お客様 が 所有 する アカウント で ある こと を 確認 できません で した。 【解決方法】本人確認ができませんでした。現在このアカウントにログインできません。と出た時

microsoftアカウントのパスワードがリセットできない。

お客様 が 所有 する アカウント で ある こと を 確認 できません で した

サービス利用の際、企業ID、ユーザーID、パスワードはログインに使用します。 本サービスの利用に際しては、本規約の全文をお読みいただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。 第1条 適用 本規約は、本サービスの提供条件及び本サービスの利用に関する当社とお客様との間の権利義務関係を定めることを目的とし、当社とお客様との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。 2.本規約の内容と本規約外における本サービスの説明等とが異なる場合は、本規約の規定が優先して適用されるものとします。 第2条 定義 本規約において使用する以下の用語は、各々以下に定める意味を有するものとします。 1 サービス利用契約とは、本規約及び当社とお客様の間で締結する、本サービスの利用契約をいいます。 2 本サービスとは、当社が提供する「チーム手帳」という名称のサービス(理由の如何を問わず、サービスの名称又は内容が変更された場合は、当該変更後のサービスを含みます。 )をいいます。 本サービスは、感謝や賞賛の声を伝え、コミュニケーションを可視化し、組織の意欲を高めるためのサービスです。 3 本ウェブサイトとは、そのドメインがteamtecho. comである、当社が運営するウェブサイト(理由の如何を問わず、当社のウェブサイトのドメイン又は内容が変更された場合は、当該変更後のウェブサイトを含みます。 )をいいます。 4 当社とは、株式会社ドリームネッツをいいます。 5 販売窓口とは、リコージャパン株式会社をいいます。 6 お客様とは、第4条(本サービスの契約成立)に基づいて本サービスの利用者としての登録がなされた法人をいいます。 7 アカウントとは、本サービスのユーザーに対して利用登録時に発行する、本サービスを利用するための利用資格をいいます。 8 ユーザーIDとは、ユーザーを識別するために用いられる符号をいいます。 9 パスワードとは、 ユーザーIDと組み合わせて、ユーザーを識別するために用いられる符号をいいます。 10 知的財産権とは、著作権、特許権、実用新案権、意匠権、商標権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。 )をいいます。 11 投稿データとは、お客様が本サービスを利用して投稿その他送信するコンテンツ(文章、画像、動画その他データを含みますが、これらに限りません。 )をいいます。 第3条 本サービスの申込方法 本サービスの申込は、所定のサービス注文書兼利用申込書(以下、「利用申込書」という)を本サービスの販売窓口(以下、「販売窓口」という)に提出する方法です。 但し、所定のウェブサイトから申込受付する場合、お客様は所定のウェブサイトの申込フォームに必要項目を登録、送信し、当社がお客様に申込受付した旨をメールにて通知後、お客様は販売窓口がご案内する手続きを行います。 第4条 本サービス利用契約の成立 当社は、前条に定める方法にて申し込みを受け付け、必要な審査・書面による申し込み手続等を経た後に、本サービスの利用を承諾する場合は、お客様に対しサービス利用開始の旨を通知することでサービス利用契約が成立します。 2.前項に定める本サービスの利用契約が成立するまでの契約手続期間中、お客様にアプリ提供を行う場合、書面による申し込み手続きが完了しなければ、アプリ提供を停止します。 3.当社は、お客様について次の各号に掲げるいずれかの事由があるときは、本サービスの申し込みに対して利用の承諾を行わないことがあります。 1 本規約に違背して本サービスを利用することが明らかに予想される場合• 2 当社に提供された登録情報の全部又は一部につき虚偽、誤記又は記載漏れがあった場合• 3 過去に本規約の違反を行い、本サービスの利用を取り消された企業である場合• 4 反社会的勢力等(暴力団、暴力団員、右翼団体、反社会的勢力、その他これに準ずる者をいいます。 )である、又は資金提供その他を通じて反社会的勢力等の維持、運営もしくは経営に協力もしくは関与する等反社会的勢力等との何らかの交流もしくは関与を行っていると当社が判断した場合• 5 その他当社が不適切と判断した場合 4.お客様は、当社への届出内容に変更があった場合、速やかに当社所定の方法で変更の届出を行うものとします。 届出を行わなかったことによりお客様が不利益を被った場合、当社は一切その責任を負わないものとします。 第5条 アカウントの管理 お客様は、自己の責任において、本サービスにかかるアカウント(ユーザーID及びパスワードを含む)を管理及び保管するものとし、これを第三者に利用、貸与、譲渡、名義変更、売買等をしてはならないものとします。 また、お客様は、ユーザーにもかかる行為をさせないよう義務付けるものとし、ユーザーの違反行為の責任はお客様が負うものとします。 2.お客様は、アカウントが盗まれ、又は第三者に使用されていることが判明した場合には、直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。 3.アカウントの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によって生じた損害に関する責任はお客様が負うものとし、当社は一切の責任を負いません。 第6条 利用料金と支払方法 当社の提供する本サービスの料金については予めその額を定め、へ掲載します。 次の各号に掲げる利用料金は、当社が指定する方法にて支払うものとします。 尚、(2)月額費用は、第4条1項に定めるサービス利用開始した翌月より課金を開始します。 1 初期費用• 2 月額費用 2.当社は、法制度の改正、経済情勢の変動により、前項に定めた料金の額を変更することがあります。 第7条 禁止行為 お客様は、本サービスの利用にあたり、以下の各号のいずれかに該当する行為をしてはなりません。 尚、お客様はユーザーが以下の行為を行わないよう適切に管理するものとします。 1 知的財産権を侵害する行為• 2 名誉毀損行為、侮辱行為や他者の業務妨害となる行為• 3 他人のプライバシーを侵害する行為や個人情報保護法に抵触する行為• 4 不正アクセスをするなど不正アクセス禁止法に抵触する行為• 5 犯罪に関わる行為あるいは法令に違反する行為• 6 公序良俗に反する行為、あるいは社会的に不適切な行動と解される行為• 7 本サービスを管理するサーバーなどに過負荷を与える一定のデータ容量以上のデータを送信する行為など、サーバーまたはネットワークの機能を破壊したり妨害したりする行為• 8 コンピュータ・ウィルスその他の有害なコンピュータ・プログラムを含む情報を送信する行為• 9 本サービスの運営を妨害するおそれのある行為• 10 その他、当社が不適切と判断する行為 2.当社は、お客様が禁止行為を行っているときは、直ちに無催告で本サービスの利用停止できるものとします。 第8条 本サービスの利用停止等 当社は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、お客様に事前に通知することなく一時的に本サービスを中断する場合があります。 1 本サービス用設備等の保守を緊急に行う場合• 2 火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合• 3 地震、噴火、洪水、津波等の天災地変により本サービスの提供ができなくなった場合• 4 戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスの提供ができなくなった場合• 5 電気通信事業者の都合により、本サービス用通信回線の使用が不能な場合• 6 その他、運用上又は技術上当社が本サービスの一時的な中断が必要と判断した場合 2.当社は、事前通知をした上で本サービスの全部又は一部の提供を中止することがあります。 ただし、緊急やむを得ない場合は事前通知をせず中止することがあります。 第9条 権利帰属 当社ウェブサイト及び本サービスに関する所有権及び知的財産権は全て当社又は当社にライセンスを許諾している者に帰属しており、本規約に定める登録に基づく本サービスの利用許諾は、本規約において明示されているものを除き、当社ウェブサイト又は本サービスに関する当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権の譲渡又は使用許諾を意味するものではありません。 