ミュゼ 家庭 用 脱毛 器 口コミ。 【自宅で簡単】顔におすすめの家庭用脱毛器ランキングと選び方!

ミュゼの口コミまとめ!悪い口コミや裏事情まで徹底調査

ミュゼ 家庭 用 脱毛 器 口コミ

脱毛サロンへ通いながら家庭用脱毛器を併用されている方が増えているのをご存じでしょうか? 脱毛サロンへ通っているならわざわざ家庭用脱毛器を使わなくてもいいのでは? と思ってしまいます・・・ しかし、家庭用脱毛器を併用されている方々にはメリットが沢山ありました。 脱毛サロンと家庭用脱毛器の併用理由 なぜ脱毛サロンへ通っているのに家庭用脱毛器を併用するのでしょうか? 多くの方が 予約がなかなか取れない という理由で併用されています。 近年脱毛サロンで脱毛を行う方が増え、人気で予約が取れないというサロンが増えてきています。 普段お仕事や学校へ通われている方は平日予定がいっぱいでサロンへ通えない方がほとんどです。 しかし、土・日などの休日は人気の為、予約を中々取ることが出来ません・・・ そんな方々が予定が合わず脱毛サロンへ通えない際に自宅で脱毛を行う為に家庭用脱毛器を利用しています。 脱毛サロンへ通っていると効果的に脱毛を行う為、2~3か月に1回通うようになります。 しかし、予定がはいってしまったり体調不良などで予約日に行けなかった場合、新たに予約を取ります。 新たな予約は、他のお客との兼ね合いもあり更に2ヶ月後となることが多く 大体最終施術日から計4か月後の施術となってしまいます・・・ ただでさえ2ヵ月に1度の施術しか行えないのに 更に期間が空いてしまうと中々脱毛が進みません。 忙しく脱毛サロンへ通えない方が、脱毛サロンへ通うまでの間に 家庭用脱毛器を併用しているようです。 家庭用脱毛器併用の注意 家庭用脱毛器との併用は効率的に脱毛を行う為に便利ですが 利用するにあたって注意するべき点があります。 まず、 脱毛サロンへ順調に通えているのに利用しないこと!!! 脱毛サロンへ順調に通えているということは2~3か月に1度施術を受けているということなので 毛周期にも合っていますし、肌への負担をこれ以上増やしてはいけません。 家庭用脱毛器も毛周期に大きく関係があるので、沢山使ったからといって必ず効果がある訳ではありませんし 脱毛サロンで施術を受けているのに家庭でも脱毛を行うと更に肌にダメージを与えてしまいます。 火傷や炎症など目に見えて肌トラブルがなくても肌は少なからずダメージを受けています。 特に脱毛を行う際は保湿が大切ですが、何度も施術を行うと肌の保湿状態が十分と言えず いつ火傷や炎症を起こしてもおかしくない状態になります。 むやみに併用することは避け、脱毛サロンへ長い間通えない場合のみ利用しましょう。 併用は上記のように忙しい方には効率よく脱毛が出来る便利なものですが 自宅で行う為、背中など自分では届かない範囲などがあり 仕上がりにムラが出来てしまうこともあります。 出来るだけ脱毛サロンへ通い脱毛を行うことをおすすめします。

