ビジネス メール 挨拶。 【例文】初めての相手・取引先に好印象!ビジネスメールの挨拶文の書き方

退職の挨拶への返信文例集|ビジネスメールの書き方【テンプレート】

ビジネス メール 挨拶

ビジネスメール「挨拶」の書き方の基本 まずはじめにメールの挨拶の書き方の基本を紹介します。 3つをセットで書くことを覚えておきましょう。 株式会社〇〇営業部の田中〇〇です。 いつもお世話になっております。 「いつもお世話になっております」が一般的な言葉 ビジネスメールでよく使われる挨拶の定型文は「いつもお世話になっております」「いつも大変お世話になっております」です。 儀礼を目的としたメールでは「貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」といった、手紙で用いる慣用的な表現を使うこともあります。 その他には次のような表現があります。 日ごろはお世話になり、厚くお礼申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。 平素は格別のご愛顧を賜り、ありがとうございます。 先日はお世話になり、心よりお礼申し上げます。 いつもご心配をいただき、深く感謝しております。 「季節の挨拶」でコミュニケーションを深める 「毎日暑い日が続きますが、お元気でお過ごしのことと存じます」「いよいよ年の瀬を迎え、ご繁忙のことと拝察いたします」など、ビジネスメールであっても季節感を盛り込んだ挨拶文を入れるとコミュニケーションが深まります。 相手との関係性やメールの内容に応じて取り入れるとよいでしょう。 ただし、お詫びのメールなどは時候の挨拶を入れずにすぐに本文に入るのが基本です。 締めくくりに「結びの挨拶」を書く メールの最後には、「結びの挨拶」を書いて締めくくります。 一般的な言葉は「よろしくお願いいたします」です。 他には次のような結びの挨拶があります。 どうぞよろしくお願いいたします。 何とぞよろしくお願い申し上げます。 それではご検討のほど、よろしくおねがいいたします。 以上、ご報告いたします。 〇〇の詳細につきましては別途ご連絡いたします。 まずはお知らせまで。 とり急ぎメールにてご連絡いたします。 今後につなげる結びの挨拶は次のような慣用句があります。 引き続きお引き立てを賜りますようお願いいたします。 今後ともご指導くださいますようお願い申し上げます。 これからも変わらぬお力添えをくださいますようお願いいたします。 状況別の挨拶の例文 次に状況に応じた挨拶の例文を紹介します。 新年の挨拶 新年を迎えて初めてのメールでは年始の挨拶を兼ねて挨拶文を書くのがよいでしょう。 新年あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 謹んで新春のお慶びを申し上げます。 旧年中は大変お世話になりまして、ありがとうございました。 年末の挨拶 年末に送るメールには今年一年お世話になった一言を添えるとよいでしょう。 今年もあとわずかとなりましたが、本年も大変お世話になりました。 心よりお礼申し上げます。 いよいよ年の瀬も迫ってまいりました。 今年一年ご指導、ご協力をいただきまして、誠にありがとうございました。 夏の挨拶 夏の挨拶として、暑い毎日をねぎらう表現を一言入れてみましょう。 酷暑が続いておりますが、お元気でお過ごしのことと存じます。 残暑厳しき折、お変わりなくお過ごしでしょうか。 今年の夏はひときわ暑いようですが、〇〇様にはご健勝のことと存じます。 久しぶりの相手への挨拶 久しぶりにメールをする相手への挨拶は次のような表現があります。 〇〇様におかれましてはその後お変わりございませんか。 ご一同様にはその後お元気でお過ごしでしょうか。 その後いかがお過ごしですか。 次のようなご無沙汰を詫びる挨拶を添えることもできます。 久しくご無沙汰いたしまして申し訳ございません。 長らくご無沙汰いたしまして恐縮に存じます。 初めての相手への挨拶 初めての相手には挨拶とともに社名・氏名と自己紹介を述べます。 次のような挨拶が一般的です。 初めてメールを差し上げる失礼をお許しください。 初めてご連絡いたします。 はじめまして。 返信メールの挨拶 メールを返信する時の挨拶は次のような表現があります。 このたびはお問い合わせをいただき、まことにありがとうございます。 ご連絡をいただきありがとうございます。 お忙しい中、さっそくご回答をいただき、ありがとうございます。 新年や年末に送る「挨拶メール」の例文 新年や年末に送る「挨拶メール」の例文を紹介します。 「新年の挨拶メール」例文 株式会社〇〇 〇〇様 新春のお慶びを申し上げます。 旧年中はひとかたならぬお世話になりまして、誠にありがとうございました。 本年も御社のご発展に寄与できますよう、業務に精励いたす所存でございます。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 「年末の挨拶メール」例文 株式会社〇〇 〇〇様 いつも大変お世話になっております。 いよいよ年の瀬も迫り、お忙しい日々をお過ごしのことと存じます。 お陰様で… 来る年も変わらぬご厚誼を賜りますよう、よろしくお願いいたします。 向寒の折から、お体を大切に、よいお年を迎えられますようお祈りいたしております。 「異動の挨拶メール」例文 株式会社〇〇 〇〇様 いつも大変お世話になっております。 さて、私こと、去る〇月〇日の人事異動により〇〇部へ異動することとなりましたので、ご連絡申し上げます。 とり急ぎメールにてご挨拶申し上げます。 追記:後任の担当者とご挨拶に伺わせていただきます。 追ってご連絡申し上げます。 まとめ ビジネスメールの挨拶の言葉は、状況に応じて使い分けられるよう、日ごろからストックを増やしておきましょう。 定型的な慣用句だけを羅列してしまうと、事務的な印象になってしまいます。 また、「お世話になっております」などの挨拶文をメールの件名にするのは好ましくありません。

