ご 連絡 ください ませ。 「ご遠慮なくご相談ください」は正しい使い方ですか?

「ご連絡ください」は間違い?連絡をお願いする際の敬語と例文集

ご 連絡 ください ませ

「くださいませ」の意味 「くださいませ」は、 ・「ください」=補助動詞「くださる」の連用形「くださり」がイ音便に変化した形 ・「ませ」=丁寧の助動詞「ます」の命令形 で成り立っています。 「ください」といったような場合は「り」がさらに「い」が変化します。 「いらっしゃいませ」もこれと同じく、「来る」の尊敬語「いらっしゃる」の連用形「いらっしゃり」がイ音便に変化した「いらっしゃい」に「ませ」が付いた形です。 ですので、文法的に 「くださいませ」は敬語として適切であると言えます。 「ください」は「相手に何かを要望・懇願する意」を表し、「ませ」は「丁寧な気持ちを込めて、相手にある動作を要求する意」「丁寧な気持ちを込めて挨拶する意」を表します。 したがって、 「くださいませ」は「丁寧な気持ちを込めて相手に何かを依頼・懇願すること」を意味します。 「くださいませ」の使い方に関するよくある疑問 「くださいませ」は正しい敬語? 上記でも触れたように、「くださいませ」は敬語として問題ありません。 「ませ」とすることで、言葉を丁寧にするだけでなく、女性的な柔らかい印象を与えることができます。 「くださいませ」は男性も使える? 「いらっしゃいませ」は、小売店や飲食店などの接客商売において定番の挨拶です。 また、来客者が帰るとき「またお越しくださいませ」なども、同様に「ませ」の付いた敬語表現になります。 このように、接客の現場では当たり前となっている「ませ」の付いた挨拶は、男女問わず使われています。 上記のような、 男性も普通に使用できる「ませ」の表現は例外であると言えます。 もし、使いたい場合は別の表現に言い換えるのが良いでしょう。 例えば「ご確認くださいませ」だったら、「ご確認のほどよろしくお願いいたします」などと置き換えられます。 「くださいませ」は「下さいませ」と漢字を使うべき? 「くださいませ」と「下さいませ」、どちらを使用するべきなのか迷ってしまいますよね。 結論から言うと、 「くださいませ」とひらがなで表記するのが正しいです。 「下さい」と漢字表記にするときは、「飲み物をください」といったように「ください」を実質動詞として使う場合です。 「ください」とひらがな表記にするときは、「お越しください」といったように「ください」を補助動詞として使う場合です。 「くださいませ」は丁寧な言い方ですが、「ませ」が命令形の言葉なので、何度も使用したり、強い口調で使ってしまうと失礼に当たってしまいます。 使用する際は気をつけましょう。 「くださいませ」はメールなど書き言葉でも使える? 「くださいませ」はメールや手紙においても使うことができます。 ビジネスメールでの「ください」は、何かを確認してもらいたいときや何かを依頼するときに用いることが多いです。 「ご確認ください」だったり「ご連絡ください」などとしますが、これだと何だか催促していたり、強要しているような感じがでてしまいます。 そこで使えるのが「くださいませ」という表現です。 「くださいませ」は柔らかい響きを持っているので、「ご確認くださいませ」「ご連絡くださいませ」などと、確認や連絡を促しているにも関わらず、 相手に不快な印象を与えないという効果をもたらします。 ただ、 基本的に、社内メールや文書において「くださいませ」はあまり使われません。 しかし、会社によっては、稀に「くださいませ」が適当である場合もあります。 社外メールでも同様です。 何かをお願いするときは、「お願いいたします」などの表現を用いることが多いでしょう。 手紙や挨拶状で「くださいませ」を使う場合は、相手の健康を気遣うときに用います。 例えば、「ご自愛くださいませ」「体調にお気をつけくださいませ」というように使います。 「くださいませ」とすることで、柔らかい感じをだすことができます。 「くださいませ」の使用場面と例文 ビジネスメール ・お時間のあるときに、書類をご確認くださいませ。 ・何か質問がございましたらお申し付けくださいませ。 ご多忙とは存じますがメールを差し上げました。 なにとぞ悪しからず。 ・当社はご注文後即日発送いたしております。 ご入用の際は下記の電話番号までご連絡くださいませ。 ・明日から出張に出るため、連絡がつかないことがあるかと思います。 どうぞご了承くださいませ。 ・お返事にお時間をいただく場合がございます、予めご了承くださいませ。 飲食店 ・ここからは土足厳禁となっております。 こちらの方でお履物をお脱ぎくださいませ。 ・こちらにおかけになって、少々お待ちくださいませ。 ・ごゆっくり召し上がってくださいませ。 ・メニューをご覧くださいませ。 ・ご注文がお決まりになりましたら、お声がけくださいませ。 ・お皿が熱くなっておりますので、お気をつけくださいませ。 ・どうぞごゆっくりお食事をお楽しみくださいませ。 ・ありがとうございました。 またお越しくださいませ。 旅館 ・お気をつけておかえりくださいませ。 ・どうもありがとうございました。 またご利用くださいませ。 ・足元が大変滑りやすくなっておりますので、お気をつけくださいませ。 ・当日の宿泊手配も可能ですので、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。 ・恐れ入りますが、こちらにお名前をお書きくださいませ。 ・当宿から見える港町をご堪能くださいませ。 ・お食事までお時間がありますので、どうぞごゆっくりお寛ぎくださいませ。 ・館内にはカフェテラスや茶屋などがございます。 ぜひご利用くださいませ。 手紙・挨拶文 ・急にぐっと冷えだした今日この頃、ご自愛くださいませ。 ・ご多忙の折ではございますが、風邪など召されませぬようご自愛くださいませ。 ・桜の花も今を盛りとばかりに咲き誇っているこの頃、健やかなる日々をお過ごしくださいませ。 ・まだまだ寒さ厳しい日が続きますが、体調を崩さないようお気をつけくださいませ。 ・年度末でお忙しいと存じますが、ご無理をなされないでお仕事に励まれてくださいませ。 順調な経過を辿っておりますので、何卒ご安心くださいませ。

