中間 ダクト ファン。 中間取付形ダクトファンシステム|三菱電機 空調・換気・衛生

中間ダクトファン?

中間 ダクト ファン

レビュー: 1 【特長】羽根部にハイブリッドナノコーティング・プラス採用。 省電力設計の高効率モーター採用。 3芯ビニルキャブタイヤコード 有効長約1m プラグなし。 高密閉風圧式シャッター搭載 排気側。 ドレン抜きエルボ付 呼び径13用〈外径18mm〉の塩ビパイプおよびビニルホース〈内径16mm〉接続可能。 テーピングが容易な段付構造のダクト接続口採用 フレキダクト接続時。 【質量 kg 】1. 低騒音設計。 給気転用可能。 風圧式角形2枚シャッター搭載。 取付位置4方向可能 モーター位置下面、両側面、および垂直取付。 速結端子接続。 天吊金具同梱。 シロッコファン採用 プラスチック製 【質量 kg 】7. 低騒音設計。 給気転用可能。 風圧式角形2枚シャッター搭載。 複数台連動運転用リレー内臓。 風量強弱2段切換。 速結端子接続。 取付位置4方向可能 モーター位置下面、両側面、および垂直取付。 天吊金具同梱。 オール金属タイプ。 シロッコファン採用 金属製 【質量 kg 】11. 低騒音設計。 本体にも風量調整用ボリューム付 設置後の変更可能。 モーターメンテナンス位置4方向可能 モーター位置下面、両側面、および垂直取付。 速結端子接続。 天吊金具同梱。 シロッコファン採用 プラスチック製 【質量 kg 】11. なお、本体吊り下げ方向に関係なく吊りピッチは同じです。 リレー内蔵で複数台運転可能〔FY-20DZ4は5台,FY-23DZ4は3台まで FY-SV11W使用の場合 〕 FY-18DZG4を除く 【用途】居間・事務所・店舗用【仕様】強-弱速調付【材質】 本体 鋼板製、 羽根 樹脂製【質量 kg 】9. 0、 排・弱 59. 低騒音設計。 給気転用可能。 風逆流防止シャッター付。 複数台連動運転用リレー内臓。 風量強弱2段切換。 速結端子接続。 取付位置4方向可能 モーター位置下面、両側面、および垂直取付。 天吊金具同梱。 シロッコファン採用 プラスチック製 【質量 kg 】10. 1【電流 A 】0. 06、0. 08【消費電力 W 】5. 5、7. 5【定格電圧 V 】100【方式】中間形【定格周波数 Hz 】50、60【モーター】2極コンデンサー誘導電動機 E種【騒音値 dB 】34、34【電源コード】ビニルキャプタイヤコード 2芯 125V 7A【色調】 ケーシング A マンセルN2. 27YB8. 39、 ケーシング B マンセルN2. 27YB8. 39、 モーター取付脚 マンセルN2. 27YB8. 39、 ターボファン マンセルN-3. プラスチックボディ。 低騒音大風量形・耐湿仕様。 本体薄形設計 150mm。 カウンターローテーション 二重反転 送風機採用。 風逆流防止シャッター付。 天吊金具付。 風量強弱2段切換。 電源速結端子接続 専用スイッチP-03CSW3別売。 温度ヒューズ付 モーター内蔵。 過大電流防止ヒューズ付。 1ピース構造。 垂直取付け可能。 ドレン配管不要。 側面着脱式【質量 kg 】2. 2【電圧 V 】100【消費電力 W 】【強】7. なお、本体吊り下げ方向に関係なく吊りピッチは同じです。 リレー内蔵で複数台運転可能〔FY-20DZ4は5台,FY-23DZ4は3台まで FY-SV11W使用の場合 〕 FY-18DZG4を除く 【用途】居間・事務所・店舗用【仕様】風圧式シャッター【材質】 本体 鋼板製、 羽根 樹脂製【質量 kg 】7. 低騒音設計。 給気転用可能。 風圧式角形2枚シャッター搭載。 複数台連動運転用リレー内臓。 風量強弱2段切換。 速結端子接続。 取付位置4方向可能 モーター位置下面、両側面、および垂直取付。 天吊金具同梱。 シロッコファン採用 プラスチック製 【質量 kg 】10. 【仕様】風圧式シャッター【材質】 本体 樹脂製、 羽根 樹脂製【質量 kg 】4. なお、本体吊り下げ方向に関係なく吊りピッチは同じです。 