流産後 妊娠 体調。 稽留流産の手術は妊娠周期で違う!手術と入院・その後の過ごし方

流産後の体調管理について

流産後 妊娠 体調

流産後に妊活をする時期はいつから?流産後にするべき心と体のケアについて 流産のご経験は、ご夫婦にとって時に、心身ともに大きな負担になる出来事です。 そのため、妊活をいつから再開するのか?ということに悩まれるご夫婦も少なくありません。 結論から申し上げますと、 流産後の妊活はしっかり体を回復させてからであれば問題ありません。 ただし、体を休ませてあげる期間については、流産した週数により違ってきます。 また、流産後の妊活で時期と共に特に注意したいのが、次の妊娠に対しての不安や恐怖心から起こる精神面の問題です。 そこで今回は「流産後の妊活のタイミング」と「流産後にするべき心と体のケア」について詳しくお伝えしていきます。 〇流産後の妊活はいつからして良いのか 流産は12週までの初期流産、22週までの後期流産に分けられます。 また、6週目頃までに妊娠が成立しなかった場合は化学流産と呼ばれています。 それぞれの妊活再開時期について見ていきましょう。 ・化学流産(6週目頃まで)の場合 エコーで胎嚢が確認される(臨床妊娠)前に、市販の妊娠検査薬で陽性反応が出たことにより発覚するものです。 化学流産は、受精卵が着床したばかりの早い段階で起こるもので、生理と区別がつきません。 検査薬を使わなければ生理が遅れて来たという位にしか思わない為、知らず知らずのうちに化学流産は起きているのです。 化学流産の場合は特に子宮や体への影響はほとんど無いと言えるので、すぐに次の妊娠に向けて進んで構いません。 多くの検査薬は生理予定日1週間後から使えます。 しかし、化学流産を知って悲しい思いをしない為にもなるべく妊娠検査薬のフライング検査は避けましょう。 この時期の流産後の処置として多いのは、自然に子宮が綺麗に戻るのを待つ「待機的管理」や子宮の中を綺麗にする「子宮内容除去術」です。 処置をした場合でも何もせずに経過を見る場合でも、勝手な判断ですぐさま妊活を再開するのは良くありません。 早期流産でも子宮のダメージは人それぞれであり個人の年齢や子宮の状態によっても異なりますので、かかりつけの医師の指示に従いましょう。 「生理が1~3回来てから」と医師に告げられる事が多い様です。 次の妊娠を希望されている旨をしっかり伝えれば、必要以上の長い期間妊活をお休みする様に指導する医師はいませんので、安心して下さい。 しかし、流産から次回の妊娠までの時期と次回妊娠の成功率は無関係だと言われています。 心身ともに元気になってから次へ進みましょう。 これは「一度流産を経験した人は着床や受精が行われている為、一度も妊娠した事のない人に比べて妊娠しやすい」という話がうやむやになったものでしょう。 流産後すぐは妊娠しやすく、少し期間が空くと妊娠し辛いという事ではないので、あまり急ぎすぎる必要はありません。 ただし、年齢が上がるにつれ卵子の老化が進む事は確かですので、 早めの妊娠を希望される方はかかりつけの医師にしっかり相談しましょう。 常に放心状態になってしまったり、何事に対しても無気力で意欲が湧かない…といった鬱状態になる事も珍しくありません。 妊活を再開するのであれば、流産後に抱えた不安やストレスを取り除いてあげる事が望ましいでしょう。 流産後にしたい体のケア3つ 1.体を温めること 流産で子宮を綺麗にする手術をした後は体を冷やさない事が大切です。 冷え性は妊活中のみならず、妊娠中や出産後にも体の不調をもたらします。 特に下腹部から足にかけての冷えは大敵ですので注意しましょう。 流産後は子宮周りを暖めるのも効果的で、以下の様な方法があります。 ・腹巻きとカイロを使用する 手軽に使えるのが市販の貼るカイロや腹巻きです。 