保育園 マスク禁止。 保育所等における新型コロナウイルス対応関連情報を掲載しております。

調理員の衛生管理と調理室の衛生管理

保育園 マスク禁止

新型コロナウイルス対策として安倍晋三首相が打ち出した「全世帯に布マスク2枚配布」に先駆け、医療機関や介護施設、保育園への布マスクの支給が始まったが、使い勝手が悪いらしい。 介護施設職員の男性は「奥まで入れると引っ張られて(耳が)ちぎれるような感じになるので痛い。 私にはちょっと小さいですね」と明かす。 そもそもマスクのサイズが小さいうえに、ひもがゴムのように伸びないため装着しにくいというのだ。 SNS上でも「耳にひもがかからない。 安倍さんのマスク小さかったもんな」「全く耳に届かず使えなかった」「ペラッペラッの生地のマスクがたったの10枚。 職員25人いるのに。 これで政府は、配っただろ!! と威張るのでしょうね」などの投稿が相次いでいる。 欧米もマスク不足で中国から輸入30倍に高騰 マスク不足が言われてもう2か月がたつのに解消できず、送り付けたのはこんなお粗末なマスクというのでは、安倍内閣は何をやっているのか。 司会の国山ハセンは「各国でマスクが見直されているんです」という。 イタリアのミラノではマスクを付けていないと罰金を取られ、オーストリアは覆面防止法を停止して、スーパーや薬局ではマスクが義務になっているという。 国山「中国からマスクを輸入している日本の業者は、欧米が高値で買い取るので、以前の10倍になっていると話しています。 別の業者は20~30倍だそうです」 おかげで、マスク不足が解消する見通しが立たないという。

