手打ち うどん 作り方。 おいしい手打ちうどんの作り方

簡単! 素人でも美味しくできる手打ちうどんの作り方

手打ち うどん 作り方

簡単手打ちうどんの作り方 「簡単手打ちうどんの作り方」 お気楽に「讃岐うどん」を打ってみよう 「専門の道具を揃えるなんて高そうだし、こんどいつ使うか判らな〜ぃ」って言うあなたにピッタリ!手抜き讃岐うどんを作 りましょう。 手抜きだけど、その辺で売っているうどんよりはビックリするほど美味しい讃岐うどんが出来てしまうんです。 揃えるもの (下記の物だけは揃えてね) 粉 これだけは うどん専用の粉を入手しましょう。 出来たうどんの美味しさが全然違います。 入手先は「」や等から通販で購入するのがいいと思います。 「東急ハンズ」にも置いています。 塩と水 これはどこの家庭にも有るでしょう。 なかったらスーパーで買おう。 かたくり粉 近くのスーパーに行って買って下さい。 コーンスターチでもOKです。 ビニール袋 普通の透明なビニール袋(やや大きめが使い易い) スーパーの袋 大きめの袋が使いやすいですよ。 丸棒 DIYで140円くらいで売っている丸い木を買ってね。 平たい台 こたつの上でも、テーブルでも固くて平たい場所ならOK。 うどんを打つ時は綺麗に拭いて下さい。 包丁 文化包丁でOK。 100円均の包丁でもOKで、刃が平な方が使いやすいです。 うどん6人前 粉:500g 水:225g 塩:25g 塩水作り 水:225gに塩25gを入れて溶かしましょう。 めんどうだけど、ここで分量をキッチリ量らないと固くて伸ばせなかったり、柔らか過ぎて切りにくかったりします。 塩が溶け難いので密閉容器に入れてシャッフルするのも一手です。 粉と塩水を混ぜる ビニール袋の上から粉と塩水を混ぜていきます。 テレビでも見ながら、もみもみしてください。 写真は、ビニールが薄かったので2枚重ねて使っています。 だいぶ混ざってきたかな 繰り返しもんでいると、だいぶ混ざってきました。 粉っぽいところが無くなったらいいかな。 1次熟成 小麦粉は親水性が有るので、しばらく置くと自然に水が回ってくれます。 外気に触れないようにビニール服をを絞って1時間ほど置いて、しばらくTVでも見ましょう。 うどん踏み踏み 1時間ほど置いたら、粉っぽい所が無くなっているはずです。 そろそろうどんを踏みましょう。 スーパーの袋に入れて上から踏みます。 透明なので生地を見ながら踏めるので使いやすいです。 (若い人には円広志って判らないですね。 失礼しました。 ) 左右に伸ばすつもりで右左と踏んでいってください。 生地がぺったんこになったら巻物のように巻いて、叉、左右に踏んでいきます。 これを6〜7回くらい繰り返してください。 もち肌のような生地になりました・ 最後の踏みの時は3ツ折りにして、ペッタンコになるまで踏まないで写真ぐらいに形を整える感じで踏んでください。 2次熟成 うどんを踏むのってけっこういい運動になりますね(笑) うどんの生地といっしょにしばらく休憩です。 1時間くらいお休みさせましょう。 くるくる回りながら生地を丸く伸ばして我が家のザブトンのように薄いザブトンを作りましょう 巻いて伸ばしましょう DIYのお店で買った丸棒に生地を巻いて伸ばしていきます。 上から押しながらくるくる回していくと伸びていきます。 この時、表裏両面に打粉(かたくり粉)をふってください) 3mm程度の厚さまで伸ばす 3mm程度の厚さまで伸びたら伸ばしは完成です。 打粉をたっぷりかけて生地同士がひっつかないようにします。 屏風たたみ 折り目が重ならないように生地を折り重ねていきます。 多めに打粉をふっていますか。 多すぎたら後ではたいて落とせますので、ここは思い切って打粉をふってください。 うどんを切る 3mm程度の太さで切っていきます。 うどんは茹でると太くなりますので、細めでちょうといい太さになります。 うどんの完成です。 さぁ、自分の打ったうどんを茹でて食べましょう。 手抜きうどんはうまく出来たでしょうか。 釜上げでもよし、ざるでもよし。 ここはいっちょう生醤油うどんで食べましょう。 本格的に、もっと美味しく打ちたくなったら、本編のを見て打ってください。

