厚生 年金 払い たく ない。 年金を払わないとどうなる?未納者は約3割、払えない若者たち

会社員が厚生年金を払わない方法はあるのか?

厚生 年金 払い たく ない

年金を払わないという選択は可能なの? 基本的に、年金を払わないという選択肢は選ぶことができません。 国民の義務となっており、払わないと最悪の場合、 差し押さえなどが行われる可能性があります。 とは言え、実際のところの支払をしないとどうなるのか、 よく分からない方も居ると思います。 なので、実際払わなかった場合について下記で紹介 していきます。 厚生年金を支払わないとどうなる? 会社員が加入することになる厚生年金。 これを支払わないとどうなるのか…という点についてですが、 これは会社員の場合は、条件を満たすと強制的に加入することになってしまい、 給料から天引きというカタチで引かれますから、 厚生年金を払わない、ということは実質上は不可能です。 会社に「厚生年金なんて払いたくないんだ!」と叫んでも、 取り合ってくれる会社は無いと思いますし、 それでもダダをこねれば、最悪の場合、解雇される可能性も ありますから、絶対に支払わなくてはなりません。 会社ぐるみで厚生年金を払わない…という場所はあるかも しれませんが、完全に違法なので、そういう会社には 関わらないようにしましょう…。 国民年金を支払わないとどうなる? 厚生年金に加入している人以外は、国民年金への加入が 義務づけされており、つまり強制的に加入させられる、 ということになります。 ただし、国民年金の場合は給料から天引きとかではなく、 自分で支払をするかたちになりますから、 国民年金なんて払えるか!という人は、払わない!ということも 実質的には可能になっています。 ですが、国民年金を払わないと恐ろしいことになる場合も ありますから、基本、支払わないという選択肢は選べないのです。 十分な年収があると…? 十分な年収があるにも関わらず、国民年金の支払いをしないと、 強制的に差押えなどが、最悪の場合行われる可能性があります。 ただし、現在の法律上、十分な所得が無い人に関しては、 強制的な差押えにまで至ることはないようです。 が、反対に十分な所得(現在は300万円以上だったと思います) がある場合は、後述する対応が行われて最悪の場合は 先ほども書いたように差押えされることがあるのです。 スポンサーリンク 収入が少なくて払えないんだけど…? 収入が少なくて払えない!という人も居ると思います。 自分の食費を削って飢えてまで国民年金を払わなくちゃいけないのか! と思う人も居ると思います。 流石に、そこまで鬼ではありません。 そんなことしたら大変なことになるでしょう。 収入が少ない場合は免除の制度などもありますから 今回の記事では、免除制度の説明ではないので、詳しくは説明しませんが 命を削ってまで国民年金を払え!ということではありません。 支払わないと起こること では、上で書いた通り、最悪の場合は差押えにまで事態は 発展します。 それに至るまでの流れをご紹介しておきます。 もしも今現在、途中まで進んでいる!という方は 早めに何らかの対応をすることをおすすめします。 ・案内が来る 支払を数か月間行わないとはがきなどによる、支払の案内 (払ってください、という意味合いのもの)が来るようになります。 この時点で何かされることはありませんが、 最初の1歩と考えておきましょう。 また、この案内は、年収が低くても届く場合があります。 ・電話や訪問が行われる 同時期に、委託業者からの電話や訪問が行われることがあるようです。 これは委託業者なので、人によっては態度の悪い人も居るとのことです。 ここまで進むと、嫌な思いをすることもあるかもしれません。 もちろん、払わないのは悪いですが、もしも訪問してきた人が 家に押し入ったり、無いとは思いますが暴力を振るったりした場合は 犯罪ですから警察を呼んでも問題はありません。 ・最終通知が届く それでもスルーし続けて十分な所得があり、13か月以上未納の人に 大しては最終催促状が届くようです。 期日までに支払をしないと、強制的に財産を差し押さえますよ、という 恐ろしい内容です。 延滞料の発生、配偶者&世帯主の財産にまで危険が及びます。 ・各種予告が行われる それでも支払をスルーしていると、今度は督促状が届き、 その後に差押予告が届くようです。 督促状の時点で、もう「本気で差押するぞ」という意味ですから ただちに対応した方が良いのですが、 それでもスルーしていると、差押予告が届いてしまいます。 世帯主や配偶者がいる場合は、それらの人に対しても 同様のものが届くことがあるようですね。 ・差押 これが最悪のケースです。 財産の差し押さえが行われて、強制的に徴収されてしまいます。 と…こんな感じになっています。 最悪の場合、強制的に徴収することができるようになっています。 恐ろしいですね。 どんなに反対しても、それがルールですから そうなってしまいます。 実際に差押された例も存在します。 もちろん、差押されないところもあるのですが、 それはあくまでも「いつでも差押できるけどされていない状況」ですから 良いものではありません。 いつ、されても文句は言えないのです。 結局、諦めるしかない と、いうことで年金は結局あきらめて払うしかないのです。 将来、満足に年金が支給されるかは分かりませんし、 結局のところ、損をする人が多いでしょう。 今の世代は私も含めて、 年金で搾り取られて苦痛を味わい、 将来、貰えるはずの年金を貰えず苦痛を味わう。 ダブル苦痛を味わうことになるのでしょう。 ですが、年金のシステムが無くなることは無いでしょうから (少なくとも支払う方は) ただの税金だと考えて納付するしかないと思います。 少なくとも「年金を払わない」ということはできません。 上でも書いたように免除制度がありますから、 唯一可能なのは、免除の申請をして、免除してもらうことだけです。 ただ、それも収入や条件などはありますから、 十分な収入を得ている人間が、年金の支払いを拒否することは できない!というのが現実です。 まとめ 年金の支払いから逃れることはできない…というのが 現実ですね…。 払っている人も本音を言えば払いたくない人が多いとは思います。 ですが、もうこれは税金だと思って支払うしかないですね。 戻ってくることを、期待はしない方が良いです。 私も年齢的に、戻ってこないでしょう。 (プロフィールにもある通り、現在は20代後半なので) 中には腹立たしい!と感じる人も居るかと思いますが、 どうにもならないことですし、義務と言われてしまえば 仕方がありません。 ただ、所得的に本当に厳しい方は、ちゃんと免除してもらいましょう! 命削ってまで払う必要はありませんからね!.

