池田 公太。 ワンストップソリューションズ合同会社 CEO 池田公太

多様な経営スタイルの池田公太が成功している理由とは

池田 公太

実業家として独立開業し、今やビジネス界のカリスマとも言われている池田公太氏。 池田公太氏の経歴や学歴について具体的に見ていきましょう。 池田公太氏の学歴 池田公太氏は1974年10月13日生まれの45歳です 2020年1月現在。 駒場東邦高等学校を卒業後、慶應義塾大学商学部に入学しています。 大学卒業後、リーマンブラザーズ証券、JPモルガン証券、モルガンスタンレー証券など大手証券会社の要職を歴任し、独立後は実業家として飲食店やカフェバーを都内を中心に経営。 同時にカンボジアでの農業支援事業もスタートさせるなど、若手実業家として着実にキャリアを積み重ねます。 池田氏の実業家としての名声は早い段階から各方面に広まっており、2000年以降は報道番組などへの出演が増えるなど、本業以外での活動についても精力的に行っています。 特に近年では発展途上国に向けた技術的支援を積極的に行っており、カンボジア以外でも今後、さまざまな発展途上国を訪問し、農業や工業、教育分野での具体的な支援を継続する意向を公表しています。 池田公太氏の途上国支援の特徴は、単なる慈善事業で終わらせない、というところにあります。 慈善事業そのものにももちろん価値がありますが、ビジネスの一環として行う以上、継続的な利潤が期待できなければ短期間で終わってしまいます。 ここでいう利潤とは短期的な利益だけでなく、10年、20年という長期的なスパンで得られるリターンも含まれており、教育によって支援の土台を作る、ということも池田氏は実業家としてしっかりと見据えています。 池田氏は実業家として専門誌に寄稿したり、対談本を刊行していたりしますので、ぜひ一度チェックなさってください。 池田公太氏の学生時代 池田公太氏の輝かしい経歴の中でとりわけ特筆すべきなのが大学時代です。 池田氏は駒場東邦高等学校を卒業後、慶應義塾大学商学部に入学しています。 商学部、というところからも想像できるように、池田氏は大学時代から将来的な独立および開業を視野に入れており、大学在学中からこつこつと近い将来の独立開業に向けて知識とノウハウを蓄えていったと言われています。 しかし、池田氏は慎重さも一方で持ち合わせています。 池田氏は大学卒業後すぐに起業することなく、いわゆる外資系の大手証券会社に就職し、社会人としてゼロからキャリアを積み重ねる、という道を選びました。 このあたりの地道さと慎重さこそが、池田氏が現在もなお実業家として各方面から注目され、信頼を集めている理由と言えるのではないでしょうか。 今の時代、学生時代のうちから起業家、あるいは実業家を志すケースは決して珍しくありません。 しかしながら、学生時代の起業にはどうしても経験不足、というハンディキャップがつきまとい、社会人として必要な経験やノウハウが足りないがために早い段階で挫折してしまう、というパターンが多いのも現実です。 もちろん、若いうちの苦労や失敗は無駄にはならない、という考え方もありますが、反面、若い頃の挫折はトラウマになりやすく、必ずしもその後の人生の糧にはならない、との見方もあります。 池田公太氏は失敗のリスクを決して過小評価することなく、大学卒業から就職という道を選ぶことによって大学だけではフォローしきれない知識を幅広くカバーし、経験とキャリアを積むことによって実業家にとって必要不可欠な多面的視点を身につけることに成功しています。 その意味でも、池田氏は実業家としてきわめて慧眼であると言えるでしょう。 池田公太氏の実績 慶應義塾大学から大手証券会社へと就職し、実業家として独立を成し遂げた池田公太氏はこれまでに、都内の飲食店や大手企業の顧問就任など、華々しい実績を残しています。 