リレー内蔵で複数台運転可能 FY-SV11Wで3台まで 【用途】居間・事務所・店舗用【仕様】強-弱速調付【材質】 本体 鋼板製、 羽根 鋼板製【質量 kg 】9. 0、 排・弱 59. なお、本体吊り下げ方向に関係なく吊りピッチは同じです。 リレー内蔵で複数台運転可能。 FY-SV11Wで2台まで 【用途】居間・事務所・店舗用【仕様】風圧式シャッター、強-弱速調付【材質】 本体 鋼板製、 羽根 樹脂製【質量 kg 】11. 0、 排・弱 73. なお、本体吊り下げ方向に関係なく吊りピッチは同じです。 リレー内蔵で複数台運転可能。 FY-18DZS4は除く FY-SV11Wで3台まで 【用途】居間・事務所・店舗用【仕様】強-弱速調付【材質】 本体 鋼板製、 羽根 樹脂製【質量 kg 】11. 0、 排・弱 59. なお、本体吊り下げ方向に関係なく吊りピッチは同じです。 リレー内蔵で複数台運転可能。 FY-18DZS4は除く FY-SV11Wで5台まで 【用途】居間・事務所・店舗用【仕様】風圧式シャッター、強-弱速調付【材質】 本体 鋼板製、 羽根 樹脂製【質量 kg 】9. 0、 排・弱 29. なお、本体吊り下げ方向に関係なく吊りピッチは同じです。 リレー内蔵で複数台運転可能 FY-SV11Wで2台まで 【用途】居間・事務所・店舗用【仕様】風圧式シャッター、強-弱速調付【材質】 本体 鋼板製、 羽根 鋼板製【質量 kg 】9. 0、 排・弱 73. なお、本体吊り下げ方向に関係なく吊りピッチは同じです。 リレー内蔵で複数台運転可能 FY-SV11Wで5台まで 【用途】居間・事務所・店舗用【仕様】風圧式シャッター、強-弱速調付【材質】 本体 鋼板製、 羽根 鋼板製【質量 kg 】8. 0、 排・弱 29. なお、本体吊り下げ方向に関係なく吊りピッチは同じです。 リレー内蔵で複数台運転可能 FY-SV11Wで2台まで 【用途】居間・事務所・店舗用【仕様】風圧式シャッター、強-弱速調付【材質】 本体 鋼板製、 羽根 樹脂製【質量 kg 】9. 0、 排・弱 73. なお、本体吊り下げ方向に関係なく吊りピッチは同じです。 リレー内蔵で複数台運転可能〔FY-20DZ4は5台,FY-23DZ4は3台まで FY-SV11W使用の場合 〕 FY-18DZG4を除く 【用途】居間・事務所・店舗用【仕様】強-弱速調付【材質】 本体 鋼板製、 羽根 樹脂製【質量 kg 】7. 0、 排・弱 29. 低騒音設計。 風圧式角形2枚シャッター搭載。 本体にも風量調整用ボリューム付 設置後の変更可能。 モーターメンテナンス位置4方向可能 モーター位置下面、両側面、および垂直取付。 速結端子接続。 天吊金具同梱。 シロッコファン採用 プラスチック製 【質量 kg 】11. 【仕様】強-弱速調付、多室用低騒音型【材質】 本体 樹脂製、 羽根 樹脂製【質量 kg 】4. 【仕様】強-弱速調付【材質】 本体 樹脂製、 羽根 樹脂製【質量 kg 】4. 【仕様】強-弱速調付【材質】 本体 樹脂製、 羽根 樹脂製【質量 kg 】5. 本品単体での運転も可能です。 リレーユニット標準装備。 各機器と連動し、給気風量を制御。 ・特強・強・弱の最大3風量制御が可能です。 ・ゾーンフリーファン・バス換気乾燥機等の運転に連動し、給気風量を増加。 室内外差圧の増加を抑えます。 本体高さ158mmの薄型設計。 中性能フィルター標準装備で給気時のほこり・虫の侵入を抑制。 長ダクト等の高圧損に対応。 現場にて5速調から任意に3つの風量 特強・強・弱 を選択可能。 吹出グリル 別売品 により、各居室への給気風量の調節が可能。 【仕様】給気形中間ダクトファン〈ゾーンフリーファン連動タイプ〉、24時間常時換気推奨【材質】 本体 鋼板製 吐出部樹脂製 、 羽根 樹脂製【質量 kg 】9. 5、 速調4・出荷時強 56. 0、 速調3 45. 0、 速調2 39. 