猫撃退。 猫撃退|猫対策|猫よけ方法|水噴射式猫よけ・猫撃退ヤード・エンフォーサー|あおば屋

100均で揃えられる便利な猫撃退グッズを紹介するよ

猫撃退

水噴射式猫よけ・猫撃退 ヤード・エンフォーサーの 猫は、水に濡れるのが大嫌い 猫の体毛には、撥水性(水をはじく性質)がありません。 そのため、 水に濡れることを極端に嫌う本能があります。 猫に水がかかると、皮膚まで濡れてしまい、急激に体温が奪われ、 猫は身の危険を感じます。 猫(ノラネコを含むイエネコ)の起源は、地中海東岸に住んでいた「リビアヤマネコ」であることが遺伝子の研究で明らかになりました。 中東~地中海東岸~北アフリカの一帯は、昼は暑く、夜寒い、雨が少ない乾燥地帯です。 体毛に撥水性が無くても、普段は困りません。 しかし、たまに降る雨に皮膚まで濡れるたび、体温低下という、命の危機にさらされ続けて来たのです。 古代エジプトで既に家畜(ペット)化されていましたが、野生種の時にすり込まれた 濡れる事への恐怖心と、 撥水性のない体毛は、現在の猫にも受け継がれています。 猫の糞や鳴き声の対策には、 猫に水をかけて撃退するのが、最も確実で安全な方法です。 猫の接近を捉えて、水を噴射する猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」 猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」は、猫などの動きを赤外線で感知すると、スプリンクラーが突然散水を始めます。 感知した猫は、必ず3秒以内に追い払います。 設定した首振り角度で、設定した秒数間(3秒から10秒間)、水道水をまき散らして猫を撃退します。 安全確実な猫よけ装置です。 スプリンクラーから 突然発する水の噴出音を聞いて振り返り、自分に 降りかかる水を見ると、猫は慌てふためいて逃げていきます (猫を思いっきり驚かせ、 本能的に「ここは危険だ!」と思い知らせます。 ) 猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」は、 猫をはじめ、犬・シカ・イノシシ・クマ・タヌキ・キツネ・アライグマ・リス・キョン・ヒト(侵入者)など動物のほか、地上に降りた ハトやカラスなど中型以上の鳥類も撃退する事が出来ます。 猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー Yard Enforcer 」は、アメリカの Orbit Irrigation Products 社製です。 米国では、DIYの量販店でも販売されている猫よけグッズです。 Yard Enforcerは、日本語では「庭の用心棒」を意味します。 猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」には、以下の物が必要です。 上水道の蛇口に繋がっているホース。 (散水用ホースが使えます。 ) 単3アルカリ乾電池4個。 (別途ご購入下さい。 ) 猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」の動画 猫よけ・猫撃退 ヤード・エンフォーサーの 猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」は、オプション部品を使って、狭い範囲に散水を制限することもできます。 (一点狙いも出来ます。 ) 猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」の猫よけ・猫撃退能力 猫よけ「ヤード・エンフォーサー」は、最大120平方m(半径10. (アングル・アジャスターFを取り付けると、散水範囲をごく狭く限定できます。 ) *センサー感知範囲 センサーの感知範囲は、半径0~12m(感度調整つまみで調整可能)、中心角120゜(固定)の扇形 センサー感知範囲(扇形)内で猫などの動物が移動すると、赤外線センサーが感知し、スプリンクラーから水を噴出し、猫を撃退します。 (夜間も使えます。 ) 猫が庭に侵入する経路や、糞をされたくない場所をセンサー感知範囲内に収めます。 (人の通り道が感知範囲に入らないように、ヤード・エンフォーサーの向きを決めます。 ) *散水範囲(扇形、散水距離と散水角度は可変) 本流の散水距離=20m(手前側にも滴が降り注ぎます。 ) [別売装着時は、0~20m] 本流の左右への散水角度=0゜または16~120゜ 猫(動物)にスプリンクラー本流の水を直接当てる必要は有りません。 (至近距離で本流の直撃を受ける不運な猫も出てきます。 ) 猫は、突然の水の噴出音を聞いて振り向き、自分に向かって飛んでくる水を見た瞬間に、慌てふためいて逃げて行きます。 猫は「危険な場所」として認識し、近づかなくなります。 *散水を狭い範囲に限定する アングル・アジャスターF (オプション) アングルアジャスターを使うと、斜め上方を向いているスプリンクラーの噴流を下向きにすることが出来ます。 散水範囲を狭く限定したい時に使います。 さらに、スプリンクラーの首振りを止めると、ピンポイントを狙うことが出来、周囲への飛沫もほとんど無くなります。 水の飛沫が気になる、道に面した庭、玄関先の狭い植え込み、隣家が近い裏庭、マンションのベランダでも、猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」をお使い頂けます。 *水噴射秒数 センサーが動物の移動を赤外線で感知すると、水噴射を3秒から10秒間行います。 水噴射秒数の長さは、本体の噴射時間調整つまみで設定します。 動物を感知して水噴射を開始してから10秒の間、センサーは動物を感知しません。 フェイント的な動作で、動物の慣れを防ぐためです。 (水噴射秒数を3秒に設定しておくと、水が止まった後7秒間は、センサーの前を動物が横切っても水を噴射しません。 ) *昼だけ/夜だけ/24時間 センサーによる水噴射は、 A 昼間だけ、 B 夜間だけ、 C 一日中を選択することが出来ます。 (周囲の明るさで昼夜を判断します。 ) 猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」の構造 猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」の仕様 電池 (別途必要) 単3乾電池4個をセットします。 