次の

展示会ブースなら関西ディスプレイ

ご 連絡 ください ませ

「お」と「ご」に関する記事はこちら 「ご連絡ください」は強引 相手への連絡を求める際に「ご連絡ください」と表現する事もできます。 この表現も間違ってはいませんが、「ください」と断定しているため、 相手に少々強引な要求をしている印象を与えてしまいます。 そのため、ビジネスシーンでは、こちらがあくまで連絡を待つ立場である事を強調する、「ご連絡お待ちしております」などの表現にすると、相手への連絡を強制せず、やわらかい印象を与えられます。 また、連絡が欲しい事項に対して表現を変えるのも有効です。 逆に、期限があり、かつ何度も連絡を求めているのに 相手から全然連絡がない緊急性が高い場合には「ご連絡ください」を使用してもいいでしょう。 「ご連絡してください」は正しい表現なのか 「ご連絡ください」は強引な印象のため、「ご連絡してください」を使用する場合があります。 しかし、目上の方に使用するという点では好ましくないものです。 その理由は、 「ください」が命令形という点にあります。 命令形で言葉が終わると相手が不快に感じてしまう恐れがあり、正しい敬語表現と言っても、相手との関係をこじらせてしまう可能性をひめています。 そのため、連絡がほしい際には、前述したこちらが待つ表現や、「ご連絡お願いいたします。 」と、こちらがお願いする形にするとよいでしょう。 自分が相手へ連絡する際の正しい敬語表現とは 「ご連絡」を使おう 自分が相手へ連絡を求める時には「ご連絡」と表現するのが正しい事は分かりました。 同じように、自分が相手へ連絡する時も「ご連絡」を使用しましょう。 つまり「ご連絡します」が正しい表現になります。 「ご連絡いたします」は正しい?間違い? 自分が相手へ連絡する時に「ご連絡いたします」の表現もよく目にします。 ここで「ご連絡いたします」の表現は二重敬語に当たるので、間違った表現ではないかと気にされる方もいるかもしれません。 「ご連絡いたします」は、連絡する、の謙譲語「ご連絡する」+謙譲語である「いたす」と、敬語が重なっている二重敬語と取れます。 その為、「いたします」ではなく、「ご連絡します」もしくは「ご」を抜いた、「連絡いたします」が正しい表現となります。 しかし、現在では「ご連絡いたします」の様な「お(ご)~いたす」の表現は、慣習的に正しいと認められるようになりました。 そのため、使っても問題ありません。 厳密にいえば、「を」をいれた「ご連絡をいたします」が一番正しい表現です。 連絡に「ご」を付けた「ご連絡」+するの謙譲語の「いたす」となっている為、二重敬語にはなりません。 「ご連絡」を用いたビジネスメールの例文集 相手からの連絡に感謝する時.