次の

ビジネスの挨拶メールの基本|初めての挨拶・締め文の例文付き

ビジネス メール 挨拶

理由がきちんと説明されていないと、取引先や顧客に不信感を与えてしまいます。 転勤や人事異動、退職など、担当者変更にはいずれかの理由があるはずです。 端的にメールに記載することが大切です。 ただし、「~という理由で退職する運びとなりました」「~という事があったため異動となりました」など、退職・異動の理由までは記載する必要はありません。 担当が変更となる理由のみ説明しましょう。 前任者が顧客に対して挨拶をしないまま担当変更する行為は、相手に非常に失礼です。 退職や人事異動に伴い、様々な引き継ぎ事項が出てきます。 それに手を取られてしまうことも多いでしょう。 しかしどんなに忙しくても、これまでお世話になってきた方への挨拶は忘れてはいけません。 もし前任者が挨拶をしそこねてしまった場合、今後の業務や後任者に支障をきたす可能性があります。 相手方に失礼のないよう、きちんと挨拶するように心がけましょう。 これは企業や顧客に最も伝えなくてはいけない事項です。 担当変更の日時がわからないと、担当変更後も業務上の連絡が前任者に届いてしまう可能性があります。 そうなると対応が遅れたりミスの原因になりかねません。 また後任者が誰であるのかという記載がない場合、誰に連絡をしてよいのかわからず業務が滞る、という事態になるかもしれません。 後任者から挨拶のメールが来たとしても、スムーズに受け入れることができなくなることもあります。 相手側の負担をなるべく減らすためにも、変更日時と後任者の名前は明記するようにしましょう。 ビジネスの場では多くのメールのやり取りが行なわれます。 多い人は1日100件以上のメールに目を通さなくてはいけません。 そういった中で大半の人は、件名によってメールの優先順位を定めています。 もし、「はじめまして」や「〇〇です」などの件名にしてしまうと、メールの内容が伝わらずメールの優先度は低くなってしまうでしょう。 最悪の場合、スパムメールとみなされてしまうかもしれません。 そうならないために、メールの件名には会社名や用件を書き、メールの内容が相手にしっかり伝わるようにしましょう。 前任の担当者の名前や担当変更の理由などをしっかりと記載しましょう。 近日中にご挨拶に参上させますので、そのときはよろしくお願いいたします。 後任者の氏名や担当変更日時などを記載することを忘れないようにしましょう。 業務に支障がないよう万全の状態で引き継ぎをいたします。 今後とも、よろしくお願いいたします。 前任となる担当者がどこの支店へ行くのか、というところまで記載しておくと、万が一問題があったときにも連絡することができるので、相手側の企業も安心するでしょう。 近い内に2名を挨拶に向かわせますので、どうぞよろしくお願いいたします。 自分の名前や担当していた業務内容などを明記し、相手の企業側に伝わるメール内容にしましょう。 株式会社〇〇 〇〇様 いつもお世話になっております。 本日は担当者変更についてお知らせ致します。 この度人事異動に伴い、 〇月〇日より弊社の営業部〇〇(後任者の名前)が貴社の担当をさせて頂くことになりました。 在任中、〇〇様には大変お世話になり、本当に感謝しております。 〇〇(後任者の名前)は入社17年のベテラン社員で、長らく営業業務に携わってまいりました。 今後も変わらぬご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 また、後日改めまして、〇〇(後任者の名前)と共にご挨拶に伺わせて頂く所存ではございますが、取り急ぎメールにてご報告させて頂きました。 上記につきまして、何卒よろしくお願い致します。 前任者の名前や引き継いだ業務を端的に伝えましょう。 先日まで人事部に所属しており、営業経験が乏しいのですが、貴社のお力となれるよう精一杯努力して参ります。 顧客への担当変更メールでは、まず日頃自社の商品を使用してもらっている感謝を述べる必要があります。 冒頭にサービス利用への御礼を述べるようにしましょう。 「株式会社〇〇でございます。 弊社のサービスをご利用くださいまして、ありがとうございます。 このたび、お客様が使用している〇〇サービスの担当者が変更となりました。 担当者変更に伴い、商品やサービスへの意見や質問をどこに尋ねればよいのかわからない…という顧客が出てしまう可能性があります。 そうならないために、前もって後任者の連絡先などを記載しておくことも大切です。 後任者が顧客へビジネスメールを送る際は、「今後自分がどのように業務を行なっていくのか」といった意気込み・展望などを述べることが大切です。 株式会社〇〇 〇〇様 平素より大変お世話になりまして厚く御礼申し上げます。 不慣れな部分も多々あり、ご迷惑をおかけすることもあるかと存じますが、 いち早く貴社のお役に立てるよう努めますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。 後日改めまして、ご挨拶させて頂く所存ではおりますが、 まずは取り急ぎ書面にて挨拶とご連絡をさせて頂きました。 