キャットウーマン。 キャットウーマン : 作品情報

キャットウーマン : 作品情報

キャットウーマン

キャットウーマンのネタバレあらすじ:起 化粧品会社の広告デザイナーとして働くシャイで平凡なペイシェンス。 仕事に情熱も持てずに日々を過ごし、新製品のデザインは社長であるジョージに酷評され、やり直しをすることに。 意気消沈するペイシェンスでしたが、ひょんなことから誠実でハンサムな刑事トムと出会います。 お互いに惹かれ合うもののペイシェンスは自信が持てずなかなかアピールできずにいます。 そんな中ペイシェンスは遅くまで残って完成させたやり直しのデザイン案を持ってジョージのもとを訪ねます。 しかしそこでジョージと彼の妻ローレルが新商品ビューリンの恐ろしい副作用について話しているのを聞いてしまいます。 立ち聞きしているのに気付かれたペイシェンスは彼らの部下に殺されてしまいます。 しかし彼女のもとに1匹の猫が現れペイシェンスを生き返らせ、彼女にキャットウーマンとして力を与えます。 キャットウーマンのネタバレあらすじ:承 復活を遂げたペイシェンスは自分自身に何が起こったのかわからず不安定な日々を過ごします。 以前のように引っ込み思案ではっきりと物事を言えない自分。 かと思うとはっきりと主張し、ボスであるジョージに対する鬱憤を本人に言葉にしてしまう自分。 自分の中に2人の人間がいるようで戸惑います。 そして彼女は自身の周りをうろついていた猫エジプシャン・マウの飼い主の女性のもとを訪れます。 彼女から不思議な力の話を聞きそのの能力を自覚しキャットウーマンとして自分が何故命を落としたのか調べ始めます。 断片的な記憶を辿り彼女はジョージとローレルの部下を捕らえ自分の死とビューリンが関係していることを聞き出します。 そしてビューリンの秘密を探るべく研究所に潜入するとそこにはすでに殺された開発者の姿が。 そしてその現場を通報され彼女は人殺しの濡れ衣を着せられてしまいます。 キャットウーマンのネタバレあらすじ:転 自分が死んだ日のことを思い出したペイシェンスはビューリンの発売を阻止しようと動きだします。 ジョージのもとへと向ったペイシェンスはそこで出動したトムと対峙します。 なんとかトムと警察から逃げ切ったペイシェンス。 彼女はこの秘密を抱えたまま彼とデートをします。 そして2人はペイシェンスの部屋で一夜を過ごすもののトムはそこでキャットウーマンの武器の爪を発見し部屋を後にします。 そしてペイシェンスとキャットウーマンが同一人物であることを確信します。 キャットウーマンの結末 一方ペイシェンスはローレルの罠にはまりローレルがジョージを殺したその罪を着せられ、トムに逮捕されてしまいます。 彼女はトムに自分を信じてほしいと話しますが、留置所へと連れて行かれます。 一人思いに耽るペイシェンスはなんとしてもビューリンの発売を阻止するべく留置所を抜け出し、ビューリンを乗せたトラックを破壊します。 一方トムはローレルのもとへと行きます。 そして彼女から自白を取るものの銃を向けられ追い込まれてしまいます。 しかしそこでキャットウーマンに助けられ彼女に謝りますが、キャットウーマンは人違いだ、と残しローレルのもとへとむかいます。 死闘の末キャットウーマンはローレルを倒します。 しかしトムの前に姿を現すことなく彼女は自由を力に新たな道を進んで行くのでした。 以上、映画キャットウーマンのあらすじと結末でした。

