霜降りミキじっと。 【視聴率で振り返る2019年度のテレビ業界】最も視聴率を稼いだ局は?

TBS深夜0時台番組再編「中居くん−」木曜に移動

霜降りミキじっと

日本テレビ テレビ朝日 NHK総合 TBS フジテレビ テレビ東京 ゴールデン 19~22時 11. 6 -0. 3 10. 8 +0. 3 10. 5 +0. 6 9. 1 -0. 9 8. 3 +0. 2 6. 0 -0. 3 プライム 19~23時 11. 2 -0. 3 11. 0 +0. 4 9. 1 +0. 4 9. 1 -0. 8 8. 0 +0. 1 5. 5 -0. 4 全日 6~24時 7. 9 +0. 1 7. 5 +0. 2 6. 0 -0. 2 5. 6 -0. 1 期間は19年4月1日~20年3月29日(関東地区・世帯)。 ()内は前年同期との比較地です。 日本テレビが「ゴールデン」「プライム」「全日」の3冠を達成しました。 これはなんと 6年連続3冠という圧倒的な記録。 惜しくも2位だったのが テレビ朝日。 「ゴールデン」では0. 8ポイント差をつけられたものの、 「プライム」と「全日」では0. 2ポイントまで差を縮めていました。 また、今回は NHK総合が「ゴールデン」で去年より0. 6ポイントも伸ばして3位にランクイン。 広告収入に頼らないNHKですが、視聴率を稼ぐことは国民のニーズを満たしているとも言えるので、素晴らしい成果でしょう。 今回「ゴールデン」「プライム」「全日」で順位の変動がなかったので、明確に各局の明暗が分かれた年となりました。 局ごとに、詳しく見ていきましょう。 しかし、王者として笑っていられる余裕の状況ではありません。 「ゴールデン」「プライム」共に去年から0. 3ポイントダウンさせており、テレビ朝日との差も縮まっています。 日本テレビの魅力はなんといっても「家族視聴できるゴールデンタイムのラインナップ」。 しかし、ここでもテレビ朝日の「ポツンと一軒家」が優勢で、イッテQスタッフは悔しい思いでしょう。 また、去年は 日曜ドラマ「あなたの番です」が大ヒット! 日本のテレビ業界では珍しい2クールドラマで、後半に向けてグイグイと視聴率を上げていく様は爽快でした。 続く「ニッポンノワール」と「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 」は思ったように数字が伸びなかったものの、今年もこの枠には注目が集まります。 日本テレビは去年から社内指標を「世帯」から「個人」に移行しています。 そして 4月からは「潜在コア層(在宅している若者層)」の掘り起こしを目指した改編を行いました。 世帯視聴率10%を超える「誰だって波乱爆笑」を終了させ、コア層に高い指示を受ける「シューイチ」と「ニノさん」を各30分拡大。 さらにゴールデンタイムである水曜19時枠「衝撃のアノ人に会ってみた」の後枠に、 なんと「有吉の壁」を採用。 平日19時枠は各局が情報番組の編成をすすめる中、 あえて純度100%のお笑いで勝負する取り組みは非常に新しいです。 日本テレビの改編は、 コア層をターゲットにした非常に明確な戦略です。 これが成功すれば、再びバラエティ番組に光が当たる時代が来るかもしれませんね。 バラエティ番組のディレクターをしているTも大注目しています。 2ポイント差まで迫るなど、王者の背中が見えてきています。 好調の要因を探ると、まず ドラマ「相棒」「科捜研の女」「ドクターX」などシリーズものが絶好調。 さらに朝帯では 「羽鳥慎一のモーニングショー」が平均9. 6%の高視聴率で4年連続民放トップ。 今年度は初めてNHKを含む横並びトップを達成しました。 さらに去年10月に「クレヨンしんちゃん」「ドラえもん」を放送していたアニメ枠を、「ザワつく金曜日」に改編。 ここも安定して2桁とるなど改善されています。 また、何と言っても激戦区である日曜20時台で、 「ポツンと一軒家」が平均視聴率20%を超える回もあるお化けコンテンツに成長したこと。 しかし、イッテQのお祭り企画も復活し、まだまだ裏番組も侮れません。 今年もこの高水準をキープできるのか、現場の知恵と工夫が試される勝負の年となるでしょう。 テレビ朝日は、4月改編もさることながら 「AbemaTVとの連携」・「動画配信プラットフォーム『TELASA』の新設」も注目です。 AbemaTVはもう説明不要ですが、 4月期も「M 愛すべき人がいて」をテレビ朝日とAbemaTVが共同制作します。 さらに4月7日に詳細が発表されるKDDIとコラボした『 TELASA』は、「 通信と放送の融合、5G時代の先進的なサービス」というコンセプトを掲げています。 