草なぎ 剛 ツイッター さっちゃん。 草なぎ剛と子犬ちゃんの“三密”/鈴木京香&有吉、同じ誕生日を祝いあう

草なぎ剛 X テレビ出演に意欲十分

草なぎ 剛 ツイッター さっちゃん

ラジオが心を救ってくれた(写真はイメージです) 北海道を襲った『北海道胆振東部地震』の発生から、もうすぐ1か月が経過しようとしています。 今回の北海道胆振東部地震では、火力発電所のトラブルと連鎖的な緊急停止により、日本では初のブラックアウト(大規模停電)が発生。 北海道のほぼ全域にあたる約295万戸が停電となり、地震で大きな被害や揺れのなかった場所でも最大2~3日、大事なライフラインが失われた生活を送ることになりました。 あれから1か月。 ラジオがない! 広範囲で震度5~7を記録した激しい揺れの直後から、電気が止まってしまった多くの世帯が、ついに復旧しないまま初めての日没を迎えたのは、地震発生から約15時間後のこと。 わが家は、普段から食料品や飲料水はある程度、備蓄しており、モバイルバッテリーでスマホの電池も補えていました。 そのため、日中は比較的穏やかに時間を過ごせていたのですが、いざ日没が近づいて室内が暗くなってきたとき、ある大事な備えを欠いていることに気づきました。 「うちにはポータブルラジオがない!」 食料品も、飲料水も、スマホの充電にも気を配っていたのに、あろうことかradiko(パソコンやスマホでラジオが聴けるサービス)をいつも愛用しているのをいいことに、電池で動く非常用のポータブルラジオをついつい買いそびれたまま、大きな地震と大停電に遭遇してしまったのです。 やむを得ず、初日はラジオがないまま夜へ突入。 しかし、お店の照明どころか街灯もすべて消えてしまっている中、周辺には人はもちろん、車さえもほぼ通らない状態。 手元には携帯の基地局が停電したことで、夕方からほぼネットに繋がらなくなってしまったスマホと、100均の数個の懐中電灯のみ。 余震がまだ続く中、しゃべる相手もいません。 時間が進むにつれ、真っ暗な自宅避難生活の中、ものすごいスピードで、あっという間に気持ちが落ちていきました。

次の

北海道地震、絶望の中で救ってくれた「音のある心強さ」と「エンタメの力」

草なぎ 剛 ツイッター さっちゃん

なんと言っても、確実な実力と、あんな状況のなかでも落ち着きと集中力を失わない驚異的な精神力で勝利したのに、素直に喜べない大坂さんが気の毒でならない。 それと同時に、不当な警告に抗議したことがさらに警告へとつながり、まる一ゲームも取られてしまうという極端なペナルティで、公正な試合をさせてもらえないという思いを強めるセリーナ・ウィリアムズの、これまでに積もり積もってきた思いと、彼女が背負っている女性アスリートの歴史を思うと、ますます涙が出る。 あんな警告がなく、通常の試合をした結果だったら、彼女だって潔く女王の座を笑顔で譲っただろうに。 それにしても、FBでの友達の投稿を見る限り(きわめて限定されたサンプルであることは百も承知ですが)、どうもこの試合についての反応が、日本とアメリカでずいぶん違うみたいだなあ、と思っていたのだけど、日本の新聞の文章などを見てちょっとわかった気が… 私はアメリカのテレビ中継を生で見ていたのだけど、日本の報道の形容と私がアメリカのメディアを通して見たものは、かなり違う。 アメリカでは、テレビ解説者の試合中とその後のコメントにしても、メディアでの報道にしても、審判の警告は行き過ぎであり、「男性選手だったらもっと酷いことを言ったりしたりしても警告など受けないのに、抗議をしたことで一ゲームも取るのは女性アスリートへのセクシズムである、というウィリアムズには言い分がある」という論調が主流。 これは、単なるアメリカ贔屓、ウィリアムズ贔屓ということだけではなく、スポーツにおける女性、とくにマイノリティ女性の位置付けの歴史の背景がある、というのは などをみるとよくわかる。 それに対して、たとえばでは、「主審に対して『私に謝りなさい。 あなたはポイントも奪ったから、泥棒』と口汚く罵倒し、1ゲームの剝奪を言い渡された」との記述があるので驚いた。 ウィリアムズの発言は、確かにとても強い口調での抗議ではあったけど、「口汚く罵倒」などはしていないし、You owe me an apology. を「私に謝りなさい」という命令調に訳すのも誤解を呼ぶ。 には「次第にS・ウィリアムズはイライラを爆発させ、警告を受けた」という文があるが、これはプレーが自分の思うとおりにいかないことにイライラしていたような印象を与える。 さらに、授賞式での大坂さんについて、「 ブーイングの中で始まった優勝インタビューでは『勝ってごめんなさい』とひと言」という文もあるが、これは明らかな誤訳で、彼女は「勝ってごめんなさい」などとは言っていない。 I'm sorry it had to end like this. は「このような終わり方になったことは残念です」であって、謝罪ではない。 (sorryという単語が出てくると謝罪だと思うのは間違い。 たとえば親しい人を亡くした人に、I'm so sorryというのは普通のことで、悲しみやシンパシーや遺憾の意を表現するのにもsorryは使われる。 )テニスの試合の報道でもこのようなことがあるのだから、国際情勢についての報道でどれだけこうしたことがあるのかと思うと、恐ろしい気持ちになる。 日本の報道がある程度「日本贔屓」になるのは仕方ないかもしれないし、日本を代表する選手が勝利したのは、私も単純に嬉しい。 でも、今日の展開は、日本人とハイチ人の親のもとで主にアメリカで育った日本代表選手と、スポーツの中でもとくに黒人が入りにくかった歴史をもつテニスで女王の座を築いてきたウィリアムズの対戦だったということで、「国」や「国籍」以上に、歴史的にとても意義深いものだったはず。 憧れの対戦相手が苦い思いをする試合となってしまった、観客が 新しいスターの誕生を祝福するどころかブーイングまでする(もちろん観客がブーイングしていたのは大坂選手に対してだけでなく、審判やそれが象徴する歴史や体制だけれど)結果となってしまった、そのなかで表彰台に上がり涙する大坂さんを見て、肩を抱いて力づけ、観客に「もうブーイングはやめましょう」と言うウィリアムズ。 We'll get through this. という彼女が指すweとは、テニス界を率いたり応援する人々であり、日々セクシズムと闘う女性たちやレイシズムと闘うマイノリティたちであり、このような展開で試合に陰りができてしまった大坂さんと自分のことであろう。 そのウィリアムズの 姿と言葉に、これが本物の女王だと感じると同時に、マイノリティ女性が次世代のマイノリティ女性を勇気づけて世界の頂点に引き上げる絆と連帯を見て、少し救われた気がした。 大坂さんはとても賢く成熟した人間なのは明らかなので、落ち着いた頃に、不公平なことには堂々と抗議するウィリアムズへの憧れをまた強くするだろうし、これから長いキャリアを積んで自らもそのようなロールモデルになるだろう、と期待。 ホノルル, ハワイ州, United States 1968年ニューヨーク生まれ、東京育ち。 1991年、東京大学教養学部教養学科卒業。 1997年、米国ブラウン大学アメリカ研究学部博士号取得。 1997年よりハワイ大学アメリカ研究学部助教授。 2003年より同学部准教授。 2008年より同学部教授。 専門は、アメリカ文化史、アメリカ=アジア関係史、アメリカ文学、ジェンダー研究など。 著書に『アメリカの大学院で成功する方法』(中公新書)『現代アメリカのキーワード』(矢口祐人と共編、中公新書)『ドット・コム・ラヴァーズ』(中公新書)、『性愛英語の基礎知識』(新潮新書)、『ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール』(アルテスパブリッシング)、『「アジア人」はいかにしてクラシック音楽家になったのか?ー人種• ジェンダー• 文化資本』(アルテスパブリッシング)、『Embracing the East: White Women and American Orientalism』 Oxford University Press 、『Musicians from a Different Shore: Asians and Asian Americans in Classical Music』(Temple University Press 、『Dearest Lenny: Letters from Japan and the Making of the World Maestro』 Oxford University Press がある。 他、研究論文、エッセイなど多数。 ホノルル在住。 103• 120•