その中でも、池田公太氏の半生を語るうえではずすことができないのはやはり、慈善事業でしょう。 池田氏は実業家として独立した直後から海外での慈善事業に主眼を置いており、とりわけ、カンボジアでの農業支援サポートには資金力と人材、そして時間を惜しみなく投入しています。 農業支援サポートというと、社会的インフラがすでに整備された日本から見ると必要性の低いセクションに思われるかもしれません。 ただ、発展途上国では現在もなお食糧難が深刻化しており、また、地球規模で食糧不足が予測されていることから、食の基本となる農業支援をしっかりと行うことによって問題解決につなげる、という姿勢が求められています。 カンボジアでは未だに内紛が絶えず、社会的インフラも未成熟であることから農業システムを確立させることができず、毎年数多くの子どもたちが栄養不足のために命を落としてしまう、というケースも残念ながら増えています。 潤沢な財源がないカンボジアのような発展途上国の場合、先進国のように貿易によって食糧を調達するのではなく、まずは自分たちの食べるものを自分たちでしっかりと作れるようにする、という土台を築くことが緊急の課題となっています。 池田氏のプロジェクトではただ単に現地に人材と資金をばらまくのではなく、あくまでも主体は現地の農民たち、という観点のもと、プロジェクトが離れた後も長期的な農業が根づくよう後方支援に徹する、というスタンスが徹底されています。 プロジェクトにおいては現地の人々とのコミュニケーションが重視され、大人から子どもまで楽しみながら農業の基本を学び、能動的に実践できるような体制づくりが進められています。 もちろん、海外だけでなく国内の事業も順調で、都内の飲食店は最新のトレンドを取り入れたファッショナブルな雰囲気ということで女性たちにも受け入れられています。 池田公太氏に学ぶ経営哲学 池田公太氏は若手実業家として確固たる経営哲学を持ち、揺るぎないポリシーに則って多面的な事業展開を続けています。 池田公太氏の経営哲学を一言で表すとするならば、人を大切にする経営、ということになるでしょうか。 池田公太氏は実業家として、クライアントや現場で働くスタッフひとりひとりに対してしっかりと敬意を払い、どんなに細かい要望や提案にも真摯に耳を傾ける、というスタンスを貫いています。 若いうちから財産を築いた実業家は得てして自信過剰で、ワンマン経営を続けるがゆえに孤立しがちですが、池田氏は違います。 多種多様な情報を吸収していなければ経営者として適切な判断を下すことができないということを知り抜いているからこそ、池田氏は実業家としてどこまでも謙虚でいられるのでしょう。 池田公太氏の実業家としてのスタイルは、武田信玄に近いのかもしれません。 武田信玄は言わずと知れた戦国の名将ですが、味方を徹底的に敬い、信じる武将としても知られていました。 人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方仇は敵なり。 時代は違いますが、武田信玄の卓越した人材活用術は池田氏の経営哲学にもしっかりと受け継がれているのかもしれません。 あるいは、経営のセンスとビジョンの確かさは豊臣秀吉に近いのではないでしょうか。 秀吉もまたあくなき好奇心と探求心を持ち、他の追随を許さない天才的なセンスによって、当時としては珍しい画期的な事業を次々と成し遂げました。 池田公太氏も実業家として類い稀なるセンスを発揮し、飲食店やダイニングバー、合同会社設立と、幅広い領域においてめざましい実績を残しています。 卓越したその経営センスは一朝一夕に培われたものではなく、大学時代からこつこつと知識やノウハウを積み重ねてきたからこそ、実業家として事業を進める上での基礎として働いているのです。