5、 速調1・出荷時弱 31. 0、 速調4・出荷時強 38. 5、 速調3 34. 0、 速調2 32. 0、 速調1・出荷時弱 28. 電動気密シャッター1個付 遮へい板2枚付属 吸込グリル 別売品 により、風量調節が可能です。 【仕様】電動気密シャッター付、トイレの5分間残置運転機能付【材質】 本体 樹脂製、 羽根 樹脂製【質量 kg 】5. 5 換気モード2. 電動気密シャッター2個付 遮へい板1枚付属 吸込グリル 別売品 により、風量調節が可能です。 【仕様】電動気密シャッター付、トイレの5分間残置運転機能付【材質】 本体 樹脂製、 羽根 樹脂製【質量 kg 】6. 5 換気モード3. 5 換気モード2. 5 換気モード3.

次の

浴室暖房機交換工事のポイント|オネストライン

中間 ダクト ファン

築20年のマンションで中間ダクトファン方式の浴室暖房乾燥機(浴室・脱衣室・トイレの3室換気)が設置されています。 水回り(浴室・脱衣室・トイレ)のリフォームを検討中で、その機会に浴室暖房乾燥機と中間ダクトファンの交換、また脱衣所が冬寒いので壁掛け暖房機の取り付けを考えています。 あれこれ調べていたところ、某業者のスタッフブログ(下記リンク先)で「中間ダクト方式は現在主流でないため、浴室暖房乾燥機の取替え時に中間ダクトファンを撤去して複数室換気型の浴室暖房乾燥機へ取り替えることを薦めている」との記載がありました。 もしその様なことがあるなら(中間ダクトファン方式でない)2室(浴室・脱衣室)暖房の浴室暖房乾燥機に交換したいのですが、色々検索しても上記の様なことを言っているサイトは見当たりません。 ご存知の方がいらっしゃったら教えて頂きたいのですが、上記サイトの記載の様なことはあるのでしょうか。 なお排気口のあるベランダから浴室(通路側、窓なし)までは直線距離で9m程度あります。 こんばんは、runagaiaです。 詳細な情報ありがとうございました。 調べるのは大変でしたでしょう。 まず、質問への回答です。 前回の回答にも書きましたが、現在のマンションの主流は 〇浴室の天井面へ設置した浴室換気乾燥機(これを「親機」といいます)と 洗面所やトイレの天井面へ設置した、吸気口(これを「副吸込口」と言います) をダクトにて接続した、3室換気、またはトイレを別とした2室換気が 主流です。 一般的なマンションですと、水回りが集約されているので浴室・洗面所・トイレの 3カ所をまとめて換気する方式を採用していますが、質問者様のお宅の ダクトルートやサイズを考慮すると、トイレが別換気の2室換気方式で 良いと思います。 〇リフォームするとの事ですが、下記の点についても考慮をして下さい。 1、排気するための給気を十分確保する。 例)リビングに給気口がある、リビングから廊下との境にある扉には アンダーカット(約2cm程度の高さ)がある。 扉を閉めた場合、扉の下が床もしくは木枠より2cm浮いている 状態です。 同じように、廊下から洗面所またはトイレに入る為の扉にも アンダーカット(約1~1.5cm程度)を設ける。 〇特に冬場での注意 レンジフードや浴室換気扇を運転しているのに、給気口を閉めているお宅を 見受けられます、せっかく排気ファンが回っても、排気すべき空気が外から 入らないと換気されませんので。 〇もう一つ注意 浴室の換気扇を回すときに、浴室の扉を大きく開けておく方が多くいますが 浴室の扉の下の方にスリット(風の通り道)がある場合は、換気中でも 扉を閉めておいて下さい。 もしスリットの無い扉の場合は、1cm程度開けておくだけで良いです。 これでは、浴室の天井付近は空気が流れているので乾燥しますが 床面の方では、浴室の湿気が洗面所へ流れ出てしまいます。 又、壁・床の乾燥には時間がかかります。 床・壁・天井に対して 空気が行きわたるので、扉を大きく開けた時よりも早く湿気を取り除いて くれます。 又浴室内の湿気が洗面所へ逆流することもありません。 