ランボルギーニ ウルス。 ランボルギーニ ウルス に2021年型、特別色「パールカプセル」設定…欧州発表

Lamborghini Urus

ランボルギーニ ウルス

動画内でも言及している通り、 しばゆー氏はウルスを購入していません。 欲しいなぁぐらいですね。 そもそも、ランボルギーニウルスはデフォルトで カラーが黄色です。 それがやはり東海オンエアメンバーとしては 惹かれるモノがあるようですね。 ウルスは駐車場に入りきらない しばゆー氏の家はマンションであり、 駐車場が機械式駐車場なのだそうです。 ウルスは普通のクルマと比べて 横幅がでかいので機械式駐車場には入りきらないと言及していました。 実際、私の家も機械式駐車場ですが 先日 代車で借りていたプリウスがぎりぎりだったことを考えると ランボルギーニを機械式駐車場には入れられないですよね。 いかついSUVということでしょう。 排気量は4000ccのエンジンが V8ツインターボ。 ミッションは8速ATを搭載し、駆動形式はトルセン式フルタイム4WD。 どうです? ただの化け物でしょう?笑 ウルスはちょっと車高が高いだけの スーパーカーなんですね。 ウルスの価格 そして気になる価格ですが… 新車価格で3000万円~ となっています。 何故 ~が付いているかと言いますと、 クルマを購入した方なら分かると思いますが 各オプションによって価格が跳ね上がるんですよね。 一般の大衆車であれば、 シートやホイールを変えたりで、20~40万円ほどで済む話が ケタが上がります。 200万円、300万円。 と価格が上乗せされていくのが 容易に想像できますね。 購入する層的にもあまり価格は気にしないでしょうし、 なかなか 一般市民が手を出せるクルマではありません…。 詳しい記事はこちらからどうぞ。 動画で公開されているので、 興味がある方は見に行ってみてください。 東京の狭い道ではやはり運転し辛そうです…笑 しかし排気音がいちいちカッコいいです。

