メドベージェフ フォアハンド。 チチパスがメドベージェフとの因縁対決制し白星発進、ATPファイナルズ 写真10枚 国際ニュース:AFPBB News

メドベージェフの強さ

メドベージェフ フォアハンド

メドベージェフはこの試合で勝利を目前にしていた。 最終セットを5-1でリードし、第7ゲームではを握ったにも関わらず、に持ち込まれて逆転されたのだ。 この試合についてメドベージェフは、もう一度あの試合をして、最終セットであれほどのリードを奪った後にもっと高いレベルでプレーすることができたらと語った。 Tennis World USAが伝えている。 この試合は両者の3度目の対戦で、ナダルの3勝目となった。 総ポイント数では、ナダルがわずか3ポイント上回っただけ。 最終セット4-5の場面で試合の命運を左右するブレークを果たして決着を持ち越し、タイブレークを制して勝者となった。 ナダルは6度与えたブレークポイントのうち4度をしのぎ、自身は9度握ったブレークチャンスの4本をものにした。 そして2017年の「ATP500 北京」以降で初めて、マッチポイントをしのいでの勝利をおさめた。 ナダルは26本のと27本の、メドベージェフは41本のウィナーと40本のアンフォーストエラーを記録した。 グランドスラム19度の優勝を誇るナダルは、中程度のでメドベージェフを圧倒して勝利。 これによって、年末1位を巡る(セルビア)との争いで欠かせなかった200ポイントを獲得した。 序盤からメドベージェフが優勢で、3-3でブレークチャンスを握るが、ここはナダルが守り切り、第1セットはタイブレークに。 タイブレークの最後にサーブを決めたメドベージェフが7-3で、53分の後にこのセットを手中におさめた。 第2セットではナダルがプレーのレベルを上げ、サービスゲームでわずか6ポイントしか失わなかった。 最初のゲームでメドベージェフが放った不注意なにコート上のいい位置で反応してブレークを果たし、メドベージェフにプレッシャーをかけ続けた。 ナダルはサービスゲームを1つ1つ着実に守り、第9ゲームで2度目のブレークに成功。 このセットを勝ち取って流れを引き寄せたかに見えた。 ところが、最終セットに入るとメドベージェフがいきなり第1ゲームと第3ゲームでブレークを果たして4-0と突き放し、第5ゲームでも2度のブレークチャンスを作った。 ここで決めていれば、さらに差を広げることができた。 だがナダルはこの2度のブレークポイントを跳ね除け、反撃のためのエネルギーを取り戻した。 1-5の場面では完璧なでマッチポイントをしのぎ、4-5で2度目のブレークを果たして勝利の可能性をつないだ。 迎えたタイブレークの最初の9ポイントでは互いを果たせなかったが、10ポイント目でメドベージェフのフォアハンドがアウトになりナダルがミニブレークに成功。 そして次のポイントで、メドベージェフのがサイドラインを割って試合は決着。 ナダルが勝利の喜びを手にし、準決勝進出を賭けた争いに踏みとどまった。 「正直にならないとね。 もし1つのポイントをやり直せるなら、ロンドンでのナダルとの試合の、あのマッチポイント。 他に何が言えるだろう?答えるのが難しい質問かと思ったけど、実際は簡単なものだった」とメドベージェフは語った。

次の

【錦織圭】ブリスベン国際2019で3年ぶりのツアー優勝!

メドベージェフ フォアハンド

これはワウリンカにとって、キャリア51回目の5セットマッチだった。 そしてこれは男子テニス史上の記録の中で6番目に多い数字だ。 彼はこの日のものを含め、そのうち29回で勝利をおさめた。 第4シードのメドベージェフのほうは、今や5セットマッチでの戦績は0勝6敗となった。 「もちろん一度も勝っていないというのはいい気分じゃない」とメドベージェフはコメントした。 こういう試合に勝つには、年齢と経験が必要なのだ。 「僕にはあと…何年かはわからないが、あまり多くの年月は残っていない」とワウリンカは語った。 「だから残された時間を最大限に活かしたいんだ」。 ワウリンカは34歳、メドベージェフは23歳だ。 これまでにグランドスラムで3つのタイトルを保持しているワウリンカは今、18度目のグランドスラム準々決勝に向かおうとしている。 この試合は第4セットに終わりにかかっていたが、ワウリンカはタイブレークの最後の3ポイントを連取してそのセットを奪取した。 メドベージェフはそこからしおれ始め、ある時点では13ポイントのうち12ポイントを落とした。 この時間帯にはメドベージェフのフォアハンドのアウトで終わった、最終セット最初のゲームでのブレークも含まれていた。 水曜日に行われる予定の準々決勝で、ワウリンカは第7シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)と対戦する。 ズベレフは6-4 6-4 6-4で勝利をおさめ、第17シードのアンドレイ・ルブレフ(ロシア)のこのところの15連勝に終止符を打った。 22歳のズベレフはオーストラリアン・オープンでは初の、グランドスラム全体では3度目のベスト8進出を決めた。 ドローの同じサイドのそのほかの準々決勝は、フレンチ・オープン準優勝2回のドミニク・ティーム(オーストリア)対ラファエル・ナダル(スペイン)だ。 第1シードのナダルは同日のナイトマッチで、第23シードのニック・キリオス(オーストラリア)に6-3 3-6 7-6 6 7-6 4 で競り勝った。 火曜日に行われる男子準々決勝は、前年度覇者で第2シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)対第32シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、第3シードのロジャー・フェデラー(スイス)対世界ランク100位のテニス・サングレン(アメリカ)だ。 月曜日に第10シードのガエル・モンフィス(フランス)を6-2 6-4 6-4で倒したあと、第5シードのティームはくつろいでナダル対キリオスをテレビ観戦すると言った。 偵察という目的もあるのだろうが、それはエンターテインメント的な価値を期待しているからでもある。 6月のフレンチ・オープンでナダルに2年連続で決勝での敗戦を喫したティームは、ウインブルドンとUSオープンでは1回戦負けし、2019年の残りのグランドスラム大会で1試合にも勝っていなかった。 しかし今の彼は、メルボルン・パークでは初となる準々決勝に駒を進めた。

