東郷羽衣。 羽衣石山 鳥取県湯梨浜町

マイライフ攻略 彼女候補一覧|パワプロ2018 攻略

東郷羽衣

[引用元:] 羽衣石城(うえしじょう)は、鳥取県東伯郡湯梨浜町にある中世の山城跡。 【概要 】 城跡は東郷池の南、羽衣石川上流にある羽衣石山(標高372m)にあり、山陰道と東郷池に臨む東伯耆の要衝にある。 南条氏歴代の本拠地で、尼子氏や毛利氏と激しい攻防を繰り返した。 山頂には1990年に建てられた三層の模擬天守と「羽衣石城主南条公累代碑」がある。 それ以前にも、昭和6年に大阪在住の南条氏の子孫によって建てられた模擬天守があった。 南条氏は伝承によると当初、羽衣石城よりも奥にある十万寺集落付辺に築城を予定していたという。 築城しようとしたところ予定地のそばにある「日向池」(現在は地名のみ残る)にツバメが落ち、不吉なことだと感じた貞宗が羽衣石山へと変更させたといわれている。 現在、その十万寺集落の北に広大な城跡があることが分かっているが調査が行われていないため詳細は不明である。 【歴史 】 ・貞治5年(1366年)、南条貞宗が築城。 ・大永4年(1524年)、大永の五月崩れによって落城。 尼子領となり、南条宗勝は山名氏に逃れる。 (近年の研究ではこの五月崩れの存在自体が否定されている) ・天文15年(1546年)、南条国清(のちの南条宗勝)、武田国信の要請を受けて尼子方を離れると同時に羽衣石城から退去する。 ・永禄5年(1562年)、南条宗勝、毛利氏の支援を受けて羽衣石城を回復する。 ・天正3年(1575年)、南条宗勝死亡により、南条元続が家督を継ぐ。 ・天正7年(1579年)、南条元続、毛利方に背き羽柴秀吉方につく。 ・天正9年(1581年)、吉川元春、馬ノ山に布陣し、子の元長に羽衣石城を攻めさせる。 を落とした羽柴秀吉軍が馬ノ山で吉川元春軍と対陣。 両者共に退く。 ・天正10年(1582年)、吉川元春配下の武将・山田重直の手により落城する。 ・天正12年(1584年)、織田氏と毛利氏の和睦が結ばれ、伯耆国東3郡が南条氏領となる。 ・天正19年(1591年)、南条元続病死し、南条元忠が家督を継ぐ。 ・慶長5年(1600年)、南条元忠は西軍について敗れ、廃城となる。... 羽衣石城の口コミ情報 2019月06日01 伯耆守眠々丸 羽衣石城 お茶の水の井戸跡から主郭への搦め手沿いの登城道歩かれる際は、ぜひ山手の斜面を眺めてみてください。 そこには数々の巨石が睨みを効かせています。 ほとんどが二抱え以上の見事な巨石たちであり、しかも随所に散らばっています。 自然の石が大好きと言う方なら、足が止まってしまうことでしょうね。 ただし、搦手道から井戸跡までの道は細く谷側は崖となっていることから、ながら歩きは大変危険ですのでご注意を。 羽衣石の名の元となる「羽衣岩」も、この巨石たちの一つと思われます。 また、大手道にも同じような巨石の集合体があり、そちらは「天然の塁壁」と呼ばれています。 2019月05日26 のぶひろ 主計允 羽衣石城 十万寺所在城から、羽衣石城を望む。 十万寺所在城は「たいこうがなる」と地元に伝わる。 鳥取城兵糧攻めの後、吉川元春と対峙する南条元続の救援のため、羽柴秀吉が着陣した陣城か…。 2018月09日01 安那 備後守はるか 羽衣石城 駐車場より左右に登山道があり 左手は大手、右側は搦め手側になります。 搦め手側からあがりましたが 山道は整備されており、この時期でも 草もなく息を整える程度で普通に あがることが出来ました。 主郭、曲輪も少々の雑草程度だったので しっかり散策することが出来ました。 管理の方に感謝です。 大手道はあまり整備されておらず 石がゴロゴロしており足元が悪いです。 それぞれ見所があるのでグルリと 回ると良いかと思います。 本城の北東側には番城という支城があり 東側からの攻撃を見張る為に 作られています。 同じく南側にも十万寺城という大規模な 支城があり織田軍の駐屯があった そうです。 番城へは尾根伝いに行けるみたいなので 外枡形状の虎口、他遺構があり 時間があれば散策したいものです。 2017月06日20 権大納言織田晃司 羽衣石城 羽衣石城の麓に駐車場があります。 向かって右側の登山道から模擬天守を目指しました。 途中石垣や羽衣岩などありますが、かなりキツイ道のりです 備中松山城もキツイですが多分、羽衣石城のほうがキツイ 備中松山城は登城の辛さがあっても重文の天守が出迎えてくれて達成感はありますが、羽衣石城は模擬天守なので…「どうしても模擬天守を見たい!」という方以外リア攻めはあまりお薦めしません。 東郷温泉か、はわい温泉の方を薦めます。 2017月05日12 戦国の覇者もどき 羽衣石城 羽衣石城の近くに駐車場がありトイレも在ります。 山頂にはトイレはないですが、素晴らしい眺めです。 山を下り羽衣石川に沿って下ると山陰地方最大級の古墳 北山古墳があります。 是非行ってみてください。 2016月05日26 近江守Silvine 羽衣石城 入り口の看板に徒歩15分と書かれていますが、なかなかきつい坂道で20〜30分は見たほうがいいと思います。 入り口の杖は持って行きましょう。 井戸への道は少し崩れていますが、通れないことはないと思います。 大手の方はよく整備されていますが、搦手 徒歩20分と書かれたほう は石がごろごろしており、苔むして滑りやすいので気をつけてください。 2015月05日03 まるき〜 上野介 羽衣石城 城取り攻略は倉吉駅前付近でGPS攻略できますが 実際に行くと、かなりの山道を歩きます。 麓の駐車場には綺麗なトイレが有ります、今登ってきましたが辿り着くとパノラマビューで眺めは最高でした。 かなりの急坂です、入り口付近に杖が置いてあるのが納得できました。 2010月11日14 あと3城 副将軍マイリバ 羽衣石城 伯耆国・羽衣石城再訪にて四年連続リアル百城達成 今思えば、現状把握目的の再訪に拘らなければ、そろそろリアル千城に手が届いてたかも まっ、いいか.

