クロミフェン。 クロミッドの排卵日はいつ?服用して何日後?タイミングを取るには?

クロミッド錠50mg

クロミフェン

このサイトは、多嚢胞性卵巣症候群で不妊治療をしていた私が、 クロミッドを服用して妊娠できたときの妊活体験記録です。 これからクロミッド セロフェン、クロミフェン を飲む人、いまクロミッドを飲んでいる人に読んでもらえればと思い記録しています。 クロミッド セロフェン、クロミフェン を飲むときには、どうしても不安や怖さを抱いてしまう人も多いと思います。 このサイトでは、私が妊活中に学んだクロミッド セロフェン、クロミフェン のプラス面である効果とマイナス面である副作用についてなど、実際にクロミッドを飲んで妊娠することが出来た私の体験を交えてわかりやすくお話していければと思います。 クロミッド セロフェン、クロミフェン を服用する人の不安や怖さが少しでも和らいで、前向きに妊活や不妊治療に取り組んでいただけることをお伝えしていければと思っております。 学び1. クロミッドを服用する人は自力での排卵のチャンスが少ない!少ない排卵チャンスを逃さないために着床環境を整えよう 【30代多嚢胞性卵巣症候群の私でもクロミッドで妊娠できました】 妊活サプリや体質改善はいろいろあるけど、私は結局、葉酸サプリだけで充分でした。 子宮内膜をふかふかにして、着床環境を常に整えるには葉酸サプリがポイントなんですが、 実はクロミッドを服用する人にはおすすめできないものがたくさんあって 間違った葉酸サプリだけは選ばないことが大切なんです。 クロミッドを服用する人は排卵のチャンスが少ない! だから私は少ない排卵のチャンスを逃したくなかった クロミッドを服用して妊娠できた私が大切にした葉酸サプリの選び方を公開しています。 それがママが赤ちゃんにしてあげられるやさしさでもあるんです。 葉酸サプリは 子宮内膜をふかふかにするだけでなく、赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを72%も軽減してくれる研究結果が発表されていて厚生労働省も妊娠を希望する女性は摂取するようにと勧告しているほどなんです。 実は葉酸サプリの摂取は世界ではもはや常識で日本ではまだ認知が遅れていますが、母子手帳にも重要性が書かれているほどです。 でも、だからといってどれを飲んでもいいってわけじゃなかったんです。 多嚢胞性卵巣症候群でクロミッドを服用していた私は、葉酸サプリを飲む前に本当に自分の身体にあったものを選びたいと思っていました。 私は多嚢胞性卵巣症候群で排卵のチャンスが少ないからこそ、ここはしっかり勉強して知識を持って、自分が納得して安心できるものを飲もうと思いました。 いい加減に選んだものを飲み始めて、あとから不安になったりしたら、ストレスが増してしまいます。 ストレスが増えるとホルモンバランスが乱れて妊娠が更に遠ざかってしまって逆効果。 クロミッドを服用して妊娠を目指す場合、自分で出来ることって実は以外と少ないんです。 だからこそ自分が出来る数少ないことは、知識をしっかり学んで安心できる状態にすることが大切なんです。 学び2. クロミッドの効果を学ぼう!クロミッドの効果は卵胞を育てること クロミッド セロフェン、クロミフェン は排卵誘発剤と呼ばれる薬のひとつです。 排卵誘発剤というのは主に不妊治療などに用いられる薬でその目的は大きく分けて2つあります。 1.卵胞を育てる目的で使うケース 2.排卵を促す目的で使うケース 排卵誘発剤にはたくさんの種類がありますが大別するとこの2種類に分けられ、 クロミッド セロフェン、クロミフェン は「卵胞を育てる目的」で使用されています。 