シーグラス ストレイテナー。 ABOUT|wmf.washingtonmonthly.com

ストレイテナー

シーグラス ストレイテナー

男性4人組ロックバンドのストレイテナー。 彼らはまさに、年月を経た恋の行き先を切ない音にしてシーグラスに映す。 その歌詞は男性の恋心だ。 ストレイテナーのシーグラスは本当に。 本当によく男性の恋心を歌い、聴かせてくれる。 ここでは、そんなシーグラスに潜む男性の切ない恋心を読み解いていきたい。 心変わりを相手の女性から感じている シーグラス 歌詞 シーグラスの舞台は『今年最後の海』『夏の終わり』。 この歌を聴くと、夏の恋の爽快感と同時に憂いで胸が一杯になる。 何故って、夏や海というまぶしさが嬉しくなる言葉と一緒に『最後』だとか『終わり』なんて悲しい言葉が同時についてくるから。 この言葉達から想像出来る様に。 今まで、好きという気持ちを明らかに見て取れていたのだ。 しかし、今の彼女からは気持ちを見て取る事が難しい。 好きなのに勘ぐって不安になる。 そんな暗い気持ちを払拭したい。 それならばもう、君の目で世界を見ればいい。 その目に僕が映っているのか。 そうでないのか判るから。 視覚で単純明快さを好む男性らしい考え方だ。 しかし、その考え方とはうらはらに明快な答えを知るにはまだ彼女を愛しすぎている。 そんな心情が、これもまた明快に『今はまだ答えを知りたくない』と歌われる。 見てしまえば、それは間違いなく、彼女の心変わりの先なのだ。 一層の事、見てしまえば、不安から解放されるという『喜び』が訪れ。 その未来で想定されるであろう、感情と結果との出会いを受け入れるには。 まだ、『見えない』ふりをして、『答え』と未来を先延ばしにしてしまわずにはいられないのだ。 愛情と比例して率直にはなれない事もある 終わりを急ぐ夏とは真逆に、ゆっくりと波打ち際を二人で歩きながら角の取れた。 幸せを象る指輪のような、まあるく優しい「シーグラス」を探して歩いたのだろう。 シーグラスを重ね合わせて作るキャンドルホルダーに灯された火。 それは疑う物のなどない、自然そのものを通した純粋な灯りだ。 そんな、灯りが目の前に灯されて。 笑顔が溢れた彼女を見てしまえば。 男性というのは、女性を守るためには驚く程の感情を露にする事がある。 逆に、女性の体裁を守る為には、自分の感情にフタをし本音とは逆の建前で強く立っていられる。 全ては女性を守るために。 最もその事を感じるのがこの一節。 ノートの欠片を大空に撒き散らす、なんて大胆なのだろうか。 しかし、この行為は後に続く『君が泣くまでは、僕は泣かないから』という、彼女が自分へ出す『答え』。 そして自分が抱く『儚い願い』が叶わないかもしれない不安を押し殺して、辛抱く待つフラストレーションを強く表しているのだ。 本当は「行かないでくれ」と泣ければ楽。 それはわかっている。 でも彼女が答えを出す前に泣いてしまったら。 優しさから答えを言えず苦しむだろうと。 彼女の心を想っているのだ。 だから、自分の感情に目一杯で堪える。 どうして、男性は我慢する事を選ぶのだろう。 どうして、男性は言わないのだろう。 我慢せずに言って欲しい事はたくさんあるのに。 と、女性としては想う事も少なくない。 大事であればあるだけ臆病にな 汐風に撫でられた髪を、今の自分は撫でる事を躊躇する。 どことなく感じてしまう愛しい人の心変わり。 伝えたい言葉を上手に伝えようとすればする程。 言葉に詰まるのだ。 そして、伝えなくてはならない言葉からはどんどんと離れて。 別の言葉を探しはじめてしまう。 男性の恋はなんて不器用なのだろうか。 そして、大事であればあるだけ臆病になるのだろう。 愛情から生まれる切なさに寄り添う ストレイテナーの歌うシーグラスは、男性の恋心を歌っているが。 女性もその恋心に共感する。 今年20周年を迎えたストレイテナー。 10月にはファンが選んだ楽曲の投票ランキングを元にしたベストアルバムがリリースされる。 このシーグラスが男女の心を揺さぶって、たくさんの愛情を受けながら投票されている事を密かに期待している。 今年の夏もすぐそこだ。 このシーグラスが男女が分かち合える、愛情から生まれる切なさに寄り添って。 TEXT:後藤 かなこ ストレイテナーの楽曲『シーグラス』に関する別のコラムを見る 更新日:2018年9月21日 提供元:.

