立花孝志 犯罪者。 NHKをぶっ壊す!の人 ~立花孝志氏のホロスコープ~

立花孝志

立花孝志 犯罪者

N国・立花孝志が書類送検された! 2019年は、立花孝志さんの年だったといえるほど、全国的に知名度を挙げた年になりました。 印象的な選挙戦略や少し過激とも取れるキャラクターで話題になった訳ですが、ここに来て 「立花孝志が書類送検」 というニュースが飛び込んで来ましたね。 (大部分について容疑を認めているようです) もう少し詳細をご紹介すると、集金人の使っている「タブレットの画面」を撮影した後に、その情報をネタにNHKのトップ(会長)との面会を求めたようです。 また、その画面を見せた方も「不正競争防止法違反」で書類送検された模様。 立花孝志はこれまでもイザコザを経験 立花孝志さんについて、昔から知っているという方や、最近知った方でも立花孝志さんについて詳しい方なら、それほど驚きはしないかもしれません。 というのも、立花孝志さんはこれまでに裁判沙汰や書類送検と言ったイザコザを何回か経験しているのです。 例えば、2018年には記者暴行事件(記者を暴行したとする内容を掲載した会社と裁判)、NHKを相手取った裁判等、かなりいろんな揉め事を経験しているようです。 また、2019年10月にも書類送検されたという報道がされており、このような点を考慮すると、直近の2020年4月の書類送検についても、それほど不思議ではありません。 最近では、マツコ・デラックス裁判なるものをはじめている模様。 本日マツコ・デラックス裁判です。 東京地裁803号法廷 13時15分からです。 原告 NHKから国民を守る党&マツコ・デラックス被害者の会株式会社 被告 マツコ・デラックスこと松井貴博&東京メトロポリタンテレビジョン株式会社 — 立花孝志 【NHKをぶっ壊す!】NHKから国民を守る党 党首 tachibanat 過激な言動や行動を取る事でも有名ですが、一方でかなり法律に詳しいとも言われており、もしかすると、この書類送検でさえ立花孝志さんの計算だった?!なんて可能性もあるでしょう。 何れにせよ、その手腕には賛否両論が存在していますが、少なくとも知名度を挙げる事に繋がっているのは確かです。 立花孝志は辞職して政治家ではないのか? 次に、立花孝志さんの現在や辞職騒動について触れていきたいと思います。 型破りな政治家として知られている立花孝志さんですが、参議院選挙にて当選、もともとは参議院議員だった事でも知られています。 しかし、2019年10月には参議院議員を辞職し、埼玉県の補欠選挙に出馬する旨を発表しました。 数年間経験した後に、他の選挙・政治活動のために辞職するなんて事はよくありますが、立花孝志さんの場合は2019年の7月に当選したものです。 つまり、参議院議員として活動していたのはなんと3ヶ月という事になるのです。。。 かなり短い。 この短い辞職騒動も大きな注目を集め、その後様々な選挙に出馬していますが、落選が続いているようです。 10月の辞職、落選した後に11月・12月と別々の選挙への出馬しており、これほど頻繁に出馬を行っている政治家はかなり少ないでしょう。 立花孝志は今現在も政治活動を精力的に行っている ここで気にあるのは結局立花孝志さんは現在何をしていうるのか?という点でしょう。 結論からご紹介すると、現在は議員と言った立場ではないようで、政治家としての肩書は元参議院議員・現N国党首という事になりますね。 しかし、議員といった肩書はなくても政治家活動は行っており、ある種上記したような裁判というのも、NHKをぶっ壊すをスローガンにしている立花孝志さんからすると、活動の1種とも言えるかもしれません。 また、立花孝志さんの本拠地であるYoutubeでの活動というのは現在も続けており、再生回数も安定して数万~数十万程度はキープしているようです。 今も情報発信を続けながら、チャンス(選挙)があれば積極的に挑戦していくという立ち位置なのかもしれません。 自身も「選挙と政治の分離」を提唱しており(選挙後に候補者がすぐに辞任、その後別の人を繰り上げ当選)、立花孝志さんのそもそもの存在意義は情報発信を行う事で、N国の知名度を挙げることにあるとも言えますからね。 立花孝志と書類送検についてまとめ 今回は、N国の立花孝志さんについて• 書類送検された• これまでも揉め事を経験している• 辞職して現在は議員ではない という点についてご紹介させて頂きました。 立花孝志さんの行動や言動は本当に好き嫌いがはっきりと別れると思います。 ただ、選挙と政治の新しいカタチを提案した人物ではあると思います。