次の

ランボルギーニ ウルス

ランボルギーニ ウルス

Super Sports Utility Vehicle SSUV ウルスは初のスーパーSUVモデルで、ベンチマークとなる出力、パフォーマンス、ドライビング、素晴らしいデザイン、ラグジュアリーさ、日常での使いやすさを備え、ラグジュアリー・カーのカテゴリーに新たな地位を確立しました。 アウトモビリ・ランボルギーニCEO のステファノ・ドメニカリは次のようにコメントしました。 「ウルスは、ランボルギーニのDNAを最も汎用性ある車両、SUVに吹き込むという明確なビジョンを持ったアプローチを行い、これまで不可能だったスーパーSUVというレベルに到達しました。 デザイン、パフォーマンス、ドライビング、エモーションの点で真のランボルギーニであると同時に、様々な環境に適した車です。 ウルスはハイパフォーマンスカーとして、ランボルギーニ・ファミリーにフィットします。 新しいタイプのファイティングブルを生み出すための研究開発の集大成であり、お客様と当社にとって、新たな可能性の扉を開く スーパーSUVです。 0リッターV型8気筒ツインターボ、ガソリンフロントエンジンを誇ります。 ウルスの理想的な使用レンジを反映するため、ランボルギーニ初のターボエンジンを採用しました。 特にオフロードでは低回転での高いトルクレベルが必要となり、最適なエンジン応答性と効率を実現します。 ウルスは6,000 rpmでの出力が650 hp、最高回転数6,800 rpm、2,250 — 4,500 rpmで最大トルク850 Nmを発生し、比出力は162. 乾燥重量は2,200 kg以下で、最も優れたパワーウェイトレシオ3. 一方、 ブレーキ性能は時速100 kmから停止までに要する距離は33. 7mです。 低い位置に搭載したコンパクトなエンジンが、車両の重心を最適にします。 ターボチャージャーを燃焼室近くの中央部分に置いたことで、最適なエンジン応答性が確保されます。 ツインスクロール・ターボチャージャーは同時に作動し、全負荷状態で最大出力を提供します。 これによりターボラグが低減され、低速時でも、トルク曲線のあらゆる場所で最大トルクと円滑な出力提供を確保します。 2つ別の排気フローを採用することで、排ガス循環 での相互干渉を除去することができ、シリンダー内の連続燃焼を補完します。 新シリンダーライナー技術は、 ダブル・オーバーヘッド・カムシャフトと可変バルブタイミングを用いることで、重量を低減しつつ、8気筒エンジンの最高性能を確保します。 シリンダーの不活性化によって、燃料消費が減り、車両性能と効率的なエンジン機能の完璧なバランスが実現されます。 ウルスは8速オートマチック・ギアボックスを装備しています。 コンパクトで効率的な電気油圧式制御の プラネタリギアボックスは、極めて短いローギア比と長いハイギア比を実現するべく調整されています。 極めて効率的なスリップ制御付きコンバータ ロックアップクラッチと、特別に開発されたトルクコンバータは、 エンジンの極めて高い応答性を保証し、強力なスターティングレシオが気持ちを高揚させる加速を、低エンジン回転での高速度が最適な燃費と排出を実現します。 非常に効率的なギアブレーキも確保されます。 ウルスの四輪駆動システムは、あらゆる道路と地面、天候状態で、安全で応答性の高いドライビング・ダイナミクスを 実現します。 Torsenの自動固定式セントラル・ディファレンシャルは、あらゆる運転(特にオフロード)で、最大の制御と機敏性を提供します。 独立したフロント・アクスルとリア・アクスルに、標準として40対60の比で トルクが配分されます。 リア・ディファレンシャルを経由するアクティブ・トルク・ベクタリングを特徴としており、ドライブモード、 運転スタイル、路面のグリップに応じて、個々のホイールへ瞬時に推進力が配分され牽引力を向上させます。 トルクベクタリングによりステアリングコントロールも向上することで、ステアリング操作が楽になり、機敏性が増すことでコーナリング速度が上がり、よりスポーティな運転が可能になります。 ヨー運動は制御され、コーナー進入時のアンダーステアと加速中のタイヤスリップを防ぎます。 STRADA、TERRA オフロード 、NEVE 雪上 の 各ドライブモードで、トルクベクタリングがアンダーステアを低減し、安全でシンプルな運転を実現します。 SPORTモードとCORSAモードでは、オーバーステア特性を高めることにより、トルクベクタリングがウルスをさらに機敏にします。 四輪駆動システムとESCとの相互作用がオーバーステアを管理し、正確で楽しい運転を実現します。 SABBIA 砂漠 モードでは、砂利や砂丘などグリップの弱い地形での機敏性と正確さを保証するべくシステムの調整が行われ、オフロードの楽しさを味わえます。 ウルスは全速度レンジにわたり、アヴェンタドールSで導入されたリアホイールステアリングを採用しています。 0 度の差があります。 低速時は リアアクスル・ステアリング・アングルがフロントホイール・アングルの反対になり(カウンターフェーズ・ステアリング)、 ホイールベースを最大600 mm短くして、機敏性の向上と操縦性向上のための、最小回転半径の低減を 実現します。 高速時はリアアクスル・ステアリング・アングルがフロントホイールと同じ方向になり (インフェーズ・ステアリング)、ホイールベースを最大600 mm長くして、安定性と乗り心地を向上させるとともに、最適なドライビング・ダイナミクスを実現します。

