ドコモ 50 ギガ 無料。 50、60代以上向けのスマホと料金プランを紹介します!(ドコモ、au、ソフトバンク)

ギガホ

ドコモ 50 ギガ 無料

NTTドコモは、25歳以下かつ対象プランを契約しているユーザー向けに、「スピードモード」と「1GB追加オプション」の利用料金を50GBまで無償化すると発表。 学生らの在宅学習を支援する。 この支援措置の実施期間は4月1日から5月31日まで。 ドコモが25歳以下の通信料を50GBまで無償化、在宅学習支援 新型コロナウイルス感染症 COVID-19 の感染拡大防止を目的に、学生が遠隔授業やオンライン学習などを実施している状況を踏まえ、ドコモは4月3日に「新型コロナウイルス感染症の流行に伴うU25向け支援措置」を発表。 自宅にWi-Fi環境がない人も、データの追加購入による利用料金を気にせず、遠隔授業やオンライン学習を利用できるようにする。 今回の支援措置では、4月1日時点で契約者または利用者の年齢が25歳以下かつ、対象料金プランを契約していて、「スピードモード」「1GB追加オプション」を申し込んだ場合、1GBあたり税別1,000円の利用料金の支払いを50GBまで期間限定で無償化する。 申し込みは不要で、適用条件を満たせば自動適用となる。 対象プランは以下の通り。 5Gギガライト• ギガホ2• ギガホ• ギガライト2• ギガライト• シンプルプラン スマホ• データプラン ルーター• データプラン SIMフリー ただし、対象料金プラン以外に変更したり、契約回線を解約するなど適用条件を満たさなくなった場合、上記の支援措置の適用は終了する。 ドコモではまず、10GBのスピードモードを申し込むことを推奨。 11GB以降は「1GB追加オプション」で1GBずつ購入する必要があるため、オンライン学習の受講前などに追加するよう呼びかけている。 また、51GB以降については1GBあたり税別1,000円がかかるため、追加データ量が50GBを超えていないか、ユーザー自身で通信量を管理する必要があるという。 詳細はを参照のこと。 予めご了承ください。 関連記事•

次の

ギガライト

ドコモ 50 ギガ 無料

記載の料金は2019年10月1日以降にご契約の方が対象です。 「」をご契約の方は割引条件、解約金などが異なります。 音声オプション ご家族以外とも通話するなら、国内通話かけ放題となる「かけ放題オプション」、5分以内の国内通話無料となる「5分通話無料オプション」がお選びになれます。 (税抜) dカードお支払割 dカードお支払割 割引額 -170円 割引適用後の料金 6,980円• ドコモ光セット割 同一「ファミリー割引」グループ内に「ドコモ光」をご契約している回線がある場合、スマホの月額料金から永年最大1,000円(税抜)割引します。 ずっとドコモ特典 毎年もらえる! ドコモを長く、たくさんご利用いただいたお客さまに、dポイントクラブのステージに応じて、誕生月にdポイント(期間・用途限定)を最大3,000pt進呈します。 ずっとドコモ特典 dポイントクラブのステージ 進呈ポイント数 (期間・用途限定) プラチナステージ 3,000pt 4thステージ 2,000pt 3rdステージ 1,500pt 2ndステージ 1,000pt 1stステージ 500pt その他の料金プラン ギガライト データ量を利用した分に応じた料金になるのでムダが少ない! 動画はあまり見ない、メールやSNSのチェックが多い、自宅ではWi-Fiを使っている方などに、おすすめのプランです。 料金シミュレーション 直近3か月間のご利用状況をもとにしたプラン診断や、ケータイのご利用料金とドコモ光を含めた月々のお支払い額のシミュレーションができます。 お申込み窓口 パソコン、スマートフォン、ドコモ ケータイ(spモード)、お電話、ドコモショップにてお申込みになれます。 ご注意事項 「ギガホ」をお申込み前に、必ずお読みください。 おトクなキャンペーン実施中! もうご覧になりましたか?「ギガホ」をご契約の方に、おトクなキャンペーンをご案内します。