必要無いことまで書いてしまいましたが、ほかに質問があれば追記して下さい。 換気以外の事でもOKですよ。 今回ご指示に従い動くことで大変多くのことを学ばせて頂きました。 長年浴室換気乾燥暖房機の換気力が弱いことに困っており、中間ダクトファンの使用もそのためか(ベランダ側の排気口と接続されていると勘違いもしていましたので、排気口までの距離が長い(9m程度)ことも理由かと誤解していました)と、専門知識がない中、リフォーム検討にあたり悶々としていましたが、霧が晴れました。 リビングと寝室に給気口がありますが、音漏れを気にして入居以来ずっと閉めたままにしていました。 またリビング・寝室と廊下の境の扉にはアンダーカット(存在も意味も初めて知りました)がありましたが、脱衣所と廊下の境の扉(引き戸)は湿気漏れを気にして閉めたままにしていました。 これでは機械も換気のしようがないのですね。 リフォームで脱衣所と廊下の境の扉も交換予定のため、アンダーカットの設置を検討します。 浴室から共用廊下側排気口までの距離は3m程度ですので、アドバイス頂いた様に、給気ルートを確保のうえ、中間ダクトファンは取り外し、2室換気の浴室換気乾燥暖房機(2室暖房タイプ)に交換しようと思います。 コンパクトサイズのリンナイのものが候補です。 フルリフォームで浴室を広げ脱衣所を狭くしてしまうため、脱衣所壁に取付スペースが取りづらく、可能なら低コストで天井設置出来る脱衣所暖房機を探しています。 これでリフォーム計画も前進しそうです。 今回、本当にお世話になりました。 改めて御礼申し上げます。 こんにちは、iloveshiba さん。 浴室の換気扇について、仕事上の経験と最近の動向から回答させて頂きます。 まず、不明な点があるので教えて下さい。 現在3室換気の中間ダクトファン方式との事ですが 1、外部に出ている排気口は1カ所ですか? (キッチンの排気は別として下さい) 2、浴室、洗面所、トイレ、それぞれの排気口は15cm四角 又は丸型で パネルを取り外すと10cmの丸ダクトが見えますか? 下記は水回りのリフォームの事を解説しているページですので参考までに この中に添付した写真の部分があります。 この添付写真の様に、浴室に換気乾燥機を設置し、洗面所、トイレの 合計3カ所を換気するシステムが、現在の分譲マンションの主流です。 又高級志向や付加価値を目指す場合は、ミストサウナ付きの浴室換気乾燥機を 設置する物件も多いです。 今ですと、東京ガス、パナソニック、MAXなどなど 多メーカーに複数の機種がありますので、希望の物をよく見て考えられてはと 思います。 ちなみに浴室換気乾燥機を設置した場合は、物干しフックを浴室の壁に 取り付けておくことを忘れずに。 洗面所が寒い場合、浴室換気乾燥機の運転を「暖房」にしておき、浴室の 扉を少し開けておくと、熱風が洗面所へ流れて来るので寒さがかなり軽減 されます。 ご連絡頂戴致しました点、以下の様になっておりました。 1 キッチン(ベランダと浴室の中間地点にあります)の排気ルートが確認出来なかったのですが、排気口はベランダと共用廊下側の2か所にありました。 3室換気と申し上げましたが、浴室点検口から覗いてみたところ、トイレの換気扇(天井設置)は中間ダクトファンとは独立して排気ルートが確保されている様で、結果、排気口はベランダに1つ、共用廊下側に並んで2つ(おそらく1つはトレイ排気用)ありました。 浴室点検口から見える範囲ですが、中間ダクトファンには、浴室暖房乾燥機及び脱衣室(天井及び洗濯機置場上の2か所)からの吸気、ベランダ及び共用廊下側への排気のためのダクトが繋がっておりました。 2 上記排気口はいずれも丸形で、ベランダ側は口径約15cm、共用廊下側は口径約10cmでした。 ダクトは、口径10cmの丸形のものが天井裏に敷設されていました。 お手数をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願い致します。

次の

中間ダクトファン?