次の

羽衣石城跡へのみち/とりネット/鳥取県公式サイト

東郷羽衣

363,533アクセス• はわい~と言っても鳥取・羽合温泉で、一昔前「日本のハワイ」と有名になった所です 笑 楽天トラベル 期間限定 20,000円以上宿泊予約で、10,000円クーポンが配布される「カニ食うポン」を利用して行って来ました。 2月4日 9:00 梅田プラザモータープール - 12:00 鳥取砂丘 - 14:15頃 はわい温泉 2月5日 15:00 はわい温泉 - 16:00 賀露港 買い物 - 19:30頃 大阪駅周辺 後編は宿泊ホテルと、お天気が下り坂だったのでゆったり東郷湖周辺で過ごした様子をアップさせていただきます。 個人的にこの「羽衣」特別に愛着があります。 3年程前にリタイヤしましたが、ここって仕事場と言ってもいいくらい 都内から出張でよく行って宿泊しました。 ロビー、露天ぶろや東郷湖の中の橋と島、とても懐かしいです。 建物や部屋のキーとか古めかしく、よく言えば素朴そのものです。 「温かみがあって、心地よく癒される」とおほめいただき、うれしくなりました。 玉造温泉も高速道路から行きやすい場所にあるし、こちらも雰囲気も良いので機会があると立ち寄るのですが・・ 同じ系列やライバル?って組織もあるのですねー、初耳でした。 何気に泊まっている所に注意してご覧いただき、私も改めて関心を持ちました。 昨日は丸一日パソコンに向かえなかったので、お返事が遅くなりましたが・・ メッセージを頂き、ありがとうございました。 楽天トラベルでクーポン配布されているのを見かけたことがありましたが、 よく見もせずにスルーしてました。 そんなにお得なものだったんですね…。 私も今度、利用してみたいです。 それにしても、クマ子分くん。 おだんご一緒に写っているのは、すごい幸せそうな顔してますね。 牛骨ラーメンをのぞきこむ姿は、めちゃラブリーだし、 公園のパンダの迫力には、笑わせていただきました(^^)。 とっても素敵な旅行記ですね。 風邪で3日間ほど寝込んでいて、すっかり退屈していたのですが 楽しませていただきました。 ありがとうございます。 風邪で、寝込んでいらっしゃったのですね〜・・ 気温の変化が激しいので、体調を崩す人が多いなぁーと思っていたのですが〜お大事になさってくださいね! 楽天のクーポン配布〜結構お得なものもあるようで、今回それを利用して行って来ました。 冬場=期間限定でしたが、お天気が 1日目だけでも よくて良かったです。 くま子分〜お酒と写したら「おっさん」ぽく感じましたが、お団子は幸せそうな顔でしたか・・ 笑 ラーメンを覗き込んだり、夕食の時もちょっと登場させたり・・ 公園のパンダの迫力! 〜クマ子分、傾いてしまいました〜 再,笑 楽しく思い出させていただき、ありがとうございました。 ふわっくまさん、こんにちは。 フラガールで有名な所です)と共に、日本の二大ハワイアンですね。 燕趙園の中国風建築には、びっくりしますよね! ハワイと中国が近くにあって、しかもそこは日本!って。 三ヶ国が楽しめて、いいかも。 それにしても、黒衣の後ろ姿美女(前が分からないので)! ふわっくまさんは、大変スマートで羨ましいです。 前日光さん、こんばんは。 鳥取の「はわい温泉」ご存じでしたか〜! 福島「常磐ハワイアンセンター」と日本の二大ハワイアンって、若いコ風に言えば「チョーウケるんだけどー」といったところでしょうか・・ 笑 燕趙園の中国風建築も、パスポートなしで行けるっていう触れ込みですが〜 日本古代からのスピリチュアルな場所をご訪問されている、前日光さんにはチョット・・というのが正直なところです。 