これで5000回以上(1日6回で、2年以上)の水噴射が出来ます。 乾電池は付属しておりませんので、別途お買い求め下さい。 但し、感知方向に、電飾など移動しない点滅する赤外線源・風に大きく揺れる葉・人通りなどがあると、噴出回数が少なくても、電池寿命は2ヶ月から3ヶ月程度まで短くなることがあります。 水圧 0. 14~0. 70MPa(メガパスカル)の 上水道にホースで繋いで使用します。 この水圧は、上水道の通常範囲です。 普段から水の出が悪かったり、逆にシャワーの水が痛いと感じられる時には、上水道事業者に水圧の概略値をお尋ね下さい。 (あおば屋の水圧計の貸出もしております。 )尚、庭に設置した雨水タンクの水は、水圧が低く使用出来ません。 水使用量 1回の散水量は、散水秒数に比例し、約400mL(3秒間)から1700mL(10秒間)です。 (お風呂の手桶の3分の1から1杯程度です。 ) 水を1日10回噴出すると、水道料は年間500円から1700円程度です。 ホース (別途必要) 家庭用散水ホースとして標準的な内径が12~16mmで、外径が21mm以下の耐圧ホースが、 別途必要です。 手もとで止水できる型式の「散水ノズル」が付いている、「ホースリールセット」をお持ちなら、新たにホースをお買い求め頂く必要はありません。 耐圧ホースはゴムの中に糸が入っています。 ホースの断面を見ると分かります。 ホースコネクター類 (日本仕様、1セット付属) 北米仕様の猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」を日本で簡単にお使い頂けるように、ワンタッチホースコネクター類を付属致しました。 設置方法 簡単な組み立て式です。 (但し、回転部を締め付けるのに、少々握力が必要です。 ) 土の地面に、猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」の杭部を刺し、固定します。 アスファルトやコンクリートなど、杭が刺せない場所に設置する時には、砂利や砂を詰めた鉢植えやプランター(深さ約15cm以上)に刺して使います。 寸法・重量 地上部高さ:45cm 地下 杭 部長さ:15cm 幅:9cm 奥行:21cm 本体重量:970g(乾電池含まず) 日本語取扱説明書 日本語取扱説明書を付属しています。 猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」ご使用上の注意 センサーの性質 猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」は、リス以上の大きさで、周囲と異なる表面温度を有する、物体(動物)の移動を感知します。 夜間も感知出来ます。 しかし、草むらの向こう側など、センサーから 見通しの利かない場所にいる動物は、感知出来ません。 (小鳥は感知しませんが、ハト・ムクドリ・カラスは追い払えます。 ) 動物以外にも、センサーの感知範囲なら以下のものを感知し、散水してしまいます。 歩行者・走行中の自動車・日の光を反射して動いている水面(川・滝) 猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」を設置する際、これらを感知しない場所や向きに設置します。 強風で揺れる枝や草など 強風で木の枝や草が大きく揺れる時は、電池や水の節約のため、停止しておきます。 気温が氷点下に下がる時は、屋内に収納 猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」は、内部の水が凍ると破損します。 冬季に気温が氷点下に下がる時は、ワンタッチコネクターでホースを外し、屋内に収納します。 使用前の各部の点検(水漏れ防止) 猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」や付属コネクター類、さらにご所有のホース・ホースリール・ホースバンドなどに損傷や抜け・緩みがあると、漏水被害が出る可能性があります。 使用前には、各部の点検をお願い致します。 周囲への水はね注意 猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」から出た水流は、葉や木に当たり、周囲に跳ね広がります。 狭い場所での使用時には、歩行者や隣家に水がかからないように、猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」の設置位置やスプリンクラーの散水範囲を調整する必要があります。 周囲への水はねが気になる場所で、猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」を使われる際には、 アングル・アジャスターFのご使用をお勧めします。 楽しい猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」 猫の糞や尿のマーキングでお困りの方々に向けに、臭気で追い払う猫よけ用の薬剤や、音波や光で撃退する装置などが市販されています。 しかし、効果が薄かったり、短期間で猫が慣れてしまうものがほとんどです。 中には、動物だけでなく 人にまで危害が及ぶ猫よけグッズまでもが販売されています。 そして、何より、 楽しい猫よけの方法は、ありませんでした。 ところが、猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」は違います。 感知した猫は、必ず3秒以内に追い払います。 水を掛けて逃げない猫はいません。 また、水道水は無害で安全です。 心優しいあなたに最適な猫よけ・猫撃退装置です。 そして、猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」を使い始めると、ナント! 猫が来るのが楽しみになります。 悪趣味の誹りを受けそうですが、面倒を起こしていた猫が、一目散に逃げていく姿を見ていると、小さな復讐を果たした気分も味わえます。 各種装置や器具・薬剤による猫よけ方法で、猫の糞害を解消できなかったお客様から、 「水噴射型猫よけ機器で一気に解決」と、お喜びのお電話やお手紙を多数頂いております。 あなたも、猫よけ・猫撃退「ヤード・エンフォーサー」で、 楽しく 効果的で 安全な 猫よけ・猫撃退が、いとも簡単に出来てしまいます。