2.お客様は、投稿データが第三者の知的財産権その他一切の権利を侵害するものではないことを保証するものとします。利用者が投稿したコンテンツが、第三者の著作権その他何らかの権利を侵害する場合、当社は当該侵害に基づく損失および損害につき一切責任を負わないものとします。 3.お客様が送信(発信)したものならびに予めお客様より支給された固有デザイン、ロゴ、写真、名称の範囲、付随する意匠デザインの著作権を除き、サービスに含まれているコンテンツ、個々の情報(データ)及び情報(データ)の集合体に関する所有権及び知的財産権は当社又は当社に使用許諾している者に帰属しています。 4.当社ウェブサイト又は本サービスにおいて、お客様(ユーザーを含む。 )が投稿データについては、当社において、サービス向上の目的で無償利用(複製、複写、改変等を含みます。 )することができるものとします。 尚、お客様又はユーザーの承諾なく公開することはありません。 5.お客様は、いかなる理由によっても当社又は当社にライセンスを許諾している者の知的財産権を侵害するおそれのある行為(逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリングを含みますが、これに限定されません。 )をしないものとします。 第10条 お客様からの利用解約と最低利用期間 お客様が本サービスを解約する場合は、当社所定の届出方法に従い、解約希望月の前月末日までに販売窓口へ解約申込書を提出することにより、本サービスの利用契約が解約できるものとします。 解約日は、当社に解約申込書が到達した日の翌月末とします。 2.原則、第4条1項に定めるサービス開始月より6ヶ月間を最低利用期間とし、利用解約はできないものとします。 第11条 当社からの利用解約 当社は、次の場合、本サービスの利用解約を行うことがあります。 1 当社が指定する期日までに本サービスの利用料金の入金が確認できなかった場合• 2 本規約等に違反し当社がかかる違反の是正を催告した後、合理的な期間内に是正されない場合• 3 支払停止もしくは支払不能となり、又は破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算開始もしくはこれらに類する手続の開始の申立てがあった場合 2.前項の規定に基づき、当社が利用解約する場合、直ちにお客様の利用を停止し、お客様に通知後、当社はお客様のアカウントを削除できるものとし、お客様に対する損害賠償請求権を失わないものとします。 第12条 保証の否認と免責 当社は、本サービスがお客様の特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、お客様による本サービスの利用がお客様に適用のある法令又は業界団体の内部規則等に適合すること、及び不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。 2.当社は、当社による本サービスの提供の中断、停止、終了、利用不能又は変更、お客様が投稿データの削除又は消失、お客様の登録の抹消、本サービスの利用による登録データの消失又は機器の故障もしくは損傷、その他本サービスに関して、お客様が被った損害につき、賠償する責任を一切負わないものとします。 3.本サービス又は当社ウェブサイトに関連してお客様が第三者との間において生じた取引、連絡、紛争等については、当社は一切責任を負いません。 第13条 秘密保持義務 お客様及び当社は、相手方の書面による承諾なくして、本規約に関連して相手方から開示された相手方固有の技術上、販売上その他業務上の秘密を、本サービス期間中はもとより、本サービス終了後も第三者に対しては開示、漏洩しないものとします。 2.前項にかかわらず、お客様及び当社は、裁判所の決定、行政機関等の命令・指示等により秘密情報の開示を要求された場合又は法令等に定める場合は、必要な範囲内と認められる部分のみを開示することが出来るものとします。 3.第1項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する情報は秘密情報から除外するものとします。 