上記につきまして、何卒よろしくお願い申し上げます。 文章の中で、今後挨拶に伺うという旨を伝えましょう。 担当変更が決まった場合、まずメールで連絡をすることが多いとは思いますが、メールのみで終わらせてしまうのは失礼です。 前任者と後任者の2人で挨拶に向かうことが礼儀です。 〇〇様には大変なご愛顧を賜り、ありがとうございました。 近日中にご挨拶に参上させていただきたいと思っております。 担当変更の連絡は、本来ならば書面にて行うものです。 ですのでメールを送る際には、メールでの連絡となったことをお詫びする文を加えたほうが良いでしょう。 「大変お世話になっております。 メールでのご連絡となったことをお詫びいたします。 退職が理由となる場合、退職理由や今後何をするのかなどは記載する必要はありません。 また、自分が在職していた会社の悪評などを書くこともNGです。 相手に不安を与えないような挨拶を心がけましょう。 今まで余りあるご芳情を頂き、ありがとうございました。 部署は変わるが在職する会社は同じ、ということはよくありますよね。 そういった時には、部署は離れるが同じ社内にいるということや、今後もお世話になるといった旨の挨拶文も記載すると良いでしょう。 部署は移動となりますが、同じ社内にて勤務しておりますので、 またお目にかかることがあるかと思います。 今後とも変わらぬご指導のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 取り急ぎ、メールにて失礼いたします。 この時、転勤先の支店名なども記載しておくと丁寧な印象を与えることが出来ます。 また、いつから転勤となるのかといった詳しい日付も記載しておきましょう。 今まで貴社との業務の中で得た経験を活かし、精励して参ります。 担当者が変わることで今までの業務に支障が出るのではないか…と、不安に思う企業や顧客もいるでしょう。 そんな不信感を与えてしまわないよう、安心感のある文章を心がけましょう。 異動となる理由や転勤先などの記載によって、相手の不信感は拭うことができます。 また、「引き継ぎはきちんと行なったので変わらず業務を続けられる」という内容を送ることで、相手も安心して業務を続行できるでしょう。 「このたび、人事異動によって営業部から総務部に異動する運びとなりました。 つきましては、業務の後任を〇〇に引き継ぐこととなりました。 急なお知らせで申し訳ございません。 〇〇には業務上の引き継ぎを徹底して参ります。 今までお世話になってきた方々にきちんと感謝を述べることで、会社の印象も良くなることでしょう。 また、今後も仕事上の関係を続けていくという旨の文章を記載するのも重要です。 「〇〇様、および貴社には大変お世話になりました。 誠にありがとうございました。 〇〇様からご指導頂いたことを活かし、これからも精進して参る所存です。 前任者がメールを送れなかった場合などは、後任者から理由を説明する必要があります。 相手側からすると、担当者が変わるという事は不安要素です。 その不安を解消するため、通常よりも丁寧な自己紹介を心がけましょう。 別の店舗でではありますが、営業経験もございます。 メールだけで挨拶を済ませるのはビジネス上ではマナー違反です。 きちんと直接相手の企業に出向き、挨拶するようにしましょう。 本来であれば直接伺うべきところですが、まずは取り急ぎメールにて失礼いたします。 変更の日時がわからないと、相手側の対応が遅れたり、迷惑をかけてしまう原因にもなります。 突然のご連絡となり、ご迷惑をおかけいたします。 業務の引き継ぎがしっかりと行なわれていることなどを明記し、相手の不信感を解消するようにしましょう。 「貴社と連携させていただいている内容に関しましては、前任者である〇〇から引き継ぎを終えております。 これまで以上に貴社のお役に立てるよう務めて参ります。 異動する連絡をもらったことや今までの御礼を述べるようにしましょう。 「日頃から大変お世話になっております。 この度はお忙しい中異動の連絡を賜り、ありがとうございました。 業務がうまく回っておりましたのは、全て〇〇様(異動する前任者)のおかげです。 メールには、先方の退職を惜しむような言葉やお世話になったエピソードなどを添えた御礼などを記載しましょう。 「退職のご挨拶を頂いたこと、御礼申し上げます。 これから共にお仕事ができなくなるのは残念ですが、身体に気をつけてお過ごしください」 また、こちらに退職メールへの返信例文についての詳しい記事を載せておきます。 詳しく知りたい方は是非こちらの記事を参考にしてください。 懐妊のお祝い文や、相手の体調を気遣うような文章を心がけてください。 「お身体が辛いこの時期にご連絡を賜り、ありがとうございます。 この度はご懐妊、誠におめでとうございます。 寒さが厳しくなって参りますが、お体には十分お気をつけください。 」 担当変更のメールでは、必要事項をしっかり伝えましょう! 担当変更のメールを送る際は、担当変更の理由や変更日時、後任者の名前など、記載するべき事項がたくさんあります。 記載漏れのないよう、今までご紹介してきたポイントを参考にしながらメールを作成してみてください!.