次の

夏の終わりに抱く儚い想い。ストレイテナーがシーグラスに映した男の切ない恋心

シーグラス ストレイテナー

概要 [ ]• 前作『』から約5カ月ぶりのシングル。 オリジナルアルバム『』収録。 トリビュート盤『』ではがカバーしている。 収録曲 [ ] CD [ ] (全作詞・作曲:ホリエアツシ)• シーグラス• DSCGRPHY [DECADE DISCO MIX]• シーグラス --• 24 at Billboard Live TOKYO• TOWER• Phantasien• Starless Coaster• CLONE• Toneless Twilight• NO 〜命の跡に咲いた花〜• DAY TO DAY• Lightning 脚注 [ ] [].

次の

シーグラスアクセサリーの作り方!!穴をあけるだけで色々作れちゃう♥

シーグラス ストレイテナー

独創的な新感覚なロックで人気を集め、一瞬不思議な感覚にとらわれたりしますが何故かしっくりくるオルタナティヴ・ロックバンドのストレイテナー。 オルタナティヴ・ロックとは簡単にですが、「型にはまらない音楽、一般ポピュラー音楽にとらわれない音楽」のことです。 そして、その中からありのままのストレイテナーカラーを世に広めることによって人気は高まる一方ですね。 メンバーは ホリエアツシ(ボーカル ギター ピアノ) ナカヤマシンペイ(ドラムス) 日向 秀和(ベース) 大山純(ギター) の四人で構成されています。 そんなストレイテナーのおすすめ曲を勝手にランキング形式でお届けしていきます! ストレイテナーのおすすめ曲10選! Sponsored Links No. 1 TRAIN 2007年2月リリース。 迫力あるスピード感が出ているカッコいい楽曲ですね。 オススメはナカヤマシンペイのドラムビートが半端なく響いているところ。 これは迫力あってかっこよすぎますねー。 また、日向秀和のベースの区切るようなリズムまたサウンドもかっこよく鮮やか。 ホリエアツシは普通に歌が上手いですし、サビの歌い出しは気合いが入ってる感じで好きですね。 それぞれのパートの存在感がもろに出ている楽曲と思いますね。 ストレイテナー ロック ¥250 No. 2 シーグラス 2016年4月リリース。 この楽曲はリズミカルな曲調ですが癒されますね。 特にギターサウンドがなんとも聴いてて気持ちよく響いています。 そこでオススメはエレキの間奏のソロ部分。 時間は短いのですがその短さがまたコンパクトで聴きやすいので逆に良いかなと。 そして、その後にホリエアツシがしっとり歌うとお次はナカヤマシンペイのドラムの連打で盛り上がるところもカッコいい! ストレイテナー ロック ¥250 No. 3 SIX DAY WONDER 2007年1月リリース。 オススメは前奏のピアノの迫力ある音が鳴り響くところですね。 一発目で「なんだ?この曲は?」と期待してしまいました。 そのあとのホリエアツシの歌の開始はかっこよくオシャレな感じで魅力あります。 ホリエアツシの歌唱力や歌い方などもAメロから響き渡っているところなんてちょっと良い意味でインパクトを感じましたね。 サビの部分の英歌詞部分の弾むようなリズムは少しノレる感じでそこもオススメです。 ストレイテナー ロック ¥250 Sponsored Links No. 4 Resplendent 2013年9月リリース。 ものすごい激しい前奏からスピード感溢れるロックで迫力満点の演奏力だなと思いました。 ということで個人的には前奏がオススメですね。 ドラムの音がインパクト強くてカッコいいですし、眠気がきててもこれを聴けば一発で目が覚めちゃいそう。 ホリエアツシの歌声も楽器サウンドに負けじと歌っていて、Aメロ歌い出しはホリエさんが歌った後に楽曲隊がサウンドを噛み合わせてまたホリエアツシが歌うという、この絡みみたいなとこはなんか斬新でカッコいいです。 