我々 だ bl 小説。 我々だ、ワイテルズ、マイクラ学校生活(ゆきや)様のBL小説

添い遂げて、竜人さん さとまみ(コミックス&BL小説専用)さんの感想

我々 だ bl 小説

ショピコネ• コネシマ宅にてーーー 「そろそろお開きにするか」 「そうやな。 時間も時間やし」 グルッペンの提案に、ゾムがいち早く賛成する。 今の時刻は大晦日前の23時。 先程まではメンバー全員ではしゃぎまくっていたが いそいそと他のメンバーも 帰り支度を済ませていく。 「シッマ後片付け頼むな!」 とロボロが玄関先で言うので、 「人ん家でやっといてそりゃないやろ!」 と怒鳴り付けてやった。 その言葉も虚しく、扉は閉まってしまった。 いつもは毎年全員で年を越すのだが、自然と 各自バラバラで過ごすようになった。 それがちょっとさびしいと思う自分がいる。 「さぁて、片付け開始やな……っと?」 振り替えると、何やら人影があった。 「あ、先輩……」 ショッピくんや。 全員帰ったとばかり思ってたわ…… 「なんや、まだいたんか」 「まぁ、はい」 だが返事をするだけで、本人は帰ろうとしない。 「どうしたん?ボーッとして。 帰らんの?」 「……まだ、大晦日じゃないじゃないですか」 ショッピくんは下を向いてボソッと言った。 「そうやけど…まぁ、ええわ。 二人で年越しやな」 俺はそう言うと、さっきまで4人で過密状態だったこたつに足を入れた。 「ほらショッピくんも」 「わかりましたよ」 ショッピくんは緊張した顔をしながら足を入れた。 何がそんなに嫌なんや? 「まだ鍋残ってるな……アイツらほとんど 食べてないねんな……俺の料理を」 鍋の中をお玉で探ってみると、きのこやら白菜ばかり残っている。 「アイツらガキか、肉ばっか食っとるわ……」 「…笑」 ショッピくんが微かに笑った。 そういやショッピくんと二人きりは久しぶりやな…… なぜか妙に緊張してしまう。 「もうすぐ年越しやな」 「…はい」 俺はショッピくんの態度に違和感を覚え、 「何や?何緊張してるん」 「緊張……じゃないですよ」 ショッピくんは具をよそりながら、 「二人で年を越せるのが嬉しいな、と」 目を反らしながら言った。 嬉しい、か。 コイツもそんなこと言うんやな。 自分の後輩として迎え、早10ヶ月。 メンバーにも馴染んでくれたし安心している。 「皆さんと過ごすのも勿論楽しかったんですが、 やっぱりコネシマさんとが一番落ち着きますね」 「……おぉ、なんかありがとうな」 「料理美味しいです」 ショッピくんは湯気をフーフーと冷ましている。 なんかかわええな笑 「……かわえぇな」 「……はい?」 あ、しまった。 言葉に出てしもうた…… どうにかしてごまかさんと……と思っていた矢先、 「不意打ちって……そりゃないですわ……」 と、ショッピくんが聞こえるか聞こえないかの ような声で呟いた。 さらに顔が赤い。 「い、今の忘れてくれ!どうかアイツらには」 チクられたら終わりや。 きもがられるわ…… 「え。 忘れるって……今のはなんだったんですか」 「や、だから冗談やって」 「冗談なんですか……」 今度は何やら落ち込んでしまった。 今日のショッピくんはやっぱりおかしい。 「いや可愛くないわけではないで?ただ本音が」 いや、待て。 本音じゃない。 これは。 でも、確かに可愛いと思ったのは事実…… 「っはー……」 ショッピくんは額を押さえてため息をついた。 さらに顔が赤い。 誤解されたら大変やな…… 「ショッピくん大丈夫?ほら、もう0:00に、」 ショッピくんの背後の壁にある時計の針が 12を指すのを見届けようと、見上げていると、 口に異物が当たり、何やら目の前が暗くなった。 「……ん??」 これは……柔らかい? え、待て、これ……キスやん、 ショッピくんとキスしてるんか、俺 途端に体が熱くなった。 ショッピくんから俺に…… しばらくして、俺の口は解放された。 「ハッピーニューイヤー……」 こたつ越しに、ショッピくんの 真っ赤な顔が見えた。 「ショッピくん……」 「すみません、いきなり。 タイミングがこれしか」 キスされた?てことは…… 「告白します。 ……僕は先輩が好きです」 突然のことだらけで、頭が真っ白になりかけた。 俺のことを?ショッピくんが? 前からショッピ君は気になっていた。 だが性別的にあり得ないとほぼ諦めていた。 なのに、相手から告白されるなんて。 想像するわけないやんか…… 「……返事は?」 いやぁ、これは、ショッピ君はずるい…… 「俺も、好きやで……前からずっと」 そう答えると、互いの顔が赤くなるのが分かった。 「もう一回、いいですか」 「ええで」 そう言い、ショッピ君は俺の唇に重ねた。 「また、一年間よろしくお願いします」 「」 俺は無言でうなずいた。

