漆喰 汚れ。 外壁漆喰とタイルの汚れの解消

漆喰の外壁のメリット&デメリットとは!?補修費用やメンテナンスを解説

漆喰 汚れ

こんにちは! 漆喰・珪藻土・塗り壁ブログを運営している アトピッコハウス㈱、自然素材のパイオニア後藤坂です。 塗り壁は、メンテナンスが大変と思っている 方が、多いと思います。 確かに、壁紙よりは、気を使うかもしれませんが、 製品によっては、それほど、 メンテナンスも大変ではありません。 一番やっかいな塗り壁は、 表面が柔らかいものです。 洋服をこすれば、白くなるし、 ポスターも張れないし、 普通の生活そのものに、 結構気を使うかも知れません。 しかし、堅く仕上る塗り壁なら、 これからご紹介する方法で、 塗り壁の汚れは、落とせると思います。 まず最初は、消しゴムでこすってみることです。 表面に付着した簡単な汚れなら、 これで落とせる可能性があります。 もし、消しゴムで落ちなかった場合は、 漂白剤等で漂白するか、 サンドペーパーで、削り落とすといった方法がとれる と、思います。 ただ、漂白剤を使用していいかどうかは、 塗り壁の製造メーカーに確認する必要があります。 漂白剤を使ったことで、 かえって塗り壁の汚れが、広がったり、目だったりする ことも考えられるからです。 また、サンドペーパーで、 塗り壁の汚れを削り落とす場合も、 注意が必要です。 汚れは、落ちるかも知れませんが、 補修した箇所のテクスチャーが、周囲と変わる可能性が 高いのです。 だから、サンドペーパーで、削り落とす際にも、 周囲とのバランスを図りながら、 ジワジワとやった方がいい訳です。 しかし、消しゴム、漂白剤、サンドペーパーで、 対処できないほど 大掛かりな傷や汚れの場合には、 塗り直すしかありません。 しかし、塗り直す場合も、 補修した箇所は、分かるので、 周囲との調和を図りながら、 傷や汚れを、「誤魔化す」といった感じが理想です。 本格的に補修したいという場合は、 傷や汚れがある「壁1面」を塗り替えることが 理想ですが、 部屋の「角」に柱や、建具がなくて、 補修しない「他の壁」との「見切り」がない場合は、 若干、補修しない壁にも、 補修用の塗り壁材が付着するので、 多少、厄介です。 大がかりな塗り壁の補修には、 プロに依頼しましょう。 アトピッコハウスでは、3種類の塗り壁を 製造販売しています。 3種類とも、「堅く」仕上るので、 今ご紹介した消しゴム、漂白剤、サンドペーパーは、 お試し頂けます。 そして、同じ材料を使って、 部分的な塗り直しも、 全面的な塗り直しも出来ます。 ただ、部分的な塗り直しをする場合、 補修箇所が目立つことは、 他社製品と同様です。 お勧めは、多少の傷や汚れは、 気にしなくていいのではないか? ということです。 触ると、表面がボロボロするような 柔らかい塗り壁は別として、 アトピッコハウスの塗り壁は、 どれも固く仕上るので、 そのまま放置しておいていいと思うのです。 多少の傷や汚れも「味」だし、 家族が生活した「証し」だと思うのです。 神経をとがらせて、汚さないように生活したり、 汚れや傷の補修にやっきになるのではなく、 「傷や汚れは、家族の思い出」と、 割り切る価値観も素敵だと思うのですが、 いかがでしょうか? 塗り壁は豪華だし、インテリアが映えるし、 調湿性があって、 室内が快適になります。 それだけで、相当に価値があると思うのです。 どんな製品を選んだらいいか分からない方、 漆喰か珪藻土か迷っている方、あるいは、 予算がないけど、塗り壁はあきらめたくないという方、 「」メール講座をご活用ください。 無料で、資料・サンプル差し上げます アトピッコハウスは、無垢・珪藻土・漆喰・クロス・畳など オリジナルの自然素材内装材を、製造販売する会社です。 漆喰、珪藻土、カオリンと、合計3種類の オリジナル塗り壁材を製造販売しています。 をご希望の方は、こちらからご請求頂けます。 いつでも手軽LINEで質問.