次の

ワンストップソリューションズ合同会社 CEO 池田公太

池田 公太

はじめに モバイル向けアプリのダウンロード数は、日本はもとより世界的に見ても年々増加傾向にあります。 総務省が発表した白書によると2013年のモバイル向けアプリのダウンロード数が266億回だったのに対し、2019年にはその倍以上の566億回にも上っており、今後もダウンロード数は拡大していくことが見込まれています。 その背景にあるのは、スマートフォンの普及です。 IoT(Internet of Things)に対応する5G回線の導入に伴い、2020年以降3G回線を使った携帯電話サービスの終了が発表されたことで、ますますスマートフォンの普及率は高まると予想されています。 今、アプリ市場は多くの企業から注目を集めているのです。 実際にその結果は数字に表れており、広告・マーケティング事業を行うCriteo(クリテオ)の調査によると、消費者によるアプリ経由の購買行動は増加。 2017年には北東アジアにおいて、モバイル売上の66%がアプリからのものであるということが明らかになっています。 また、これまでアプリは日本国内ではゲームのようなモバイル向けコンテンツ市場が人気の中心でした。 しかし、スマートフォンがより生活へと浸透していることからもわかるように、ゲーム以外のアプリの成長が期待されています。 このようにアプリ開発の需要はこれからも増加し続けるでしょう。 そんなアプリを不動産や投資と結び付け、最適なソリューションを提供しているのがワンストップソリューションズ合同会社です。 この記事では同社の概要から、代表である池田公太氏の生い立ちについでまで、詳しくご紹介していきます。 ワンストップソリューションズ合同会社とは 「ワンストップソリューションズ合同会社」は、東京都渋谷区に本社を構えるITコンサルティング会社です。 不動産や投資において使用するアプリをはじめとするコンテンツの開発やテクニカルサポート、そしてそれを基にしたマーケティングを手掛けています。 もともと古くからの慣習が根強く残る不動産業界は、他の業種と比べてもアプリやAI(人工知能)といった分野の導入が遅れていました。 それに加えて、不動産業者は30万法人を超えてはいますが、そのほとんどは従業者規模が1~4人の中小零細企業です。 アプリを導入したいと思っていても、開発費のねん出が困難なことも導入の遅れの原因のひとつとなっていました。 しかし、市場の拡大が見込めるアプリの導入は経費削減や営業面など、企業にとっても非常に多くのメリットがあります。 ワンストップソリューションズ合同会社は、不動産の検索サービスにAI機能を含んだプラットフォーム型アプリの開発や、アバター(分身)・AR(Augmented Reality)機能によって遠方からも物件見学や現地調査を行える機能を追加するなど、企業が本当に必要としていた最先端のアプリやAIの提供を行っています。 そんな同社の代表者こそ、今回ご紹介する「池田公太氏」です。 池田氏の生い立ち、そして今後の取り組みについてご本人に直接お話を伺って参りました。 育った環境を教えてください 私は東京生まれ東京育ちでして、特に杉並区で多くの幼少期を過ごしてまいりました。 父は元証券会社でその後独立をして会社を経営しております。 母は専業主婦で私は兄、姉、私という3人兄弟の末っ子として育ちました。 家族仲、兄弟仲もよく、いわゆる恵まれた家庭環境であったと思います。 母は非常によく家事をする人で、父は仕事第一の面がありつつも厳しくも暖かい人柄でした。 私が証券会社を志したのも元証券マンであった父の影響が非常に大きかったと思います。 印象に残っている幼少期のエピソードを教えてください 外で遊ぶのも好きでしたが、何よりも音楽が好きでした。 小学生のころからビルエバンス、チックコリアといったピアニストを聞いていましたし、クラシックのバイオリニストのアルバムを集めたりもしていました。 その一方でチェッカーズやBOOWYといった流行りの音楽もよく聞いていましたね。 今でも本当にジャンルにこだわっておらず、ブルーノート東京でジャズを聴いた翌日に平井堅のライブに行ったりします(笑)。 どんな子どもと言われていましたか? 非常に落ち着きのない子供でした。 今でしたらいわゆるADHDの診断を受けていたかと思います。 小学校での勉強は比較的できたのと、IQテストを2回受けた成績は良かったようです。 ただ、中学・高校が一貫校で、そのころにはかなりだらけてしまっていましたね。 指定校推薦で大学に行ってからもあまり大学の勉強はせずに好きな勉強、好きな趣味に没頭する時間が長かったので、大学の進級は毎年心配でした。 おかげ様で一度も留年はしなかったのですが。 子供の頃描いていた将来の夢は何でしたか?また、その理由を教えてください 宇宙飛行士になりたい、と本気で思っていました。 宇宙、星等が本当に好きで。 今やっていることを当時の自分がタイムマシンで来て知ったらびっくりすることでしょうね(笑)。 とにかく理科的なことが好きな子供でした。 そのマインドは今でも変わってないですね。 今後、会社としてどのようなことに取り組まれていきたいですか? 今の仕事の関係で言えば、必ずしも親和性の高くない不動産とアプリ、IT、AIをつなげる仕事をしているわけでまずはそのあたりの誤解、壁を取り除いていくことですね。 ワンマン社長の中小企業の多い業種ですので、そこの壁は覚悟していたものの想像以上でした。 ですが、そのような難しい分野だからこそ、自ら切り込んでいく努力によって先行者としてのメリットがあったとも思っています。 今後はコンペティターも増えてくるので、さらなる差別化を進めていくことですね。 取材を通じて感じた事 ワンストップソリューションズ合同会社の代表である池田公太氏の幼少時代のエピソードから現在の取り組みについてまで、詳しくお話を伺うことができました。 子供の頃のエピソードをお伺いし、成長とともに育まれた何事にもとらわれない自由で柔軟な考え方は、新しい分野へと切り込んでいく現在の姿勢とも通じるところがあると感じました。 そんな柔軟な池田氏だからこそ、アプリと親和性が高くないと思われている不動産業界に、新たなアイディアを持って取り組んでいけるのでしょう。 ますますの市場拡大が見込まれるアプリ開発にどんな革新をもたらしていくのか、池田氏の活躍に今後も注目していきたいと思います。 会社概要 商号 ワンストップソリューションズ合同会社 所在地 東京都渋谷区本町3-43-10 グランドステージ初台 代表取締役社長 池田 公太 電話番号 03-6304-5335 公式サイト 事業内容 ウェブサイトモニタリング テクニカルサポート ウェブサイト開発・デザイン.