自力では十分なサイズまで卵胞が育ちにくい人や、周期によって卵胞が育ったり育たなかったりと不安定な人に処方されることが多い排卵誘発剤です。 クロミッド セロフェン、クロミフェン はほかの排卵誘発剤と比べると比較的作用が弱いやさしい薬のため、不妊治療のはじめの一歩としても広く用いられています。 不妊治療のスタンダード薬であり、作用が強くないため処方しやすいこともあり、 婦人科に行った際に「じゃあ、まずはクロミッドを飲んでみて」そんな医師の言葉とともにクロミッドを自宅に持ち帰ったものの果たしてクロミッド セロフェン、クロミフェン は身体に悪影響はないのか、不安になる人もいるのではないでしょうか。 あまりにスタンダードな薬であるがゆえに、医師もそこまで患者に注意深くクロミッド セロフェン、クロミフェン の効果や副作用について説明しないケースもあるかもしれませんが、ご自身の身体にいれる薬ですのできちんと効果と副作用については知っておいてください。 排卵誘発剤クロミッド セロフェン、クロミフェン の効果は卵胞を育ちやすくしてくれること 卵胞が育たない限りは、妊娠は出来ません。 まずは卵胞が育ち排卵させることが大事なのですが、その根本を支えてくれるのが排卵誘発剤クロミッド セロフェン、クロミフェン なんです。 実際、多くの人達が排卵誘発剤クロミッド セロフェン、クロミフェン を飲むことで育ちにくかった卵胞が育ち、無事に排卵し妊娠に至っており、妊娠したいけれど、卵胞が育ちにくいという悩みをお持ちの多くのご夫婦にとってはなくてはならない存在なのです。 関連記事: 学び3. クロミッドの副作用を学ぼう!クロミッド セロフェン、クロミフェン には副作用も存在します 双子が産まれやすくなる。 排卵誘発剤クロミッド セロフェン、クロミフェン の服用に対する副作用でもっともよく聞かれるのが多胎妊娠です。 排卵誘発剤クロミッド セロフェン、クロミフェン を服用して妊娠した人のおよそ20人に1人が双子を妊娠し、更にそのなかの4%が三つ子を妊娠するといわれています。 排卵誘発剤クロミッド セロフェン、クロミフェン 服用の場合、双子の妊娠確率が5%、三つ子の妊娠確率が0. また直接的な原因ではないものの排卵誘発剤クロミッド セロフェン、クロミフェン を服用後太りやすくなるケースも報告されています。 関連記事: 学び4. 最も怖いクロミッドの副作用…子宮内膜が薄くなり妊娠し出来なくなること 医療上は母子ともに安全な出産という視点からは、双子の妊娠はリスクとして考えられますが、子供が欲しいと願う夫婦にとってはもしかしたら、双子でも嬉しいよと思う人もいらっしゃるかもしれません。 また、排卵誘発剤クロミッド セロフェン、クロミフェン 服用時の体調の変化や体調不良も妊娠のためなら我慢できるという人も多いかもしれません。 そういった意味ではさきほどまでの副作用のリスクは、納得して受け入れることが出来るものかもしれません。 しかし、排卵誘発剤クロミッド セロフェン、クロミフェン の服用による副作用で最も怖いことは他にあります。 子宮内膜が薄くなる 子宮内膜というのは卵子と精子が出会い、受精卵になったあと、その受精卵が子宮の中を上って妊娠に向け頑張る長い旅の最終ゴール地点です。 受精卵が子宮内膜に到着し、子宮内膜に受精卵がくっつくことができたら着床と呼ばれ、これが妊娠なのです。 ところが受精卵が頑張って子宮内膜にたどり着いたとしても必ず着床できるわけではありません。 子宮内膜は受精卵を包み込むかのようにふくふかで厚みのある状態でなくては着床させることが出来なく、 もしも子宮内膜が薄いとせっかく受精卵が頑張って子宮内膜に到着しても着床できないのです。 