次の

「問題ありません」を敬語で伝える方法【状況別】

ご 連絡 ください ませ

「ご連絡くださいませ」の意味は直訳すると 「連絡してくれ」となります。 ただし敬語をつかっているため実際にはもっと丁寧なニュアンス。 結局のところ、 「 連絡してほしい」「 連絡してください」ということが言いたいのですね。 ほとんどの場合は「お(ご)〜くださいませ」のワンセットで使われ、 「 〜してください」「 〜してほしい」の意味になります。 ただ、 「ご連絡ください」だとシーンによっては強い口調に感じられることがあり、目上・上司などに不快感をあたえる恐れがあります。 (実際には敬語なので決して失礼ということはないのですけど…) そこで、 「〜ください」に 丁寧語の命令形「ませ」を添えることで、やんわ〜りとした依頼・お願いの敬語フレーズにしています。 命令形である点において「ご連絡ください」とたいして違いはありませんが、「ませ」を添えることで、よりやわらかい印象となりますね。 ちなみに「〜くださいませ」は女性がよくつかうフレーズであるため、女性敬語だと言われることもあります。 ただ実際には 男性であろうと女性であろうと違和感なくつかえます。 敬語の種類 まとめとして「ご連絡くださいませ」の敬語の成り立ちを整理しておきます。 もとになる単語「連絡」• つまり敬語としては何もおかしいところはありません。 間違いではなく正しい敬語です。 ちなみに敬語「お(ご)」は… 「自分がご連絡する」のであれば謙譲語としての使い方。 上司・目上・取引先などの「相手がご連絡くださる」のであれば尊敬語としての使い方。 というように2パターンあります。 【使い方】連絡してほしい!と伝えるビジネスシーン つづいて「ご連絡くださいませ」の使い方について。 意味のとおりで何かしら「 連絡してほしい!」「 連絡してください!」と言いたいビジネスシーンに使います。 電話対応・商談などの会話シーンでもつかえますし、ビジネスメールなど文章にもつかえる丁寧な敬語フレーズです。 お願いごとや依頼事項のたくさんあるビジネスメールではとかく「いただく」ばかりつかってしまい、文章や言い回しが気持ち悪くなるケースあり。 そんなとき、 「ご連絡くださいませ」にかぎらず「〜くださいませ」というフレーズはサラッとつかえてかつ、やわらかい印象になるので重宝しますね。 【例文】ご不明な点等ございましたら、お気軽にご連絡くださいませ• 【例文】ご不明な点等ございましたら、どうか遠慮なくご連絡くださいませ のようにして依頼・お願いをともなうビジネスシーン(会話・電話対応・メール)に使われます。 ようするに「 連絡してほしい!」という意味なのですが丁寧な敬語にすると、こんな風にややこしい文章になります。 丁寧な言い換え敬語 「連絡してほしい」ときにつかえるビジネス敬語。 じつは… 「ご連絡くださいませ」だけではなく、もっと丁寧な(というか堅苦しい)敬語フレーズというのはたくさんあります。 ということで、 ここでは とくにビジネスメールにおいて活躍する丁寧な敬語フレーズを紹介します。 例文「ご連絡いただければ幸いです」 意味は『連絡してもらえたら嬉しいなぁ、幸せだなぁ』 つまり『連絡してもらえたら嬉しいです』 相手に強制しない、とてもやわらか~いお願いの敬語フレーズですね。 「いただければ」は「〜してもらう」の謙譲語「お(ご)〜いただく」+仮定の「~れば」 「幸いです」は「幸い」+丁寧語「です」 というように敬語にしており、目上のひとや上司・社外取引先につかえるとても丁寧なビジネスフレーズです。 「~いただければ幸いです」という敬語フレーズはお願い・依頼のビジネスメールでよく使います。 以下の例文もご参考にどうぞ。 ほかにも似たような敬語には以下のようなフレーズもあります。 例文「ご連絡いただけましたら幸いです」• 例文「ご連絡いただけましたら幸甚に存じます」• 例文「ご連絡いただければ幸甚に存じます」• 例文「ご連絡いただけますと幸いです」• 例文「ご連絡いただけますと幸甚に存じます」• 例文「ご連絡賜りますと幸いです」• 例文「ご連絡賜りますと幸甚に存じます」 補)幸甚(こうじん)の意味は「この上もない幸せ。 