アルバハ hl ソロ 火。 【グラブル】アルティメットバハムートHLソロ攻略【アルバハHL】【風マグナ】

ガンダム勢のグラブル攻略: アルバハHLに光パソロで挑んでみた

アルバハ hl ソロ 火

火マグナアルバハHLソロ達成。 自分がクリアする際にインターネット上で火マグナ編成火キャラのみでのソロクリアの情報があまり見つけられなかったため、もし今後火マグナでアルバハHLやってやろう!という方のためにメモを残しておこうと思います。 全体を通しての方針 属性の特徴として防御面が不安。 防御、回復を補強できるランバージャックを選択• クリアをあまり持ち込めない• エッセル砲で飛ばすしかない。 最終エッセルの採用は確定 1. 武器召喚石編成• 武器編成 今回の編成はエルーンドラフ星晶獣で構成されていたのでオッケ4本目をバハ槍にした方が良いことに気が付いたのは達成翌日の昼間でした。 上記編成でのHP目安です。 どちらを使うにせよ、大体5万前後のHPが確保できるのが良さそうです。 召喚石編成• テュポーン 50~30区間で使用。 火力の問題で無いと間に合わない。 恐らく必須。 ザ・サン 15でのエッセル砲のほか、火力を出してなるべく少ないターンで済ませたい区間で使用。 黒麒麟 15飛ばし直前に切って飛ばし後の立て直しをする。 マジでやべえ!ってときは躊躇わずに投げる。 ルシフェル 不足しがちな回復を補う。 慣れてる人は黒麒麟の2枚目やら4凸プロメテウスやらのほうが良いのかもしれない。 フレンド石はシヴァを選択。 道中の飛ばしで使用しました。 残念ながら他の石を試していないので他の石について言及することができません。 キャラクター選択• ジータ 木こりのうたによる多種多様なサポートに加えてメインでドラゴニックウエポンを持つことができるため採用。 落葉焚きによる防御アップを他キャラの防御系バフと合わせて特殊を受けていくのが大きな方針となります。 注意点としてはリヴァイヴを採用したため、木もれ日2回目が発動できるようになるまでは弱体解除をすることができません。 最終エッセル 15以降を飛ばし破局を受けないために必須。 この女を15までどうやって運ぶかが攻略上の大きなポイントになります。 全体を通して飛ばし以外は仕事がない純粋な火力要員です。 前半85~75で火力が必要であること、早期に10t回して4アビを使用可能にすることを踏まえてメイン採用になりました。 シヴァ オーバースペック星晶獣その1。 1アビの消去不可デバフと2アビのダメージ軽減でパーティ全体の生存をサポートすることが目的です。 今回の編成ではディスペル要員を1人も採用しなかったため、ダイダロスウィングによる高揚やゴッドブレスによるTA上昇を時間経過によって解除します。 時間経過で消えないシヴァのデバフは待機後の立て直しでかなり重要な存在です。 また、2アビによるダメージ軽減も生存に大きく寄与します。 開幕フロントではカット手段はアテナ1のみですが、1t効果でありCTの都合上連続使用はできません。 故に多くの敵特殊をバフのみで受けることになります。 堅守のないマグナではドラゴニックウェポンの第2スキルしか装備面での防御サポートはできないため、シヴァの2アビのようなダメージ軽減スキルは被ダメージを抑えるために必須です。 アテナ オーバースペック星晶獣その2。 説明する必要があるのかってくらいのパワーキャラ。 こいつばかりは必須。 シヴァの項でも説明したように防御をバフのみで受ける際に奥義によるガード効果と1アビの変転が非常に重要になります。 変転中であればガード+累積防御アップのみで特殊ダメージを大きく抑えることができます。 火方陣救済消去可能強化回復別枠強化複数弱体羊毛巨乳正妻十二神将 火マグナで恩恵が大きい強力な攻刃バフ(消去可能)を高い密度で使用することができるため。 回復、バリアをコンスタントに使用できるため。 奥義回転率を上げることで他キャラの強力な奥義効果を持続させるため。 書き出したらキリがないですが、70~50の神光によるデバフを3アビで弾きバフデバフによってこの区間を素早く終えることができるというのが一番のポイントではないでしょうか。 メインメンバーではない理由は• 後半になるにつれてアニラのバフデバフ回復の恩恵が大きく、仮にバースコントロールによってサブに行ってしまった場合、立て直すことが困難になること。 前半70までは防御バフのほうが重要性が高いこと。 以上を踏まえて基本的にはバースコントロール後に登場してもらう事にしました。 バフが消去可能なので50、30、(15からの飛ばし)踏み込み時のリキャストには注意が必要です。 黒麒麟を飛ばしの前に投げる主な理由は10以降をアニラのバフデバフを用いて安全に突破するためです。 ラインハルザ アルバハHLソロ出来るんじゃないか?と思わせた元凶。 奥義によって全体化した2アビでパーティのHPを保ち、不死身かばうによって単体特殊を完封します。 奥義後の2アビは全体攻撃区間で使用することで吸収とカウンターを最大限発揮することができ、1アビの攻防ダウンはアニラと同時に登場することによって6tの効果を持てます。 シリウス受けも含め70~50区間の高速化に大きく寄与する革新的なキャラです。 