トイレ 黒ずみ 原因。 トイレの便器内にできる黒ずみの原因とその落とし方!!

臭いの原因!?トイレの床の掃除をしないと起こりうる数々の事象。

トイレ 黒ずみ 原因

トイレは毎日使うものですが、進んで掃除をしたくない場所のひとつです。 掃除が面倒でサボっていたら、「黒ずみがびっしり…」なんて経験ありませんか? お出かけした際にお店のトイレが汚かったり、便器の黒ずみが目に入ると嫌な気分になりますが、意外と他人はよその家のトイレをよく見ているものです。 トイレを毎日清潔で快適に使い、突然の来客にも慌てないためにも、黒ずみができる原因と対処法をしっかり確認しておきましょう。 トイレの黒ずみはなぜできる? トイレの黒ずみは、便器の中の水たまりの上部や便座のふちに線のようにできることが多いですが、その原因は水垢やカビ、ホコリなどです。 密室空間であるトイレは、湿気がこもりやすく、雑菌が繫殖しやすい環境です。 また、水道水に含まれるケイ酸塩などが蓄積した水垢や、鉄分が多く含まれる場合に酸化を起こして、黒ずむ原因になることもあります。 黒ずみを放置したままにすると、色素沈着を起こしてますます落としにくくなります。 家庭用洗剤でこすった程度ではなかなか落ちないほど頑固な汚れですが、キレイに落とすにはどうすればいいのでしょうか。 トイレの黒ずみの効果的な落とし方は? 水垢やカビなどの汚れ由来による黒ずみを落とすには、「塩素系漂白剤」で溶かし落とす方法が効果的です。 塩素系漂白剤は、カビの胞子や菌に含まれるたんぱく質を分解して、汚れを落としやすくする効果があります。 洗剤をかけたら、汚れにしっかり染み込むまで数十分おいてから、こすり落とすようにして磨きましょう。 1回では落としきれないような頑固な汚れも、時間や回数を重ねることで、徐々に柔らかくなって落としやすくなります。 黒ずみと同様に厄介な汚れが「黄ばみ」です。 黄ばみ汚れは、水面の辺り、ふち裏、便座とフタのすき間などに付着しますが、原因は尿に含まれるカルシウムなどが固まった尿石です。 つまり黄ばみはアルカリ性の汚れなので、反対の性質である「酸性洗剤」を使って中和させると落としやすくなります。 トイレ用洗剤には、塩素系漂白剤と酸性洗剤の2タイプが頻繁に使われますが、どちらにも「まぜるな危険」の文字が目立つように表記されています。 まざると人体に危険な塩素ガスを発生するので非常に危険です。 掃除中にうっかり併用しないように気をつけましょう。 どうしても汚れが落としにくい場合、クレンザーを使うのもいいでしょう。 成分に研磨剤が含まれているため、汚れを物理的に落とすのに向いています。 ただし、便器の表面に細かなキズがつくため、水垢などの汚れがより付着しやすくなったり、便器を傷める原因にもなります。 くり返しの使用は避けるなど、頻度や使い方には検討が必要です。 トイレの黒ずみを予防する方法 トイレの汚れは便器部分だけでなく、尿はねなどで床や壁にも飛び散っている場合があります。 黒ずみや黄ばみができてしまった後では対処が難しくなるので、日頃からこまめなお手入れを習慣化して、予防することが大切です。 たとえば用を足した際、目に見える汚れに気づいたら「トイレシート」ですぐに拭き取ったり、便器内の水が流れる部分をブラシで軽くこすり洗いするだけでも、雑菌の繫殖を抑えられます。 時間をなるべくかけたくない場合は「置き型洗浄剤」が便利です。 便器の表面を洗浄液がコーティングして、汚れがつくのを抑えます。 ジェルを直接便器につける「スタンプクリーナー」は、水を流す度に洗浄成分が溶けて便器全体に行き渡るので、掃除がしづらく見落としがちな便器のふちなどの黒ずみ予防にも効果的なのでおすすめです。 こまめな掃除習慣で、いつまでも清潔で快適なトイレを保とう 週に1回、時間をかけて丁寧に掃除するのもいいですが、こまめに掃除する習慣がつけば、1回の掃除にかかる時間や負担は確実に少なく済みます。 また、汚い状態を前にすると掃除する気が失せる…なんてこともなくなります。 黒ずみや黄ばみなどの頑固な汚れは、時間が経過するほどに落としにくくなるので、できる前の予防こそが結果的に清潔で快適なトイレを保つための一番近道な方法です。 進んで掃除をしたくない場所だからこそ、楽して簡単にお掃除できる場所に変えてしまいましょう!.