次の

猫よけグッズのおすすめ11選【マット・超音波で対策!】

猫撃退

猫の糞のニオイを消すだけで完全に寄り付かなくなる、という事は言えませんが、ずっとニオイがしているのも不快だと思いますので、ニオイを消す方法についてもお伝えします。 猫の糞のニオイを消すには木酢液や使用済みのコーヒーの粉などがありますが、「重層」がお手軽ですし動物にも環境にも優しいのでオススメです。 粉状の重層を土に混ぜるだけでOKです。 ちなみにウチの猫はトイレが気に入らない時に、リビングに置いてあったビーズクッションの上で良くしていました。 あのふかふか感が気に入ったのでしょうか。 何回も良くしてくれました。 大抵夜のうちにするので、朝起きるとクッションの上に糞があり、たまに尿で床がビショビショ、なんてこともありました。 あの何とも言えない不快な気分は今でも忘れられません。 その度に床もクッションもキレイにするのですが、ニオイが取りきれない為か何度もされました。 最終的にそのクッションは捨てるハメになりましたが、トイレを変えてからその被害はなくなりました。 ですが、ビーズクッションは未だに怖くて置けません。 猫は縄張り意識が強い動物です。 そして、その縄張りの中でエサ場や昼寝場所、トイレ場所を決めて行動しています。 もしあなたの自宅付近にいつも糞がある、という場合は、猫のテリトリーとなっているのでしょう。 ですから、その場所にはトイレをしてはいけない、ということを猫が分かるまで、根気よく教えなければいけません。 また、猫には報復行動をするという話があります。 例えば、いつも猫のトイレにされている庭に何かしらの撃退策を施した所、車の上に排泄されていた、複数の猫を連れてきて抗議のようにニャーニャー鳴かれた、隙を見つけて至る所に糞をされた、などの事例が報告されています。 もしあなたが今まで何かしらの糞対策をしていた場合、その報復として糞をされているのかもしれませんよ! 猫の糞被害には深刻なものがあります。 まずはそのニオイです。 猫は動物たんぱく質を多く摂取しますので、それが原因となりニオイがキツいのです。 また糞だけではなく、車が足跡や毛で汚されることもあります。 いずれにしても糞をされて良い気分になる人はいないでしょう。 いつも糞をされて困っている、という場合には何らかの対策が必要となります。 猫は縄張り意識が強く、昼寝場所やトイレの場所を決めています。 ですからご自宅の庭が、猫のトイレの場所になっているのかもしれません。 根気よくそこで糞をしてはいけない事を教える必要があります。 また今までに何らかの撃退方法を行っていた場合、その報復として糞をされているのかもしれません。 猫が糞をしないようにする対策としては、猫が見慣れないものを置く、苦手な植物を植える、猫よけグッズを使う、快適なトイレを用意してあげる、地域で話し合う、などがあります。 少し手間はかかりますが、色々と試してみると効果的な方法が見つかるはずです。 ニオイの消し方は、粉の重層を土などに混ぜると良いでしょう。 猫にとってはその土地が人間の所有物、という意識はありません。 自分のテリトリーは自分のテリトリーですから、そこに糞をして何が悪い、という感じなのでしょう。 猫に腹が立つ気持ちは分かりますが、猫には危害を加えないようにしてあげてくださいね。 以前住んでいた家の庭が、まさに猫のトイレとなってしまっていました。 そのときは、猫が嫌がる柑橘系の臭いがする砂を薬局で買ってきて、家のまわりに撒いていました。 それを2ヵ月ほど続けていたら、糞が庭に落ちているようなことはすっかりなくなりました。 その砂は、効果が2週間ほど持続し、雨が降っても効果が薄れないので、猫の糞尿に困っている方におすすめです。 