次の

ポンコツ映画愛護協会『キャットウーマン』

キャットウーマン

この項目では、アメリカンコミックのキャラクターについて説明しています。 2004年の実写映画については「」をご覧ください。 強盗の専門家• 高度に熟練した体操選手• 高度に熟練した白兵戦の戦闘員• ブルウィップ、非常に鋭い格納式の爪、鋼のスプリングを使う鉤を利用 キャットウーマン(: Catwoman)、 セリーナ・カイル(Selina Kyle)は、の出版する『』に登場する架空の。 ボブ・ケインとビル・フィンガーによって創造され、1940年6月の"Batman 1"で初登場した。 概要 [編集 ] ボブ・ケインとビル・フィンガーによって創造され、"Batman 1" 1940年6月 で初登場した。 キャットウーマンは、伝統的にとして描かれている。 1990年代以降、彼女は同名のシリーズでアンチヒロインとして紹介された。 キャットウーマンはバットマンとの複雑な愛憎関係を持っており、バットマンの最も永続的な愛を受けている。 キャットウーマンはスーパーヴィランとして描かれるが、バットマンとキャットウーマンは共通の目標を達成するために一緒に行動すると、ロマンチックな関係を有する者として示される。 バットマンは年間を通じて女性のキャラクターと多くのロマンチックな関係を持っているが、これらの関係は短い傾向にあり、バットマンをキャットウーマンへ引きつける魅力はキャラクターの登場するほとんどのバージョンと媒体に存在している。 最も広く知られたキャットウーマンはセリーナ・カイルである。 このキャラクターは、ケインのいとこであるラス・スチールと女優のから影響を受けた。 のテレビドラマでは、、リー・メリウェザー、1992年の『』ではが演じた。 キャットウーマンの独立した映画は、主演の2004年の『』であるが、との類似性はほとんどない。 2012年の『』では、2014年の『』では若いカイルをが演じる。 の"Top 100 Comic Book Villains of All Time"(コミックブックのヴィラントップ100)では、キャットウーマンは11位にランクインされた。 ウィザード誌の"100 Greatest Villains of All Time"(100人の最も偉大なヴィラン)では、51位にランクインされた。 コミックバイヤーズガイドの"100 Sexiest Women in Comics"(100人の最もセクシーなコミックの女性)では23位にランクインした。 創造 [編集 ] バットマンを創造したボブ・ケインは映画のファンであり、彼の映画への愛はキャットウーマンなど幾つかのキャラクターの原動力になった。 キャットウーマンは部分的に1930年代のスターであるジーン・ハーローに影響を受け、ケインは「最も感覚的に女性の美しさを象徴していた」と述べた。 ケインとフィンガーは、彼らのコミックブックに性的魅力(女性の読者に訴えることができる人物だけではなく)を与えたいと考え、「犯罪を犯したが、バットマンの潔癖な人生に対するロマンチックで親しみやすい敵」を創造した。 このキャラクターはのようなバットマンのヴィランとは異なり、彼女は決して殺人者や悪人ではなかった。 キャットウーマンに猫のイメージを使ったことについて、ケインとフィンガーは「ネコをコウモリのアンチテーゼ」と見做したと語った。 ケインは「私は、女性は猫のようで、男性は犬のようだと感じました。 犬は誠実でフレンドリーですが、猫はクールで信頼するのは難しいです。 私は、猫を理解するのは難しいと感じました」と述べた。 キャラクター [編集 ] 1986年のでは売春婦だったが、バットマンの活躍を知り、猫のコスチュームを着たキャットウーマンになった。 売春婦のホリー・ロビンソンは友人であり、作中ではカーマイン・ファルコーネの娘である可能性を示唆される。 子供の頃に猫が好きな母親のマリア・カイルは自殺する。 父親のブライアン・カイルは、セリーナが母親に似ているため彼女にきつく当たる。 最終的に、父親は死ぬまで酒を飲み続けた。 セリーナは生き残るために街頭にいるになった。 セリーナは捕まり孤児院に送られる。 13歳のセリーナは、孤児院の管理者が資金を横領している事を知る。 管理者は犯罪を隠蔽するために、セリーナを袋に入れて(猫のように)溺れさせるために川に投げ込む。 彼女は脱出し、管理者の腐敗を暴露する文書を盗み孤児院に戻る。 その後、彼女は管理者のダイヤモンドのネックレスを盗んで孤児院から逃げ出し、市の記録からセリーナ・カイルを消去するように管理者を脅迫した。 その間はホリー・ロビンソンがキャットウーマンの役割を引き継いだ。 フィルムフリークとアングルマンに正体を知られ、ヘレナが誘拐される。 セリーナ・カイルはキャットウーマンとして復帰する。 ヘレナを取り戻し、魔術師のザターナに彼らの記憶を消すよう頼んだ。 