中間 ダクト ファン

浴室を含めた3室換気の場合、天井埋め込み換気扇では本体を浴室に設置する必要があります。 既存が100ミリの換気口だけですと天井開口を広げたり補強したりと大掛かりな工事になります。 中間ダクトファンの単純な交換であれば既存の点検口から取り出せれば大掛かりな工事は不要です。 ただ洗面の追加となるとどの程度建築を壊してダクトを配管するのか、既存の点検口から本体は入るのかなど問題が生じると思います。 コストをかけたくなければ洗面は浴室のドアから吸い込まれる分だけで妥協し、現状通りにされるのが一番低コスト。 ついで3室換気のダクトファンと最小限の建築取り壊しで洗面の換気。 もっとも手間とコストがかかるのは浴室天井に換気扇でしょう。 大幅なアップグレードを狙って浴室暖房乾燥機を設置するというのであれば浴室天井の加工もやむを得ないと思いますが、現状通りの排気のみであれば機器更新が一番安く済むでしょう。 A ベストアンサー トイレ用の丸型パイプダクトファンなら交換したことが2度ほどあります。 特に難しいことはありません。 私はホームセンターで合う物を探して交換しました。 値段は7千円ぐらいだったと思います。 うちの場合、既設のものとメーカーも型式も違うものでしたが、同型のものが手に入るのなら安心して交換に挑戦されたら良いと思います。 それからもう一つ参考までに・・・ 運転音が気になりだしたとのことですが、この種の換気扇モーターはカバーが圧接されているものが多く、分解できませんが音の原因はモーター内部の軸受だと思います。 ダメ元で羽根を取り外してシャフトとカバーの隙間にスプレー式の潤滑剤(CRC556など)を噴霧してみても良いと思います。 それで静かになれば交換の必要もなくなります。 私は、2度目の交換後に試してみましたが、結局そこが原因だったようです。 ちょっぴり後悔した次第です。 なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。 電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。 大地に対する電圧です。 単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。 それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。 この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。 このため、住宅の屋内では原則として、三相200Vを使用することができません。 ご質問は、会社ということですから、この点はクリヤされますが、そのサーバーが、対地電圧150V以上に耐える設計がなされているかどうかを、確認する必要があります。 電力会社から200Vの低圧で受電し、単相と三相の二つのメーターが付いている場合、原則として単相負荷は単相契約で使用します。 何らかの事情で単相負荷を三相契約で使用したい場合は、事前に電力会社と協議し、それなりに基本料金を支払うことが必要です。 6,000Vあるいはそれ以上の高圧で受電し、自社内で200Vに落として使っている場合のうち、電力会社との契約が「負荷契約」であったら、前述の低圧の場合と同じです。 高圧受電で、電力会社との契約が「変圧器契約」であれば、単相負荷を三相配線で使用しても、道義的には問題ありません、ただし、三相変圧器に単相負荷をかけると不平衡が生じ、電圧降下や変圧器の温度上昇を招く場合もあります。 事前に十分な技術的検討が必要です。 200V50A 三相 は、17. 3kVAですが、そこに6kVAの余裕があるかどうかを検討しなければなりません。 単相の電源盤からとるとしても、同じです。 余裕がなければ、電線を太くして、ブレーカも大きなものに取り替えることなどが必要になります。 どのような業種の会社か存じませんが、「エアコンのスイッチを入れたら、サーバーまで落ちてしまった」ではしゃれにもなりません。 経験的に、単相にしろ三相にしろ、6kVAもの余裕がある電源盤は、比較的少ないように思います。 