大変ありがたいこと。 例文「ご連絡くださいますようお願い申し上げます」• 例文「ご連絡くださいますようお願い致します」 意味は『連絡してくれるようお願いします』 とくに ビジネスメールの結び・締めによくつかうフレーズですね。 が、 「ください」は敬語ではあるものの、結局のところ命令形であるために強い口調となります。 そこで「ますようにお願い」と続けることで「お願い」とすり替え、やんわ〜りとした表現にしています。 とても丁寧な敬語フレーズと言えますね。 たとえば、• ご査収くださいますようお願い申し上げます 意味「よく中身を確認して受け取ってくれるようお願い!」• ご連絡くださいますようお願い申し上げます 意味「連絡してくれるようお願い!」• ご確認くださいますようお願い申し上げます 意味「確認してくれるようお願い!」• ご了承くださいますようお願い申し上げます 意味「納得してくれるようお願い!」 などのようにして使います。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 例文「ご連絡いただきますようお願い申し上げます」• 例文「ご連絡いただけますようお願い申し上げます」• 例文「ご連絡賜りますようお願い申し上げます」 意味はどちらも『連絡してもらうようお願いします』 とくに ビジネスメールの結び・締めによくつかうフレーズですね。 賜る(たまわる)という敬語のほうがよりカチッとした表現になりますので、文書など公式なビジネスシーンではかならず「賜る」を使います。 普段のメールであれば「いただきますよう」でOK。 「くださいますよう」「いただきますよう・いただけますよう・賜りますよう」はニュアンスが違うものの、どれも結局のところ「~してほしい」と言いたいので同じです。 例文「ご連絡のほどお願い申し上げます」• 例文「ご連絡のほどお願い致します」 意味は「連絡してくれるようお願いします」となります。 とくに ビジネスメールの結び・締めによくつかうフレーズですね。 断定をさけて表現をやわらげるのに用いる語です。 たとえば、• ご査収のほどお願い申し上げます 意味「よく中身を確認して受け取るよう、お願い」• お取り計らいのほどお願い申し上げます 意味「物事をうまく進めてくれるよう、お願い」• ご連絡のほどお願い申し上げます 意味「連絡してくれるよう、お願い」• ご了承のほどお願い申し上げます 意味「納得してくれるよう、お願い」 などのようにして使います。 ビジネスでは下手(したて)に出ることが基本ですので、強い口調を避けるためにこのような使い方をするようになったのだと推測します。 先ほどとおなじく「お願い申し上げます」は 「お願いいたします」「お願い致します」と言い換えできます。 ほんの一例ですが他にもある使い方を例文にまとめておきます。 例文「 ご連絡いただきたく、お願い致します」 意味は「連絡してほしい、お願いします」• 例文「 ご連絡いただけますと幸いです」• 例文「 ご連絡いただけますと幸甚に存じます」• 例文「 ご連絡賜りますと幸いです」• 例文「 ご連絡賜りますと幸甚に存じます」• 例文「 ご連絡賜れましたら幸いです」• 転職・ノマドでございます。 さて、先日ご相談させて頂きました会食につき、日時・場所など確定いたしましたので、下記のとおりご案内申し上げます。 ご質問等がございましたら、どうか遠慮なくご連絡くださいませ。 どうぞよろしくお願いいたします。 可能形にして「ご連絡いただける」• したがって上司・目上・社外取引先につかえる素晴らしい敬語、と言えるでしょう。 どちらかというと「〜いただけますでしょうか?」のほうが丁寧なのですが…バカ丁寧だという意見もあるため「〜いただけますか?」を使うのをオススメします。 参考記事• ︎︎ 【まとめ】結局どれがもっとも丁寧?.

次の