バス釣り ポッパー。 これで釣れる!ポッパーの基本アクションと使い方

バスを狂わせるポッパー

バス釣り ポッパー

ポッパーとは ポッパーはトップウォーターのジャンルのルアーになります。 ルアーの内部に浮力があり、水中に浮くルアーの一つ。 ペンシルベイト• など、水中に浮かせて使うルアージャンルは非常に幅広いです。 ポッパーの特徴として、アイ(ラインを結ぶところ)の部分が口を開けたように、カップ状になっています。 このカップ状の部分が水を受けることにより、音を出したり、水しぶきをあげたり、波動を起こしたり、ポッパーにしか出せないアピールを生み出すことができます。 少し離れた場所(水深も含め)にいる魚に気づかせて、バイトまで持ち込めるルアーの一つ。 音を出す強弱を使い分けたり、止めている間も食わせの間を作ることができたり、釣り人側のさじ加減で魚の状態に合わせて、ルアーのポテンシャルを生かして使うことができます。 以上の特徴を踏まえて、ポッパーの使い方を解説します。 ポッパーのよく釣れる使い方 ポッパーのよく釣れる使い方を解説します。 先ほど解説したように、釣り人側の使い方によって、状況に合わせた幅広い使い方ができるのがポッパーの魅力です。 いくつかパターンがあります。 ドッグウォーク• タダ巻き そのほかにもルアーごとによって違いがあるので、そのルアーの得意とする使い方を理解して適したアクションをしましょう。 ドッグウォーク 大半のポッパーが竿を張った状態で小刻みに刻んでやると、頭を左右交互に降るようなアクションを出せます。 小刻みに音を出しながら泳いでいくため、引き寄せながらも、思わず口を使うような動きを出すことができます。 比較的、活性の高い時におすすめ。 このアクションはコツが必要なので、初心者には難しいです。 クイックなアクションが出れば出るほど、バイトが出やすくなるので、練習しましょう。 詳しくは動画を参照してみてください。 ドッグウォークとは異なり、初心者でも簡単に取得できます。 少し、強めに竿を弾いて、水しぶきと音を出してあげます。 音を出すことを意識します。 その後、ラインも緩めた状態で放置する。 この1、2を繰り返すだけでオッケーです。 音で気づかせて、ステイ中に口を使わせるイメージでアクションしましょう。 特に、ポッパーの種類によってはフェザーフック(羽がついた針)が搭載されており、ステイ中もしっかりアピールすることができます。 ポッパーの種類にもよりますが、ゆっくり巻いてやるとカップが水流を受け、柔らかく左右に頭を振りながら泳ぎます。 様々なアクションを使い分けて、魚を誘い出しましょう。 個人的には、ポッパーの最強はポッパーフロッグだと思います。 より狙いたい場所へタイトに送り込むことができ、尚且つ着水音も抑え違和感を与えにくいため、通常では釣れないようなビックバスを引きずり出すことができます。 もちろん、デメリットも存在します。 フロッグの針は太軸で、貫通させるには専用のタックルを用意しないと、フッキング成功率が格段に下がってしまいます。 そこまで用意するには、初心者であれば難しいです。 また、フロッグは中空になっているボディーがバイトの力で針が出る仕組みになっているものが大半です。 しっかり勢いのある水面を割って出てくるようなバイトでないと、針が出にくいため、フッキングミスを引き起こしてしまいます。 よって、吸い込みが弱いアフタースポーンの時期や、水面に出にくい日の場合、おすすめできません。 ハイシーズンであり、水面にバイトがしっかりある場合は無類の強さを誇ります。 ポッパーワームもおすすめ!(一誠) 一誠から発売されている、ポッパーワームもおすすめ。 ワームですが、水面に浮くように、ボディー形状が中空になっています。 ハードルアーには出せないソフトなポップ音を出すことができたり、テールについているシャッドが水を噛んで動いてくれます。 また、自重が9グラムもあるため、ベイトリールでも問題なく遠投することができます。 是非、お試しください!詳しくは動画をご覧ください。 他のポッパールアーとは一味違うのでおすすめです。 ポッパーのおすすめタックルは?(ロッド・リール) 正確なキャストが求められることもあるため、基本的にはベイトリールのセッティングをおすすめします。 ルアー自体が軽量である場合はスピニングリールで問題ないでしょう。 ポッパーを使う上でタックルに求められる性能は、• リールはハイギアであること。 ロッドは硬すぎず、竿先がある程度入りやすいもの。 以上を踏まえて、おすすめのタックルを紹介しましょう。 ポッパーにおすすめのリール ポッパーには何故、ハイギアがおすすめなのでしょうか? それは、いち早く巻き取るスピードが必要になるケースが存在するからです。 通常の巻いて使うルアーの場合、巻き続けるため魚のバイトがあると、自然にフッキングが決まっていることが少なくありません。 何故なら、ある程度ラインおテンションがかかった状態がお多いためです。 ポッパーの場合、ポップさせてからステイさせる使い方をすると、ラインのたるみが出ている場合が多いです。 その時、バイトがあった時、ラインのテンションが緩んでいると、フッキングミスの原因になることがあります。 よって、そのラインの弛み(ラインスラッグ)をいち早く巻き取ることでフッキングミスを減らすことができます。 細かいことかもしれませんが、せっかくのビッグバスをバラす確率を減らすことができます。 以上なんかがおすすめ。 比較的マイルドな竿の方がバイトがあった際は確実にバイトをとることができます。 こちらもリール同様に汎用性が高いモデルなので、自分が欲しいロッドと照らし合わせてチョイスしてみましょう。 ポッパーはラインが肝?! トップウォーターにおいて、ラインのセレクトはルアーのポテンシャルを引き出す上で最も重要になります。 主に3つのラインで比較してみると、• ナイロンライン• フロロカーボンライン• PEライン この3つの中でラインの比重自体が重く、沈んでしまうのはフロロカーボンです。 トップウォーターの性能を引き出すには、ナイロンラインかPEラインを使うのが定石とされています。 ですが、ポッパーの場合はフロロカーボンラインを使うメリットが存在します。 ポッパーの口の部分(カップ形状の部分 がラインの比重により、深く沈んだ姿勢になります。 この状態でポップ音を出すことによって、より水を噛むのでアピール量を強くすることができます。 水が濁っている場合や、中層付近にいる魚を気づかせることができます。 ルアーの浮力などでも変わってくるので、一概に効果があるとは言い難いですが、必ずラインとルアーの相性に良い組み合わせが存在するので、模索してみてください! ポッパーのフェザーチューン ポッパーのおすすめチューニング方があります。 フェザーチューニング方です。 既存のポッパーの多くにはフェザーフックと呼ばれるトレブルフック(3つ股の針)にフェザー(羽)が巻いてあるものが尻尾側に搭載されているものが多いです。 このフェザーフックをさらに、フロントフック側にもう一つ追加するだけの誰でもできるチューニング方法です。 おすすめのフェザーフックはこちら。 フェザーの材質も良いですが、針自体の貫通力が抜群です。 フッキング率も格段に上がるのでおすすめ。 フェザーフックを2個搭載することによって、ステイしている間に針の違和感を与えにくいことや、フェザー自体が小さな水流を受けてアピールしてくれます。 さらに、フェザーが抵抗を産むため、ポップさせた時の移動距離を抑えることができるので、短い距離、狙いたい場所をしつこくアピールさせることも可能になります。 交換しない他ないのですが、注意点があります。 ルアー本体の浮力によっては、フェザーの重みによって沈みすぎることがあります。 動きが悪くなったり、違和感を感じたら交換するのをやめるか、フェザーをハサミでカットしてやって、重量を減らしてあげましょう。 このチューニングで連発することもありました。 是非、試してもらいたいです。 ポッパーは海でも活躍!?(青物・シーバス・チヌ) ポッパーは淡水だけでなく、海釣りでも非常に効果的に釣果を出せます。 使い方はバスと同じです。 主に海でのポッパーが有効な魚種は、• シーバス• チヌ この3種類です。 魚の活性、潮の流れなどに合わせて、弱ったベイト(餌)を演出する。 潮の流れが強い時・イワシなどの小魚を追い回している時は、逃げ惑うベイトを演出する。 以上をイメージして、アクションしてみてください。 水面をかち割って出る、海の魚は興奮度MAXです! 海でおすすめのポッパーをいくつか紹介しておきますので、参考にしてみてください。 シマノ オシア スポウター.