次の

学生は50ギガまで無料で追加、新型コロナ対策で携帯3社が在宅学習を支援

ドコモ 50 ギガ 無料

KDDIとソフトバンクは、主要なプランでテザリングが有料だが、これも25歳以下限定で無料にする 50GBの増量になった理由を、KDDIは「ネットワーク状況に鑑み、支援に必要な容量をトータルで検討した」と語る。 ドコモは「遠隔授業やオンライン学習に必要なデータ量を勘案した」としながら、おおよその推計根拠も明かした。 同社によると、1コマ90分の授業で約0. 5GB、週15コマと想定して4週間分で30GBになるという。 ソフトバンクも、「大学の授業のコマ数を1カ月フルで受けたときの容量を考えると、これで十分ではないか」と話す。 オンラインでの遠隔授業にどのようなツールを使うかは学校によって異なるが、動画での授業を想定しているとみていいだろう。 詳細な方法はまだ検討中の学校が多いが、少なくともこの容量であれば、どのようなツールでも対応はできそうだ。 期間は3社で差が出た。 ドコモは5月31日までの約2カ月間、KDDIやソフトバンクは4月30日までの1カ月間となる。 一方で、休校に伴う遠隔授業の終了時期は、まだ確定していない。 学校によっては、ゴールデンウイーク明けからの開始になることもあり、少なくとも4月だけでは本来の支援にはならない可能性が高い。 3社とも「状況を見て、延長するときにはその発表をする」と語っている。 総務省からの要請を受け、取りあえずの期間として1カ月なり2カ月なりを設定したといえる。 ドコモは、3社の中で最も期間が長い一方で、3社とも延長の可能性は示唆している 段階制プランは料金が上がる可能性に要注意、プラン変更もありか 支援策は緊急のため、データ容量の追加を50GBまで無料にするというシンプルな方法を取ったが、あくまでもともと契約しているプランの容量を消費し尽くした後の対応になる点には注意したい。 特に、段階制のプランを契約しているユーザーの場合、支援策の恩恵を受けるには、データ容量を上限まで使わなければならない。 段階制プランの途中で済ませていたユーザーは、追加の支払いが発生する可能性がある。 例えば、ドコモの「ギガライト」で月間のデータ量が3GB未満で済んでいた場合、料金は3980円に収まる。 ところが、支援策としての容量は追加のデータ容量になるため、7GBを超えた段階でしかチャージできない。 そのため、料金は4段階目の5980円に上がってしまう。 合計57GBでこの価格は、通常の料金と比べると十分安いが、1000円足せばキャンペーンで月60GB使える「ギガホ」に移行できる。 KDDIの「ピタットプラン 4G LTE」や、ソフトバンクの「ミニフィットプラン」などでも、状況は同じだ。 段階制プランの場合、いったん最大までデータを使い切った後のチャージになるため、料金が通常の月より上ってしまう恐れもある 通信費に割けるお金が限られている学生が節約しながら使いたいときは、一時的に料金プランの変更を検討してもいいだろう。 例えばauの場合、4G用のプランには月7GBの「auフラットプラン7プラスN」があり、料金は5480円(ただし、6月1日に新規申し込みを終了する)。 ピタットプランで上限に達するより、料金は500円安い。 ドコモの場合、新料金プランで変更するメリットは薄いが、旧料金プラン内のパケットパックを変更して、データ容量を下げる手はある。 ソフトバンクは、サブブランドのY! mobileも支援の対象になった。 2680円の「スマホベーシックプランS」でも50GBのデータチャージは無料になり、合計容量は53GBと10倍以上に増える。 先に挙げたドコモの試算通りであれば、スマホベーシックプランSでも、遠隔授業用には十分かもしれない。 関連記事• 新型コロナウイルスの感染抑止の目的から、総務省が大手キャリアやMVNOが加盟している業界団体に対して、若年層の通信容量制限について配慮する旨の要請を行った。 これを受けて、一部キャリアでは対応を行っている。 【追記】• 関東地方の4都県に加えて、九州地方の3県でもドコモショップの時短営業が行われることになった。 時短営業を行う日時は、県や都市によって異なる。 3月30日に、ソフトバンク販売代理店のスタッフ1人が、新型コロナウイルスに感染していたことが判明した。 当該スタッフが過去2週間に勤務したのは大阪府の3店舗で、現在は休業している。 新型コロナウイルスの感染者が出たことで、運営を停止していたNTTドコモのコールセンターが、近日中に再開する。 当該コールセンターでは10人が感染していた。 職場内が主な感染スポットではなかったことから、準備が整い次第、運営を再開する。 3月25日にドコモが、翌26日にはauが、さらに27日にはソフトバンクが商用サービスを開始し、大手3キャリアの5Gがついに出そろった。 ネットワークの構築の仕方や端末ラインアップ、料金設計には方向性の違いもある。 それぞれの戦略を見ていこう。

次の