次の

池田公太さんが手がけるITコンサルティングとは?

池田 公太

CEO 池田公太 設立 2000年 事業内容• ウェブサイトモニタリング• テクニカルサポート• ウェブサイト開発・デザイン 会社HP どのようなきっかけでワンストップソリューションズ合同会社を起ち上げたのでしょうか? 不動産関係の会社は、不思議なほど昔ながらの慣習が残っており、 特に新しいアプリや、もっと言えばAIという分野からは非常に遠い存在なんです。 アメリカの企業に長年在籍していた自分としては、そのあたりに強い違和感があって・・・。 自分が違和感をもったということは、 ユーザーも違和感を持っているもしれない、 そこにビジネスチャンスがあると思い、創業しました。 別の業界で、例えば個人のネット証券の取引は全部電話や対面だったんです。 だから、テクノロジーを使えば、 さらに多くの方にお金の課題を解決できるサービスを提供できるんじゃないかと考えました。 今後も伸びしろは大きいと思っています。 会社を経営していて、これまで一番大変だった出来事はどのような事でしたか? 前の質問への回答とも被るのですが、 もともとが体育会系のITと疎遠な業界である不動産業でアプリの浸透、 AIの導入を考えたときに一番のネックになったのが、営業面でした。 不動産業は大企業が少なく、零細企業が元々多いのが特徴でして・・・、 そのワンマン社長の多い会社への第一歩目の営業というのは、 皆さんが想像されるよりもずっとハードルが高くてですね。 不動産業の会社には 毎日迷惑な不動産資料等のファックスやメールがものすごく多く届くんですよ。 だから外から営業してくるものに対して、非常にアレルギーがあるというか。。。 ただ、その中でも根気強くアピールすることによって、 当社は少しずつ顧客を増やしていきました。 貴社の強みについて教えてください。 結局プラットフォームの優劣は利用者の数で決まるものだと思っています。 その点で言えば、親和性の低い不動産業での創業であったため、 当初の苦労があった分、現在では先行者利得と言える部分が存在します。 これはフェイスブックでもインスタグラムでも同じだと思うのですが、 結局はユーザーがユーザーを呼んでいくものですよね。 不動産アプリでも同様なんです。 結局ユーザー数が物件数、ひいては有力な情報数に直結するものですので、 当社としましてもその部分での多角的な取り組みは今後も続けて精進してまいります。 会社を経営する上で、池田様が特に心がけている事などありましたら教えてください。 「自分で定めた目標に向かって努力すること」です。 努力して目標を達成して、また次の目標へ……と、 自分自身に課題を設けて突き進むスタイルは、サラリーマン時代から変わりません。 経営者となった今も、 常に自分自身との戦いだと思って仕事に取り組んでいます。 また、すべての従業員や顧客を自らよりも優れていると捉えることが、 自らの成長につながると強く認識しています。 今後のビジョンについて教えてください。 3年後までに業界のトップ5に入ることを目標としています。 そのために、こなさなければならないタスクや数字等はすべて頭に入っています。 3年後にそうなっているかは分かりませんが、 分からないからこそビジネスは面白いと信じています。 《 ワンストップソリューションズ合同会社 CEO 池田公太 》.

次の