次の

年金もらえるか保証ないのに、年金払う意味ありますか?

厚生 年金 払い たく ない

65歳以上の厚生年金 厚生年金だけ加入したくない まず会社に入社する場合、一定の要件を満たしているのであれば社会保険の加入対象者となります。 簡単に言えば、一般の社員の4分の3以上勤務する契約の人は社会保険の加入対象者です。 でも健康保険は加入してもいいけど、厚生年金はもういらないよ。 という気持ちもわからないでもないのですが、 厚生年金だけ加入しないという訳にはいかないのです。 健康保険も厚生年金も原則同じ加入要件ですので、会社に入社するのであれば両方加入することとなります。 残念ながらどちらか一方を選ぶということは出来ないのです。 70歳を超えたら ですがさすがに年金も健康保険も加入するには年齢の上限はあります。 厚生年金の場合、70歳までの方が対象となりますので、 70歳を超えて新たに会社に雇われる場合は厚生年金の加入は不要となります。 同じく健康保険も75歳を超えたら後期高齢者医療保険に移動となりますので、 75歳を超えてから会社に雇われる場合は加入は不要です。 さすがに75歳を超えて会社に入社するなんてあり得ないでしょ? と思われるかもしれませんが、これからはそんなケースが当たり前になるかもしれません。 今どきの70歳以上の方々は、まだ全然元気ですし、働けるのであれば働きたいという意欲の高い方も多いのです。 高齢化社会になるにつれ、70歳以降で社員を雇うという機会も増えるでしょうから、この辺りの原則は経営者であれば押さえておいた方がいいでしょう。 厚生年金がもらえなくなる? 65歳を超えて入社した場合、原則としては厚生年金に加入しなければいけません。 さらに厚生年金に加入し、一定以上の金額を超えてしまうと厚生年金の支給が停止されてしまうのです。 65歳以上の場合、年金の基本月額(年金の1か月分)と会社から受け取る報酬の額が 46万円を超えた場合、厚生年金部分は支給停止となってしまうのです。 ですので、65歳以上で会社に入社する場合は、自身の金額をあらかじめ会社に伝え、報酬額とプラスして46万円を超えないような調整も必要になってきます。 もちろん年金が支給されてもイイからその分稼ぎたいというのであれば、調整は不要ですが、せっかくの年金額が支給調整されてしまうのはもったいないですので、事前に計算してもらうといいでしょう。 個人事業主なら大丈夫? 年金と個人事業主の事業の額が46万円を超えてしまったら年金って支給調整されるの? これは調整されることはありません。 あくまでも65歳以上で厚生年金に加入している方が調整の対象となりますので、 個人事業主であれば調整されることはありません。 ですので、60を超えてからは社員としての雇用ではなく、個人事業主としての契約を好む方も多いようです。 この辺りは多少個人事業主が優遇されている部分かもしれません。 まとめ 今後高齢者の雇用は活発化するはずです。 長い期間をかけてようやく年金を受給できる世代になったのですから、せっかくの年金はキッチリと受給してほしい。 企業担当者もその辺りを考慮しながら高齢者を雇用していく必要があります。 これからは、高齢者の労働力は貴重な戦力になる時代です。 高齢者が安心して働ける環境作りも企業に与えられた使命の一つなのかもしれません。