次の

便器の手強い黒ずみを落とす方法!落ちない原因は洗剤の選び方

トイレ 黒ずみ 原因

トイレの便器内にできる黒ずみの原因とその落とし方!! 仕事が忙しいと、 つい家事をサボってしまいませんか? 平日は残業三昧だし…、 土日祝日はその分ゆっくり寝たいし…。 そうなってしまうと、どうしたって 家事は疎かになってしまうかと思います。 特に掃除の場合、炊事・洗濯と違って 自分さえ我慢できればサボっても生活はできてしまうので、 サボってしまいがちなんじゃないかと思うんです。 (私もサボりますし…(苦笑)) ただ、特にトイレ掃除をサボっていると、 トイレの水が溜まる部分に 黒ずみができてしまう事があるんです。 なので、疲れているとは思うのですが、 こまめに掃除する事をお勧めしたいんですが、 「お勧めが遅いです、うちのトイレにできちゃっています…」 という方も中にはいらっしゃるのでは?と思います。 そこで今回は、そんな方のために、 「トイレの水が溜まる部分にできる黒ずみの原因と落とし方」 についてご紹介したいと思います。 トイレにできる黒ずみの原因 ではまずは、 トイレにできてしまう黒ずみの原因 をご紹介したいと思います。 トイレの汚れを放置しておくと その汚れを栄養にしてカビの繁殖を始めます。 繁殖したカビは、 水溜まりと便器の接地部分の汚れ(水垢)に付着して繁殖を続け、 トイレ表面の凹凸に侵食する事で輪の様な黒ずみになって、 私たちの目に見えるようになるというわけです。 スポンサードリンク トイレにできた黒ずみの落とし方 では、もし黒ずみができてしまった場合、 どのように落としたら良いかを次にご紹介します。 黒ずみの落とし方ですが、 大きく分けると ・塩素系の洗剤を使う ・水性ペーパーを使う という2つの方法があります。 1.塩素系の洗剤を使う 先ほどもご説明しましたが、 黒ずみの原因が「カビ」です。 という事は、 カビを分解・漂白するのに効果のある 塩素系の洗剤を使うのが最も効果です。 そのため、まずは塩素系の洗剤を使って、 黒ずみが落とせないか試してみる事をお勧めします。 手順としては、 1.黒ずみ部分が水溜まりの水に触れない様に水溜まりの水を少し抜き取る。 になります。 因みに、トイレットペーパーの上からトイレ用洗剤をかけるのは、 しつこいカビの汚れを落とすため、 トイレ用洗剤が黒ずみの箇所に長時間あたった状態にするためです。 もし、トイレットペーパーをひかずにトイレ用洗剤をかけた場合、 すぐに流れてしまい、黒ずみに洗剤を十分にあてる事ができなくなる というわけです。 ・複数の洗剤を併用して使わない様にする事。 という点です。 特に、酸性タイプの洗剤や食酢・アルコール等と 塩素系の洗剤が混ざると有毒ガスが発生するため、 とても危険です。 ですので、複数の洗剤を併用して使う事は、 絶対に避けてくださいね。 もし使う場合は、一方の洗剤を使い、 その洗剤を水でしっかり洗い流し、空気を入れ替えてから もう一方の洗剤を使う様にしましょう。 2.水性ペーパーを使う もし、上でご紹介した方法で黒ずみが消えない場合は、 市販の水性ペーパーで一番目の細かいものを購入し、 黒ずみ部分を削って綺麗にするという方法もあります。 ただ、この方法の場合 いくら目の細かい水性ペーパーで優しく削ってもも トイレに細かな傷は付いてしまいます。 ですので、もしトイレの黒ずみと細かな傷を天秤にかけ、 どちらが良いかを判断された上で、 この方法を実践される事をお勧めしますよ。 まとめ というわけで、今回は、 「トイレの水が溜まる部分にできる黒ずみの原因と落とし方」 についてご紹介してきました。 最後にお話した内容を簡単に纏めると、 ・黒ずみの原因は「カビ」。 ・黒ずみを落とすには、塩素系の洗剤を使った方法が一般的。 ・洗剤で黒ずみが落ちない場合、水性ペーパーを使って落とす方法もある。 という感じですね。 是非、ご紹介した情報を参考にしていただけたら幸いです。 ではでは、今回はこの辺で。 お読みいただき有り難う御座いました。