テッド・グラントの知らせから、ホリーがブラックマスクの殺人犯として逮捕されたことを知り、助けるためにゴッサムに戻る。 書誌情報 [編集 ] 漫画 [編集 ] 翻訳版 [編集 ]• キャットウーマン:ホエン・イン・ローマ(ISBN 978-4796871167) 刊。 2012年7月発売。 原語版 [編集 ] タイトル 発行年 ISBN Catwoman 1992年9月 978-0446360432 Catwoman: The Catfile 1996年4月 978-1563892622 Catwoman: Selina's Big Score 2002年8月 978-1563898976 Catwoman: The Replacements 2007年2月 978-1401212131 Catwoman: When in Rome 2007年6月 978-1401207175 Catwoman: Catwoman Dies 2008年2月 978-1401216436 Catwoman: The Long Road Home 2009年3月 978-1401221683 Catwoman: A Celebration of 75 Years 2015年11月 978-1401260064 Catwoman by Jim Balent Book One 2017年9月 978-1401273637 レギュラーシリーズ Catwoman Vol. 1: Trail of the Catwoman 2012年1月 978-1401233846 Catwoman Vol. 2: No Easy Way Down 2012年6月 978-1401240370 Catwoman Vol. 3: Under Pressure 2014年4月 978-1401245924 Catwoman Vol. 4: The One You Love 2015年10月 978-1401258320 Catwoman Vol. 5: Backward Masking 2016年5月 978-1401260736 Catwoman Vol. 6: Final Jeopardy 2017年1月 978-1401265588 The New 52 Catwoman Vol. 1: The Game 2012年5月 978-1401234645 Catwoman Vol. 2: Dollhouse 2013年3月 978-1401238391 Catwoman Vol. 3: Death of the Family 2013年10月 978-1401242725 Catwoman Vol. 4: Gotham Underground 2014年6月 978-1401246273 Catwoman Vol. 5: Race of Thieves 2014年12月 978-1401250638 Catwoman Vol. 6: Keeper of the Castle 2015年8月 978-1401254698 Catwoman Vol. 7: lnheritance 2016年2月 978-1401261184 Catwoman Vol. 8: Run Like Hell 2016年10月 978-1401264864 画集 [編集 ] カバーラン -アダム・ヒューズ カバーアートコレクション at DCコミックス- パイインターナショナル刊。 ISBN 978-4756243102 絵本 [編集 ] Catch Catwoman! DC Super Friends ランダムハウス刊。 ISBN 978-0449816165 Catwoman Counting DC Board Books Picture Window Books刊。 ISBN 978-1479558919 映画 [編集 ] 実写映画 [編集 ] 1966年 リー・メリウェザーが演じた。 日本語訳ではミス・キャットと呼ばれる。 『 怪鳥人間 バットマン』の映画化。 1992年 が演じた。 ゴッサムの実業家、マックス・シュレックの秘書。 メガネをかけており、内気で典型的な真面目で下に見られやすいが心は優しく、趣味は部屋をオシャレにすることや裁縫など普通の女性だった。 シュレックのゴッサムシティを支配する計画を知り、口封じのためにマックスのオフィスがあるビルから窓ごと突き落とされる。 瀕死の状態の彼女は猫好きであったため、野良猫たちの神秘的な力と共鳴して生き延びたが、以前とは正反対の性格となり、フラフラと大量の野良猫と共に自宅のアパートへ帰ると部屋をめちゃくちゃに荒らし服を自ら縫い、露出の多い真っ黒な革製のスーツを高笑いしながら作り、派手な化粧をしてキャットウーマンとなり、復讐を誓う。 バットマンを倒そうとするも、ブルース・ウェインと互いに惹かれあう。 