クロミッドの服用による副作用で最も怖いのが、子宮内膜が薄くなることです。 クロミッドの効果としては卵胞を育ちやすくしてくれるのですが、同時に子宮内膜を薄くしてしまう副作用を持っているんです。 卵胞を育ちやすくして妊娠しやすくしてくれる一方で、子宮内膜を薄くし妊娠しにくくさせてしまう。 これが排卵誘発剤クロミッド セロフェン、クロミフェン の服用による副作用でもっとも怖く、注意しなければいけない部分なのです。 だからこそ、排卵誘発剤クロミッド セロフェン、クロミフェン を飲み始めたらなるべく早く妊娠できるように努力をする必要があるのです。 関連記事: 学び5. 大切なのは、副作用である子宮内膜がうすくなる症状に注意をしながらクロミッド セロフェン、クロミフェン を服用すること クロミッド セロフェン、クロミフェン そのものは排卵誘発剤の中でも副作用がやさしく使いやすい薬になります。 自力で卵胞が育ちにくい人にとっては、元気な卵胞を育てるための手段として間違いなく有力な選択肢のひとつです。 ただどうしても排卵誘発剤クロミッド セロフェン、クロミフェン の副作用により子宮内膜が薄くなり妊娠しにくいという状況が起こりやすくなってしまいます。 大切にしたいのは、副作用である子宮内膜がうすくなる症状に注意をしながら、排卵誘発剤クロミッド クロミフェン を飲みながら排卵誘発剤クロミッド セロフェン、クロミフェン の効果で元気な卵胞を育てていくことなのです。 関連記事: クロミッドで妊娠できた私の妊活体験記録について このサイトは、多嚢胞性卵巣症候群で不妊治療をしていた私が、 クロミッドを服用して妊娠できたときの妊活体験記録です。 夫と結婚後3年以上も妊娠することが出来ず、 あとから結婚した友人達はポンポンと妊娠して出産する姿を目の当たりにして、「もしかしたら私、不妊なのかも・・・」という不安を抱いたのがきっかけでした。 初めて婦人科に行った時はとても緊張しましたが、そこで告げられたのは、「多嚢胞性卵巣症候群」という聞きなれない名前。 普通の女性なら毎月1回排卵日があり、そのときに夫とタイミングをあわせて妊娠を目指しますが、多嚢胞性卵巣症候群だった私は、どうやら排卵していなかったようなんです・・・ そりゃ3年たっても妊娠できないわけですよね。。。 その日からクロミッドを処方されて私の不妊治療が始まりました。 このサイトでは、 排卵誘発剤クロミッド セロフェン、クロミフェン の効果だけでなく、 排卵誘発剤クロミッド セロフェン、クロミフェン の副作用も含め 私がクロミッドを服用中に学んだことを中心にお話ししています。 私が大切だと思っているのは、前向きに妊活や不妊治療をしていくためには、クロミッドの効果と副作用をきちんと理解したうえで、上手にクロミッドと付き合っていくこと。 クロミッドを服用する人は、自力で卵胞を育てるのが困難な場合が多いです。 クロミッドを処方されるというのは、簡単に言ってしまうと排卵しにくい体質だということ。 でも・・・・クロミッドを服用してなんとか妊娠したい! そう思った 私が実際に妊娠できて出産したいま振り返ってみて、クロミッドで妊娠するために大切だったなと実感したことをお話したいと思います。 私みたいにクロミッドを処方されて悩み始めてしまったけれど、妊娠したい!って思っている人って、実は結構多いのかもしれない・・・私の体験談を残しておけば、もしかしたら妊娠したいと願う人に役立つこともあるかも?と思い、クロミッドで妊娠できた私のささやかな経験を記録しておくことにしました。 一人でも多くの人が、クロミッドを飲むことで卵胞が育ち妊娠までたどり着けるように、クロミッドの不安を安心に変える、そんな小さなきっかけになれれば嬉しく思います。