50以降もコンスタントに吸収を付与し他キャラのHPを高く保つことができ、自身は22トリガーで退場。 不死身効果があってもフィールド効果によって退場してしまうため注意が必要です。 バースコントロールで登場し、全体攻撃区間を全体化した2アビを用いて安全に抜け、シリウスを3アビで受けたのち全体特殊でサブと交代という唯一無二の役割を持ち事故要因の多くを潰すことができるため、持っているなら優先的に編成することをお勧めします。 その他使おうとしたけど没になったキャラの皆さん 没理由を列挙していきます。 アラナン• 序盤で正位置バフが欲しいが序盤の燃焼などを逆位置で対応したいという矛盾がうまく解消できなかったこと• 正位置バフが1回しか発動しないため事故によってバフが付いたキャラが退場すると立て直しがやや困難になること• 前半の特殊前にアラナンを出そうとすると自殺枠が必要になってキャラの総数が減ってしまうこと• ルシで強いし強いやろ!と雑に連れて行ったがディスペル要求ゾーンが少ない。 ほとんどが時間経過で対応できる• ディスペルが欲しいのは序盤だがエッセルと同時にメイン採用すると防御バフ枠のキャラが減ってしまい特殊を受けることが困難になってしまう• 火ジークフリート• 水道を止められてしまうと生活が困難になるため、サプを見送った。 蛇口を捻って出てくる水に向かって風属性70カット2tありがとう…と毎日話しかけている。 フラウ• 速い球が投げられるらしい 3. 攻略概要• 100~85 開幕はアビリティをすべて押してしまって問題ない。 バリアでターゲッティングが弾ける可能性があるためコロマグはコンスタントに投げる。 ダイダロスウィングはガード+シヴァ2で受けられるため気にせず進む。 ターゲッティングがついてしまった場合、アテナ1が切れる場合は切って対応。 そうでない場合は変転+ガード+シヴァ2で受ける。 95ダイダロス後、高揚を外すために2分30秒ほど待機。 この語85までのCTトリガーでダイダロスウィングを踏んで高揚が付与されてしまった場合、その度に停止して高揚が解除されるのを待つ。 基本的に退場キャラに対しては即座にリヴァイヴを使用して問題ない。 しかしバースコントロール前にラインハルザが登場してしまった場合、バースコントロールでラインハルザがサブへ退場してしまう確率を減らすためにバースコントロール後に使用したほうが良い。 85~75 85キルフレアは変転が必須なので踏み込み時は注意。 80のCTMAXをブレイクで突破できると嬉しいのでシヴァを投げるポイント。 バースコントロールには主人公奥義を合わせることで幻影を付与し通過する。 75 ~70 前半に誰も退場していない場合、CT特殊を受けて2度目の入れ替えが起こってしまうと都合が悪い。 早めに通過するために上で投げていない場合シヴァを投げるのも手。 ラインハルザ1は個人枠なので即座に押して問題ない(はず)。 アニラ1は70踏み込み後に使用。 70~50 残っていたメイン次第で動きを変えることになります。 エッセル 55特殊をラインハルザにかばわせ、エッセル2-3+サンでかばう効果中に50シリウスまで踏み込む。 シヴァ 2アビで特殊を受けることになり正直きつい。 誰かを落としてアテナを後ろから出した方が安定するため回復を最低限にする等の調整が必要。 アテナ 1アビのカット+変転で特殊を容易に捌け、反撃ダメアビでダメージの嵩増しができるため一番楽。 攻略成功時は53程度までアテナが生存した後、エッセルが出てきたためほとんどをアテナに任せました。 このゾーンはどうしても運が絡んでしまいます。 50~30 50シリウスをラインハルザにかばわせ、40シリウスは神に祈ります。 テュポーンを投げるときに指差し確認を必ずする。 リヴァイヴを切りやすいポイントですがこの後にエッセルがいないと話にならないためエッセル最優先で動く。 30~15 ゴッドボイスを受けた場合2分30秒ほど停止。 オメガブラストが痛いため22前はエッセルのHPに注意して通過する。 エッセルがフロントに出てきていない場合、ここで意図的に入れ替えを行う。 17あたりで黒麒麟を投げアビリティをすべて浮かせ、エッセル3アビを使用し攻撃。 奥義オフは忘れずに。 OD特殊が破局なためあまりゆっくりできませんが、飛ばしすぎても破局を受けてしまうためこのゾーンは練習が必要かもしれません。 10~討伐 15~10のゾーンは存在しないため省略。 浮かせたアビリティをすべて押し、ビッグバンから立て直す。 フルチェイン出来るはずなのでフルチェインで5%まで踏み込む。 難所は超えたのでHPが維持できていればクリアできる、はず。 攻略を終えて ソロクリアの情報があまり見つけられなかったと初めに書きましたが、実はアンチラを用いた火マグナ攻略動画を見つけていました。 しかし アンチラが使用されていたため、火キャラのみで何とかならないか試行錯誤した結果何とかクリアすることはできました。 リミキャラだらけになりましたが。 運要素が多いのでもしこれから挑戦するという方は頑張ってください。 私の情報が少しでも役に立ったなら幸いです。 火マグナに生きるものとして応援しております。