そして、PCに向かってニンマリ照れてしまったのですが・・ スマートに、写っていましたか・・ お正月に久しぶりに会ったお姑さんから、しきりに「太った」との指摘がありまして〜 長年苦労をしてきたお姑さんが、無邪気に言うので笑い流していた次第です 苦笑 実は4トラで前日光さんをはじめ、皆さんの旅行記の景色がキレイなので〜密かにカメラの購入を検討中なのです。 もう少しハッキリ写ったものをアップしたら、「これ以上は、やめなはれ!」というご意見もあったりして・・と思ったり・・ そして大阪のおばちゃん〜ウケ狙いでヒョウ柄を探すのですが、私も含めてあまり着ていないような気がします。 けれど大和撫子なんて、褒めすぎですよ〜〜 心温かいメッセージ、ありがとうございました。 な感じで・・ 笑 日頃の行いかどうか正直わかりませんが、sanaboさんから良いメッセージを頂き〜嬉しかったです。 ありがとうございました。 はわいの旅行記後編を拝見したところです。 カニづくしの夕食、とても豪華ですね。 そうか、カニコロッケもカニ料理だし! 和風だけでなく、洋風の料理まで出してくれて お腹いっぱいになりますね。 和食の朝食も、おいしそうだし! 最近は、畳の部屋にもテーブルと椅子が用意されていて 座るのも楽ですね。 お年寄りの方にもとてもやさしい心遣いだなと思いました。 チェックインした日はとても天気が良くて お部屋からの眺めも、写真を撮っておいて良かったですね。 楽天のクーポン、やるな!! 私もこまめにチェックしようっと!!と思いました。 楽しい旅行記を書いてくださって、ありがとうございました!! 明日も良い一日になりますように。 こんなお得なクーポン事前に知っていたら私もカニ三昧を味わいたいです。 まあ、相方がカニが得意でないのでいつになっても美味しいカニが食べられません。 昔は日本海のダイビングの帰りに城崎温泉でカニを食べたりしましたが、今では、ほとんど口にしてません。 『鯛喜』 事前に予約もしてさすがです。 量が多いのも嬉しいですよ。 新鮮な海の幸三昧の旅でもありますね。 『鳥取砂丘』 ラクダナイスショット! 笑 遠くからでもラクダを撮影すると撮影料を支払えとか言ってくるみたいですが、お客さんを乗せている間は望遠なら大丈夫なのかな。 ラクダに乗っている子供たちがあまりにも小さい頃の私のところの娘らとそっくりなので驚きました。 笑 『倉吉』 この様なレトロの街並みに憧れます。 昔、鳥取には行ったことがあるのですが、こんなこころがあるのは気付きませんでした。 ここも歩けば昔にタイムスリップした気分になれますね。 『はわい温泉 羽衣』 東郷湖レイクビューで3Fは最上階で見晴らしも最高〜 蟹づくし会席もゴージャスです。 温泉もゆっくりと浸かれたことでしょう〜 色々とサービスも行き届いて素晴らしいと思いました。 『中国庭園「燕趙園」に万里の長城のような通路』 ここでも中国にいるみたいです。 東郷湖も中国の西湖などに雰囲気が似てますからね。 パンダまでいるとは〜 爆 お得にしかもゴージャスに日本の異国チックな場所を楽しめて、 蟹づくし会席と最高の旅です。 往きのバス運転手さんは、結構のんびりしていて〜内心ヒヤヒヤでした 笑 お天気が崩れないうちにと訪れた、倉吉も思い出に残り・・ はわい温泉、羽衣で癒されて〜 1週間遅くに行っていたら大雪に見舞われたと思うと、2日目に雨が降ったことも帳消しになったような気がします。 でしょうね〜 笑 メッセージを頂き、ありがとうございました。 ふわっくま.