次の

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省

保育園 マスク禁止

花粉症の子が保育園で出来る対策は? 保育園に子供を預けていると、保育園で過ごす時間が長くなるためどうしても子供自身が花粉症の対策が出来るようにしなくてはいけません。 一番簡単なのは、毎日マスクを着用させることです。 最初は嫌がるかもしれませんが、子供自身マスクを着用することでクシャミや鼻詰まりといった症状から開放されると感じることができれば、嫌がらずにマスクを着用してくれるようになります。 朝登園する前に、マスクの上に吹きかけるスプレーをしてあげるとより効果が期待できるかもしれません。 マスクの着用は保育園でも認めている割合が高いのでオススメです。 外遊びから戻ってきたあとの手洗いとうがいも念入りにやるようにと子どもには伝えていました。 マスクの他にも、花粉を防ぐメガネもありますが、メガネは保育園によって判断が分かれる可能性があります。 と、いうのも視力矯正のためのメガネとは違って、花粉防止用メガネは視力に影響しません。 まだまだ走り回ることが多い子どもの場合、転倒した拍子にメガネで怪我をする危険があると園が判断することもあるため、購入前にはしっかりと保育園側に相談しましょう。 園によっては、部分部分での着用を認めてくれるかもしれません。 また、花粉症の症状が酷く出ている日は、屋外で遊ぶことを避けるようにお願いすることも出来ると思います。 クラスの子が屋外あそびをするときに、他のクラスに行き屋内で遊ぶようにするか、園長先生室で過ごすことを認めてもらうなどです。 長女の友達も花粉症の症状が重い日は、屋外遊びはせず屋内で過ごしていました。 花粉が付きにくい表面がツルツルした素材の長袖をもたせて、屋外遊びのときに着せる工夫もしていました。 花粉症は、風邪や病気とは違うため、保育園によって対策が変わってくると思います。 長女が年長だったころ、クラスに花粉症の子が多かったことと、担任の先生も花粉症だったこともあって、外遊びから戻ってきたときには玄関で上着と帽子を脱ぎ、教室まで花粉を持ち込まないように配慮してくださったり、なるべく室内で遊ぶ工夫をしてくださっていました。 ただ、自宅と同じような花粉対策はできないことも多いため、子ども自身が花粉症の対策をするのが大切です。 長女の場合は、薬を処方してもらっても鼻水が出るのは止められなかったので、鼻を噛みすぎて、赤くなって、乾燥から切れてしまうこともありました。 そのため、保湿性の高いポケットティッシュを毎日持たせるようにして、鼻の乾燥を防ぐようにしていました。 私も花粉症なので花粉症の辛さはわかるのですが、花粉が多い時期は、熱は無くても体調も良くなく、頭がぼーっとしていることも多いです。 何かに集中しようと思っても疲れてしまい、集中力が低下してしまうことも多いです。 薬の副作用で眠くなったり、ダルくなったりすることもあります。 それに、鼻が詰まっているときは食欲もなくなりますよね。 子どもも同じだと思うので、昼食の時間は長めにとってもらい、しっかりお昼寝の時間を確保してもらえるように保育園側にもお願いしておくと安心ですね。 保育園によっては、花粉対策機能のある空気清浄機をお昼寝のときに設置してくれるようです。 目薬や薬は保育園に持っていける? 目が痒く掻いてしまい目が充血するような子の場合は、医師から処方された目薬に限り保育園で点眼してもらえました。 ただ飲み薬は禁止されているため、自宅での服用に限定されていました。 長女の保育園では、飲み薬は以前は保育園でも飲ませてくれていたのですが、管理が大変ということもあって、風邪薬等も禁止されています。 花粉症が原因と思われる肌荒れの場合には、クリームタイプの塗り薬を子ども自身が塗るのであれば、持ってきても良いということになっていました。 こちらも医師から処方された塗り薬のみ認められていました。 目薬も塗り薬も毎日、決められた時間にのみ使用することができ、使用した日には必ず担任の先生から保護者に使用した時間が書かれた紙が渡されていました。 薬を保育園でどう扱うのかは、保育園によってルールが決まっていると思うので、病院に行く前に保育園に相談すると良いですね。 もし薬が禁止されている場合でも、目元に白色ワセリンを塗るなどの対策が可能か聞いてみるといいでしょう。 白色ワセリンは身体に入っても何の害もないとされているので、認めてもらえるかもしれません。 まとめ オススメの対策法は マスク、手洗い、うがい です。 基本中の基本ですが、これが一番確実です。 そして無理せず、睡眠と休息をしっかり取って、ゆっくり過ごすことです。 睡眠は本当に大事です。 保育園で薬を預かってもらえるときは、服用時間と量をしっかりと伝え間違いのないようにしましょう。 子ども自身が自分で服用する場合は、事前に家でも練習させましょう。 保育園では薬の服用が出来なくても、自宅で朝晩の2回しっかり薬の服用ができていれば症状は軽くなると思います。 帰宅後にすぐお風呂に入れさせることもオススメですね。 鼻うがいができるようになると、鼻の詰まりが解消されるので非常にオススメですが、大人でも最初は難しいので、何度か挑戦してみてできそうなら、帰宅後に鼻うがいをする習慣をつくってもいいと思います。 でも、子どもが嫌がる場合は無理にさせないでくださいね。 また、花粉症の時期は、朝晩の気温差も大きく、花粉症なのか寒暖差アレルギーなのか見分けが付きにくいので、心配な場合はかかりつけの小児科や耳鼻科に相談に行き、子どもに合った最適な対策方法などをアドバイスしてもらうのも良いと思います。

次の

花粉症の子が保育園で出来る対策は?目薬や薬は持っていける?

