画像編集ソフト おすすめ。 [2020最新]映像編集おすすめソフト8選(PC向け)

簡単に使える画像編集ツール・ソフト9選|無料から有料まで機能を紹介

画像編集ソフト おすすめ

「一眼カメラを所有しているけどもっと写真を綺麗にしたい!」もしくは、「あの人の写真ってなんであんな印象的なんだろう」といった悩み、疑問を持ってる方はいませんか? もちろん写真が上手と言われている人は撮影時における工夫 構図、露出、ピント も一級品なのですが、デジタル写真においては「編集」も写真の方向性を大きく決定すると要因とななります。 そしてこの編集は「編集ソフト」によって実現されるのですが、現在写真編集ソフトの数もかなり増えてきて初心者の方はどれを選ぶべきかわからない方も多いと思います。 この記事ではそんな方に向けて、写真歴の長い筆者からソフトの選び方や考え方、さらにオススメのソフトをランキング形式でお伝えします。 スポンサーリンク 目次• 写真編集ソフトの選び方 写真編集ソフトを選ぶ上でまず知っておくべき基礎的な事項をさらっていきましょう。 大きく分けて「現像ソフト」と「写真加工ソフト」が存在 公式な線引きがあるわけではないですが、「写真編集ソフト」というと大きく二つのタイプが存在しています。 現像ソフト・・・デジタルのRAW写真を「現像」することができるソフト• 写真加工ソフト・・・写真の切り貼り・変形やロゴ・テロップ挿入などの機能に長けたソフト 全てのソフトがこの二つに分類されるわけではありません。 どちらの要素も持ったような万能ソフトも存在します。 このように、大きく分けると2種類ほどある編集ソフトですが、今回の記事では「現像ソフト」の方に絞って解説します。 そもそもなんで現像するの? そもそも現像ソフトの「現像」とはなんでしょうか?なんで現像するのでしょうか?メリットはなんなのでしょうか? デジタル写真における現像とはRAW形式で記録された写真データを編集し、最終的にjpegなどの画像ファイルにすることを指します。 「なんでいちいちRAWで撮ってからjpegにするの?」と疑問に思う方がいるかも知れません。 これはRAWデータの方がjpegよりも豊富な色情報を持っているからです。 豊富な色情報から所望のルックを編集ソフトで作ってからjpegなどで書き出すというのが現像のミソです。 現像ソフトは無料版、有料版が存在 現像ソフトには無料版も有料版も存在します。 もちろん有料版の方が機能が充実していますが無料版が全く使えないわけではありません。 この辺は使用者の人がどこまでの機能を求めるかにもよると思いますので、自分の使用用途を良く考えて選択すればいいと思います。 まずは無料版から試すってのも大いにアリですね! RAW現像ソフトのおすすめランキング 以下、具体的にオススメの写真現像ソフトを紹介していきます。 先に今回紹介するソフトの特徴を簡単な表でまとめました。 ・無料で扱うことができる ・初心者向き ・文字入れが簡単 ・デザイン豊富 ・AI技術を駆使した独自の編集機能。 ・無料だが自社RAWファイルのみのサポート。 ・現像のみに止まらない写真加工機能。 ・無料。 ・最新カメラまで徹底サポート。 ・無料。 ・Linuxでも使用できる数少ないソフト。 これらを踏まえつつ一つ一つのソフトを詳しく見ていきましょう。 1 Lightroom [Adobe社] 一番オススメで、間違いなく業界トップシェアです。 利点はたくさんありますが代表的なものを挙げると以下の通りです。 最大シェアなので情報が溢れている。 ググればなんでも出てくる。 「カタログ」という独自機能により写真管理がしやすい。 Adobe製品と言うことで、他のAdobeソフトとの連携が容易 順番に解説します。 最大シェア。 ググればなんでも出てくる。 】 これはすごく大きいです。 現像ソフトでできることはたくさんあるため、はじめて扱うときはなかなか使いこなせないことが多いと思います。 筆者もそうでした... そんな時でもLightroomだったらほとんどの情報に一発でリーチできると思います。 また参考書籍などの量も他と段違いです。 これは特に初心者の方には非常にありがたいことです。 あと最大シェアゆえのメリットだと、「たくさんの人が同じプラットホーム、環境で写真を扱える」という点もあげられますね。 