次の

ミュゼの評判と口コミは抜けないで話題。裏事情がえぐすぎる・・・

ミュゼ 家庭 用 脱毛 器 口コミ

1.どちらが良いのか5つのポイントを徹底比較 『ケノンとミュゼはどっちが良いの?』 『脱毛器とサロンだったらどっちが良いんだろう?』 家庭用脱毛器として1番人気の『ケノン』と脱毛サロンで1番人気の『ミュゼ』。 実際にどっちで脱毛をしたら良いのかわかりにくいですよね? ・ケノンとミュゼの価格の違いはどうなのか? ・脱毛の効果がどう違うのか? ・実際にどっちを選んだら良いのか? ケノンとミュゼでどっちを選んだら良いのか徹底的に比較していきます! 1-1.ケノンとミュゼの価格の違いを比較 まず、はじめにケノンとミュゼの脱毛の価格をみていきましょう。 ケノンの脱毛で必要になるのが『本体とカートリッジ』です。 ケノンでは本体の購入時に『本体と3つのカートリッジ』が付いているため、全身脱毛でもカートリッジの交換をしなくても十分です。 それでは、ケノンとミュゼの脱毛範囲ごとの価格を比較していきます。 しかし、自分で脱毛をすることになりますが、何か所も脱毛したいならケノンを購入して継続的に脱毛をした方がミュゼよりも安く済ますことができます。 何か所も脱毛したいならケノンで脱毛をした方が総額を考えると安くすることができます! 1-2.脱毛効果に違いは出てくるの? ケノンとミュゼでは脱毛の効果や期間はかなり差が出てきます。 ケノンとミュゼの脱毛の原理はフラッシュ脱毛でほとんど同じです。 しかし、ケノンは自宅で安全に脱毛をするために威力が弱くなっているため、ミュゼでの脱毛より『効果は弱く』『期間も回数も多くなってしまう』というデメリットがあります。 実際にどのくらいの期間と回数がかかるのか比較してみると、 効果がではじめる 脱毛完了 回数 期間 回数 期間 ケノン 8回〜10回 1年〜1年2ヶ月 20回〜26回 4年〜5年 ミュゼ 5回〜6回 10ヶ月〜1年 16回〜18回 2年半〜3年 ケノンは家庭用なのでやけどなどのトラブル防止のためにどうしても威力が弱くなってしまいます。 そのため、長い期間を根気強く脱毛ができる方におすすめします。 途中で飽きてしまう方にはケノンは向いてないかなと思います。 脱毛効果を比較するとミュゼの高く早い期間で脱毛を終わらせられます! 1-3.脱毛をする時の手間・面倒さは? ケノンとミュゼで脱毛する時の手間や面倒さは変わってくるのでしょうか? ケノンとミュゼの脱毛をする時の手間や面倒さを見ていきます。 さらに、ケノンならではのメリット、ミュゼならではのメリットも同時に見ていきたいと思います。 しかし、全ての自分の脱毛したいときに時間を気にせず脱毛をすることができるという大きなメリットがあります。 一方で、ミュゼは予約を取って店舗に脱毛をしに行かなければいけないので、忙しい方や仕事で遅くなる方はなかなか大変です。 しかし、広い範囲の脱毛でもスタッフに脱毛をしてもらうことができるので寝てるだけで脱毛が終わるという大きなメリットがあります。 2つともメリット・デメリットがあるので合ってそうな方を選ぶことが大切! 1-4.脱毛する時の恥ずかしさで比較 脱毛する時の恥ずかしさはどうなのでしょうか? 脱毛する時の恥ずかしさからVIOなどの部分を人に見せるのは無理という方もいます。 ミュゼではVIOなどの恥ずかしい部分を見せる必要がありますが、ケノンは自分で脱毛をするので他人に見せる必要がないというメリットがあります。 私の経験や色々な方の話を聞いても恥ずかしさは1回、2回目くらいであとは慣れてしまうという人が多いです。 でも、最初の一歩が踏み切れない方はケノンで自分で脱毛をするのも良いと思います。 ケノンなら人に恥ずかしい部分を見られずに脱毛をすることができます! 1-5.脱毛範囲はどう違うの? 最後に、ケノンとミュゼの脱毛範囲について見ていきたいと思います。 