次の

ポッパーおすすめ5選!ルアーの動かし方はこの4つをマスターすればOK!

バス釣り ポッパー

この記事の目次• ポッパーというルアーについて ポッパーは、大きな口に水を受けてバスにアピールするトップウォータールアーの1種です。 「ポコッ」と空気を含みながら出すポップ音(pop)から、ポッパー(popper)の名前が付けられています。 ポッパーは水面をゆっくりと釣っていけるトップウォータールアーで、アピール度が高く、動かし方も多彩なので、どこでも使っていくことができます。 おすすめのポッパー5選 ここではバス釣り用のおすすめポッパーをご紹介します。 さまざまな製品の中から使いやすく、釣れるポッパーをピックアップしていますので、ぜひ選ぶときの参考にしてみてください。 メガバス ポップX ポッパーで一番人気と言えるメガバスのポップX。 水を後方に流すウォータースルーのカップによって、甘い「チュピッ」といった音でバスを誘います。 スピニングでもベイトでも使える絶妙な大きさも魅力です。 ポッパーの動かし方 ポッパーは、さまざまな動かし方でバスを誘うことを得意としています。 以下にご紹介する4つの動かし方が基本となりますので、参考にしてみてください。 ポッピング ポッパーで最も多用される動かし方が「ポッピング」です。 ポッピングは空気をカップに含ませながら、水中にポッパーをほんの少しだけ突っ込ませるのが動かし方のコツとなります。 できるだけ真っ直ぐポッパーを引くようにすると、上手くポッピングアクションを引き出すことができます。 スプラッシュ 「スプラッシュ」は、水しぶきを飛ばしてバスにアピールする動かし方です。 水面を少し滑らせるように、ルアーを引っ張るのがコツとなります。 スプラッシュは、カップが浅いポッパーを使ったほうが出しやすいです。 ドッグウォーク ポッパーを左右にアクションさせる動かし方は「ドッグウォーク」と呼ばれています。 バスが小魚を追っているときにおすすめの動かし方で、ラインを少し弛ませておき連続して張ったり緩めたりを繰り返すのがコツです。 シェイク 「シェイク」はロッドを細かく震わせて、水面に波紋を立てて誘う動かし方です。 特に虫が多い状況で活躍してくれます。 またほかの動かし方でバスが寄ってきて一気に食わなかったときにも、シェイクは効果的です。 ポッパーは活性を上げる効果もあるルアー? ポッパーが出す音や水しぶきは、バスの活性を上げる効果もあるようで、全く釣れない状況でポッパーを投げ続けたあとに、ワームを投げて釣るといった方法もあります。 この方法はトーナメントで用いられることもある方法なので、覚えておくと便利です。 今回ご紹介したおすすめ品や動かし方を参考に、ポッパーでバスを釣ってみてください。