次の

不妊治療でよく使われるクロミッドのお話

クロミフェン

PCOSでは卵巣内に卵はたくさん存在するものの、毎周期の排卵が認められないことが問題となっています。 (排卵しているかは基礎体温の高低が存在するかで確認できる) そこで内服の「排卵誘発剤」と呼ばれる薬を服用して、人為的に「排卵の手助けをしていこう」という治療法が クロミフェン療法です。 クロミフェンとは経口製の排卵誘発剤の総合的な名前を指していて、1番広く処方されているのは「クロミッド」という商品名の薬です。 不妊治療をしている人は、「クロミフェン」よりも「クロミッド」という言葉のほうがしっくりとくるかもしれません。 クロミフェンにはクロミッドの他にも、セロフェン、オリフェン、フェミロンなどの名前の薬がありますが、これらはどれも同様の効果を持ち、商品名によって薬の効き目に違いがあるわけではありません。 クロミフェン療法は、「第一度無月経」と呼ばれる軽度の排卵障害に有効で、症状が重い「視床下部性第2度無月経」ではが選択されます。 これはPCOSを伴っていない患者のクロミフェン服用時と比較すると、若干低めの数値になっているようです。 クロミフェンの効果 クロミフェンは脳の視床下部に働き、FSHとLHを分泌させることによって排卵を起こします。 排卵誘発剤という名前ではありますが、直接的には 排卵させる効果よりも卵を成熟させるための薬と考えておけばいいでしょう。 PCOSでは卵巣内に卵がたくさん存在はしているのですが、その1つ1つがうまく成長できないことが多いのです。 そこで排卵誘発剤を服用することによって、主席卵胞を作り出すのです。 主席卵胞とは排卵するために選ばれた卵のことで、卵がたくさんあっても主席卵胞が存在しないことには排卵は起きません。 排卵する卵胞の大きさは多少の個人差があるものの、通常ですと20ミリ前後になります。 しかしクロミフェンを服用した周期では、少し大きい状態で排卵することが知られています。 一般的には月経周期の5日目から飲み始めますが、3日目、あるいは4日目から飲み始める場合もあります。 開始日の微妙な違いについてですが、それによって「目立った差が見られない」というデータがありますので神経質になる必要はないでしょう。 クロミッド錠の用量につきましては1錠(50mg)から開始するのが一般的で、卵胞発育が見られない症例では次回から、2錠、あるいは3錠と増量していくことになります。 クロミフェンの副作用 顔面紅潮感が5. 4%、卵巣腫大が2. 9%、下腹痛が2. 2%、吐き気、嘔吐が2. 0%、頻尿、尿量増加が1. 5%、その他の頭痛、蕁麻疹、視覚障害、疲労感、神経興奮などが1%未満との報告があります。 の発症率は0. (PCOS症例は若干高目になる) またクロミッドを数周期以上に渡り連用すると、頸管粘液の減少、子宮内膜が薄くなると言った抗エストロゲン作用の副作用が起きやすくなります。 これらの対策としましては、シクロフェニル療法やゴナドトロピン療法への変更、あるいは人工授精などを選択していくことになります。 クロミフェンと排卵日 クロミッド錠を服用することによって排卵日が安定します。 卵が十分に成長しているのに自然排卵が難しいときには、hCGという注射で排卵の手助けをすることになります。 (クロミフェン+hCG療法:下記参照) クロミッドの2段階投与 当サイトの掲示板では、クロミッドの2段階投与という治療法も書かれています。 これは卵が思うように成長しない周期に、5日間の服用後にさらにまた5日間程度のクロミッドを服用する方法です。 しかし当サイトが参考にしている文献には、このクロミッドの2段階投与については書かれていません。 薬の投与量が多くなることでデメリットが増えるクロミッド2段階投与は、積極的に行なわれている治療法とは言えないようです。 クロミッドと基礎体温 クロミッドが基礎体温に直接影響することはないようです。 しかし卵胞期にいい卵が育つことから、結果として排卵後に基礎体温が少し高めになることがあります。 これはいい卵が排卵した結果、卵胞が黄体化してプロゲステロン(黄体ホルモン)が十分に分泌されることが原因の1つです。 シクロフェニル療法 クロミフェン以外の排卵誘発剤に、「シクロフェニル(商品名:セキソビット)」と呼ばれる薬もあります。 クロミッドよりもマイルドな薬で、副作用の心配がほとんどありません。 排卵誘発率はクロミッドよりも悪く50%程度ですが、頸管粘液の減少や子宮内膜が薄くなると言った副作用が起こりにくいのが特徴です。 クロミフェン使用上の注意 クロミフェンを始めて服用する周期では、慎重にその経過を観察するべきでしょう。 卵胞の成長速度には個人差があり、その経過によって排卵日を予測することが大切です。 またそうすることによってOHSS(卵巣過剰刺激症候群)などの異常が早期発見出来ることがあります。 妊娠中には催奇形性の危険があるため、クロミフェンを服用してはいけません。 そのため基礎体温をしっかりと記録することが大切で、服用中に高温期が続く場合は医師に相談をしたほうがいいでしょう。 一般的にクロミフェンを3周期反復投与しても排卵が見られない場合は、他の治療法に変えるほうが望ましいと言われています。 クロミフェンには副作用を伴うため、効果的ではない治療をいたずらに続けるべきではありません。 クロミフェン療法とバリエーション クロミフェン単独 第1に行なわれる治療法です。 軽度な排卵障害では、卵胞期にクロミフェンを服用することで排卵が起こるようになります。 排卵するための「LHサージ」が得られていることがポイントとなります。 クロミフェン+hCG 十分なLHサージが得られないときにhCGという注射を打つことで、排卵の手助けをしてやります。 クロミフェン+グルココルチコイド PCOSは、アンドロゲン(男性ホルモン)が過剰に分泌されることが1つの問題だと考えられています。 そこで副腎性アンドロゲンを抑制するために、グルココルチコイド(ステロイドホルモン)を併用することがあります。 高プロラクチン血症とはプロラクチンというホルモンが異常に高くなってしまい、排卵を妨げてしまう疾患です。 そこでブロモクリプチン(パーロデル)やテルグリド(テルロン)などの高プロラクチン血症改善薬を併用することで、排卵率の向上を期待します。 関連不妊用語.