次の

BLove要望掲示板

我々 だ bl 小説

75冊 読んだページ 1106525ページ(1日平均560ページ) 感想・レビュー 本棚 性別 女 現住所 福岡県 外部サイト• 自己紹介 主にマンガ。 少女マンガ、BL、アニメ化作品などを好んで読みます。 小説やちょっとお堅い本は「さとまみ(読書垢)2」[i. bookmeter. 基本電子。 ブックパス。 シーモア。 Renta!。 ほか いつも、アタシの拙い感想というかメモを読んで下さりありがとうございます。 この度、こちらの勝手な都合で申し訳ないのですが、お気に入りでアタシが片思いしていた方々を一旦お気に入りから外させて貰いました。 しかし、共読本は必ずチェック出来るように見に行かせて貰います。 今までありがとうございました。 そして、これからも宜しくお願いします。 要するに時間が足りない 色々コメをしてくださる皆さん。 リアルな会話が出来なくてごめんなさい。 お願いします。

次の

添い遂げて、竜人さん さとまみ(コミックス&BL小説専用)さんの感想

我々 だ bl 小説

聖女として5歳で異世界から召喚されたノアは、聖女でありながら男だった。 『聖女は国王に嫁がねばならない』。 そんな『しきたり』から始まった婚約破棄騒動。 ノアは悪い噂を流され冤罪にかけられ、不毛の地オデッサへ追放となる。 死刑宣告のような追放だったが、ノアの【聖女】としての力は本物だった。 王弟アレクシスは何もかも捨ててノアを追いかけ、もう遠慮は要らないとばかりに養い子であったノアに愛を囁く。 戸惑いながらも『憧れのお兄さん』であったアレクシスに少しずつ絆されていくノア。 【聖女】や英雄王弟を失って少しずつ崩壊が始まるヴァンダル王国。 だがこの不完全な世界は終わりを告げようとしていた。 異世界大量転生シリーズ裏世界編、開幕です。 わからない設定は随時更新する【00 人物紹介とネタバレ含む裏設定】を見てください。 苦手な方はご遠慮ください。 入る時はタイトルに*マークが付きます。 字数は少ないです。 ハーララ帝国第四皇子であるエルネスティ・トゥーレ・タルヴィッキ・ニコ・ハーララはある日、高熱を出して倒れた。 数日間悪夢に魘され、目が覚めた彼が口にした言葉は…… 「皇帝なんて興味ねえ!俺は魔法陣究める!」 天使のような容姿に有るまじき口調で、これまでの人生を全否定するものだった。 * * * 母親である第二皇妃の傀儡だった皇子が前世を思い出して、我が道を行くようになるお話。 主人公は研究者気質の変人です。 お相手は真面目な専属護衛騎士。 健全なBL(予定)なので、R-15は保険。 てかこの主人公に恋愛出来るだろうか。 出来たらいいな(願望) エロエロだったり切なかったりとBLには重い話が多いなと思ったので、ライトなBLを自家供給しようと突発的に書いたお話です。 ですが作者がコメディ書くの苦手なのでどうなるかはわかりません……。 ていうかこの主人公のほのぼのとした姿書けるのか……?書けると信じよう、うん。 行き当たりばったりの展開が作者にもわからないお話ですが、よろしくお願いします。 「……あれ?これ、俺がやってたゲームの悪役王子の回想の記憶じゃね? 」 えっ?悪役王子って主人公をいじめぬいて城から追い出した後もしつこく付きまとい、外の世界で出来た仲間と魔王を倒しに向かう主人公の前に何度も立ちはだかって、最後は民衆になぶり殺しにされてたよな…? これはある日気付いたらゲームの世界の悪役王子に転生していた男の生き残りをかけた物語である。 苦手な方はご注意下さい。 27 本編完結いたしました。 最後までご覧下さり本当にありがとうございました。 二人のイチャイチャ、ラブラブ、その他面々のその後など、ご覧くださると幸いです。 俺はコーリック王国の第二王子、ルマンド=コーネ。 学園で好きになった子を振り向かせたくて、この一年一生懸命男を磨いた。 具体的に言うと魔物退治によるレベルアップを繰り返した。 彼女が『魅了』の魔法を周囲に使っていたことに。 百年の恋も冷めるくらいドン引きした俺は、その場のみんなの魅了を魔法で解いて、傷心のまま国を出た。 ま、傷心旅行ってやつだ。 取り敢えず隣国で冒険者として魔物退治でもしながらストレス発散&傷心を癒すぞー! これは旅行先で出会ったお忍び王子と友情を深めていたはずが、気づけば捕まっていたという…そんなお話。 (大体二章の終わりくらい) R-18は第四章からです。 お気を付けください。 宜しくお願いします。 〔第一部完結〕 獣が人型へと進化した時代でも、弱肉強食はこの世界の在り方だった。 その中で最弱種族である跳び族。 その族長の長子として生まれたレフラは、最強種族である黒族長のギガイへ嫁ぐという定めがあった。 ただ子どもを産む御饌(みけ)として、求められていると信じるレフラと、唯一無二の番(つがい)として愛しみたいギガイ。 すれ違う感情は、レフラの身体を淫虐に巻き込んでいく。 エロは濃いめです。 調教・陵辱的なシーンがありますがハピエンです。 最後は溺愛コースへまっしぐらです。 妊娠可能といった前提があります。 こちらには上のような傾向やプレーがあります。 苦手な方はご注意ください。 毒を喰らわば皿まで番外編: 第一弾『その林檎は齧るな』 本編:63. 二人目の退場 その少し後から始まる、アンドリムとヨルガを中心とした、ユジンナ大陸を東に向かう旅。 東国ヒノエで、待ち受けるものとは何か。 アスバルの血族にかけられた呪いを解くため、ヒントを求め東国ヒノエに向かうと決めた元宰相アンドリムと、彼に同行したいと願う騎士団長ヨルガ。 国内情勢を鑑みてなかなか旅立ちを決められないでいた二人の前に、一人の幼い姫が現れる。 「……どうか、どうかヒノエを。 アンドリムとヨルガ、東国ヒノエを巡る番外編の始まりです。 スローペースの更新になるとは思いますが、楽しんで頂けるように頑張りたいです。 売れないwebライターの彼氏がある日、エロ玩具レビューの仕事を受けおってきて、、。 尿道責めや痴漢など鬼畜なプレイが盛り沢山! 真編ープロポーズ編です。 上司に犯されてしまったユウヤをお清めしつつ、結婚式、初夜とラブエロストーリーが盛り沢山! 初編ーマサトとユウヤの馴れ初め話やユウヤの穴を慣らす為の24時間セックスなど、アヘアヘ、エロエロエピソード満載 変編ーリバや3Pなど、新キャラ交えての変化球エロストーリー! 獣編ー2人が公園でゲイカップルの猫を飼い始めて、、、。 両性具有の僧侶に転生した俺ユウヤは、魔王に捕まり、淫紋を刻まれてしまった。 その魔王は、なんと転生前に、俺の事を監禁調教したレイプ魔だった。 こいつも一緒に転生してしまったなんて! しかし、恋人だったマサトが勇者に転生して助けに現れた。 残念ながら、こいつもスケベ それからというもの、エロ勇者と2人きりのパーティで、毎日勇者から性的悪戯を受けながら冒険している。 ある時は、淫術のかけられた防具を着させられたり、ある時は催淫作用のあるスライムを身体中に貼り付けられたり。 魔王に捕まったり、勇者に助けられたりして、エロストーリー進行します。 勇者パートはアホエロ、ラブイチャ風味。 魔王パートは、調教、背徳官能風味でお送りします。 非王道学園BL/美形受け 都心から離れた山中にある御曹司や権力者の子息が通う全寮制の中高一貫校『都塚学園』 高等部から入学した仲神蛍 なかがみ けい は高校最後の年に風紀委員長を務める。 生徒会長の京本誠一郎 きょうもと せいいちろう とは、業務連絡の合間に嫌味を言う仲。 5月の連休明けに怪しい転入生が現れた。 結婚を前提に恋人になれ。 」 「俺がするんで、蛍様は身を任せてくれたらいいんすよ。 誤字脱字の報告や、アドバイス、感想などお待ちしております。 毎日20時と23時に投稿予定です。 猛火の獅子と謳われた将・イメルドは戦に負け、捕らわれ、牢へ投獄されていた。 いつの世も勝者が正義。 酷い辱めを受け、嬲り殺されても当然だと思っていた。 しかし牢から連れ出された先は、人気のない寂れた後宮。 Twitterの企画『 2020男子後宮BL』にて、5月現在ツイート連載している作品を加筆修正して公開開始しました。 前半~中盤はおねショタ展開あり。 後半はスパダリに成長した攻めの溺愛展開の予定。 また、当初の予定よりも燃えを詰め込んでお送り致します。 15歳からアカウントを取りログインできるそのゲームを、俺も15歳になった瞬間から楽しんでいる。 魔王が倒された世界で自由に遊ぼうをコンセプトにしたそのゲームで、俺は今日も素材を集めてNPCと無駄話をし、クエストをこなしていく。 でも、俺、ゲームの中である人を好きになっちゃったんだ。 その人も熱烈に俺を愛してくれちゃってるんだけど。 でも、その恋は絶対に報われない恋だった。 