ストレイテナー ロック ¥250 No. 5 Lightning 2009年1月リリース。 非常にゆったりとした感じでスタートするこの楽曲は何か神秘的だけどオシャレな感じを受けました。 オススメはAメロ歌い出しのハモりながらのスタートがググっとこころつかまれますね。 あとはホリエアツシの少しトーンをおさえた囁くような歌い方がまた深みをだしていて素晴らしい芸術性をかもしだしているなとも思いました。 歌詞の「STRIKE ME WITH LIGHTNING」とあるところの最後の歌い方やリズムはとても味がありかっこよく仕上がってのいく感じは最高です! ストレイテナー ロック ¥250 No. 6 DAY TO DAY 2015年11月リリース。 前奏がちょっとファンキーな感じの楽曲なんですが、急に爽やかな歌い出しに切り替わります。 たまにエレキの単音弾きが鳴り響くところはいかしているなと。 サビに入る前のドラムビート強烈に盛り上がり、それにのっかるホリエアツシのビンビン響いてくる歌声は無限に広がっていくようで心がパーっと開いていくように感じました。 間奏に入り、プラズマ音みたいなものが入りベースソロに移りますが、ソロがめちゃくちゃカッコいいですね。 ベース好きな方は誰もがオススメするではと思います。 そしてベースソロにのっかるギターソロもしびれます!聴いた人は感電しちゃうくらいのすごい演奏です!ストレイテナーおそるべしです。 ストレイテナー ロック ¥250 Sponsored Links No. 7 SAD AND BEAUTIFUL WORLD 2005年1月リリース。 ベースサウンドがイントロから響いているところは最高ですね。 ベースの存在感がでていますので骨太な楽曲だなという印象をもちました。 それと共にエレキの旋律が伸びていくように響き渡る音色は癒されます。 そして途中から楽器隊からのリズムが唸るように勢いを増していきます。 その加速する部分は非常にカッコいいので聞き惚れてしまいます。 さらに激しくなったと思ったらしっとりする場面が出てきて、そこのベースがまたゴリゴリと音を立てているので全体的に面白い作品ですね。 ストレイテナー ロック ¥250 No. 8 KILLER TUNE 2004年12月リリース。 やっぱりこの曲のポイントは始まりのエレキのリズムですね! これはノレるしカッコいいし、エキサイトできます。 そこからいっきにスピードアップしていき、その前奏から切り替えてのノリのある疾走感はストレイテナーワールドでしか味わえないですね。 歌い出しから英語で歌い出して最後までテンションあげあげで突き進すすむように歌い上げています。 楽器隊のサウンドの乱れ打ちが響き渡っていてカッコいい曲。 ストレイテナー ロック ¥250 No. 9 TRAVELING GARGOYLE 2003年10月リリース。 この曲はストレイテナーがメジャーデビューをして、記念すべき初のシングルでございます。 妙な静けさからいきなりドラムと二人三脚でエレキがと入ってくるのがPV観ながら聴くとよく分かります。 ちょっといきなりすぎてビックリする人もいるかもしれませんね。 オススメはサビの最後の「TRAVELING GARGOYLE」ってとこのリズムです。 ストレイテナー ロック ¥200 Sponsored Links ストレイテナーのおすすめアルバムは? これまでにストレイテナーがリリースしてきたアルバムは以下のようになっています。 ent(2010年3月リリース) Entish(2012年1月リリース) ELEMENT(2017年1月リリース) 個人的には LINEARをオススメしたいですね。 ランキング一位に入ったTRAINが入っていて、TRAINの疾走感をこのアルバムで感じてほしいですね。 SIX DAY WONDERも入ってます。 曲調的に相反しますが、ストレイテナーの魅力でもあるので聴いてみてくださいね。

次の