次の

クロミッド通販|クロミフェン|不妊治療薬|排卵誘発剤|効果

クロミフェン

排卵誘発剤 オススメ!! 特徴 コダカランはレクメズ社が開発した排卵誘発薬です。 クロミッドのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 効果 コダカランの主成分であるクロミフェンは脳に働きかけ、性腺刺激ホルモンを分泌させます。 性腺刺激ホルモンが分泌し、増加することにより卵胞の成長や排卵を促す効果があります。 副作用 主な副作用は、視覚障害、吐き気、頭痛、ほてり、可逆性卵巣肥大などがあげられます。 成分量 日本国内においては現状未承認のため処方されていません。 当サイトでは50mgが購入可能です。 排卵誘発剤• 不妊治療• 無排卵月経 有効成分:クロミフェン/Clomifene 50mg ご注文 コダカラン(排卵誘発剤) 50mg 内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文 10錠 婚活をはじめてから一年。 自然妊娠では無理なのかなと思ってクリニックに行くのと同時に、この薬 50mg1日1回 を生理三日目に服用してから四日後にクリニックで卵巣の検査をして貰ったら、左に卵胞が3つ右に大きな卵胞が出来ているのをエコーで確認しました。 生理が終わった次の日にこの検査を受けに行ったので、医師から「今の時期でこの卵胞の大きさは異常だ」と言われました。 卵胞が大きくなり過ぎると卵巣嚢腫になったり水が溜まったりすると言ってました。 なので、そういった危険性がある薬だと分かったのでもう今回限りで服用はやめようと思いました。 けど、検査の時に医師がこうも言ってました。 「排卵誘発剤の薬や注射を打った人ならよく見る状態なんだけどなぁ」とボソリ。 そうです。 私はこの薬を飲む前に医師に相談していませんでした。 この事を反省し次の検査の時は薬を飲まないで行きたいとおもいました。 もしクリニックに行かないまま個人の判断でこちらを飲む場合、それなりの覚悟と危険性を認知の上で飲むことをおすすめします。 商品詳細 コダカランの特徴 コダカランはレクメズ社が開発した排卵誘発薬です。 クロミッドのジェネリック医薬品で、白い丸形の錠剤が特徴です。 コダカランの効果 コダカランの主成分であるクロミフェンは脳に働きかけ、エストロゲン受容体を阻害し、エストロゲンが不足していると脳に錯覚させます。 不足しているエストロゲンをコントロールするために、脳が信号を出し性腺刺激ホルモンを分泌させます。 性腺刺激ホルモンが分泌されると、卵胞は大きく育ちます。 さらに、卵胞が成長した時に成長を止めないように、 卵胞を育てるホルモン(FSH)の働きを活発にさせます。 FSHが活発になり ホルモンが卵巣を刺激し、排卵を誘発させます。 コダカランは無排卵の方や排卵過小による不妊治療に使用されています。 排卵誘発薬として代表的な薬で、同類薬よりも作用が強力で効果が確実だと言われています。 しかし、長期間の服用は子宮内膜が薄くなり着床が起こりにくくなったり、頚管粘液の分泌抑制により精子が子宮に侵入しにくくなるといったこともありますので、注意が必要です。 コダカランの成分量 日本国内においては、現状未承認のため処方されていません。 個人輸入を行っている当サイトでは50mgの購入が可能です。 その他 製造会社であるレクメズ社はインド在住の日本人が一部監修に入り、日本人の体格や体質にあった商品を展開しています。 錠剤を小さくしたことで服用しやすくなっています。 錠剤を半分に割って服用できるように、割線が入っており手で簡単に割れます。 コダカラン関連ページ 不妊治療の商品一覧 ・ 参考サイト 商品のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。 ・ 服用方法・使用方法 服用のタイミング 生理開始日3~5日に服用します。 服薬のスケジュールを守り、毎日基礎体温を記録してください。 服用量の目安 通常、第1クールで50mg、1日1錠を5日間服用します。 第1クールで無効だった場合は、第2クール時から1日2錠100㎎を5日間に増量します。 用量・期間は1日100mg、5日間が限度です。 