次の

グラブル アルティメットバハムートHLソロ攻略

アルバハ hl ソロ 火

キャラクター編成 メイン ・ アンチラ アルバハHLソロ攻略においてもっとも重要なキャラ。 4アビの消去不可であるデバフが非常に優秀。 風属性編成以外にも連れていくことができる。 ・ ユリウス 研究の成果おじさん。 全てのアビリティが優秀で特に1アビがデバフをリセットされても奥義ゲージがあれば何度でも攻防デバフをいれることができる。 2アビはRESISTされてしまうタイミングもあるので注意。 ・ レナ 回復、クリア、復活持ち。 高難度クエストであるアルバハHLにはぴったり。 序盤の ターゲッティングを解除できるのは主人公以外だとこのキャラ。 サブ ・ シエテ 奥義を撃つことで味方の全体攻撃力UPと 自分の被ダメージを1回無効にできる。 ・ モニカ かばうと回避を持っており、ユリウスがフロントにいない場合防御ダウン(累積)を代わりに付与することができる。 LB(リミットボーナス)があまり振れていなくてもとにかく硬いので使いやすい。 クリアオール、リヴァイヴは必須。 ポーションリファインは使えるときにドンドン使用していく。 ニュートリエントは可能であればポーションを利用するときやレナの回復アビリティに合わせて使用することがよりHPを高く保つことができる。 装備 メイン武器は連撃を稼ぎたいだけですので 四天刃でも代用可能。 ローズクリスタルアクスは攻撃力とHPが上昇し、キルフレア対策にもなるのでアルバハ戦では非常に優秀。 ティアマトグレイブ(槍)はHPを多めに保つために1本採用。 ティアマトアムード(斧)でもどちらでもOK。 ルシフェルとブローディアが完凸できていないためバハムートと黒麒麟を使用。 フレンド石はグリームニルを使用。 トールもあれば便利だが風パであればユリウスがいるのでなくても良い。 常に念頭に入れて置くのは、 アルバハの弱体消去が来たらすぐにユリウスの1アビを連打すること。 アンチラの4アビが永続で付与されていても足りないのでユリウスを落とさないように注意。 間に合わなければアンチラの2アビを使って一人落としてすぐに復活させるのもあり。 受けた後はディスペル(ユリウス3アビ)を使って「高揚」消す。 95%~85% この区間も特に問題はないのでトリガーまで殴る。 ODになって特殊技を撃ってくると「キルフレア」になるので何かしらのカットをする。 土属性単体に大ダメージを与えてくるのでHPは70%は保ってから受けたい。 アルバハの弱体消去。 このバースコントロールはもう一度特殊技で受けることがあるのでCT管理を気を付ける。 受けたらすぐに「ディスペル」をする。 主人公とレナが受けてしまった場合はアンチラやモニカのアビリティを使ってHP回復やかばうで守る。 CT7。 ユリウスの2アビ(スロウ)が無効になる。 特殊技を受けると強制的に全滅するので CTがMAXになったら必ず テュポーンを使う。 特殊技を受けないようにするために 黒麒麟をここで使うのもあり。 間に合いそうになければシエテの4アビを使用する選択肢もあるが可能な限り使いたくはない。 かばうや敵対心アップをさせて1人が引き受けるのもあり。 ここまで来た状態での理想のフロントは主人公、アンチラ、ユリウス、シエテ。 シエテではなくモニカでもバハムート(召喚石)を使えば火力は足りるがレナがフロント出ていると非常に調整がしにくくなっている。 黒麒麟を使用できればそこそこ安定して突破できる。 アルバハの弱体消去、味方の強化効果消去。 特殊技を受けたらディスペルを使いたい。 カットはなくても良い。 アンチラは奥義を使えば回避することができる。 シエテは奥義を撃てば1ターン無敵が付与されるので必ず奥義を使う。 アンチラとシエテが残り。 主人公とユリウスが落ちた場合レナで主人公を復活させる。 召喚が不可になる。 アルバハの弱体消去。 アンチラの2アビをレナに使用して単体で受ければ、主人公がフロントに出てくるので ユリウスを復活させる。 通常攻撃が非常に痛いのでユリウスのアビリティを使いたいが控えになっていることもあるのでその場合は火力で押し切るしかない。 感想 ソロで倒しても 『神撃を超越せし孤高の翼』 の称号を貰えるだけで戦力アップに繋がらないと考えていたため中々挑戦しませんでしたが実際に遊んでみると かなり楽しかったです! 合計6回ほど挑戦し、1回目~4回目まではモニカではなくニオを使用していましたが私が使用したときは中々安定しませんでしたので5回目から使用し、6回目で無事クリアできました。 しかし数こなしているうちに自分なりに色々と試行錯誤することもできるので 普段と違うグラブルを楽しめることでしょう! 最後まで記事を読んでいただきありがとうございました。 良いグラブルライフを.

