと変わらないが、攻撃速度が非常に速いのが特徴。 また、ボスらしく体力や攻撃力も高い上、体力が少なくなると攻撃力が上がる特殊能力を持っている。 多くのキャラクターを一撃で倒されてしまうことだろう。 かなり危険な存在だが、攻撃範囲に味方がいると、その場で攻撃し続けるという特徴がある。 壁役が常にいる状態にすれば、その場に釘付けにすることもできる。 タマとウルルンでふっとばしている間に、ネコムートなどでどんどん削っていこう。 エリザベス56世:「エリザベス2世」のエイリアンバージョン。 高速で波動を発動してくる難敵で、反逆のヴァルキリーとともに前線にいると非常にやっかい。 一方で、反逆のヴァルキリーの倒した壁役を狙って攻撃することも多いため、波動が空振りすることも多い。 壁役を生産して空振りを誘いつつ、遠距離攻撃でダメージを与えていこう。 クマンチュー:長めの射程と高い攻撃力が脅威となる「クマ先生」のエイリアンバージョン。 体力が少なくなると攻撃力がさらに上がるため、反逆のヴァルキリーと攻撃が重なると前線を壊滅されかねない。 あまり長時間戦いたくない相手なので、壁役で進攻を止めつつ、ネコムートやタマとウルルンで遠くから大ダメージを与えていこう。

次の

マンスリーミッションの宇宙編1章敵キャラ出現一覧

宇宙編 2章

編成(名前は左から右の順番)• 1ページ目:ネコモヒカン、狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ、ムキあしネコ、ネコキングドラゴン• 2ページ目:ネオサイキックネコ、ネコジャラミ、ネコヴァルキリー・真、狂乱のネコムート、タマとウルルン• にゃんコンボ:なし• アイテム:ネコボン• 壁役:ネコモヒカン、狂乱のネコビルダー、狂乱のネコカベ• 遠距離攻撃:ムキあしネコ、ネコキングドラゴン、狂乱のネコムート、タマとウルルン• エイリアン妨害役:ネオサイキックネコ、タマとウルルン• 反逆のヴァルキリー対策:ネコジャラミ• エリザベス56世対策:ネコジャラミ、ネコヴァルキリー・真• クマンチュー対策:狂乱のネコムート• 遠距離から範囲攻撃ができる「ネコジェンヌ」や、波動対策としても使える「狂乱のネコダラボッチ」などがおすすめだ。 対策キャラクター紹介 1. ネオサイキックネコ :ガチャ限定のレアキャラクター「サイキックネコ」の第2形態。 エイリアンの動きをたまに遅くする特殊能力を持っている。 体力や攻撃力などは低いが、攻撃射程が長いため、前線で意外と生き残ってくれる。 エイリアン妨害役は激レア以上のキャラクターが多いため、比較的入手しやすい点もメリットだ。 タマとウルルン:レジェンドストーリー「脱獄トンネル」クリアで入手できる「ウルフとウルルン」の第2形態。 体力や攻撃力が高く、遠距離範囲攻撃、攻撃速度も速いという高性能ぶり。 属性に関係なく敵をふっとばせる特殊能力も強力。 このステージではダメージソースと妨害を同時に担ってくれるので、いかに維持するかが重要だ。 このパーティーでの戦術 ネコムートはクマンチューが出現するまで温存:反逆のヴァルキリーとクマンチューが同時に前線にいると、攻撃がかなり苛烈になる。 ほかに敵が多いこともあり、ネコムートでまとめて攻撃していきたいところだが、投入が早すぎるとクマンチュー出現までに撃破されるリスクがある。 ネコムートは、クマンチューの出現を確認してから生産しておこう。 ネコジャラミはクマンチューがいないときに:攻撃力の高いクマンチューが前線にいると、さすがのネコジャラミでも耐えるのは難しい。 攻撃できずに倒されることも多いため、お金がもったいない。 ネコジャラミの投入はクマンチューがいないときにしておこう。 壁役でタマとウルルンを守ろう:前にズンズンと進むような敵がいないこともあり、タマとウルルンで敵を定期的にふっとばすことができれば、敵拠点付近に釘付けにできる。 ダメージソースであるウルルン自身や、ネコムートなどが被弾しにくくなるので、素早いステージクリアにつながるだろう。 ボス出現後は、壁役を常に生産し続け、全力でタマとウルルンを守ろう。 反逆のヴァルキリー:ネコヴァルキリーがエイリアンとして登場。 攻撃射程などはいつも使っているネコヴァルキリーと変わらないが、攻撃速度が非常に速いのが特徴。 また、ボスらしく体力や攻撃力も高い上、体力が少なくなると攻撃力が上がる特殊能力を持っている。 多くのキャラクターを一撃で倒されてしまうことだろう。 かなり危険な存在だが、攻撃範囲に味方がいると、その場で攻撃し続けるという特徴がある。 壁役が常にいる状態にすれば、その場に釘付けにすることもできる。 タマとウルルンでふっとばしている間に、ネコムートなどでどんどん削っていこう。 エリザベス56世:「エリザベス2世」のエイリアンバージョン。 高速で波動を発動してくる難敵で、反逆のヴァルキリーとともに前線にいると非常にやっかい。 一方で、反逆のヴァルキリーの倒した壁役を狙って攻撃することも多いため、波動が空振りすることも多い。 壁役を生産して空振りを誘いつつ、遠距離攻撃でダメージを与えていこう。 クマンチュー:長めの射程と高い攻撃力が脅威となる「クマ先生」のエイリアンバージョン。 体力が少なくなると攻撃力がさらに上がるため、反逆のヴァルキリーと攻撃が重なると前線を壊滅されかねない。 あまり長時間戦いたくない相手なので、壁役で進攻を止めつつ、ネコムートやタマとウルルンで遠くから大ダメージを与えていこう。

次の