ゲームの中に入りこんじゃった的な話ではありません。 ちゃんとログアウトできるしデスゲームでもありません。 そして主人公俺Tueeeeもありません。 他サイトでも先行連載中 「お前が私から盗んだものを返してもらう。 それまでは逃さない」 ドラゴンの言葉がわかるチート能力のおかげで騎士団に所属していた、赤い瞳の半魔族の騎士、カイル。 田舎町でつつましやかに暮らしていたカイルは、かつては恋人だった美貌の貴族アルフレートと再会する。 少年時代、孤児のカイルを慈しんでくれたアルフレートを、裏切って別れた過去を持つカイルは、辺境伯となった彼との再会を喜べず……。 一方、氷のような目をしたアルフもカイルに冷たく告げるのだった。 「お前が私から盗んだものを返して貰おう」と。 過去の恋人に恋着する美貌の辺境伯と、彼から逃れたい半魔の青年の攻防。 高校生の祐羽は、部活の打ち上げの帰りにチンピラに絡まれてしまう。 そこへ偶然現れたヤクザの九条に助けられ事なきを得るが、暫くして再びトラブルに遭った祐羽は九条と再会を果たすことに。 助けられ安心したのも束の間、九条に無理矢理体を奪われてしまう。 家に帰す代わりに幾つかの条件を突き付けられた祐羽は渋々承諾するものの何とかして解放されようと考えを巡らせる。 そんな日々の中、一緒に過ごしていくうち九条の優しさに次第に気持ちは揺れていき…。 【第一部】運命の出会い、恋愛編 【第二部】夏休み旅行、ヤクザ闘争編 シリアス~ほのぼの迄。 苦手な方はご注意ください。 現実の個人、団体など無関係です。 また犯罪を推奨するものではありません。 実際とは色々と異なります。 あり得ないこともBLファンタジーとして全て受け流してください。 アルファポリスの使用上、ページ数が多い分スクロールしてページに辿り着くのがとても大変なので、なかなか書き直し出来ません。 申し訳ありませんがスルー、脳内変換してお読みくださいませ。 10…他サイトになりますがアクセスランキング初の同時1位になりました!ありがとうございます T-T 記念になります。 随時追加予定。 booth. しかし、赤城の力は強くいつもギリギリの戦いだった。 今度こそ赤城を倒して見せる… そう心に誓い青木は新しい武器の作成や作戦を考える日々を送っていた。 しかしある日、青木とは違う強大な敵が赤城を襲う。 赤城の弟 ヒカルを人質に取られピンチの赤城。 このままでは赤城が他の奴に倒されてしまう… 「そいつを倒すのは……俺だぁぁあ!!」 俺は同じ志を持つ敵へと突っ込んでいき赤城を助けるような行動をとってしまう。 そして俺は力尽き意識を失い倒れてしまう。 俺は赤城兄弟に助けられ気が付いた時には赤城家のベッドで寝かされ治療されていた。 しかし…優しい赤城の弟 ヒカルに怪我した体を治療されればされる程に疼きだしおかしくなる俺の体。 ヒカル… 俺の下半身がムズムズしてなんだか…おかしいんだが… 赤城…? 抜け駆けするなって……あっ…下半身は今からヒカルに治療してもらう予定で… あれ? 2人とも顔が近…あっ…ちょっ…待っ………。 ムッツリで少しSっ気のある兄とデロデロに悪役くんを溺愛してくる弟。 そんな2人にひたすら愛される純粋無垢な悪役くんのお話です。 どこにでもいるごく普通な文学オタク男子高校生!だったんだが、猫を避けようとしたら死んじゃって起きたら何処だよここ! 周りを見たら獣人ばっかだし顔は変わってるし、魔法があるし何この世界!? ていうかこの顔…。 まさか……まさかだよな? 俺は気づきたくなかったぞ。 自分が『婚約破棄され国外追放される途中で魔物に襲われ死ぬ悪役令息』であることなんて。 傾国の美姫と謳われた母親譲りの美貌を引き継いだジェラリアは、13歳の時、側室という名の人質として大国ドルマキアの王太子と政略結婚した。 男の身で側室となったジェラリアを待ち受けていたのは過酷な日々。 そんなジェラリアはある日を境に忽然と姿を消していた。 それから五年後。 ジェイドと名前を変えていたジェラリアは自由な生活を謳歌していた。 表向きはヒモ同然の売れない役者。 裏の顔は依頼人の指定どおりの人物を完璧に演じることで高額な報酬を得る『身代わり屋』という裏稼業をしている天才演者。 そんなジェイドは、ひょんなことからかつての自分であるリンドバル王国のジェラリア王子の身代わりとしてドルマキア王国に雇われる羽目に……。

次の