追加給付 簡易計算。 雇用保険追加給付の給付金額や自分が対象者かどうかを調べる方法は?

雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い(口座確認)が届いた。しかも二通。

追加給付 簡易計算

基本手当(失業手当)• 高年齢求職者給付• 特例一時金• 就職促進給付• 高年齢雇用継続給付• 育児休業給付• 介護休業給付• 教育訓練支援給付金• 就職促進手当• ) 2.いつもらえるのか 雇用保険関係の追加給付が支給される時期は、 「給付決定当時手当受給中だった方」と 「過去に受給していた方」で異なります。 1 給付決定当時受給していた方の場合 給付決定当時、基本手当(延長給付・傷病手当)、育児休業給付、介護休業給付、教育支援給付金を受給していた方の「追加給付のお知らせ」と「支払い開始時期」は、3月中の失業認定の際に「追加給付のお知らせ」が渡され、2019年4月~6月にかけて支給されています。 15年くらい前の失業保険の追加給付の書類きたんだけど、、、66円!!!! 郵送代と振込手数料の方が高いよね。。。 そしてによると、高年齢雇用継続給付、育児休業給付を給付されていた方を除く対象者20. 1万人の方には、 全員に対して支払い済みとのことです。 2 過去に受給していた方の場合 お知らせ開始時期 2019年10月頃から順次 追加給付の支払い開始時期 2019年11月頃から順次 によると、追加の支払いの対象が約1,900万人にのぼることから、 「お知らせ」の送付までに数か月かかることもあるとのことです。 対象者であってもお知らせが届くまでには、まだしばらくかかるかもしれませんね。 3.給付を受ける場合の手続き 1 手続きの流れ 雇用保険関係の追加給付に該当する場合(過去に受給していた方)は、• 追加給付のお知らせが郵送されてくる。 必要事項を記入して返送する。 追加給付金が口座に入金される。 という流れになっています。 2 届く郵便には2種類の違いがある 厚生労働省から届く封筒の色は2種類あります。 その違いは、本人が特定できているかどうか。 黄色い封筒は本人が特定できている場合• は青い封筒は本人が特定できておらず、本人確認が必要な場合 3 返送前に念のために確認を 追加給付決定のニュースから1年近く経ったので、すっかり忘れている人や、そもそもこのニュースを知らかなった人もいるでしょう。 そんな人が突然お役所からの通知を受け取れば、詐欺ではないかと疑うこともあるでしょうし、中には詐欺のものもあるかもしれません。 慌てて送り返したり捨てたりする前に、送り主や返信先は厚生労働省の公式サイトで確認しておきましょう。 (2020年5月) どうやら、受給期間が長めだったからか2,000円くらいもらえそうです。

次の

雇用保険の追加給付に関するお知らせとお願い(口座確認)が届いた。しかも二通。

追加給付 簡易計算

保険の種類 対象人数 給付額 雇用保険(失業給付など) 約1,942万人 約280億円 労災保険(年金給付) 約27万人 約240億円 労災保険(休業補償) 約45万人 約1. 5億円 船員保険 約1万人 約16億円 事業主向けの助成金 約30万件 約30億円 そもそも給付額はどのように決められているのか 失業保険(失業給付)の額は、毎月勤労統計調査で調査されている「毎月決まって支給される給与」の前年度の平均額をもとに各上限額や下限額が決められ、1日あたりの給付額が算出されています。 なぜ給付額が少なくなってしまったのか 毎月勤労統計調査は、賃金、労働時間及び出勤日数の変動を明らかにするために厚生労働省が行っているもので、全国を対象に毎月行われる全国調査、都道府県別に毎月行われる地方調査、従業員が1~4人の会社に毎年7月に行われる特別調査があります。 このうち全国調査と地方調査は本来、従業員が5~29人、30~499人の会社はそれぞれ無作為で抽出し、従業員が500人以上の会社は全て調査することになっています。 ところが平成16 2004 年から平成29 2017 年にかけて東京都に関して従業員が500人以上の会社を全て調査せずに約3分の1ほどしか調査していませんでした。 これにより前述の「毎月決まって支給される給与」が本来よりも平均で0. 【スポンサーリンク】 対象者と受け取れる金額について 雇用保険関係は平成16 2004 年8月以降、労災保険関係は平成16 2004 年7月以降、船員保険は平成16 2004 年8月以降に以下の給付を受給した方が対象です。 ただし、時期や賃金日額によっては再算出しても同じ額となるために追加給付の対象とならない場合があります。 厚生労働省のサイトにある「簡易計算ツール」で受け取れる見込み金額がわかります。 (別のタブで開きます)•

次の

【雇用保険追加給付】あなたも対象者かも?!誰が、いつから、いくらもらえる??

追加給付 簡易計算

50代、55歳で早期退職をし、現在失業保険(雇用保険)を受給中の私。 先日、厚生労働省が長年に渡って不適切な統計調査をしていたがために、追加で給付されることになった雇用保険基本手当が振り込まれているのを確認しました。 その額がやたら細かい……。 <後日追記> 2019年12月より、過去に失業保険を受給した方々にも「雇用保険に関する大切なお知らせです」と書かれた書類が届いています。 私の場合はこの問題が発覚した後に失業保険を受給したので、手続きの途中で金額が訂正され、早々に不足分が支払われました。 それを前提にお読みください。 尚、還付金詐欺に騙されないよう、届いた手紙が正しいものなのか十分に注意してください。 連絡先が厚生労働省以外の場所になっている、電話連絡が必要と書かれている、口座のパスワードを聞いている等々の記述があったら要注意ですよ! 厚生労働省お問合せ専用ダイヤル 0120-952-807 323円の追加給付が振り込まれているのを確認した。 追加給付分の振込を確認。 一時期騒ぎになっていた厚生労働省が長年に渡って不適切に統計調査を行っていた件。 このことについては、3月の失業認定日にハローワークで既に説明を受けていました。 私の場合、3月18日以降は既に正しい基本手当日額で計算されていたので、追加給付分は、2月14日~3月17日の 32日分/150日。 そして今回銀行口座に振り込まれていた金額は、 323円。 調べてみたところ、どうやらこの3円は以下の「加算額」に当たる金額ということが判明。 <厚生労働省HPより> Q:追加給付の加算額とは何ですか。 なぜ支給するのですか。 いくら位もらえるのですか。 A:今般の雇用保険・労災保険等の「追加給付」については、過去に行われた給付額と本来であれば給付されていた金額との「差額」に、 その「差額」が現在価値に見合う額となるようにするための金額を「加算額」として給付することとしています。 額は給付の種類や受給の時期などによってそれぞれ異なることとなります。 なるほどーと思っていたら、特定記録郵便で「追加給付支給決定通知書」なるものが自宅に届きました。 ここにも「加算額」の説明が書いてありました。 しかし、たった323円の振込のために、ひょっとして銀行に振込手数料を支払っているのかしら? もしもそうだとしたら、その手数料総額はいったいいくらになってしまったのかしら? 特定記録郵便の料金もバカにならないし。 なんかもったいないですな。 まとめ。 なんだかんだ言っても、国の統計調査って実務担当者からしたら本当に大変なことだと思うので、不手際があったことについてはあまり責める気にもなれません。 追加給付の作業もさぞかし大変だったことでしょう。

次の