プロの方も大勢このLightroomを使用しているのですが、そういう方達が現像の話をするとなると自然と「Lightroomを想定した話」になるんですよね。 Lightroomはいわば写真現像界における共通言語的な立ち位置にあるのです。 マイナーな写真現像ソフトを試すのもいいと思いますがまずはLightroomから入るのが王道なのかな、と個人的には思っています。 カタログ機能による写真管理】 従来の写真管理は手動でフォルダを作り手動でそのフォルダに写真を仕分けしていく、といった方法で写真を管理していました。 対してLightroomでは「カタログ」という概念により写真管理を行います。 写真のメタ情報 exifデータ なども使いつつ撮影日、使ったカメラ、記録形式などと紐付けてLightroom側が写真管理を自動的に行ってくれるのです。 これによりいちいち撮影があるたびにフォルダを作ったり、記憶を頼りに日付ごとに仕分けしたりといった面倒ごとを一切なくせるわけです。 他のAdobe製品との互換性】 Lightroomを提供している会社はAdobe社という米国の会社です。 AdobeはLightroom以外にも映像やイラスト、webデザインなどに用いられる多数のソフトを制作しています。 LightroomはこれらのAdobe製品と非常に互換性が良く簡単に連携ができます。 Adobeもこういったクリエイター向けのプランを何種類か用意しているので自分のスタイルに応じてプランを選択すると良いでしょう。 Lightroomのデメリット 私も今現在していて総合的に満足しているLightroomですがデメリットを挙げるとすると以下です。 有料である。 しかも月額制。 カタログ機能がやや難解で理解しがたい。 有料である Lightroomは有料の現像ソフトです。 また買い切りではなく月額制なので、使っているとずっとお金が発生するというデメリットがあります。 Lightroomを購入するのにはいくつかのプランが用意されています、詳しくはこちらからご覧ください 一番オススメなのはフォトプランで、月学1000円ほどでLightroom classic、LightroomCCに加えてでPhotoshopも使用でき、20GBのクラウドストレージが付いてきます。 Adobeソフトをフルで使えるコンプリートプランというのも存在し、こちらは月額およそ6000円ほどです。 写真だけじゃなく動画制作のために「Premiere 」や「After Effects」を導入したい方、「Illustrator」でイラストも本格的に行いたい方はコンプリートプランの方がお得な場合があります。 また学生や教職員は学割料金によってこのコンプリートプランが月2000円ほどで使えるので学生の方はコンプリートプランは選択肢としてアリでしょう。 カタログ機能がやや難解である 先ほど紹介した写真を便利に管理するためのカタログ機能ですが、完璧に理解しようとすると少し難しいです。 特にカタログを介さない写真のフォルダー移動は注意が必要です。 私もよく理解していない頃に写真の保存場所を変更してしまい、写真の編集データが全て吹っ飛んだという苦い経験があります。。。 (笑) とはいえ参考となる情報が大量にあるので、路頭に迷うなんてことはそこまで起こらないと思います。 Canva Canvaは無料で使用することができる写真エディターです。 風景写真を気軽に簡単な編集をしたい人向き Canvaの特徴は簡単さです。 できることは主に次のような機能です。 フィルター• 切り抜き• サイズ変更• 反転 気軽に写真を回転させたい、反転させたいという方におすすめです。 また、明るさ、コントラスト、彩度の変更も容易に行えます。 たとえばこちらの失敗写真をご覧ください。 このように撮影時に設定をミスって暗くなってしまった写真も・・・ このように明るく調節することができます! 明るさ、コントラスト、彩度をそれぞれ上げてうまく写真を復活させることができました。 文字入れやおしゃれなデザイン、ロゴ作成にも対応 Canva公式サイトでは写真に文字を入れたり、おしゃれなデザインを制作可能です。 山で撮った写真に文字を入れてみました。 中央を少し薄くして文字が際立つような演出もできます。 ブログで画像内に解説を入れたい方にもおすすめです。 