次の

【グラブル】アルバハHLソロクリア!風マグナの動き方

アルバハ hl ソロ 火

確率ゲーとは言われつつ最近は、 討伐者もかなり増えた印象を受けますw ちなみに、今回の古戦場を頑張れば... アルバハHL戦において、救援を出さない。 重要 アルバハHL戦を1人で討伐する。 どうしても 【ターゲッティング】が解除できない場合は、 「ゾーイ」の1アビで対処。 初回は必ず入れ替えが発生し、 「ヴァジラ」が出ますが、 【恐怖】は使わず1と3アビを撃ち即時退場を狙います。 しかも ランダム性も高い無属性の敵です。 【ターゲッティング】 が付与された状態でターンを進めると、 『』 が発動 多段攻撃 全属性 が飛んできます。 【クリアオール】か 全属性カットを併用して防ぐのが無難。 【高揚】対策としては 【ディスペル】で消去! 【高揚】 CT上昇数が増加している状態。 『ダウダロスウィング』の 4万ダメージを各キャラで分散して攻撃を受けるコト。 見た目的では、全員が均等に 1万ダメージ カット可 を受けています。 しかし、 「 ヴィーラ」の 【かばう】 全体 などの一部特殊な技に対しては、 「ヴィーラ」のみ 4万ダメージを受けます。 故意に落とすコトができます 通常の 【かばう】 全体不可 では受けられないので注意。 弱体回復の順は、最新2つ目までのデバフが回復します。 デバフに関しては、命中率が低くミスになる事もあります。 余裕があればカット推奨 HPが2万以上あれば素受けでもOK!不安な場合は、防御系バフをかけて突撃しましょう。 カット不可 HPを最大にしていればどうにかなります、逆に事故るコトは少ないかな!? 余裕があれば 【かばう】 や 敵視UPで調整。 余裕があればカット推奨 HPが2万以上あれば素受けでもOK!不安な場合は、防御系バフをかけて突撃しましょう。 さらに、 【麻痺】がレジストされなくなります。 ただ面倒なので、リセット前提で動くのがよさそう。 その代わり、CT最大時に 『超越』が来てゲームオーバーになります!なので、 【恐怖】キャラを出張させるか、 を使いCTリセットをするかの2択になります! 自分の場合は... 2回は入れるチャンスがあるので後は 「祈る」のみ笑 目安として... ちなみに 【恐怖】2回コースの場合、2回目が外れるともう詰みます泣 光ドクターで行った場合、このゾーンが一番難易度が高いです。 しかし、不可能ではないので... かなり敷居は高いので、ガ剣を1本減らしてゼノ武器を増やすこともできると思います笑 オメガ武器は、メンバーの関係でいれませんでした。 その代わりに、 コスモス剣【BL】をいれてます。 メイン武器は 「英雄武器」 でエンブレムは 【魔獄】を付けています。 一瞬、アルバハの 【ターゲッティング】を防ぎたいが為、 【天聖】の開幕マウント付与で挑んでみたら、 マウント貫通デバフだったので... 『』に関しては、無くても攻略できますが... 討伐ターンは、計125ターンで43分程。 どの属性も敷居が高く、十天衆の最終が入ってきます。 楽しんだ者勝ちです! 長くなりましたがいかがでしたか? 今日はこの辺で、また次の記事で会いましょう! zz1a776j.

次の