普段は腹巻きの後ろ 腰 にカイロを貼るのが適していますが、お腹を触ってみて冷たい場合はお腹側に張りましょう。 ・ホットシートや布ナプキンを使用する 温熱タイプのおりものシートや、生理中の冷えを軽減する布ナプキンの使用も、子宮やお腹周りを温めるのには適しています。 一部で噂される「妊娠しやすくなる」「生理痛が軽くなる」などについて医学的根拠はありませんが、冷え性改善には効果的です。 2.睡眠や休息をしっかり取ること 精神的なショックから充分な睡眠や休息が取れないと、あらゆる体の不調や自律神経のバランスが崩れてしまいます。 ホルモンバランスが乱れ生理や排卵が正しく行われない等、後々の妊活再開にも問題が出てきますので、規則正しい生活リズムを心がけましょう。 1日3食バランスの良い食事を取るように心がけましょう。 生姜や根菜類など体を温める食材を取り入れると冷えも改善出来るので、一石二鳥です。 流産後の心のケアと夫婦生活について 〇悲しい気持ちを一人で抱え込まない 流産後の悲しみを一人で抱え込むのは良くありません。 とは言っても、ご家族やご友人など近しい人には気を遣ってしまい相談しにくい事もあるでしょう。 そこで推奨したいのが、カウンセリングです。 医療機関によっては、流産後に精神科の医師やカウンセラーによるカウンセリングを実施している所もあります。 また、インターネットのコミュニティー等で同じ様に流産を経験した方と話してみると、気持ちが楽になりますよ。 また、インターネットのコミュニティー等で同じ様に流産を経験した方と話してみると、気持ちが楽になりますよ。 一人で抱え込まずに吐き出すことが大切です。 家にこもって一人でいると気持ちがふさぎこみがちです。 心が辛いときは散歩やショッピング等、外の空気をすって体を動かすと心身ともにリフレッシュできます。 流産の手術後、少しの期間は安静が必要ですが、 心のケアの為にも体を適度に動かすことが大切なのです。 流産後は、生理の周期がすぐ戻る方もいれば、少し時間がかかる方もいます。 妊活中は基礎体温をつける習慣があるかと思いますが、最初の生理がくるまではつけなくてOKです。 その後、妊活を再開するにあたり基礎体温をつけていくでしょうが、心のケアが充分でないうちに無理して頑張りすぎることはありません。 流産後の「妊活を伴わない夫婦生活」については、大きな病気がなければ特に厳格なルールは設けられていません。 多くの場合は生理が来れば夫婦生活を再開できますが、出血が止まったら良いという医師もいます。 しかし、どの段階で妊活を再開できるかは人によります。 早く授かりたいという気持ちはわかりますが、初めのうちはタイミングを合わせずに自然なコミュニケーションとして夫婦生活を再開してみてはいかがでしょうか。 ストレスなく夫婦生活を行える様になった後に、ご夫婦で妊活を始める時期について話し合うのが良いでしょう。 次の妊娠に向けて心と体を整えよう 流産後の女性の多くは、流産のショックと次の妊娠への不安がある中、妊活を焦る気持ちもあると思います。 「流産後いつから妊活を始めると良いのか?」という疑問については、根拠のない俗説がインターネットなどでも散見されます。 ・流産後なるべく早くに夫婦生活を始めたほうが、妊娠しやすい ・しっかりと期間を開けるほうが、その後の妊娠が順調に進む この様に、矛盾する内容を説くブログ記事を見かけることもありますが、いずれも臨床的な知見に基づく根拠は全く無く、絶対にその期間でなければいけないということもありません。 まずは、ご自身の体と心が健康であるかを良く考え、辛い時期は無理せずに休むことが大切です。 ご夫婦で良く話し合って、納得された上で妊活再開の時期を決めて下さいね。 たくさんの喜びの声が届いてるとっておきのブレンドティー。