次の

うどんを打とう

手打ち うどん 作り方

広告 手打ちうどんの材料• 小麦粉 中力粉• うどんの具材 ネギ、油揚げ、かまぼこ• だし汁 昆布、煮干し、削りぶし、花かつおとも言う• 楽天 又は片栗粉 麺がくっつかないようにする為 うどんを打つ道具 うどんを打つ道具には次のような物が必要です。 こね鉢 ボウル又は大きな鍋 ビニール袋 大きくて丈夫な物 延ばし棒 麺棒 麺を延ばす板 テーブルやコタツ板でもよい 包丁 刃が平らなもの、文化包丁等 バスタオル、まな板、ざる、鍋、箸など 道具について 私の近所の人や知り合いの方で、 うどんや蕎麦をよく作る人は、自分専用の伸ばし棒 麺棒 やこね板 麺を延ばす板 などを、購入して準備されているようです。 場合によっては、麺を切る専用の道具まで購入している人もあります。 日常的にうどんや蕎麦を作る人にとっては、道具にもそれなりにこだわりがあるようです。 道具を購入してから、麺作りにハマる人もあるようです。 麺作りを多く経験することで、段々と上手にできるようになるものです。 人が多く集まると、日常的にうどん作りをみんなでする所もあります。 小学校の同窓会で集まった時、うどん作りをしたこともあります。 それはそれで楽しいものです。 手打ちうどんの材料の調合割合 1人前 2人前 3人前 4人前 5人前 10人前 小麦粉 100g 200g 300g 400g 500g 1kg 水 45cc 90cc 135cc 180cc 225cc 450cc 塩 春・秋 5g 10g 15g 20g 25g 50g 塩 夏 6g 12g 18g 24g 30g 60g 塩 冬 4g 8g 12g 16g 20g 40g 手打ちうどんの材料の割合の比率は、この表の通りです。 1人前も10人前も比率は同じで、量が違うだけです。 作る時の季節によって、夏は塩を多めに、冬は塩を少なめにします。 この辺りは実際に作ってみて、ご自分の好みで変えても良いでしょう。 手打ちうどんの作り方• 水の中に塩を入れ、完全に溶けるまでよく混ぜます。 雨天の場合は水と塩は少な目にします。 混ぜやすいように大きめのボウル又は鍋に小麦粉を入れます。 次に塩水を半分入れて、混ぜ合わせてボロボロ状にします。 残りの塩水を入れてボロボロ状にします。 少しずつ固めて団子状にまとめます。 これを生地といいます。 生地を小麦粉にまぶして、ビニール袋に入れてバスタオルで包んで足で踏みます。 塊を中から外へと広げていきます。 広がった生地を畳んでまた足で踏みます。 耳たぶ位の柔らかさになります。 ここでもう一度足で踏んでもかまいません。 何回か作ってみて出来具合を確かめて、自分流の作り方を見つけるのも良いでしょう。 テーブルやコタツ板の上で麺棒を使って生地を巻いて延ばしていきます。 広げた時生地がくっつかないように打ち粉をします。 生地の厚さが3mm位になったら、生地を屏風のように折り畳んで包丁で約3mm幅に切ります。 包丁は垂直にして押して切ります。 切った後、麺がくっつかないように麺をほぐして小麦粉をまぶします。 この中へうどんを入れて再び沸騰するまで、くっつかないように時々箸でかき回します。 うどんをざるにすくって冷たい流水の中にいれて、表面の粘りを落として麺を冷やします。 熱いのをすぐ食べる場合は、釜揚げうどんにします。 30分以内にめんつゆや具といっしょに食べるのが理想です。 切った麺を移動する場合 持ち帰り 切った麺をすぐに茹でて食べずに持ち運ぶ場合は、麺にコーンスターチ又は片栗粉をまぶしてから容器に入れます。 コーンスターチ等をしっかりまぶしておくと麺がくっつきません。

次の

手打ちうどんのレシピと作り方!おうちで打ちたて茹でたてが食べられる!

手打ち うどん 作り方

せっかく手打ちうどんを作るなら少し多めに打ってストックしておきたいものです。 そこで疑問がでてきます。 うどんはどの程度保存がきくのでしょう。 生地で保存するのでしょうか。 生麺でしょうか。 それとも茹でた状態で保存しますか。 それぞれ冷蔵保存が可能ですが、 生地を団子のまま冷蔵する場合はかなり硬くなります。 延ばしにくい団子になりますので野菜室など比較的温度の高い冷蔵室がよろしいでしょう。 常温に戻してから延ばします。 2日程度でうどんにしたいものです。 生めんは冷蔵ですと密封容器で長くて1週間、できれば数日で消費したいところです。 茹で麺はあまり保存はお薦めしませんがどうしても必要な場合は密閉容器で1日でしょう。 当然伸びてしまうので・・・市販の茹で麺と同じ種類のうどんになります。 煮込みうどんや焼きうどん用途になります。 必ず温めてから食べないと消化不良を起こします。 でんぷんが冷たいままだと消化しない形になっています。 ではどの保存が一番良いのでしょう。 それは 生めんの冷凍保存です。 打ったうどんは生めんで冷凍保存してください。 切った段階の麺で保存します。 二人分約300グラム程度を分けてラップでくるんでジップロップの様な封入できるビニール袋に入れて冷凍します。 2ヶ月は美味しく食べられます。 空気がたくさん入ると冷凍焼けが起こりますので空気はできるだけ袋から抜きましょう。 一人暮らしなら150グラムを一食としてパックすると何かと便利です。 一度に 食べられる量を確認して小分けしてください。 【市販の冷凍うどんとの違い】 市販の冷凍うどんは茹でたものを急速冷凍で作ります。 ですからお湯で戻すと茹で立てが家庭で復活できるのです。 家庭用の冷蔵庫では急速冷凍はできないのでうどんが凍るまでに伸びてしまいます。 お試しになれば判りますが茹でたものを冷凍した場合はお湯に入れても中々ほぐれないで固まったり切れたりします。 そして二度茹でたのと同じになりますから食感はきわめて悪いです。 【冷凍した生うどんのゆで方】 茹でるときは凍ったまま沸騰したお湯に入れます。 お湯はできるだけ多い方がよいです。 300グラムの冷凍麺なら5リットルくらいのお湯だと理想的です。 少なくとも3リットルは用意しましょう。 沸騰したお湯に入れるとすぐにばらけますから再沸騰後は生麺の時と同じくらいの茹で時間です。 普通5ミリ角なら再沸騰後12分から13分くらいでしょう。 うどんが細い場合、太い場合の調整は必要です。 1本食べて確認するのがベストです。 茹で上がったらよく流水にて水洗いして締めます。 釜揚げの場合はそのままお湯からあげてどんぶりに入れて大丈夫です。 上手に冷凍するといつでも打ちたてと同じうどんが食べられます。 冷凍室に余裕があるときは色々な種類の粉でうどんを打ってストックしておくのも楽しいものです。

次の