ケノンもミュゼも目の周り以外は全身の脱毛が可能です。 しかし、ケノンは自分自身で脱毛をするので手の届かない背面部分の脱毛はできません。 これはケノンに限らず家庭用脱毛器の最大のデメリットだと思います。 ミュゼではスタッフが脱毛してくれるので当然背面部分の脱毛をすることができます。 家族で脱毛をしてくれる方がいれば別ですが、背面部分の脱毛をしたい場合、ケノンの購入は気を付けるようにしてください。 そこで、『ケノンがおすすめな人』『ミュゼがおすすめな人』を分けてどちらを選んだら良いのかご紹介します。 <ミュゼがおすすめな人> ・ワキなど格安で脱毛をしたい ・自分で脱毛は絶対にしたくない ・早く脱毛を終わらせたい ・人に見られても恥ずかしくない 2-2.ケノンとミュゼの利用者の口コミ・評判 1.ミュゼは予約が取れないのでケノンに 最初は、ミュゼで脱毛をしていたんですけど、やりたいときに予約がとれなさ過ぎてケノンに切り替えました。 ケノンなら好きな時間に脱毛できますし、予約も取る必要がないのでストレスがなくなりました。 自分でやるのはちょっと面倒だけど、毎日ちょっとづつやればそこまで面倒じゃないかもと最近思ってきました。 家庭用脱毛器の効果は怪しい気がしたんですけど、ケノンを使ってみると、ムダ毛も少なくなってくるのがわかってくるのですごくいい感じです。 脱毛サロン 年齢 評価 ケノン 28歳 2.脱毛器は面倒なのでミュゼに 仕事が忙しいので自宅でできるケノンを選んでみましたが、面倒くさがりな私に脱毛器は向いてないなと思ったので、忙しくてもミュゼに通うことにしました。 カミソリならすぐに終わったので問題なかったんですけど、ケノンは剃って、脱毛しての繰り返しなので、仕事で疲れて帰ってきてからの脱毛はしんどかったです。 それに、背中とか脱毛できないのも不満でしたね。 家庭用脱毛器は毎日コツコツできる人なら良いと思いますけど、私のような面倒くさがりには脱毛サロンがあっているなと思います。 脱毛サロン 年齢 評価 ミュゼ 24歳 3.毎日コツコツできるケノンは良い感じ 地方に住んでいて、近くに脱毛サロンがなかったので、楽天で人気のあったケノンで脱毛をすることにしました。 全身を何か所かに分けて毎日脱毛をしてます。 1日20分くらいなので飽きずに続けられています。 1回で全身をやろうとすると時間がかかって大変ですけど、1日10分〜20分の範囲で脱毛をすれば続けられると思います。 サロンの口コミを見てると、勧誘がすごかったり、予約が取れないなんてことがあるみたいなので、結果的に、脱毛器にしてよかったなと思いました。 脱毛サロン 年齢 評価 ケノン 23歳 4.ケノンで効果がでないな。。。 ひげの脱毛がしたくてケノンを購入しましたけど、あんまり効果が出ないのでどうしようかと悩み中です。 楽天の口コミとか見ても効果がありそうだったので、購入してみましたけど、男のひげは難しいのかもしれないですね。 半年使ってますけど、脱毛をやめるとすぐに生えてきてしまいますね。 1年は使ってみようかなと思いますけど、これでダメだったらレーザー脱毛に切り替えようかなと思います。 ホホの毛とかはいい感じに効果が出てるんですけど、ひげは濃いからケノンじゃ難しいのかもしれないですね。 脱毛サロン 年齢 評価 ケノン 29歳 5.ミュゼなら安くて良いと思います ミュゼのキャンペーン使って100円で脇とVラインの脱毛をしました。 脱毛サロンと脱毛器どっちにしようかなと思ったんですけど、ミュゼなら100円で脱毛ができたのでお試しで脱毛してみました。 ミュゼで脱毛しながら脱毛器だったら全部自分でやらなきゃいけないんだと思うと、ミュゼにしておいてよかったなと思いました。 私がやったら照射漏れとかもすごいだろうなと、適当な性格の方には脱毛器はおすすめできません 笑 脱毛サロン 年齢 評価 ミュゼ 22歳 参考.