1995年 バットマンとチェイス博士の会話で触れられる。 2004年 が演じた。 本名はペイシェンス・フィリップス(Patience Phillips)であり、との類似性はほとんど無い。 粧品会社「ヘデア・ビューティー」に務めるグラフィックデザイナーであるフィリップスは内気でシャイな性格だった。 同社の新商品である若返りクリーム「ビューリン」の恐るべき副作用の秘密を知ってしまい、口封じのために殺されてしまう。 しかし、エジプトの猫神「マオ・キャット」の力によって復活。 ネコの超能力を身につけたキャットウーマンとなり、復讐を誓う。 2012年 が演じた。 セリーナは自身を「キャットウーマン」と名乗っておらず、コスチュームの特徴からメディアがそう呼んだ。 の裏通りにあるアパートに友人のジェーンと住んでいる。 何度か窃盗で捕まり、犯罪歴が残っている。 ジョン・ダゲットの依頼を受け、犯罪歴を抹消するソフトウェア「クリーン・スレート」と引き換えにブルース・ウェインの指紋を盗む。 ブルースと次第に惹かれあう。 アニメ映画 [編集 ] 2017年 声 - 、日本語吹替 - 2018年 声 - 、英語吹替 - ドラマ [編集 ] (1966年-1968年) シーズン1〜2を、シーズン3をが演じた。 日本語訳ではミス・キャットと呼ばれる。 部下であるネコの耳を付けたプッシーキャット Pussycat はが演じた。 日本語吹替は。 レスリー・ゴーア 1967 (2002年-2003年) 女性キャラクターをメインに製作されたドラマ。 ヒーローの一人である ハントレスの母親として出演した。 (2014年-現在) ゴッサム・シティを舞台にした犯罪ドラマ。 若いホームレスの泥棒として登場。 が演じた。 日本語吹替は。 アニメ [編集 ] 1992年-1999年 声 - 、日本語吹替 - 動物の権利保護運動家。 環境破壊などを行う企業などから金品を盗む。 灰色のコスチュームに金髪の長髪。 デザイン変更後は黒のコスチュームに黒のショートカット。 ゴッサム・ガールズ () 2000年-2002年 声 - キャットウーマン、ポイズン・アイビー、ハーレイ・クイン、バットガールなどバットマン作品に登場する女性キャラクターを主役にしたフラッシュアニメ。 2004年-2008年 声 - 、日本語吹替 - 黒のコスチュームとゴーグルをつけている。 2008年-2011年 声 - ニカ・ファターマン ()、日本語吹替 - 2016年-現在 声 - クリスティーナ・パチェリ () ゲーム [編集 ] 2004年 声 - UKとが開発した。 とで発売された。 日本でのPlayStation 2の発売は中止された。 バットマン テルテイル・シリーズ () 2016年 声 - アーカムシリーズ [編集 ] 2011年 声 - より、、Windowsで発売されたアクションゲーム。 キャットウーマンをプレイアブルキャラクターとして操作することができる。 彼女の住むアパートには常に猫が彷徨いている。 2015年 声 - グレイ・デリスル で発売されたアクションゲーム。 『』の続編。 DLCでキャットウーマンをプレイアブルキャラクターとして操作することができる。 対戦型格闘ゲーム [編集 ] 2008年 声 - パティー・マットソン ヴィランとして位置づけられており、止め技は相手の息の根を止めるfatality(フェイタリティ)を用いる。 2013年。 プレイアブルキャラクターとして登場。 声 - 2017年 声 - グレイ・デリスル。 プレイアブルキャラクターとして登場。 - 出典 [編集 ]• Catwoman vol. 3 53 May 2006• MTV News 2011年3月22日. 2016年4月10日時点のよりアーカイブ。 2016年5月1日閲覧。 Kane, Bob November 1989. Batman and Me. Foestfille, : Eclipse Books. 978-1-56060-016-9. Steel, Ruth. YouTube. 2011年6月2日閲覧。 Wizard 177 July 2006. Frankenhoff, Brent 2011. Comics Buyer's Guide Presents: 100 Sexiest Women in Comics. Krause Publications. 1-4402-2988-0. Kane 1989, pp. 107. Kane 1989, pp. 107—108. 2012年閲覧。 accessdateの記入に不備があります。 Andreeva, Nellie 2014年2月8日. Deadline. 2014年2月8日閲覧。 2017年5月16日閲覧。 外部リンク [編集 ]• - ワーナー公式 (日本語)• - DCコミックス公式 (英語).