次の

香取慎吾さんら起用で敵を味方に 週刊文春WOMAN 雑誌不況なんの、好調のワケ

草なぎ 剛 ツイッター さっちゃん

「週刊文春WOMAN」2019正月号より、草彅剛さん(右)と笑福亭鶴瓶さんの対談風景(撮影:杉山拓也) スクープが売りの「週刊文春」の女性版で、2018年末に創刊された「週刊文春WOMAN」(文芸春秋)が売れている。 雑誌が売れない時代に、年3回の刊行ながら平均発行部数21万部を記録。 創刊1周年を機に、年4回に増刊された。 「週刊文春」の読者層はもともと4割が女性だと言われていたが、「週刊文春WOMAN」には女性編集長を起用し、女性目線の路線を強化した。 なかでも、ジャニーズ事務所を退所後、テレビの地上波から姿を消していた元SMAPメンバーによる「新しい地図」(香取慎吾さん、稲垣吾郎さん、草彅剛さん)をいち早く起用した作戦が目を引いた。 井﨑彩編集長(44)に戦略を聞いた。 【出水奈美】 19年末に発売した創刊1周年記念号は、「香取慎吾 あれから3年経(た)って」というインタビュー企画がネットニュースで大きな話題になった。 「あれから」とは、SMAP解散のこと。 メンバーのうち、ジャニーズ事務所に残った木村拓哉さんについて、香取さんが初めて公で語ったことに世間は鋭く反応した。 「香取さんが木村さんについて話したということで、『SMAP』や『SMAP解散』がツイッターのトレンド1位になりました。 発売日にはAmazonの雑誌部門や楽天ブックスの本部門の売り上げ1位に入りました。 こんな話がうかがえたのも、1年かけて香取さんとの関係性を築いたからだと思っています」 「週刊文春WOMAN」は創刊以来、表紙画を香取さんが担当し、アーティストとしての一面をのぞかせている。 稲垣さんはSMAP時代の冠番組(「ゴロウ・デラックス」)を想起させる、本についての連載「談話室稲垣」をスタート。 また、創刊号では、草彅さんも笑福亭鶴瓶さんと対談し、中居正広さんやジャニー喜多川さんについて語った。 SMAPファンにとって、週刊文春はいわば「敵」。 ジャニーズ事務所内の対立を記事にし、解散のきっかけを作ったと思われている。 だが、「週刊文春WOMAN」は「新しい地図」を担ぎ出すことに成功し、SMAPファンの多くを味方に付けた。 「新雑誌なので、新しい生き方をしている人に表紙を頼みたいと考えました。 週刊文春とSMAPは相いれないと世間から思われているので、逆に、彼らが攻めの姿勢で文春に乗り込んでくれたら面白いんじゃないかと思いました」 そもそも、なぜ週刊文春が「女性版」を創刊したのだろうか。 始まりは16年元日。 セブンイレブン限定で出したパイロット版にさかのぼる。 元日のコンビニの雑誌棚は、商品が少ない。 そこでセブンイレブンが出版各社に声をかけ、週刊文春、週刊現代、週刊ポストの3誌が元日発売の雑誌を作った。 週刊文春は….

次の