また、植木がダメになるようなこともないので安心です。 今住んでいるところでは、近所に猫好きの方が多いので、記事に書いてあったように、プランターに土を入れてトイレを用意しています。 こうして野良猫と上手に付き合うことによって、とくに苦情などもでることなく、人間も猫も平和に暮らしています。 猫の糞や尿に悩まされる方は意外と多いのではないでしょうか。 匂いも気になりますし、何より自宅の花壇や庭に排泄行為をされるというのは気分の良いものではありませんよね。。 外に出して飼う飼い主さん自体が猫のことも周りへの配慮もない考えの人が多い気がしますので、飼い主が片付けをする事もなく、飼い主に訴えかけても悪びれない場合もあるみたいですので、自分で解決する必要があると思います。 (中にはマナーのある方もいますが、少ないですし、現在室内飼育が推薦されていますから、愛猫家の方は杉本彩さんなどを始め外飼いを勧めておられないですよね) 記事に書かれている1から6の対策方法は猫ちゃんに害がないのが良いですし、まずはハーブを植えたり木酢液や重曹などから試してみるのが良さそうですね。 とことん嫌な匂いで近付かなくなるといいんですけどね。 報復行動をされる場合があるんですね。 それはかなり嫌ですし、仲間を連れてにゃーにゃー抗議をされるのも怖いです。 報復されやすい場所も対処するなどするしかないんですかね。 猫避けグッズがたくさん売られていますので、猫に悩まされている方も多いと思います。 猫が嫌いな方もいますし、排泄行為をされ続ける事で嫌いになってしまった方もいると思います。 うまく共存できればいいのですが中々難しいですよね。 猫飼いなので、ついつい猫の味方をしてしまいますが、私も猫の糞で困った経験があります。 それは、公園のお砂場です。 公共の場なので、問題は臭いに限らず、うっかり手で握ってしまったり、本当に小さな子に限っては、口に運んでしまう事もあるので、軽く考えて良い問題ではないですね。 地域猫の比較的多い場所柄、猫との共存は当たり前な事。 けれど、猫自身は生きている上で自然な行為をしているにすぎず、人の言葉もわからないのが当然なので、人がうまく対策を取る他ないのだなーと思いました。 最近では、お砂場にネットが被せられる公園も見かける様になって、少し安心しています。 外で暮らす地域猫の為にも、人の知恵をしっかり使って、猫が害獣になってしまわない様に、衛生対策を心掛けたいですね! アメリカ在住で近所(複数)の猫の被害にあって困っています。 自宅の野菜は荒らされ、毎日のように周りに糞と尿をされ、発情期には複数の猫が夜中に鳴いてうるさくて眠れません。 鳥や小動物の死骸も敷地内で見つけました。 猫を放し飼いにしているオーナーは、やはりメンタルがおかしいのではないかと思います。 正常なら、無責任で利己的で迷惑をかける行為をしないから。 そのような人は猫を飼わないでほしいけれど、そういう人ほど無責任放置状態で飼いたがるのですね。 それよりも放し飼いの猫オーナーたちに非常に嫌悪感を感じています。 この記事への書き込みは編集部が確認・承認した後反映されます。 書き込みに関する注意点 この書き込み機能は「他の猫の飼い主さんの為にもなる情報や体験談等をみんなで共有し、猫と人の生活をより豊かにしていく」ために作られた機能です。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 予めご了承の上、節度ある書き込みをお願い致します。 ・過度と捉えられる批判的な書き込み• ・誹謗中傷にあたる過度な書き込み• ・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• ・荒らし行為• ・宣伝行為•