テンプレートが非常に多く画像編集をはじめ、写真コラージュ・フォトカレンダー・フォトブック・ロゴ・名刺・SNS投稿・プレゼン資料・フライヤーなど、ビジネスやプライベートに使えるテンプレートを豊富にあります。 操作も直感的に行うことができますので、ぜひチェックしてみてください。 2 Luminar 3 [skylum社] 次に紹介するのがLuminar 3というソフトです。 skylum社という、プロの写真家とソフト製作者が共同で制作を行う会社で誕生したソフトです。 近年注目されているAI技術を写真編集に多く取り入れていることで昨今注目されています。 現像ソフト標準の機能に加えてこれらのAI技術を駆使した自動編集がこのソフトの特徴です。 そんなLuminar 3の特徴を挙げていきます。 編集の自動化、AI補正• Adobeとの連携• 開発スピードが早い 1つずつ見ていきましょう。 【編集の自動化、AI補正】 AI技術により、写真をスライダー一つで瞬時に印象的に仕上げることができます。 ソフトが写真を分析し「どの部分をどのように編集するべきか」を自動的に判断して編集を行ってくれるのです。 自動補正というとあまり高性能な印象が無いかもしれませんが、Luminarの自動補正は精度がかなり高いです。 ここはソフト製作のプロと写真家としてのプロが共同で制作を行っている強みが出ている点だと言えます。 具体的な機能に関しては下記に詳しく記載してあるので参考にしてみてください。 【adobeとの連携】 LuminarはadobeのPhotoshopと連携が可能です。 したがってLuminarのAI技術でサクッと編集し、すぐPhotoshopdで編集するといったスムーズなワークフローを実現できます。 【開発スピードが早い】 ソフトそのものの性能からは外れますが...。 ソフトの更新頻度の高さはソフトに対する信頼感を高めるものです。 Luminarは2018年に「Luminar 2018」、同年12月に「Luminar 3」、さらに1019年の秋には「Luminar 4」の発売が発表されています。 このようにここ数年でLuminarは大幅なアップデートを複数回行っており開発の活発さが伺えます。 まだ完全とは言えないAI技術も、近いうちにほぼ全てAIで完結してしまう、そんなソフトがLuminarから出てるくる日も遠くはないかも知れません。 3 各カメラ会社純正のRAW編集ソフト カメラメーカーが自社でRAW編集ソフトを開発している場合も多いです。 以下に大手メーカーの現像ソフトを示します。 これらカメラメーカー純正ソフトの利点として、カメラを所有していれば基本無料で利用できるという点が挙げられます。 しかし一方で他社のRAWデータを扱うことができないので、例えばPanasonicのカメラで撮った写真をsonyのソフトで編集するといったことが不可能です。 カメラを購入したてで現像の流れを掴んでみたいという初心者にはもってこいであると言えますが、慣れてきて様々なRAWデータを扱うなんて場合が増えるときには他のソフトの購入も検討する必要があります。 4 Affinity Photo [Serif社] 次に紹介するのが「 Affinity Photo」という編集ソフトです。 RAW現像ソフトですが、レイヤーベースの写真加工ソフト的な性格も持ってます。 こちらの特徴を何点か挙げていきます。 ipadでも編集可能 高度な編集となるとデスクトップでの編集が一般的でしたが、この Affinity PhotoではipadでもRAW現像や複雑なレイヤー合成といった編集が可能です。 大きいノートパソコンは持ち運ばずタブレットだけでどこでも高度な編集ができるのは非常に魅力的です。 レイヤー合成機能に長けていてPhotoshopに近いことができる。 psd出力も可能。 今回はRAW現像ソフトとして Affinity Photoを紹介していますが、Affinity Photoは写真の切り貼りやレイヤー合成といったPhotoshop的な編集も得意です。 さらに. psdでの出力も可能で、Affinity Photoで編集した後にレイヤー情報を保持したままPhotoshopで別途編集するといったフローも実現できます。 