次の

【2020年最新版】家庭用脱毛器おすすめ比較ランキング

ミュゼ 家庭 用 脱毛 器 口コミ

女性にとって、ムダ毛の処理は大きな問題だと思います。 特にVIOの処理や脱毛はデリケートな部分のため、相談もしづらく悩みも多いですよね。 デリケートな部分だから、脱毛サロンや美容クリニックでVIO脱毛の施術をためらう方も多いと思います。 自分で脱毛をする方法といえば、を使うことですよね。 脱毛器って高いイメージがあったり、脱毛器を使って脱毛するのも不安がありますよね。 この記事では 脱毛器を使って行うVIOの脱毛方法やメリット・デメリット、また脱毛器の効果についてなど、詳しく解説していきます。 またおすすめの脱毛器の紹介もしていきます。 家庭用脱毛器について を使えば、自宅で綺麗に脱毛をすることができます。 脱毛器の脱毛方式はいくつかあります。 今回は主な3種類をご紹介します。 レーザー式 レーザーの熱が毛のメラニンに反応し、毛根に強いダメージを与える、美容クリニックと同じレーザー脱毛です。 照射時の痛みが強く、狭い範囲しか照射できません。 VIOのような太く濃い毛だと特に痛みを感じます。 フラッシュ式 光の熱が毛のメラニンに反応し、毛根にダメージを与える、脱毛サロンと同じ光脱毛です。 照射時の痛みが弱く、広範囲の照射が可能です。 VIOの脱毛にはこちらがおすすめです。 サーミコン式 熱線を使って毛を焼き切ります。 毛を焼くだけなので、変わらず生えてきます。 脱毛というよ除毛と考えた方がいいです。 脱毛器を使ったVIOの脱毛について 脱毛器を使ってをするには、必ずVIOに対応している脱毛器を使用してください。 VIOは非常にデリケートな部分なので、正しく使わないと皮膚や粘膜が傷ついてしまう場合があります。 皮膚や粘膜を傷つけずに、脱毛器でVIOの脱毛をするには、VIOに対応している脱毛器を使い、正しい使い方や脱毛方法を知ることが大切です。 脱毛器を使ったVIOの、脱毛のやり方、部分別のやり方、注意点などの正しい知識や、おすすめの脱毛器、脱毛器の効果、メリット・デメリットについて、これからご紹介します。 シェービング用のプレートやペンを使うと綺麗に仕上がります。 長さがある毛は絡まってしまう場合があるので、 カットしましょう。 照射したい部分を 保冷剤で約20秒冷やしてから照射すると痛みが和らぎます。 デリケートゾーンを避け、痛みに慣れるまでは レベル1の弱い照射から始めましょう。 痛みに慣れたら徐々にレベルを上げます。 保冷材で冷やすことで脱毛後の痛みを軽減することができます。 また保湿をすることで照射によるダメージから肌を守れます。 VIOの部分別のやり方 Vライン Vライン ビキニライン は、 デリケートゾーンの上部です。 VIOの中で特に毛の量が多く、長さもあります。 形を決めて、決めた形からはみ出るラインに脱毛をしていきます。 シェービング用のプレートやペンを使うと上手くいきます。 Iライン Iラインは、 足の付け根部分に沿った陰部の両側です。 VIOの中でもデリケートな部分で、毛の処理が難しいです。 体育座りのように座り、足元に鏡を置き、鏡を見ながら、照射したい部分の皮膚を軽く引っ張りながら照射しましょう。 Oライン Oラインは お尻の穴の周囲です。 見難い部位なので、照射する際は注意が必要でしょう。 後ろに鏡を置いて、四つん這いの体制で脱毛します。 片足を上げて、後ろに置いた鏡を見ながら照射しましょう。 家庭用脱毛器でのVIOの脱毛の注意点 VIOはデリケートな部分なので、必ず正しい使用方法で行いましょう。 注意点としては、以下が挙げられます。 VIOに対応している脱毛器を使用しましょう。 日焼けをした時や、生理中など敏感になっている肌には使わないようにしましょう。 短い期間で何度も繰り返し脱毛しないでください。 照射レベルを一気にあげないでください。 肌やデリケートゾーンなどを守るためにとても大切なことです。 事前に電気シェーバーで毛を処理しましょう。 明るい部屋に大きめのミラーを置き脱毛しましょう。 綺麗に安全に、処理をするのには大切なことです。 上記を覚えておけば、安心して綺麗に脱毛できます。 ケノン:おすすめ1位 価格:69,800円 家庭用脱毛器の中で、知名度ナンバー1のは 日本人の肌質・毛質を考えて、日本のメーカーが開発した、日本人のための脱毛器です。 自宅で全身脱毛ができ、カートリッジの交換で美顔器としても使えます。 IOラインは使用しても大丈夫ですが自己責任で注意して使ってくださいという形です。 メーカーから推奨されているのは、Vラインまでです。 使い方• Vラインは脱毛効果が表れるのは 4回目の2ヶ月後で、 20回前後の10ヶ月後には毛がほとんどなくなり綺麗になります。 Iラインは 3〜4回目の2ヶ月後に脱毛効果が現れ、 20回前後で毛がほとんどなくなり綺麗になります。 Oラインは 3〜4回目の2ヶ月後に脱毛効果が現れ、 15回前後で毛がほとんどなくなり綺麗になります。 脱毛器を使った方のレポートやブログなどで、脱毛経過や結果を載せている方もたくさんいらっしゃいます。 メンズは効果ある? 全く効果が無いわけではないですが、家庭用脱毛器でメンズがVIO脱毛で効果を実感するにはかなりの期間が必要かと思います。 人によっては、ほとんど効果を実感できない方もいるかもしれません。 そのためあまりおすすめできません。 男性の毛は女性と比べてかなり剛毛で丈夫に生えています。 そのため効果を得るまでに倍近く期間が必要かと思います。 また、必ず事前処理で毛を剃らなければなりません。 効果を得られるまで自ら毛を剃毛し、チクチクする部位を我慢しなければなりません。 我慢できず離脱する方も多いでしょう。 それであれば、初めからメンズも通える医療脱毛やエステ脱毛サロンでの契約をされたほうが良いと思います。 家庭用脱毛器でのVIO脱毛のメリット・デメリットについて メリット• 業務用ではないので、照射範囲が狭いです。 VIOは照射がしにくく、当て漏れや誤って粘膜に当ててしまうことがあります。 慎重に照射する必要があります。 黒ずみが激しい箇所は照射できません。 脱毛サロンなどに比べて、光やレーザーが低い出力で設定されているので、時間がかかります。 脱毛器の金額が少し高め、物によってはサロンと同じくらいです。 VIO脱毛は難しくやりづらいのは、一番のデメリットですね。 家庭用脱毛器でVIO以外のおすすめパーツは顔! 上記のおすすめで紹介した、やツーピーエスなどの脱毛器では美顔脱毛器にも変わります。 カートリッジを取り替えることで、美顔脱毛器になる脱毛器がたくさんあるので購入の際は、美顔用のカードリッジ付きのものがおすすめです。 顔に産毛があると、顔全体が暗く見えてしまいます。 顔の産毛を脱毛することによって、肌が明るく見えるようになります。 また化粧水や美容液の浸透も良くなるそうです。

次の