次の

突然のメールでは挨拶を忘れずに!メールの始め方とビジネス例文 [SOHOで働く] All About

ビジネス メール 挨拶

時候の挨拶を6月の上旬から紹介• 初夏の挨拶や梅雨の挨拶• 梅雨明け後の挨拶 6月上旬ごろ〜6月中旬ごろの梅雨の挨拶 6月の風物詩といえば、「 梅雨」。 雨がダラダラと降り続き、気分も滅入っている人も多くいらっしゃるでしょう。 時候の挨拶には、はじめに共感を持ってもらい、その後の要件をスムーズに読み勧めてもらう効果があります。 まずは、6月上旬〜中旬頃の読む人が共感できる時候の挨拶を紹介していきます。 入梅・梅雨入り後の挨拶 入梅は「にゅうばい・ついり・いりうめ」と読みます。 暦の上では、入梅とは6月11日頃を指します。 御存知の通り、日本では場所によって梅雨入りの時期が変わってしまいます。 もし、相手が梅雨入りしていないのに、時候の挨拶が「梅雨入りをしてジメジメした天気が続いていますね」と相手も梅雨入りしている前提で書くと、相手からは共感を得られなくなります。 時候の挨拶を書く際は、 相手も梅雨入りしているのかを考えてから書くことにしましょう。 初夏の候、街行く人々の半そで姿が目に鮮やかです。 吹く風もどことなく夏めいてまいりました。 夏の装いとなり、街は一段と明るさを増したようです。 初夏のやわらかな日ざしが若葉に降りそそぐ頃となりました。 空梅雨(からつゆ)の挨拶 空梅雨(からつゆ)とは、梅雨の時期に降雨が少ないことを指し、 照り梅雨ともいわれます。 梅雨の時期はジメジメしているので、好きではない、降雨が少ない空梅雨のほうが嬉しい方も多いでしょう。 しかし、空梅雨になるのはいいことだけではありません。 いつもなら降るはずの雨が降らないので、水不足を引き起こしていることも。 相手が農家だと、水不足で作物がうまく育たないという問題を抱えている可能性もあるのです。 相手の職業や興味をなるべく考慮に入れて、時候の挨拶を書くようにしましょう。 どんな天気を「いい」とするかは人それぞれなので「空梅雨で天気のいい日が続いています」のような時候の挨拶は控えるほうがベターです。 薄暑の候、空梅雨を思わせる天気となっております。 空梅雨で、あちらこちらで水不足の声が気がかりです。 空梅雨のため晴れた空が続いておりますが、お変わりありませんでしょうか。 今年は空梅雨ぎみで暑い日々が続いておりますが、皆様におかれましてはいっそうご活躍のことと存じます。 主観的な表現をなるべく避け、例のように、事実だけを書くと、共感を得られるいい時候の挨拶になりますよ。 6月下旬ごろ〜7月上旬ごろの梅雨の挨拶 6月初旬〜中旬の挨拶を紹介してきました。 次に、梅雨がようやく開けようとする6月下旬〜7月上旬ごろ、梅雨明けや夏到来を感じさせる時期の挨拶を紹介していきます。 梅雨明けごろの挨拶 6月下旬ごろになるとようやく梅雨が収まってきます。 梅雨が収まってきたころには、 梅雨明け後のワクワクした生活を想像させるような時候の挨拶を書くことをおすすめします。 山や海のことや木々の変化などについて書くと、季節感がいっそう伝わっていいのではないでしょうか。

次の