次の

立花孝志とは (タチバナタカシとは) [単語記事]

立花孝志 犯罪者

立花党首が威力業務妨害で起訴!ヤバい? 元国会議員で、政党代表ユーチューバーが、NHKをぶっ壊-す!! という事で、令和2年4月7日ですね、朝の11時38分です。 現在ちょっとね、報道で立花孝志がNHKの業務を妨害した、威力業務妨害であるとか、NHKの集金人から不正に皆さんの個人情報を盗み取った、などを報道されております。 全て、事実でーす!!! 僕がやりました!! 私がやりましたー!! 私は犯罪者でーす!! という事で、すばらしいですね、NHKの様な反社会勢力と戦うには、私の様な反社会勢力の人間がNHKをぶっ壊しに!反社会勢力VS反社会勢力の戦いなんですよ、これは、本当に、改革する政治というのはこういうものです。 NHKがたまたま僕の、そこのなんていうんだろうな、証拠をもって警察に泣きついたって感じなんですけどね、これからもNHKの業務妨害し続けますからね。 「NHKの業務を妨害する」という公約を守り続けます 私は「NHKの業務を妨害する」という公約で選挙で当選させていただいたわけですから、これからもNHKの業務を妨害し、まくりますからね。 8年位前ぐらいにね、NHKの天王寺営業センターで、机を「バーンッ!!」と叩いた、ね、あの頃から僕のこと知っていてくれる方はですね「あれと比べたら、何が業務妨害なの?」と思いますけども、とにかく、 NHKが反社会勢力であることは、僕のYouTubeをご覧いただいてる方や、NHKから被害にあった方々ね、みんなわかってるんですよ。 刑務所に入ってもNHKを妨害し続けますよー! だから、反社会勢力に対しては、私の様な、反社会勢力の人間が犯罪をしてでもね、業務妨害をしてでも、NHKをぶっ壊さなきゃいけない。 そんな思いで、これからも、NHKの業務を妨害していきますので、皆さん是非ともご期待ください。 そして、検察官ですね、昨日取り調べをして頂いてありがとうございました。 犯罪者ですからね、しっかりと起訴してくださいよ。 僕はこれで6回目の被疑者として、罪で言ったら7つ目の罪ですからね、今回2つありましたから、まだね、 二瓶文徳氏に対する脅迫罪も昨日やっと取り調べがありましたから。 とにかくね、まず起訴してください、このまま不起訴処分にする事だけは、ご容赦いただきたい。 そして私は、 刑務所に行ってもね、刑務所から出てきてからもNHKの業務を妨害して、妨害して、妨害して、NHKをぶっ壊しますから! それが私は、改革する真の政治家だと思います。

次の

N国・立花孝志の現在とは?書類送検騒動の流れと現在の活動について!

立花孝志 犯罪者

家の玄関などに貼るだけでNHK関係者が来なくなる「NHK撃退シール」をご存じだろうか。 これは東京都葛飾区議会議員であり「NHKから国民を守る党」の立花孝志氏が無料配布しているもので、その効果はてきめんのようだ。 ・NHK関係者が来訪しなくなるシステムとは 法的なことや契約のことは別として、非常に興味深いのが「貼るだけでNHK関係者が来なくなる」という点。 いったいどういうシステムでNHK関係者が来訪しなくなるのか? 立花孝志氏の公式サイトによると、以下のような理由でNHK関係者が訪れなくなるそうだ。 ・立花氏の公式サイトのコメント 「NHKは集金人に対し「NHKから国民を守る党のシールを貼っている家には訪問するな」と指示を出しているのです」 NHK撃退グッズ無料配布 — NHKから国民を守る党【代表】立花孝志 tachibanat ・NHK側はあまり関わりたくない? どうやら、このシールが貼られている家は「面倒なことになる」という理由で、訪問しないようである。 もともと立花孝志氏は数多くのHNK関係者と戦ってきており、その噂が広まっている。 それゆえ、NHK側はあまり関わりたくないと考えているのかもしれない。 なお、「」も話題となっている。 さらに「」という出来事も物議を醸している。 立花孝志氏は「」も開催している。 受信料や契約がらみの裁判が発生しているいま、NHK問題が大きく動き出し、大きな注目を集めているようだ。 【続報】.

次の