1 開示の時点で既に公知のもの、又は開示後情報を受領した当事者の責によらずして公知となったもの• 2 開示を行った時点で既に相手方が保有しているもの• 3 第三者から秘密保持義務を負うことなく正当に入手したもの• 4 相手方からの開示以降に開発されたもので、相手方からの情報によらないもの 第14条 利用者情報の取り扱い 当社によるお客様の利用者情報の取扱いについては、別途当社 の定めによるものとし、お客様はこのプライバシーポリシーに従って当社がお客様の利用者情報を取扱うことについて同意するものとします。 2.当社は、取得した個人情報を元に個人を特定できないよう加工した匿名化データ又は統計的なデータとして、当社の裁量で、利用することができるものとします。 ( をご確認ください) 第15条 反社会的勢力の排除 当社及びお客様は、相手方に対して、お客様が本規約に同意した日及び将来にわたって、自己又は自己の役職員が次の各号に掲げる者(本規約において、「反社会的勢力」という。 )でないことを表明し、保証します。 1 暴力団、暴力団の構成員(準構成員を含む。 )又は暴力団の構成員でなくなった日から5年を経過しない者• 2 暴力団関係企業• 3 総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロ、特殊知能暴力集団又はこれらの団体の構成員• 4 前各号に準じるもの 2.当社及びお客様は、次の各号のいずれかに該当する行為若しくは該当するおそれのある行為を行わず、又は第三者をして行わせしめないことを相手方に対して表明し、保証します。 1 暴力的な要求行為• 2 法的な責任を超えた不当な要求行為• 3 取引に関して、脅迫的な言動を行い、又は暴力を用いる行為• 4 風説の流布、偽計若しくは威力を用いて信用を毀損し、又は業務を妨害する行為• 5 前各号に準じる行為 3.当社及びお客様は、相手方が前2項に定める表明保証に反した場合は、将来に向かって直ちに本サービスの解除を行うことができます。 4.当社又はお客様が本条に定める解除を行ったときは、本サービスは、その解除の通知を相手方に発信した日をもって終了します。 5.当社及びお客様は、本条に定める解除を行った場合であっても、相手方に対する損害賠償請求権を失わないものとします。 なお、解除された当事者は、解除した当事者に対して損害賠償を請求することはできません。 第16条 本規約等の変更 当社は、本規約の一部又は全部をいつでも変更することができるものとし、その変更の効力は、本サイトへその旨の内容を掲載する方法により、お客様に対してこれを通知した時点より生じるものとします。 第17条 連絡/通知 本サービスに関する問い合わせその他お客様から当社に対する連絡又は通知及び本規約の変更に関する通知その他当社からお客様に対する連絡又は通知は、当社の定める方法で行うものとします。 第18条 サービス利用契約上の地位の譲渡等 お客様は、当社の書面による事前の承諾なく、利用契約上の地位又は本規約に基づく権利若しくは義務につき、第三者に対し、譲渡、移転、担保設定、その他の処分をすることはできません。 2.当社は本サービスにかかる事業を第三者に譲渡(事業譲渡、会社分割その他態様の如何を問わないものとします。 )した場合には、当該譲渡に伴い利用契約上の地位、本規約に基づく権利及び義務並びにお客様の登録情報その他の顧客情報を当該譲渡の譲受人に譲渡することができるものとし、お客様は、かかる譲渡につき本項において予め同意したものとします。 なお、本項に定める事業譲渡には、通常の事業譲渡のみならず、会社分割その他事業が移転するあらゆる場合を含むものとします。 第19条 分離可能性 本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有し、当社及びお客様は、当該無効若しくは執行不能の条項又は部分を適法とし、執行力を持たせるために必要な範囲で修正し、当該無効若しくは執行不能な条項又は部分の趣旨並びに法律的及び経済的に同等の効果を確保できるように努めるものとします。 第20条 全般 本規約の準拠法は日本法とします。 2.当社及びお客様は、本規約に定めのない事項又は本規約の解釈に疑義が生じた場合には、互いに信義誠実の原則に従って協議の上速やかに解決を図るものとします。 3.本サービス又は本規約に関し、訴訟の必要が生じた場合、当社の本店所在地を管轄する地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。 2019年3月19日制定 参照先URL• 本サービスのウェブサイト• プライバシーポリシー• 匿名加工情報の取扱いについて.