事前に電気工事業者と十分な打ち合わせをされることをお薦めします。 なお、既出の一部に明らかな誤解もあるようですが、それを指摘することは、規約違反となり、削除対象とされるので控えます。 電気の理論には、「対地電圧」という考え方があります。 大地に対する電圧です。 単相200Vの対地電圧は、100Vしかありません。 それに対し、三相200Vの対地電圧は、173Vまたは200Vあります。 この違いは、万が一感電した場合の人体に及ぼす危険性に影響します。 このため、住... A ベストアンサー 浴室乾燥機のあった場所に普通の換気扇を取り付けるというのは天井の穴の件以外に注意点があります。 通常浴室乾燥機は電源が本体に接続してあり、操作はリモコンで行うため本体とリモコンは信号用の細い電線だけで繋がっています。 一方通常の換気扇はスイッチで100V電源を直接入切するのでVVFケーブルを使って新たにスイッチを設けなくてはいけません。 浴室の照明スイッチのところに換気扇用の線を下ろしてきてスイッチを一つ追加するか、現在の浴室乾燥機のリモコンを撤去して換気扇用スイッチを取り付けるかしなくてはいけません(当然既存のリモコンの信号用配線は使用できずVVFケーブルを配線しなおさなくてはいけません)。 また換気ダクトがどのような施工か分かりませんが、換気扇に変えた場合ダクトの径が合うかどうか、機器のダクト接続口の位置が現状の位置からずれたとしてもつなげられるような余裕があるかどうかも事前にチェックが必要です。 そして既出の回答者も言っておられますが電源やスイッチ配線の無資格工事は論外です。 ただ現在お使いの浴室乾燥機の不具合は換気用モーターの異音とのことですので換気モーターを交換すれば直るのではないでしょうか。 メーカーに症状を伝えれば修理代金の概算は分かると思いますが部品代、技術料、出張費含めて1万数千円から2万円ほどで収まるような気がします。 新たに換気扇を購入してそれを設置するために必要な配線の工事やダクトの調整、目隠し板の製作などをする方がかえって高くつくように思えます。 近くの電気工事店に入替えの工事代金を尋ねて一度検討してみた方がいいと思います。 浴室乾燥機のあった場所に普通の換気扇を取り付けるというのは天井の穴の件以外に注意点があります。 通常浴室乾燥機は電源が本体に接続してあり、操作はリモコンで行うため本体とリモコンは信号用の細い電線だけで繋がっています。 一方通常の換気扇はスイッチで100V電源を直接入切するのでVVFケーブルを使って新たにスイッチを設けなくてはいけません。 浴室の照明スイッチのところに換気扇用の線を下ろしてきてスイッチを一つ追加するか、現在の浴室乾燥機のリモコンを撤去して換気扇用スイッチを取り付けるかし... 送風機(換気扇も一種の送風機です)では静圧という項目があり、これは送風機の片側を閉じた場合に、どれだけの圧力が掛けられるかということをあらわします。 この場合、換気扇の吸入側にフィルターなどの通気の抵抗になるものがある場合、換気能力は静圧の高いものでは能力の低下が少なく、静圧の低いものでは能力の低下が大きいという特性があります。 これは浴室などの締め切った空間(換気扇が排気動作として、空気の入り口が少ない状態)では重要な性能で、外気を導入するにはある程度の圧力差を室内に作り出す必要がありますが、このときに作り出せる圧力差が大きいものを有圧と呼ぶようです。 A ベストアンサー >ひょっとして、かなり間違った考え方してますか? 水は、気体と同様に流体ですし、考え方は、間違っていないと思います。 正しいです。 ただし、言葉(表現)が、次のように不正確に思いました。 >最大静圧=ホースをどれだけふくらませれるかと、なるんです。 感覚的に書かれ言わずもがなかと思いますが、ホースが膨らむのは、静圧にもよりますが、ホースの材質によるところが大きいと思います。 「ふくらませれるか」ではなく、「膨らませようとする力が最大になる」となります。 このとき材質に伸縮性が無ければ静圧を大きくしても膨らまないのは当然です。 