次の

便器の手強い黒ずみを落とす方法!落ちない原因は洗剤の選び方

トイレ 黒ずみ 原因

トイレの黒ずみ原因は?徹底的な掃除が必要? 便器の中に発生する黒い線……。 トイレ黒ずみ原因は、はっきりしています。 トイレの黒ずみは、便器の中、水がたまっている部分とたまっていない部分を境界にして線のようにしてできています。 見える部分だけでなく、流水口の付近にも黒ずみ原因になる黒カビは発生します。 黒ずみは、ほこりやかびなど微生物によるものです。 水あか汚れと一緒になると落ちにくくなり、放置しておくことでトイレ用の洗剤が使えなくなってしまったりもします。 また、ほこり、かびがなくても水道水に鉄分が入っていると水あかの汚れに鉄分が入り酸化してしまい、黒ずんでしまうことがあります。 どちらの理由にしても、トイレの便器についた黒ずみは、 ・洗剤を使って落とす方法 ・物理的に磨いて落とす の2つの方法があります。 最初は洗剤を使って落とし、それでもダメなら段階を踏んで磨いて落とすようにします。 ドラッグストアでも買える簡単な黒ずみ汚れの洗剤で、汚れ落ちがいいものはどれなのかについて一緒に考えてみましょう。 トイレの黒ずみには段階を踏んだ洗剤選びが大切 トイレには自宅にある洗剤でも落とすことができます。 トイレ用洗剤でも、実は軽い汚れなら落とせるもの、しっかりした汚れまで落とせるものと種類が違います。 簡単な汚れが落ちるものから順番に紹介します。 自宅のトイレの汚れ度合いに応じて使ってみてください。 塩素系洗剤を使う 漂白剤と呼ばれるトイレ用のハイターを使う方法です。 ハイターは塩素系の洗剤。 この洗剤をかけることで黒ずみを解消することができます。 スポンサードリンク ドラッグストアで売っている塩素系洗剤には除菌する効果があり、掃除をさぼってしまった黒ずみや、行き届かなかった汚れなら簡単に落とすことができます。 トイレ用ではなくても塩素系の洗剤を使うことで汚れ落としができます。 汚れ部分にかけて3分ほど放置して水で流せば汚れは落とせます。 ブラシや捨てる前の歯ブラシでこすると、より汚れを落とすことができます。 酸性の洗剤を使う 塩素系の洗剤で落とせないくらいの汚れなら、酸性の洗剤を使ってみましょう。 通常だと黒カビが原因であることの多い黒ずみですが、水あか、黄ばみの原因になる尿石はアルカリ性で、汚れを落とすためには酸性洗剤がおすすめです。 ドラッグストアで尿石に効果のある洗剤を探して購入し、使ってみてください。 使い方は、汚れ部分に洗剤をかけて使うこともできますが、トイレットペーパーに洗剤を含ませて汚れ部分を覆うようにすると効果的です。 トイレットペーパーの上から大きめのラップをかけて密着させて使うことで、汚れを落とすパックのようにも使えます。 クレンザーを使う 塩素系洗剤、アルカリ性洗剤で落とすことができないようなら、クレンザーを使います。 ただしクレンザーは便器の表面のコーティングも落としてしまうことがあるので注意してください。 研磨剤が入ったクレンザーにトイレ用の製品があるので、ドラッグストアで購入して使います。 黒ずみ、黄ばみにも効果的で、ブラシを使って擦って汚れを削るようにして落とします。 研磨剤のおかげで黒ずみが落ちていきます。 洗剤で落とすことができない汚れにも効果的です。 サンドペーパーを使う トイレの尿石がガンコで落としきれない時には、サンドペーパーを使って汚れ落としをする方法もあります。 こびりついた汚れが研磨剤を使っても効果がない場合に使えます。 サンドペーパーは何でもいいわけではなく、目が細かいもの、水で濡らしてから、ある程度汚れが薄くなったら洗剤を使って汚れ落としをするルールを守ってください。 コーティング素材を落としてしまう危険性もあるので、注意しながら行います。 実は簡単なケア方法!トイレの黒ずみはできる前にこれ 掃除をした後にもケアが必要です。 普段から掃除を手抜きしないのが理想的なのですが、ずぼらな人には掃除をした後のひと手間を加えることで、普段の掃除の回数が減る方法があります。 それがタンクの上に置いておくタイプのもの、便器にスタンプのように張り付けて使うトイレ用洗剤を使うことです。 種類が増えているので、自分の使いやすい製品、使いやすい香りの製品を選んでください。 ただし、タンクに置く商品もスタンプする商品も、掃除をしてから使って、きれいな状態を「保つ」ためのもの。 掃除をしてから使ってください。 「置くだけ」の洗剤なら簡単 タンクのあるトイレに「置くだけ」の洗剤もあります。 タンクつきのトイレの流水部に置くだけで、水を流すたびに洗剤が溶け出て掃除が不要になるものです。 忙しい人でも簡単に掃除ができ、汚れがつきにくくなります。 製品をトイレに置いておくことで、トイレ内をいい香りで保つ効果もあります。 好みの香りを選んでトイレをリフレッシュ空間にでき、爽やかな状態にしておけます。 洗剤をかけたりスプレーしておくのも! また、トイレ用の洗剤をスプレーしておく、重曹やクエン酸を定期的にふりかける、重曹水やクエン酸スプレーをかけるだけでも汚れの予防になります。 ダイソーやキャンドゥ、セリアなどの100均にも重曹やクエン酸は売っていて安価です。 自宅にある掃除グッズを使って、ふりかけておくだけでも黒ずみ予防効果が得られるので、1週間に1度や1ヶ月に1度などルールを決めて定期的に行っていき、トイレの黒ずみ問題を解決しましょう。 まとめ 普段から掃除をしっかりしていると大丈夫なものの、気を抜くと発生してしまいがちな黒ずみ。 トイレの汚れの程度を見て、自分の家のトイレがどれくらいガンコなのかを見てみます。 そして、最初は程度の軽い洗剤を使ってみて、徐々にステップアップしていき効果がある洗剤を使うようにします。 また、洗剤を使って黒ずみを落とした後も大切です。 次にできないように、予防をしていくことでトイレの掃除の頻度を少なくすることができます。

次の