次の

【医療監修】稽留流産した場合つわりはなくなる?続くことはあるの? [ママリ]

流産後 妊娠 体調

繋留流産後、治療をいつ再開しようか迷っていました。 11月中旬の手術でしたので、12月はまだしっかり生理が来ない可能性もあり年が明けてから再開しようと思いました。 治療をしていると手術後、生理がちゃんとくるか、が二層になるか、また妊娠できるか、流産を繰り返さないか色々心配ですよね・・・。 特に手術後は子宮内も綺麗だし、妊娠した身体はまた妊娠しやすい、と言われていたので早めに再開したい!と思っていました。 しかし、そう簡単ではありませんでした。 流産の原因が染色体異常とは分かっていても、無理をして仕事を続けた自分自身が嫌でこの感情は中々消えませんでした。 プラス看護の仕事自体やることにもとても罪悪感を感じる様になってしまいました。 力仕事をするたびに「この動作が赤ちゃんを殺したんだ」と思うと仕事のモチベーションも全く上がりません。 関係ないよ!と言われそうですが。 上司にも原因を自分の行動で突きつめ出したらキリがないよ!と言われました。 本当その通りです。 同じ職場で10年近く働いていたのですが、辞めると決断したのが2017年1月の事です。 (流産後2ヶ月) 3月になると来年度の委員会やらモジュールのリーダー業務やらチーム編成やら病棟内での采配が始まるので、早めが良いと思いお正月明けてすぐに婦長さんに相談しました。 異動を説得されたり、休職という手立てを取られないように理由を考えていきました。 今後また妊娠し子育てのするときのために実家近くに引っ越します、と説明しています。 (事実なんですが。 仕事に罪悪感を感じるは通用しないし) その場で承諾して頂いてとても精神的に安心ました。 1度リセットしたい気持ちが大きかったためです。 3月末の退職者が多く、6〜7月頃の退職となりました。 退職日についてはまた上司と相談する形で終了しました。 じゃあ元々通っていた治療を再開しよう!と思い1月に受診し2月の生理がきたら来てと言われました。 また妊活できると思っていたのですが・・。 そこから散々でした。 妊活どうこうではなく、身体が。 1月4日39度の発熱があり、突然夜中に嘔吐しました。 それは並みに吐きました。 消化管系の症状が出るインフルが流行していたので、インフルだ!と思って受診しましたが、陰性でただの風邪でした。 3日ほど休みを頂きましたが、食事があまり取れなくなりました。 1月中旬、咳が何日も止まらなくなり、ずっと微熱が続きました。 仕事をすると呼吸苦もあり、呼吸器科を受診。 咳喘息と診断されました。 喘息の一歩手前です。 吸入とで1週間ほどお休みを頂きました。 咳喘息の症状が落ち着いてきたころ、2月上旬。 また突然39度の発熱がありました。 今度こそインフル?!と思いましたが陰性。 1日何度も下痢が続き、急性と診断されました。 3日ほどで平熱になりましたが、お粥の様な優しい物しか食べられません。 今年に入ってお休みも沢山もらってるので、これ以上休むことに罪悪感を感じていました。 早く復帰しなきゃ、という気持ちだけが先行し3日で復帰しました。 腹痛も下痢もなく、平熱だったので大丈夫だろうと夜勤に行きました。 準夜勤帯20時頃、吐き気に襲われ熱を測ると38度でした。 当直と婦長さんに報告すると「何でこんな状態で出勤するの?!」と怒られ。 外来で点滴を受け、両親に車で迎えに来てもらいました。 もう限界で救急外来のベットに横になったら涙が溢れてきました。 看護師10年近く働いてきて年に1度風邪引くくらいで迷惑だってほとんどかけたことがないし、ある程度責任ある立場で任されている職務も多いです。 ましてやすぐ泣くタイプでもないのですが。 夜間帯で体調不良とか一番やっちゃいけないことだって知ってます。 それほど追い込まれてるんだな、と自覚しました。 そこから2週間近くお休みをもらってます。 その間も食後の下痢が続き、トイレがない場所には行かず食事も元どおりには行きませんでした。 すでに1ヶ月で6キロ痩せました。 2月はほとんど出勤していません。 その後も3月に入り喘息がぶり返し、風邪で数日お休みをもらっています。 そんなわけで治療もタイミングを再開しようと思いましたが、はガタガタ。 度々発熱もありましたし、あまりアテにはならないけれど、二層に戻ったのは3月頃。 手術後4ヶ月経過してからでした。 schan0617.

次の

【医療監修】稽留流産した場合つわりはなくなる?続くことはあるの? [ママリ]

流産後 妊娠 体調

また流産しちゃうんじゃないか・・ 本当に赤ちゃんは順調に成長してるのか・・ 私も初めての妊娠で流産を経験し、すぐ妊娠を確認できたものの、見えないものと戦う日々。 安定期に入って胎動を感じられるようになるまでは、 不安とプレッシャーに押しつぶされそうな毎日。 そんな自分の気持ちを盛り立てるように、少しでも自分と赤ちゃんの体にいいことを心がけていました。 初期は病院でも対策をしてくれたり、自分でできる限りの対策をして、次の妊娠で無事出産することができました。 この記事では以下について書いています。 流産後は妊娠しやすい? 理想の時期はいつ?• 安定期までの経緯と病院での対策• 不安を減らすために自分がやってみた対策• 流産後の妊娠が不安でたまらない• 不安を解消するための対策が知りたい 流産の手術の後、子宮内は一度キレイな状態が保たれているので、妊娠する環境としてはすごく整っている。 流産後、半年くらいはホルモンの関係もあり、妊娠しやすい。 そんなに構えず、自然に任せてみようかなと思えました。 自分にとってプラスの情報で、なんとか自分を保っていたのかもしれません。 基礎体温を測っていたので、そろそろという時期ではありましたが、1回目の生理を待って、すぐ妊娠。 うれしい反面、もちろん拭えない不安との闘いです。 流産後の妊娠から初期の経緯 基礎体温で自分の体を知る 流産を経験して、まず自分の体のことを知るために、 基礎体温を測る習慣をつけました。 何か月か基礎体温を測ることで、自分の体の状態を目で見て確認することができます。 でも、つわりがしんどい時などは、食べられそうなものだけ食べて体を休めることに意識してあげてくださいね。 ママが食べられなくてもおなかの赤ちゃんはちゃんと育ちます!! つわりが治まってから、しっかり栄養を取るように心がければ大丈夫です! 葉酸・鉄分をしっかり取る 妊娠中は大事だといわれている 葉酸、ママに不足しやすい 鉄分を意識して取るようにしていました。 毎日の食事だけで補うには不十分なので、 サプリを併用していました。 私が飲んでいたのが、 飲んでも見た目で何かが大きく変わるというわけではありませんが、 赤ちゃんが成長するのに必要な栄養素ならばと積極的に取り入れていました。 妊娠前から意識して取り続けていましたが、以下の5点が決め手。

次の