次の

microsoftアカウントのパスワードがリセットできない。

お客様 が 所有 する アカウント で ある こと を 確認 できません で した

はじめに Microsoft社の提供するクラウドサービスを利用する場合に、Microsoftアカウントや組織アカウント 「職場または学校アカウント」 が必要なことが多いですね。 最近はを利用されている企業も多いことから、自社に導入していなくても、取引先の企業とや、ことになっているといったコラボレーションツールの利用のために、Microsoftアカウントを作成するケースもありそうです。 ただ、この2つのアカウントは、知らないと扱いが難しい点があります。 今回ご説明したいのは、以下の2点です。 同じメールアドレスのMicrosoftアカウント、組織アカウントが個別に存在しうること• 新規にMicrosoftアカウントが作成できないケースがあること まず、それぞれのアカウントの基礎的な事項について整理し、次に前記の注意点をご紹介します。 Microsoftアカウントとは や など、 Microsoft社の提供するコンシューマー向けサービスの認証に利用されるアカウントです。 これらのサービスを最初に利用する際に作成するケースが多いと思います。 また、Windows10では、OSのアカウントをMicrosoftアカウントにすることもできます。 これにより、前記コンシューマー向けサービスとの連携がスムーズになったり、複数のデバイス間でアプリケーションや壁紙などの設定を同期させることができます。 さらに、Microsoft Office 2013以降では、アプリケーションの利用にMicrosoftアカウントが必須になりました。 そのため、このバージョン以降のMicrosoft Officeを利用している場合には、Microsoftアカウントを作成されているものと思われます。 Microsoftアカウントの最大の特徴は「 ユーザーが自分で作成したアカウント」という点です。 つまり、所属する企業や大学などで一斉に配布されるアカウントではなく、前記のようなサービスを利用するために、ユーザーが自らアカウントを作成する点が特徴です。 そのためパーソナル用途が想定され「個人アカウント」と呼ばれることもあります。 または、歴史的経緯から「live. comアカウント」とか「Windows Live ID」、「Passportアカウント」とか呼ばれているかもしれません。 Microsoftアカウントの作成方法には、次の2つがあります。 などMicrosoftが提供するメールサービスにサインアップする• ユーザーが利用しているメールアドレスを利用してでサインアップする• の場合、Microsoftアカウントのユーザー名は outlook. com、 outlook. jp、 hotmail. com など、特定のドメインのメールアドレスになります。 の場合、Gmailや企業で利用しているメールアドレスなど、既存のメールアドレスがMicrosoftアカウントのユーザー名になります。 この点が後でご説明する問題に関係してきます。 [職場または学校アカウント]とは 「組織アカウント」と呼ばれることもあります。 このアカウントを利用するケースで一番多いのは、所属する企業や学校が、 、などを導入しており、そこに入社・入学するタイミングで割り当てられるメールアドレスで、組織のサービス Office365やIntune、Azureなど を利用する場合の認証に利用されるかと思われます。 そのため、アカウントは職場または学校のドメインのメールアドレスになります。 Microsoftアカウントとは異なり「 個々のユーザーはアカウントを作成していない」 各組織の管理者がアカウントを作成する 点が最大の特徴です。 このアカウントの実体はという点もポイントです。 つまり、組織アカウントを作るための最小要件は、IT管理者がAuzre Active DirectoryでAzure ADテナントを作ることです。 前記、Office 365などの各種サービスの各テナントは、サービスの利用開始時に自動的にAzure ADテナントになります。 では、インストール時でもインストール後でも、特定のAzure Active Directoryと関連づけることで、職場または学校アカウントでサインインすることができるようになっています。 また、Office365で利用できる場合は、Microsoft Office製品を職場または学校アカウントで利用することが可能で、この場合は作成したドキュメントがデフォルトでに保存されます。 同じメールアドレスで両方のアカウント? Microsoftアカウントの作成方法として、任意のメールアドレスが利用できるとご説明しました。 ということは、職場または学校アカウントとして利用しているメールアドレスでMicrosoftアカウントが作成できるのでしょうか。 答えは「 以前は作成できたが、現在は作成できない」となります。 後者の「 現在は作成できない」が、あまり一般には知られていないのかもと思ったのが、今回記事を書いたきっかけです。 Microsoftアカウントを職場または学校アカウントで作成できた頃の名残りで、その当時両方のアカウントを作成した場合には、サインイン時に以下のような画面が表示されます モザイク部分はメールアドレスです。 これが表示されるということは、これから利用しようとしているサービスを、Microsoftアカウントで利用しようとしているのか、職場または学校アカウントで利用しようとしているのかを意識している必要があります。 これが混乱を招くケースがあることから、2016年9月に、すでに職場または学校アカウントに登録されているメールアドレスでの新規Microsoftアカウント作成が禁止されました。 これ以降に、すでに職場または学校アカウントに登録されてるメールアドレスでMicrosoftアカウントを作成しようとすると、以下のような画面が表示されます モザイク部分はメールアドレスです。 これが「以前は作成できたが、現在は作成できない」の詳細になります。 なお、上記のようなアカウント重複状態にある場合には、があるようです。 Microsoftアカウントが作成できない場合は 以上より、もし「Microsoftアカウントが作成できない」というトラブルがあった場合は、まず、そのメールアドレスが職場または学校アカウントになっていないか確認が必要です。 例え社内でOffice365などを利用していなくても、Azure Active Directoryにて管理されている場合は組織アカウントとなりますので、そのドメインのメールアドレスではMicrosoftアカウントが作成できません。 このような場合にMicrosoftアカウントを作成する場合は、ダイアログにもある通り、GmailやYahoo! などの個人用メールを使うか、新しいOutlookメールを作成する必要があります。 最後に 極力シンプルな記述を試みたものの、数年に渡る製品やサービスの進化の結果でもあるので、なかなか複雑な状況と言えると思います。 しっかり理解して、製品やサービスを利用していければと思います。 参考資料• おまけ 2019年7月1日で、クラスメソッドに入社して1年が過ぎました。 長い間入りたかった会社で夢のような時間を過ごしています! 周りの人たちが すごく親切、丁寧でかつ勉強熱心で好奇心旺盛という、 素晴らしい会社だなとつくづく思います。 AWS、機械学習しかり、新たなプログラミング言語やフレームワーク、 そして自分が取り組んできたアクセシビリティと、学ぶべきことは沢山ですが、 これからもしっかりスキルを伸ばして、お客様に貢献できればと思っています。 これまた仲のいい、2018年7月入社の同期たちが、それぞれ1周年の記事を書いていますので ぜひご参照ください。