保育園 マスク禁止

スポンサーリンク 新型コロナウイルス対応の挨拶文とお知らせ例文 新型コロナウイルスの挨拶文のなかでも簡単にお知らせを通知するヘルパーサービスステーション用、施設も併設している事業所用の例文を用意しました。 新型インフルエンザやノロウィルスにも使えます。 新型肺炎コロナウイルス感染拡大防止対策としてホームページサイトでのアナウンスだけでなく、訪問系ヘルパーサービスなどは実際にご利用者のお宅にヘルパーが訪問することになります。 その時に、マスクや手袋の着用などは利用者やそのご家族に不愉快、不快に思われない配慮が必要不可欠です。 しかし居宅介護事業所や訪問ヘルパー事業所は、職員である訪問ヘルパー自身の安全も守らなければなりません。 さらに、各ヘルパーに個々に利用者様に口伝えで言ってもらうわけにもいきませんよね。 そういったときに、ご利用者様に不快にならないアナウンスを事業所としてあらかじめしておく必要があります。 その、新型ウィルス等の対策への対応についてのお願い書類の文例が以下の通りです。 などを書き換えて参考にしてください。 訪問ヘルパー事業所 新型コロナウィルスへの対応について(お知らせ例文) 令和〇年 〇月 お客様、ご家族各位 株式会社 〇〇 ホームヘルプステーション 〇〇 管理者 〇〇 〇〇 新型コロナウィルスへの対応について 拝啓 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 この度、政府による新型コロナウィルス感染症対策本部より発表がありました方針を踏まえ、当事業所の感染拡大防止対策における対応について、下記ご連絡申し上げます。 尚、下記対応につきましては、お客様及びご家族様にも同様のご案内をさせていただいております。 引き続き、今後の政府発表や社会情勢を踏まえ、ご利用いただくお客様の安全を第一に考えた対応に努めて参ります。 関係者の皆様方には、何卒ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 以上 新型コロナウィルスへの対応について(お願い例文) 令和〇年 〇月 お客様、ご家族各位 株式会社 〇〇 新型コロナウィルスへの対応について(お願い) 平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 標記について、現在弊社におきましては厚生労働省の通知に沿った対応をすすめております。 対応にあたっては、全従業員が新型コロナウイルスについて正しい認識を持つとともに、感染対策マニュアル等を通して、マスク着用、手指消毒、うがいの施行、従業員(パートタイマー含む)へのメディカルチェック(体温や症状の確認)の実施を行っております。 また、弊社に訪問されるお客様にも面会が必要ご用件がある場合以外には、原則禁止をさせていただく等の感染予防に努めております。 つきましては、ご利用者様、ご家族の皆様にも感染症対策について、以下の通りご協力のほどよろしくお願い致します。 1 サービスのご利用について 訪問サービスのご利用の際には、訪問時における訪問スタッフのマスクや手袋の着用につきましてはご理解ください。 また、発熱(37. 通所等のサービスをご利用の際には、事前にご自宅で検温をして通所の可否を判断していただきますようお願い致します。 発熱(37. また、発熱などの症状が無い場合でも、通所サービスご利用中のマスク着用、来所時の検温・手洗い・うがい・手指消毒などの感染防止対策の徹底にご協力をお願い致します。 ショートステイなど宿泊サービスをご利用の際には、発熱(37. なお、医療機関への定期受診に関しては、感染予防の観点から往診での対応を薬の処方、受け取りも含みお願いする場合がありますのでご了承ください。 2 弊社施設での面会制限について 当面の間、ご家族の面会は禁止させていただきます。 なお、お荷物等をお持ちになった場合は、玄関にて従業員が代わりにお預かりし、ご利用者へお渡しさせていただきます。 その他、今後の状況によって、新たに利用の制限やお願い等をさせていただく可能性がございます。 ご利用者様・ご家族様におかれましては、大変ご不便をおかけいたしますが、大切なご利用者様を感染から守るため、ご理解とご協力をお願い申し上げます。 ご不明な点がございましたら、当事業所従業員までいつでもお願い致します。 一番新型コロナウィルス感染拡大防止対策が求められる訪問ヘルパー事業所、デイサービスやショートステイなどの宿泊施設のある事業所がそのまま使用できるお知らせ例文になります。 感染症対策は常日頃からしてはいますが、今回のようなウィルス感染症予防などでの急な予定変更や感染症対策の徹底さでは早期の判断が必要ですよね。 お客様やご家族に迷惑をかけず、そして従業員が訪問時や施設利用時に混乱をまねかぬよう、事前にしっかりとしたお知らせをアナウンスしましょう。

次の