月額のPhotoshopにはちょっと抵抗がある、資金面で心配だという方は Affinity Photoの購入もオススメです。 価格が安い。 無料体験もアリ。 有料のRAW編集ソフトとしてはかなり安い部類に入ると思います。 さらに無料体験も存在するので実際にどの程度まで使えるのかを自分の手で確かめてから購入すると良いでしょう。 5 RawTherapee 残り紹介する二つのソフトは無料ソフトになります。 はじめにRawTherapeeを紹介しましょう。 無料ソフトなのに高機能 RawTherapeeは無料のRAW現像ソフトです。 しかし機能はとても充実しており、明るさやコントラスト、トーンの調整といった基本的な補正から、写真のリサイズなどの編集は全てこのRawTherapeeで完結できます。 機能的にはLightroomに劣らないと言っても過言ではないです。 Lightroomや他の有料現像ソフトに嫌気がした方はぜひ一度試してみるのがオススメです。 アップデートが頻繁に行われ、最新カメラにも対応してくれる 無料ソフトと言うとアップデートに乏しいイメージがあると思いますが、RawTherapeeはアップデートを頻繁に行っていて最新カメラへの対応も迅速に行ってくれます。 なんでこんなに手厚くサポートしてくれて無料なのかという疑問が湧いていきますが(笑)、ありがたく使わせてもらいましょう。 多機能ゆえ初心者の方には少しわかりにくいかも? 無料ソフトなので初心者で使用する方も多いと思います。 ただ機能が豊富すぎるということとUIがやや独特であるということから、初心者ははじめ少し手間取ってしまうかもしれません。 またそこまでメジャーなソフトではなく、公式サイトも英語なので、わからないことが出てきたときに調べるのが少し難しいかもしれません。 6 darktable 最後に紹介するのがこれまた無料の編集ソフト、「darktable」です。 よく上で紹介したRawTherapeeと比較されるソフトですが機能的にはほぼ変わらないため自身が使いやすい方を使用すれば良いと思います。 Lightroomに非常に近いUI。 UIがLightroomそっくりで、Lightroom使ったことある方なら瞬時に慣れることができると思います。 編集機能もLightroomのそれに劣らないくらい充実してます。 ただLightroomのようなカタログ機能は持ってないので写真管理が若干面倒です。 Windows、Mac、Linuxで使用可能。 Linuxでも使用できるのが特徴的です。 普段からLinuxの使用に慣れている人はこれは嬉しいことです。 まとめ 今回様々なRAW編集ソフトを紹介してきました。 とはいえ結局現像はは良い写真を生み出すためのツールなので、ソフトは自分の体にあったもので良いと思います。 この記事を参考にぜひ自分にあった編集ソフトを見つけてください!!.

次の

Windows10で使える画像編集加工ソフトおすすめTOP5

画像編集ソフト おすすめ

スグに使えるあなたの即戦力になるRAW現像ソフトを見つけていきたいと思います。 数あるRAW現像ソフト、いったい何ができるのか?使う用途によって選ぶ基準は変わりますよね!きっとこの記事を見ることにより、あなたの必需品になるRAW現像ソフトが見つかることでしょう!ここではRAW現像初心者からプロが使うソフトまでお伝えしようと思います。 RAW現像とは? 写真のデータには、大きく分けて「RAW」と「JPEG」の2つのフォーマットがありますね! RAW現像とはRAW形式で記録された写真データを編集し、最終的にjpegなどの画像ファイルにすることを指します。 RAWとJPEGを比較すると、RAWの方がファイル容量が多いです。 それは、豊富な画像情報を保存しているためです。 なぜRAW現像をするのか? RAWデータ(「RAW(ロー)」とは、日本語で「生の」という意味です。 )の方がjpegよりも豊富な色情報を持っています。 そこでその豊富な色情報から編集ソフトで作ることにより、希望の最高の仕上がりを作ることが可能です。 RAW現像ソフトでjpegに書き出すことのよりそれが実現します。 既に撮った写真を後から編集できることがポイントですね!ちなみに念のためお伝えしますが、スマホなどでできる画像補正とは、レベルが違います。 RAW現像ソフトでできること 分かりやすく、簡単に説明しますと、• よくありませんか?