なお、最大静圧でなくても中間の静圧でも静圧は、ホースを膨らませようとします。 >では、最大静圧の数値が高いメリットは何なのかを聞きたかったのです。 実際の使用状態では、試験や風路がふさがれるなどの偶発的なことを除けば、最大風量時(まったくの開放で使用)や最大静圧時(完全な閉塞で使用)に使用されることはあまり無いでしょう。 特性曲線の両極端の最大風量や最大静圧値は、ファンの仕様値として使われてはいますが、実際の使用条件である、その間の値を推定したり、特性試験や比較のための基準値といえるでしょう。 したがって「最大静圧の数値が高いメリット」としては、これが高ければ、抵抗の大きな風路でも比較的に風量を大きく取れるのではないかと、断定はできませんが推定できます。 正確には、やはり実際の風量・静圧のポイントで判断することが必要です。 >ひょっとして、かなり間違った考え方してますか? 水は、気体と同様に流体ですし、考え方は、間違っていないと思います。 正しいです。 ただし、言葉(表現)が、次のように不正確に思いました。 >最大静圧=ホースをどれだけふくらませれるかと、なるんです。 感覚的に書かれ言わずもがなかと思いますが、ホースが膨らむのは、静圧にもよりますが、ホースの材質によるところが大きいと思います。 「ふくらませれるか」ではなく、「膨らませようとする力が最大になる」となります。 このとき材質に伸縮性... Q 「風呂場・脱衣所(洗面所)・トイレ」の換気扇が殆ど効いていないような状況です。 24時間、換気扇をつけっぱなしにしているのですが、風呂の湿気は全然抜けず、カビが発生しています。 トイレのアトのにおいも全然抜けません。 ウチ中が常に湿気っぽく、居間等にカビが発生してきました。 仕方ないので、雨が降っていなければ、ウチにいる間は基本的に、風呂のドアを開け放して、部屋の窓を全開にしているような状態です。 現在の住宅は借り上げの社宅で、社宅の管理規定をみると、「換気扇の性能低下」については、入居者の責任で対処するということになっています。 おそらく、この部屋は20年近く、社宅として使われており、社宅は「入居者変更の際にもハウスクリーニング等は実施しない」というルールのため、定期メンテ的なモノも実施されていないと思います。 先日、たまたまウチを訪問してきた清掃業者(?)に相談したのですが、清掃料金が約3万円前後とのことでした。 そんなに費用がかかるモノなのでしょうか? 自分で掃除できるものならば、自分で掃除してもいいと思っています。 妙案がありましたら、アドバイスをよろしくお願い致します。 「風呂場・脱衣所(洗面所)・トイレ」の換気扇が殆ど効いていないような状況です。 24時間、換気扇をつけっぱなしにしているのですが、風呂の湿気は全然抜けず、カビが発生しています。 トイレのアトのにおいも全然抜けません。 ウチ中が常に湿気っぽく、居間等にカビが発生してきました。 仕方ないので、雨が降っていなければ、ウチにいる間は基本的に、風呂のドアを開け放して、部屋の窓を全開にしているような状態です。 現在の住宅は借り上げの社宅で、社宅の管理規定をみると、「換気扇の性能... A ベストアンサー 私もマンション住まいですが、ご質問の換気扇は、マンションではよく使用されている、バス、トイレ兼用の「天井埋め込み型」といわれる換気扇でしょうか。 バスルームの天井裏にチューブラー型とよばれる円筒形の電動ファンにダクトが繋がっているタイプと、バスルームに電動ファンを内蔵した親機、トイレに吸い込みグリルだけの子機を設置する親子式と呼ばれるタイプが主に使用されています。 私のところは前者の方式ですが、やはり2年に1回くらいは定期的にメンテナンスが必要で、専有部分であるために費用はもちろん自己負担になります。 しかし、3万円というのは明らかに高すぎると思います。 私も数年前、電源を入れると異常な音がするため、業者と相談したところ、ファンの交換が必要とのことでしたが、費用は2万2~3千円程度で済みました。 ファン交換がなく、清掃だけなら5千円強くらいで済みます。 ぜひともほかの業者ともご相談になられて、見積もりをしていただくことをおすすめします。

次の