次の

羽衣石城 余湖

東郷羽衣

羽衣石城(うえしじょう) 室町時代の初めに築城されたと伝えられます。 頂には遺構が残り、周辺にも多くの史跡があります。 現在の城は平成2年に建てられました。 東郷池(とうごういけ) 釣りの好適地で、湖畔の四ツ手網は詩情をそそります。 夏の納涼や名月観賞にも好適です。 岸辺には東郷温泉や羽合温泉があり、湯気が噴き上がっています。 また、東郷池周辺は「三朝東郷湖県立自然公園」「東郷湖羽合臨海公園(都市公園)」に指定されており、様々な公園施設が整備されています。 鮎返りの滝(あゆがえりのたき) 落差は8.1mと低いのですが、滝つぼの下流は高さ約8m、長さ約20mの花崗岩で囲まれていて、真夏の昼でも薄暗く冷気を誘います。 下流の岸辺には、樹齢200年位のオオモミジが大きく枝を張って川面を覆っています。 鮎がこれ以上のぼれないことから、「鮎返りの滝」と言われています。 ぎゃあーるご水 「ぎゃあーるご」とは、この地方の方言で「蛙」のことです。 干ばつの年でも渇水せず蛙が生息していたのでこのような名が付けられたと言われています。 羽衣石(はごろもいし)と羽衣伝説 昔、この山に天女が降り、大石に羽衣を掛けて麓の池で入浴をしていました。 そこへ山里の農夫が通りかかり、羽衣を持ち去ってしまいました。 天女はそれに気付き、羽衣を返してくれるように願いましたが、聞き入れてくれませんでした。 天女は羽衣がないので天上に帰ることができず、やむなく農夫の妻となりました。 後、二人の子供が生まれました。 その子供に羽衣の隠し場所を聞き出し、羽衣をまとって天に昇っていったと言うことです。 子供は泣き悲しんで、太鼓と笛で音楽を奏で、天女を呼び戻そうとしましたが、ついに帰りませんでした。 その天女の降りた山を「羽衣石山」、太鼓や笛を鳴らした山を「打吹山(倉吉市)」と呼ぶようになったと言われています。 羽衣石の下に天女の祠を祀り、毎年5月5日を祭日としています。

次の