次の

キャットウーマンとは

キャットウーマン

この項目では、アメリカンコミックのキャラクターについて説明しています。 2004年の実写映画については「」をご覧ください。 強盗の専門家• 高度に熟練した体操選手• 高度に熟練した白兵戦の戦闘員• ブルウィップ、非常に鋭い格納式の爪、鋼のスプリングを使う鉤を利用 目次• 概要 ボブ・ケインとビル・フィンガーによって創造され、"Batman 1" 1940年6月 で初登場した。 キャットウーマンは、伝統的にとして描かれている。 1990年代以降、彼女は同名のシリーズでアンチヒロインとして紹介された。 キャットウーマンはバットマンとの複雑な愛憎関係を持っており、バットマンの最も永続的な愛を受けている。 キャットウーマンはスーパーヴィランとして描かれるが、バットマンとキャットウーマンは共通の目標を達成するために一緒に行動すると、ロマンチックな関係を有する者として示される。 バットマンは年間を通じて女性のキャラクターと多くのロマンチックな関係を持っているが、これらの関係は短い傾向にあり、バットマンをキャットウーマンへ引きつける魅力はキャラクターの登場するほとんどのバージョンと媒体に存在している。 最も広く知られたキャットウーマンはセリーナ・カイルである。 このキャラクターは、ケインのいとこであるラス・スチールと女優のから影響を受けた。 のテレビドラマでは、、リー・メリウェザー、1992年の『』ではが演じた。 キャットウーマンの独立した映画は、主演の2004年の『』であるが、との類似性はほとんどない。 2012年の『』では、2014年の『』では若いカイルをが演じる。 の"Top 100 Comic Book Villains of All Time"(コミックブックのヴィラントップ100)では、キャットウーマンは11位にランクインされた。 ウィザード誌の"100 Greatest Villains of All Time"(100人の最も偉大なヴィラン)では、51位にランクインされた。 コミックバイヤーズガイドの"100 Sexiest Women in Comics"(100人の最もセクシーなコミックの女性)では23位にランクインした。 創造 バットマンを創造したボブ・ケインは映画のファンであり、彼の映画への愛はキャットウーマンなど幾つかのキャラクターの原動力になった。 キャットウーマンは部分的に1930年代のスターであるジーン・ハーローに影響を受け、ケインは「最も感覚的に女性の美しさを象徴していた」と述べた。 ケインとフィンガーは、彼らのコミックブックに性的魅力(女性の読者に訴えることができる人物だけではなく)を与えたいと考え、「犯罪を犯したが、バットマンの潔癖な人生に対するロマンチックで親しみやすい敵」を創造した。 このキャラクターはのようなバットマンのヴィランとは異なり、彼女は決して殺人者や悪人ではなかった。 キャットウーマンに猫のイメージを使ったことについて、ケインとフィンガーは「ネコをコウモリのアンチテーゼ」と見做したと語った。 ケインは「私は、女性は猫のようで、男性は犬のようだと感じました。 犬は誠実でフレンドリーですが、猫はクールで信頼するのは難しいです。 私は、猫を理解するのは難しいと感じました」と述べた。 Catwoman vol. 3 53 May 2006• MTV News 2011年3月22日. 2016年4月10日時点のよりアーカイブ。 2016年5月1日閲覧。 Kane, Bob November 1989. Batman and Me. Foestfille, : Eclipse Books. Steel, Ruth. YouTube. 2011年6月2日閲覧。 Wizard 177 July 2006. Frankenhoff, Brent 2011. Comics Buyer's Guide Presents: 100 Sexiest Women in Comics. Krause Publications. Kane 1989, pp. 107. Kane 1989, pp. 107—108. 2012年閲覧。 accessdateの記入に不備があります。 Andreeva, Nellie 2014年2月8日. Deadline. 2014年2月8日閲覧。 2017年5月16日閲覧。

次の