次の

漆喰について

漆喰 汚れ

弊社では漆喰の汚れを落とす際に酸を用いて落とす方法を推奨していますが、なぜだかご存知でしょうか。 弊社では汚れ自体を落とすのではなく、漆喰を溶かして汚れも一緒に落とすという考え方です。 そこで酸を使用するのは漆喰が弱アルカリ性で酸に溶けるからです。 だから酸性でないと、この方法で汚れを落とすことはできないのです。 一見、物をよく溶かしそうなハイターやカビキラーはアルカリ性なので漆喰を溶かすことはできません。 しかしカビに関してはハイターやカビキラーなどの強アルカリ洗剤が有効といえるでしょう。 カビを落としたい場所に少量のハイターを塗り、数分待って拭取ります。 このとき、待つことが重要です。 塗ってすぐには、カビは落ちませんし、大量にハイターやカビキラーを漆喰につけると漆喰の「すさ」が強アルカリによって溶けだしてしまいます。 漆喰の性質や汚れの種類を考慮して使い分けていただくとよいでしょう。 また酸性薬品とハイター等、アルカリ性のものとは絶対に同時併用しないでください。 酸性とアルカリ性を同時に使用すると中和して何の効果も表れないことになります。

次の

汚れ落とし

漆喰 汚れ

新築にあたり、外壁の壁をジョリパット塗り壁にするか、漆喰の壁にするか悩んでおります。 漆喰はパプレッサ(パビスタンプ)を予定しています。 このような漆喰について調べたところ、メーカーさんや採用している工務店さんのページには メンテナンスフリーとかジョリパットなどのアクリル系仕上げ材に比べて 汚れにくく、いつまでのキレイと書いてあるところがございます。 一方で私と同じようにどうしようかなーと悩んでいる方のブログや見識のある方のブログの中には 逆にメンテナンスが金額も多額で大変。 汚れも付きやすいと書いてあり、 まったく真逆の内容も目につきます。 なんとなくジョリパットは材料的に帯電しやすく静電気による汚れの吸着程度の違いはあるように 思えますが、所詮その程度にしか思えません。 これらはなんらかの条件下においての話なのでしょうか? でも 例えば軒がしっかり出ていれば汚れにくいとか、密集地帯でなければとか 道路の交通量が多いとかいう状況下においては漆喰であってもジョリパットにおいても 汚れの付きやすさの傾向は変わらないように思います。 (どっちも汚れる環境では汚れるし汚れない環境であれば汚れないに思える) 実際、漆喰壁(パプレッサ)は汚れにくく、メンテナンスフリーなのでしょうか? ご存じの方、いらっしゃいましたら教えてください。 補足 やはりメンテフリーというのは販売者側の謳い文句でしたか・・・ ちなみにジョリパットなどと比べてメンテ時のコストは結構 かかってしまうものなのでしょうか? メンテナンスフリーの壁と言えば石か煉瓦です。 漆喰はスイスの壁が何故白いか、それは浄化作用があるので長期に渡り白さを保てるわけですね。 ですが、全くのメンテナンスフリーではありません。 ガルバニウムだって10年から15年で張り替えます。 今流行りの素材を使って耐久年を短く簡単に施工し何度もやるくらいならこちらの方が良いと思いますよ。 パプレッサはドイツのものです。 ドイツと日本では気候が違い、塗った後乾くまで雨に弱い欠点があります。 雨に濡れると縦筋がでたりしますので、天候を考えなければいけません。 浄化作用はあるので長期効果は期待できても全くメンテナンスフリーではありません。 ジョリパットは、注目の素材ですがひび割れなど結構問題もあるみたいで、塗り壁なら塗る時のやり方次第でひび割れしますが、やはり私は漆喰の方が好きです。 ナイス: 1 回答 究極を言えば、メンテナンスがいらない外壁なんてないと思います。 メーカーの謳い文句、人の感覚の違いでもあり必ず汚れは気になります。 塗り壁を施した方は、そういう事を気にされる方が多いだけだと思います。 私は田舎で周りは田んぼに囲まれている環境ですが、巾木ジョリパッド(白)の外壁はうす茶色に汚れています。 上はガルバリウムですが、トリの糞、くもの巣、砂ぼこりの跡、雨だれの跡 ところどころ気になるのでホースで水洗いしています。 施工会社からは15年耐久、メンテナンスは塗り壁より数倍楽と聞いていました。 隣の家は漆喰ですが、サッシ周りなどは雨だれが黒く目立ちます。 一様に漆喰壁と言っても下地、下地処理の方法、塗り厚、材料の濃度 などばらつきがあると思います。 メンテナンスを気にするなら塗り壁は辞めた方が良いと思います。 しかし、サイディング、コンクリ打放しにしても何年か経つと汚れが目立ちます。 塗り壁も汚れが吸着する前のこまめな手入れが必要です。 ナイス: 5 初めまして ジョリパットでも漆喰でも汚れやすいと思いますよ メンテフリーと言うのは売り文句あって 全く汚れない塗料何てありえません 軒がしっかりしていればというのも、軒の真下は汚れにくくても、雨じみ等はすぐに目立ってきます ジョリパットや、漆喰は、表面がデコボコしてるため埃なども、付着しやすいんですよ 汚れ防止として親水性の上塗りを、かけるか 又はシリコンクリヤーをかけると 汚れ防止になり、汚れにくくはなりますよ 簡単に説明すると ツルツルの、ボディの車さえどんなに洗車してワックスかけても、一ヶ月も放置すれば水垢や、汚れはつきますよね 悩んでおられると言うことですので 施工されてる物件など見て回るのもいいと思います ナイス: 1.

次の