次の

野良猫対策グッズ15つ。猫よけモスキート音は効果あり?

猫撃退

猫よけグッズを選ぶには、猫の習性を理解する事も大切です。 猫の行動範囲は、100m程度の狭い範囲です。 そのエリア内で、トイレをする場所や食事の場所、寝床となる場所が決まっています。 猫は縄張りを守る本能があり、執着心がとても強い為、一度決めた場所は、中々変える事がありません。 自分の縄張りを他の猫に譲る事もありません。 猫は頭が良いので、超音波に慣れてしまう事もあります。 また、水を怖がります。 猫の体毛は水を弾かない為、水がかかると皮膚まで濡れてしまい、体温が下がってしまいます。 スプリンクラー式の撃退器は効果的ですが、外国製の物が多い為、ホースの形状が合わない事があります。 【超音波】効果絶大な猫よけグッズランキングTOP7 【超音波】効果絶大な猫よけグッズランキング第7位ねこちゃんしないで 【超音波】効果絶大な猫よけグッズランキング第1位は、2018年改良版の猫よけ動物撃退器です。 猫を感知すると、超音波とLEDフラッシュライトで猫を驚かせて追い払います。 検地範囲、周波レベルが調整可能で、周波数はランダムに切り替わる為、猫の慣れを防止します。 効果絶大な猫除け超音波です。 安心の1年保証付です。 感知範囲は最大10m。 背面に引っ掛け穴がある為、壁面にも設置可能です。 また、付属のスパイクシャフトスティックを取り付け、地面に差し込む事も可能です。 防水で雨でも安心して使えます。 ソーラー充電とUSB充電に対応しています。 こちらのグッズは、センサーで猫を感知すると、ガス噴射と警告音で猫を驚かせて撃退するものです。 雨に強い防滴設計の為、屋外でも安心して使えます。 コンセントいらずの電池式です。 口コミ評価が非常に高いグッズです。 猫除け効果絶大で、おすすすめの猫除けグッズですので、第1位にランキングとなりました。 敷地が広い場合は、数個必要になりますが、効果が期待できるので、是非試してみて下さい! 価格と容量 価格 約2800円程度 容量 50分スプレー分 グッズ以外に有効な猫除け対策は? グッズ以外に有効な対策・猫をしつける 猫除けにお金を掛けたくない場合は、家にあるの物で対策します。 例えば、家の庭に水撒き用のホースです。 猫は、水がとても苦手です。 ホースで水を撒いておくと、地面が濡れるので、猫は居心地が悪いと感じます。 繰り返す内に、来たく無い場所になっていきます。 また、忌避剤を使わず、家にある物で猫が嫌いな匂いを撒く対策方法もあります。 猫が嫌いな匂いは、ハーブ、酢、コーヒー、柑橘類などです。 猫によって匂いの好き嫌いがありますので、どれが効果的か、色々試してみて下さい。 猫除けは根気勝負です 猫はとても執着心が強いので、猫除けを成功させるには根気が必要です。 一度来なくなっても、しばらくしてまた表れる事も多いのです。 猫に寄っても、効果が出やすいグッズは異なりますので、根気良く、頑張りましょう。 頭が良く、猫よけ対策グッズに慣れてしまう為、1つで安心せず、色々試してみましょう!•

次の