テレビ広告費がネット広告費に抜かれた今、テレビは本当の意味で、変革の時を迎えています。 6局で唯一「ゴールデン」「プライム」「全日」3つ全てでポイントを伸ばしました。 特にゴールデンタイムでは、去年より0. 6ポイントも上昇。 これは新型コロナウイルスの影響で、「ニュース7」などの報道番組が好調だったようです。 そんなNHKも新しい取り組みを次々に打ち出しています。 たとえば4月1日から本格スタートした 「NHKプラス」。 スマホやタブレットでNHKの番組が楽しめるようになり、今の時代に適したサービスとなっています。 さらにNHKのドラマやバラエティが楽しめる 「NHKオンデマンド」がAmazonプライム・ビデオでも配信を開始。 広告収入(CM)ではなく、受信料で成り立っているNHKが次々とネットとの融合を果たし、民放各局は冷や冷やしているのではないでしょうか。 民放はCMを必要とするため、なかなかネット同時配信の導入が進まないのが現状ですから。 しかし、 視聴形態や視聴媒体が多様化する中、ネットとの誘導を強烈に推進するNHKの戦略は正しいのではないでしょうか。 気になる「 受信料の全世帯対象化」については、過去に詳しい記事を書いています。 しかし、順位はNHK総合に次ぐ4位に沈みました。 しかも ゴールデンで0. 9ポイント、プライムで0. 8ポイントもDOWNしてしまう結果に。 そんな TBS4月改編の目玉は、月曜のゴールデン・プライム帯をすべて改編したこと。 特に22時台には、近年珍しい生放送の音楽番組 「CDTVライブ!ライブ!」を新たに編成。 お馴染みの「COUNT DOWN TV」ブランドを活かした番組ですが、これは若年層を狙った挑戦でしょう。 さらに霜降り明星、ミキ、EXITをMCにおいた 「霜降りミキXIT(しもふりみきじっと)」が月曜24時台にスタート。 若者に人気の第7世代芸人を起用し、日本テレビと同じく若年層を取り込もうという意図が見えます。 TBSは 「東大王」「水曜日のダウンタウン」「モニタリング」「マツコの知らない世界」など若年層・ファミリー層に人気の番組が他の曜日にはそろっていますので、月曜日にもその流れをつなぎたいようです。 日曜劇場「半沢直樹」の続編が待ち遠しいですが、「新月曜日」にも注目です。 「ゴールデン」で0. 2ポイント、「プライム」で0. 1ポイント上昇しました。 フジテレビの改編のテーマは「追求」で、 ゴールデンタイムのバラエティー番組を全て現行のまま継続。 一方、午後10時以降は見直しをはかり、新バラエティー番組をスタートさせます。 大きな改編でいうと、水曜22時は「BACK TO SCHOOL!」を終了させ、新バラエティー 「突然ですが占ってもいいですか?」に変更。 Tとしては、「めちゃイケ」や「おかげでした」などバラエティ黄金期のイメージが強いフジテレビ。 社内にはバラエティ制作のノウハウは培われているはずなので、フジテレビらしいバラエティに期待したいです。 この結果が影響したのか、 今回の改編率は全日帯(午前6時~深夜0時)19. 2%、ゴールデン帯(午後7~10時)31. 5%、プライム帯(午後7~11時)29. 3%と、前年同時期と同様高めの数字となりました。 個人的には、 金曜19時枠に編成された新番組「デカ盛りハンター」に注目しています。 人気のフードファイターたちが、デカ盛りグルメに挑戦する大食い企画。 近年ここまで真っすぐにフードファイト企画を前面に出す番組は少なかったので、テレ東らしい独自路線に期待しています。 今までの世帯視聴率は、家族全員がお茶の間でテレビを観る時代の指標。 一方「個人」は、文字通り 個人ベースでどれくらい番組が見られたかが正確に分かる指標となります。 「世帯」から「個人」に変更すると、見かけの数字が少なくなったように見えます。 さらに「世帯」数字がよくても、「個人」数字では低くなる番組も存在するなど、様々な混乱が発生する可能性があります。 この新しい視聴率の指標、 対外発表方法は局によって異なるようです。 現状、テレビ朝日・TBS・フジテレビは「個人・世帯両方の数字を発表」。 テレビ東京は引き続き「世帯での発表」。 また、他局に先んじて社内指標を個人に変更している日本テレビは「個人を中心に発表」。 NHKは検討中だそうです。 早くからその対策をとってきた日本テレビと、明確に若年層・ファミリー層に向けた改編を行ったTBSの視聴率がどう推移するか。 また、元々若年層の視聴が多いフジテレビや、ニュースが好調なNHKの視聴率はどう変動するか。 今年は「個人視聴率」にも注目して、その動向を追いかけましょう。 以上、名もなきテレビマンの独り言でした。 ではでは.