次の

Lamborghini Urus

ランボルギーニ ウルス

Super Sports Utility Vehicle SSUV ウルスは初のスーパーSUVモデルで、ベンチマークとなる出力、パフォーマンス、ドライビング、素晴らしいデザイン、ラグジュアリーさ、日常での使いやすさを備え、ラグジュアリー・カーのカテゴリーに新たな地位を確立しました。 アウトモビリ・ランボルギーニCEO のステファノ・ドメニカリは次のようにコメントしました。 「ウルスは、ランボルギーニのDNAを最も汎用性ある車両、SUVに吹き込むという明確なビジョンを持ったアプローチを行い、これまで不可能だったスーパーSUVというレベルに到達しました。 デザイン、パフォーマンス、ドライビング、エモーションの点で真のランボルギーニであると同時に、様々な環境に適した車です。 ウルスはハイパフォーマンスカーとして、ランボルギーニ・ファミリーにフィットします。 新しいタイプのファイティングブルを生み出すための研究開発の集大成であり、お客様と当社にとって、新たな可能性の扉を開く スーパーSUVです。 0リッターV型8気筒ツインターボ、ガソリンフロントエンジンを誇ります。 ウルスの理想的な使用レンジを反映するため、ランボルギーニ初のターボエンジンを採用しました。 特にオフロードでは低回転での高いトルクレベルが必要となり、最適なエンジン応答性と効率を実現します。 ウルスは6,000 rpmでの出力が650 hp、最高回転数6,800 rpm、2,250 — 4,500 rpmで最大トルク850 Nmを発生し、比出力は162. 乾燥重量は2,200 kg以下で、最も優れたパワーウェイトレシオ3. 一方、 ブレーキ性能は時速100 kmから停止までに要する距離は33. 7mです。 低い位置に搭載したコンパクトなエンジンが、車両の重心を最適にします。 ターボチャージャーを燃焼室近くの中央部分に置いたことで、最適なエンジン応答性が確保されます。 ツインスクロール・ターボチャージャーは同時に作動し、全負荷状態で最大出力を提供します。 これによりターボラグが低減され、低速時でも、トルク曲線のあらゆる場所で最大トルクと円滑な出力提供を確保します。 2つ別の排気フローを採用することで、排ガス循環 での相互干渉を除去することができ、シリンダー内の連続燃焼を補完します。 新シリンダーライナー技術は、 ダブル・オーバーヘッド・カムシャフトと可変バルブタイミングを用いることで、重量を低減しつつ、8気筒エンジンの最高性能を確保します。 シリンダーの不活性化によって、燃料消費が減り、車両性能と効率的なエンジン機能の完璧なバランスが実現されます。 ウルスは8速オートマチック・ギアボックスを装備しています。 コンパクトで効率的な電気油圧式制御の プラネタリギアボックスは、極めて短いローギア比と長いハイギア比を実現するべく調整されています。 極めて効率的なスリップ制御付きコンバータ ロックアップクラッチと、特別に開発されたトルクコンバータは、 エンジンの極めて高い応答性を保証し、強力なスターティングレシオが気持ちを高揚させる加速を、低エンジン回転での高速度が最適な燃費と排出を実現します。 非常に効率的なギアブレーキも確保されます。 ウルスの四輪駆動システムは、あらゆる道路と地面、天候状態で、安全で応答性の高いドライビング・ダイナミクスを 実現します。 Torsenの自動固定式セントラル・ディファレンシャルは、あらゆる運転(特にオフロード)で、最大の制御と機敏性を提供します。 独立したフロント・アクスルとリア・アクスルに、標準として40対60の比で トルクが配分されます。 リア・ディファレンシャルを経由するアクティブ・トルク・ベクタリングを特徴としており、ドライブモード、 運転スタイル、路面のグリップに応じて、個々のホイールへ瞬時に推進力が配分され牽引力を向上させます。 トルクベクタリングによりステアリングコントロールも向上することで、ステアリング操作が楽になり、機敏性が増すことでコーナリング速度が上がり、よりスポーティな運転が可能になります。 ヨー運動は制御され、コーナー進入時のアンダーステアと加速中のタイヤスリップを防ぎます。 STRADA、TERRA オフロード 、NEVE 雪上 の 各ドライブモードで、トルクベクタリングがアンダーステアを低減し、安全でシンプルな運転を実現します。 SPORTモードとCORSAモードでは、オーバーステア特性を高めることにより、トルクベクタリングがウルスをさらに機敏にします。 四輪駆動システムとESCとの相互作用がオーバーステアを管理し、正確で楽しい運転を実現します。 SABBIA 砂漠 モードでは、砂利や砂丘などグリップの弱い地形での機敏性と正確さを保証するべくシステムの調整が行われ、オフロードの楽しさを味わえます。 ウルスは全速度レンジにわたり、アヴェンタドールSで導入されたリアホイールステアリングを採用しています。 0 度の差があります。 低速時は リアアクスル・ステアリング・アングルがフロントホイール・アングルの反対になり(カウンターフェーズ・ステアリング)、 ホイールベースを最大600 mm短くして、機敏性の向上と操縦性向上のための、最小回転半径の低減を 実現します。 高速時はリアアクスル・ステアリング・アングルがフロントホイールと同じ方向になり (インフェーズ・ステアリング)、ホイールベースを最大600 mm長くして、安定性と乗り心地を向上させるとともに、最適なドライビング・ダイナミクスを実現します。

次の