次の

r3

お客様 が 所有 する アカウント で ある こと を 確認 できません で した

Gmailのログイン画面を表示して下さい。 そしてユーザー名を入力し「次へ」をクリックして下さい。 次にパスワードのログイン画面が表示されます。 パスワードが分からない場合には「パスワードをお忘れの場合」をクリックして下さい。 「覚えている最後のパスワードを入力してください」と表示される画面が表示されます。 現在設定されているパスワードが分からなくても、今までにパスワードを変更したことがあり以前のパスワードを覚えている場合には入力してから「次へ」をクリックして下さい。 再設定用の電話番号宛に確認コードが送信されます。 テキストメッセージを受信するか通話で受信するかを選択して下さい。 今回は「テキストメッセージを送信」をクリックしました。 SMSで届いた確認コードを入力し「次へ」をクリックして下さい。 新しいパスワードを設定する画面が表示されます。 新しいパスワードを入力して下さい。 確認のために同じパスワードを二か所に入力して下さい。 なお今まで設定したことのあるパスワードは使用できません。 入力が終わりましたら「パスワードを変更」をクリックして下さい。 新しいパスワードの設定が完了し、Googleアカウントにログインした状態となります。 これでパスワードのリセットは完了です。 パスワードをリセットする手順の中で、以前に使っていたパスワードに答える画面が表示されます。 この時、覚えているパスワードがない場合などは画面下に表示されている「別の質問に答える」をクリックして下さい。 Googleアカウントを作成した日時に関する質問など別の質問が表示されます。 分かる質問に答えるようにして下さい。 ただ十分な質問に答えられない場合には次のように「お客様が所有するアカウントであることを確認できませんでした。 」と表示されてパスワードをリセットすることができません。 ---------- Gmailのパスワードを忘れてしまった場合にパスワードをリセットする手順について解説しました。

次の