次の

“お笑い第7世代”霜降り明星、ミキ、EXITがMCの新バラエティー「霜降りミキXIT」が4月スタート

霜降りミキじっと

TBSでは、4月から深夜0時台の番組を大幅にリニューアルすることが決定。 「霜降りミキXIT」(月曜11:56、開始日未定)は、「お笑い第7世代」を牽引する霜降り明星(粗品、せいや)、ミキ(亜生、昴生)、EXIT(りんたろー。 ゲストの特徴により、さまざまなジャンルの「大人の男になるためのレクチャー」が展開され、6人はゲストから出題されたお題やテーマにチャレンジ。 毎回1人が勝者として選ばれる。 番組後半では、6人だけのコーナー企画も展開。 3組だからこそ見せられる新しいトークバラエティーを目指していく。 「バナナサンド」(水曜午後11:56、開始日未定)は、深夜帯で過去3回、ゴールデン帯で1回の4度にわたり特番として放送し、若い層を中心に好評を得てきた番組のレギュラー化。 昨今のバラエティー界のMCの中でも、特に自然体で親しみやすく、楽しいことが大好きなバナナマン(設楽統、日村勇紀)とサンドウィッチマン(伊達みきお、富澤たけし)の2組がタッグを組み、ゲストとさまざまな企画を展開する。 Official Program Data Mark(公式番組情報マーク)• このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である• 「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 株 東京ニュース通信社• Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

TBS改編で深夜に霜降り明星×ミキ×EXIT新番組や「バナナサンド」開始

霜降りミキじっと

4月から、TBSの深夜24時台の番組が大幅にリニューアルする。 ゲストの特徴により、様々なジャンルの大人の男になるためのレクチャーが展開され、6人はゲストから出題されたお題やテーマにチャレンジ。 毎回1名が勝者として選ばれる。 これを重ねることで6人はワンランク上の男に成長していく。 番組後半ではMC6人だけのコーナー企画も展開。 霜降り明星・ミキ・EXITという座組みだからこそできる、令和の新しいトークバラエティとなりそうだ。 水曜日の『バナナサンド』は、深夜帯で過去3回、ゴールデン帯で1回の4度にわたり特番として放送し、若い層を中心に好評を得てきた同名番組のレギュラー化となっている。 「2組でなんか一緒に番組やりたいね」という雑談から始まったこの番組。 昨今のバラエティ界のMCの中でも、特に自然体で親しみやすく、楽しいことが大好きな4人が、MCとしてタッグを組み、ゲストと様々な企画を展開する。 「付き合ってみたら、思ってた感じと全然違った・・・」「いい人だと思ったら最悪だった・・・」など、今、人を見る目に不安を抱える若者が急増しているという。 イケメン軍団に潜む、稼ぐ男を見抜けるか? 自分のことを本気で好きでいてくれる人が分かるか? など、見た目だけで人の本性を見抜くことをテーマにしたクイズを出題。 芸能界屈指の洞察力を持つMC・有吉弘行をはじめ、人を見る目に自信のあるメンバーが、様々な人をジロジロと観察して、あれやこれや妄想を膨らませながらトークを繰り広げる。 進行は、美を追求する姿勢で、嫌われ女子から愛され女子になった、見た目のカリスマ・田中みな実が引き続き担当する。 また、木曜日には中居正広がMCをつとめる番組を企画中、火曜日の番組についても企画調整中とのこと。 続報にも期待したい。

次の