次の

【夏のバス釣りおすすめルアー・ポッパー編】琵琶湖で最適な時期・状況・場所は?使い方も動画で解説!

バス釣り ポッパー

ポッパーの基本アクション ポッパーはその大きな口のおかげで、「ポコッ!ポコん!」という音を出すことができる。 また水しぶきや水泡も出すことができ、水面を意識しているバスに強烈なアピールをすることができるんだ。 というわけで、このポップ音を生かせるアクションが望ましい。 アクション1:ポップ音でバスを刺激させよ! ロッドを少し下に構え、ロッドの先をチョンチョンとやると「ゴポッ」と音を立てて水中に潜るぞ。 やめればプカーっと浮かんでくる。 これを繰り返して音でバスを刺激させるのだ! このポップ音がブラックバスには、 「他の仲間がエサを食べている音」または 「逃げ惑う小魚が水面を跳ねる音」に聞こえているんだ。 「食べやすいエサがあるのか!ならばオレも!」となって食いついてくるぞ。 アクション2:水しぶきを飛ばせ!スプラッシュ! 少し強めにロッドを引くと、アゴが水をすくい上げて水しぶきを前に飛ばしてくれる。 これがスプラッシュだ。 そしてロッドを引いたわけだから、水しぶきが飛んで波紋が広がっている所にポッパーが移動してくる。 それが 我々バスたちには逃げ惑う小魚が生み出した波紋に見えて、思わず喰いつきに行ってしまうというわけだ。 アクション3:ストップ&ゴー 引いて止める、引いて止める、を繰り返すアクション。 引いた時に出るポコッという音でバスを誘い、停止させてバスの食いつくタイミングを作ってあげるってことだ。 これもポッパーの基本アクションの一つ。 他のアクションと組み合わせることもできるのでぜひ試してみよう。 ポッパーの使い時 トップウォーター系ルアーのほとんどに言えることだが、主に 春から秋にかけて、時間帯は 朝や夕方の活性が高い時が良いだろう。 また釣りをしている時、水面近くにバスが出てきて「バシャッ!」と音を立てている場面に出くわしたことはないか? それはバスが水面にまで出てきてエサを食べている証拠。 まさにポッパーの出番だな。 どこに投げればいいの? これもバスフィッシングの基本だが、 杭が立っていたり、桟橋、ウィード(水草)周り、流れ込み、などバスがいそうなストラクチャー(障害物があるところ)に投げよう。 しかし杭や桟橋など水面上に出てきている障害物の場合、ギリギリにキャストすると根掛かりの心配がある。 千円以上もするポッパーを失うのは誰だって悲しい。 まだ腕に自信のない時は、 障害物にある程度近いところに投げれば大丈夫。 障害物と少し距離があっても、ポップ音によってバスを障害物から引き寄せてくれるからな。 そのほか、浅場(シャロー)でバスが小魚を追っている場面にももちろん最適だぞ。 杭とか水草はあるけど、ここは水深が深そうだよ? 安心してくれ。 たとえ 水深が深い場所でもバス自体が深い所にいるとは限らないからな。 それに水面近くにバスが見えなくても、ポッパーならではのポップ音である程度の深さにいるバスもターゲットにできるぞ。 だいたい水深1mくらいまでにいるバスならアピールできると思って良いだろう。 また 水の透明度がとても高ければ、水深4mほどくらいにいるバスも誘い出すことができるぞ。 おわりだ! というわけで今回は、ポッパーの基本アクションと使い方について紹介させていただいた。 ポッパーは間違いなくバス釣りに欠かせないルアーだ。 是非ともマスターしておきたい。 そしてポッパーに限らず、トップウォーターの釣りは非常に楽しいということを体感してみてほしい。 それでは、諸君の健闘を祈る。 良いバス釣りライフを送ってくれ!.

次の