次の

まじで年金払いたくないんですけどどうしたらいいですか?厚生年金で...

厚生 年金 払い たく ない

70歳までは加入しなければなりません。 健康保険や厚生年金の加入(資格取得)については、巷で色々と言われているようですが、あまり正確ではありませんね。 下記のことはよく聞きます。 健康保険は加入したいが、厚生年金は加入したくない。 65歳以上は厚生年金に掛けなくてよいと知り合いから聞いた。 厚生年金は70歳まで加入です。 既に年金を受給しているので、厚生年金には入れないはずだ。 他の制度(国民年金・国民健康保険・雇用保険)と間違えやすいこともあります。 国民年金の加入(保険料の徴収)は60歳までです。 厚生年金は70歳までです。 平成28年12月までは雇用保険の加入は65歳まででした。 現在は、65歳以上も雇用保険の被保険者の対象になっています。 従業員は、加入(資格取得)することによって、給与の手取りが減ってしまうことを懸念し、また、事業主も従業員を加入させれば事業主の負担があるため、労使ともに加入したくないものです。 互いの利害が一致してしまい、本来は加入しなければならないのに、加入手続きをしていないというケースが多いようです。 もし、従業員が入りたくないといっても、手続きをしなければ 事業主は処罰されますし、 保険料を遡って徴収されます。 また、下記のとおり従業員やその親族・遺族などから 損害賠償請求を受けるリスクがあります。 従業員が間違うのはまだよいのですが(きちんと説明して資格取得手続きをするので)、事業主が間違うと大変です。 本来、加入しなければならないのに加入させないと、将来受け取る年金が減ります。 被扶養配偶者は、3号被保険者にならないため未加入期間となり、国民年金の受給要件である25年を満たさず年金を1円も受け取れないという事態にもなりかねません。 また、 障害などを負ったときに障害年金が受け取れません。 遺族年金も同じです。 これらは損害賠償請求の対象になり得ますので、事業主は適切に資格取得手続きをしましょう。 もし、損害賠償請求が認められれば、 将来に渡って受け取ることができるであろう年金を一時金として賠償しなければなりませんので、かなりの金額になります。 現に、このような 判決も出ています。 また、事業主は損害賠償請求を受けるリスクがあります。 障害年金は、加入して直ぐ(1ヶ月でも)に障害を負ったとしても、最低保障がありますので、少なくとも300ヶ月加入したものとした年金額を受け取ることができます。 厚生年金の被保険者 当然被保険者 適用事業所に使用される70歳未満の者は、厚生年金保険の被保険者です。 任意単独被保険者 適用事業所以外の事業所に使用される70歳未満の者は、厚生労働大臣の許可、事業主の同意を得て被保険者になることができます。 [ 被保険者になる要件] ・70歳未満 ・厚生労働大臣の許可 ・事業主の同意 高齢任意加入被保険者 適用事業所 70歳以上の者で、老齢厚生年金、老齢基礎年金、その他老齢・退職を事由とする年金給付の受給権を有しない者は、厚生労働大臣に申し出て被保険者になることが出来ます。 [ 被保険者になる要件] ・適用事業所 ・70歳以上 ・老齢・退職を事由とする受給権がない ・厚生労働大臣への申出 適用事業所以外 70歳以上の者で、老齢厚生年金、老齢基礎年金、その他老齢・退職を事由とする年金給付の受給権を有しない者は、厚生労働大臣の認可、事業主の同意を得て被保険者になることが出来ます。 [ 被保険者になる要件] ・適用事業所以外 ・70歳以上 ・老齢・退職を事由とする受給権がない ・厚生労働大臣の認可 ・事業主の同意.

次の