長期間の服用は子宮内膜が薄くなり着床が起こりにくくなったり、頚管粘液の分泌抑制により精子が子宮に侵入しにくくなるといったこともありますので、注意が必要です。 食事とアルコールの影響 現在報告されておりません。 副作用 主な副作用 主な副作用は、視覚障害、吐き気、頭痛、ほてり、可逆性卵巣肥大などがあげられます。 薬が効きすぎると卵巣が腫れてくることがありますので、下腹部に張りや痛みを感じた場合は直ちに医師の診察を受けてください。 クロミフェンの重大な副作用として卵巣過剰刺激症候群があげられます。 また、クロミフェンは複数の卵胞を排卵させるため、妊娠した場合双子や三つ子が生まれる確率が上昇すると言われています。 卵巣が腫れ上がり、卵巣周辺に水が溜まります。 初期の症状では卵巣周りにのみ水が溜まっている状態ですが、放っておくと溜まった水がお腹全体に広まり、血液濃縮、血液凝固能の亢進、呼吸困難などのを併発する可能性があるため、これらの症状が生じた場合は服用を中止し、循環血液量の改善などの処置を行ってください。 併用禁止薬• レクメズ社が開発 製造会社であるレクメズ社はインド在住の日本人が一部監修に入り、日本人の体格や体質にあった商品を展開しています。 先発薬であるクロミッドと同等の成分量が含有されていますが、価格を抑えて購入することができます。 日本では処方されていないため、通販でしか購入することのできないジェネリック医薬品です。 コダカランってどんな製品? 排卵誘発剤は、排卵が行われないときに用いられる、不妊治療の第一歩で使用されることが多いお薬です。 1.不妊治療のタイミング法で効果が得られなかったとき 2.排卵数を増やす以外に、良質な成熟卵を育てたいとき 上記の目的で主に使用されています。 効き目が穏やかで副作用の少ないお薬となっています。 基礎体温を図りタイミングとの併用で妊娠率アップ! コダカランは生理開始日の3~5日に服用し、一般に服用終了後7~10日程で排卵が起こります。 肺胞が発育するスピードや排卵のタイミングには個人差があるため、基礎体温を図り排卵日を予測する必要があります。 うまく排卵し、精子と受精のタイミングをあわせることで妊娠率が上がります。 メーカー 婚活をはじめてから一年。 自然妊娠では無理なのかなと思ってクリニックに行くのと同時に、この薬 50mg1日1回 を生理三日目に服用してから四日後にクリニックで卵巣の検査をして貰ったら、左に卵胞が3つ右に大きな卵胞が出来ているのをエコーで確認しました。 生理が終わった次の日にこの検査を受けに行ったので、医師から「今の時期でこの卵胞の大きさは異常だ」と言われました。 卵胞が大きくなり過ぎると卵巣嚢腫になったり水が溜まったりすると言ってました。 なので、そういった危険性がある薬だと分かったのでもう今回限りで服用はやめようと思いました。 けど、検査の時に医師がこうも言ってました。 「排卵誘発剤の薬や注射を打った人ならよく見る状態なんだけどなぁ」とボソリ。 そうです。 私はこの薬を飲む前に医師に相談していませんでした。 この事を反省し次の検査の時は薬を飲まないで行きたいとおもいました。 もしクリニックに行かないまま個人の判断でこちらを飲む場合、それなりの覚悟と危険性を認知の上で飲むことをおすすめします。 決済が失敗する場合があります。 まれにカード発行会社の規制により、国をまたいだクレジット決済がエラーとなる場合がございます。 クレジット決済ができない場合には、カード発行会社にご連絡いただき、クレジット決済をしたい旨をお伝えいただくことで決済が可能となる場合がございます。 【ご注意ください】 本来、医薬品のクレジット決済はカード規約で禁止されています。 医薬品である旨を伝えてトラブルになったケースもあるようですので、ご連絡される際には「海外の通販サイトを利用したいので制限を解除して欲しい」という旨だけとお伝え下さい。 請求金額が異なる場合があります。 昨今は外貨の変動幅が大きく、元から円へのエクスチェンジ時に為替差益が発生しており、1~2%前後の手数料が掛かっております。 購入金額以外に、この為替差益がお客様の負担となりクレジット会社から請求される可能性がございます。 ご負担頂いた3%分を当サイトでは、次回購入時に利用頂けるポイントとして付与しております。 こちらをご理解の上で、クレジット決済をお願い致します。

次の