次の

ダニール・メドベージェフ

メドベージェフ フォアハンド

錦織圭が2019年シーズン初大会となるブリスベン国際(オーストラリア)に出場。 世界ランク9位の錦織圭が世界ランク16位ダニル・メドベージェフ(ロシア)にセットカウント2-1で勝利し、優勝しました。 メドベージェフ選手とは昨年の楽天ジャパン・オープンの決勝戦で対戦していてその時は敗れていましたが、ブリスベン国際でリベンジを果たしました。 錦織選手は決勝戦9連敗中でしたが今回それが止まり、2016年2月のメンフィスオープン以来、2年11カ月ぶりのツアー優勝となりました。 ツアー通算12度目の優勝を果たしました。 1.錦織選手の試合日程・結果新年早々の大会で大変だと思いますが、錦織選手の試合日程はこちらです。 第2シードの錦織選手は1回戦が免除され2回戦からの登場でした。 1セット落としましたが、接戦の末、メドベージェフ選手に勝利しました。 2019年初の大会でツアー優勝でき、幸先の良いスタートが切れました。 選手 1 2 3 SET 結果 D. メドベージェフ 4 6 2 1 錦織圭 6 3 6 2 勝利! 【第1セット】6-4で奪う第1ゲームはバックハンドの打ち合いになり、メドベージェフ選手がキープ。 第2ゲームは錦織選手が18本のラリーを落としてトリプルのブレークポイントを握られるますが、連続ポイントでデュースに持ち込みます。 しかし、強打に屈する形でメドベージェフ選手にブレークを許してしまいます。 第3ゲームは錦織選手がブレークチャンスを迎えましたが、バックハンドの精度を欠き、メドベージェフ選手がキープ。 第4ゲームは錦織選手がファーストサービスの精度を取り戻し、このセット初めてゲームを奪います。 迎えた第5ゲーム、錦織選手は高速サービスにフォアハンドで対応してブレークバック。 錦織選手は続く第6ゲームでも抜群のストロークを見せ、ゲームカウント3-3とします。 第7ゲームは錦織選手がサービスのコースを読み、体を開いてのフォアハンドリターンでエースを奪いブレークに成功。 第8ゲームからはニューボールが投入され、錦織選手がサービスをコントロール。 第9ゲームは錦織選手が2本連続でリターンエースを決めますが、メドベージェフ選手が譲らず。 錦織選手はサービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームをラブゲームでキープ。 ゲームカウント6-4で第1セットを先取しました。 選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 セット D. 第1ゲームは4度のデュースの末にメドベージェフ選手がキープ。 第4ゲームは錦織選手が0-30からの逆転でキープ。 ゲームカウント2-2で迎えた第5ゲーム、錦織選手は得意のアクロバティックなバックハンドウィナーを決めてブレークポイントを握りますが、メドベージェフ選手も声を発しながらのプレーでこれを凌ぎます。 4度のデュースを制したのはまたもメドベージェフ選手。 17本のラリーをポイントにつなげ、サービスエースでキープ。 打って変わって第6ゲームは錦織選手がラブゲームでキープ。 メドベージェフ選手がニューボールを手にし、怒りでラケットを破壊した第7ゲームは激闘となります。 息を飲むラリーの応酬となりましたが、3度のデュースを切り抜けたメドベージェフ選手がキープ。 第8ゲームはメドベージェフ選手が22本のラリーをものにしてブレークポイントをつかむと、絶妙なダウンザラインでブレーク成功。 メドベージェフ選手はサービング・フォー・ザ・セットとなった第9ゲームをキープ。 ゲームカウント6-3で第2セットを奪いました。 錦織選手は8回訪れたブレークポイントを生かせませんでした。 選手 1 2 3 4 5 6 7 8 9 セット D. 第2ゲームはメドベージェフ選手のサービスが唸り、ラブゲームでキープ。 第3ゲームは錦織選手がサービスエースや鮮やかなフォアハンドウィナーを決め、0-30からの逆転でキープ。 第4ゲームはメドベージェフ選手がダブルフォルトからフォアハンドのミスを連発し、錦織選手がブレーク。 錦織選手はフォアハンドでポイントを取り、第5ゲームをキープ。 第6ゲームでは精度の高いリターンを繰り出して、再びブレーク。 ゲームカウント5-1とリードします。 王手をかけた錦織選手でしたが、ニューボールを手にした第7ゲームをラブゲームでブレークされてしまいます。 しかし第8ゲーム、メドベージェフ選手のダブルフォルトから錦織選手はトリプルのチャンピオンシップポイントをつかみ、最後はバックハンドウィナーで2時間4分の戦いに終止符。 ゲームカウント6-2でファイナルセットを制し、3年ぶり12度目となるツアー優勝を成し遂げました。 選手 1 2 3 4 5 6 7 8 セット D.

次の