昼間に撮ったのに、暗過ぎて見えない!その画像を明るくし、見えるようにします。 逆光写真も蘇ります!• ぼやけている雲をはっきり、くっきり写したり、空の色を変えれます。 なんと、太陽がない雲に、太陽や太陽光を自然に出現させることができます。 ぼやけている写真の色を、くっきり見えやすく色彩を出したりします。 対象物の見えにくくなっている箇所のノイズを除去することにより、見えやすくします。 対象物が背景と一緒にぼやけて写っている場合、対象物を見やすくはっきりさせます。 撮った画像の中で、消したい対象物を消すこともできます。 撮った写真の歪みを、見やすく補正することができます。 などなど、ここで書いたのは、ほんの一例ですが、様々な編集ができます。 お気に入りの写真が作れるということです。 後から調整しやすいことが、RAWのメリットです。 RAW現像といえばプロが使っているイメージですが、後から編集できるという点や、撮った写真とじっくり向き合うという意味では、RAW現像ソフトを通して、撮った構図などと向き合う時間が増えるので、次回はどうやって撮ろうかなどを考えることになるので、実は初心者にもオススメです! 今、選ぶべき3種類のRAW現像ソフトを厳選! 1. もう試しましたか?AI(人工知能)技術搭載の一歩先のRAW現像ソフト。 様々な編集がAI技術により自動化し驚きの速さで実現可能になりました。 空の編集、顔のポートレート修正、太陽光線、人間認識、オブジェクト認識、他のRAW現像ソフトに無い機能が満載なところが特徴です。 60種類以上の豊富なプリセットで画像を柔軟に編集することが可能です。 知る人ぞ知る、まるで魔法のRAW現像ソフトがLuminar 4です。 買い切り型で、サブスクリプション、月額課金ではないので維持費が不要。 LightroomやPhotoshopのプラグインとして使用することも可能であり、Lightroomには無いAI技術の自動化が便利なためプロも使用。 Windows• プロセッサ CPU :Intel Core i5 以上• メモリ RAM :8 GB 以上• グラフィックカード:Open GL 3. 3以降 Mac• Macモデル:Early 2010以降• メモリ RAM :8 GB 以上• 定番中の定番である業界の大御所、Adobeの製品です。 Photoshopを使われている方も多いのではないでしょうか?そのAdobeがRAW現像分野で出しているのが、Lightroomです。 Lightroomは業界標準ソフトなので、様々なRAW現像ソフトは、機能が充実しているこのソフトと比べられることが多いです。 業界標準ということでオススメですが、近年、Adobeは、ソフトの買い取り型からサブスクリプション、月額課金制にしています。 ユーザー目線であれば、買い取り型でコストを抑えたいというところが本音と言ったところです。 業界最大手のソフトなのでユーザーが多い• Adobeどうしのソフトで互換性が高い。 使い方の説明がインターネット上でたくさんある。 最初に慣れるまで多少の時間がかかる。 高度な編集をするには、LightroomとPhotoshopを組み合わせる必要がある。 月額課金のため、毎月維持費がかかる。 2020年2月19日に発売されたSILKYPIX Developer Studio Pro10、日本国内メーカーです。 特徴は目的の写真表現に合わせ、複数の写真を合成する合成機能を搭載。 ノイズ除去、ぼかし機能が強化されています。 なにがなんでも日本国内メーカーにこだわっている方にはオススメ。 複数の写真を合成する合成機能• Adobe製品へのプラグインなどは意識して作られていない。 ipadやiPhoneのアプリがないので、モバイル環境では使うことができない。 ベーシックなRAW現像ソフトのため他のソフトとの差別化が難しい。 まとめ 2020年現在、色々なRAW現像ソフトがありますが、RAW現像ソフトを選ぶにはAI(人工知能)技術搭載が決め手でした。 このAI技術を搭載しているのが、Luminar 4でLightroomには無い機能です。 そしてLuminar 4はLightroomとPhotoshopの両方の機能を兼ね備えているイメージと言って良いでしょう。 豊富な編集機能を兼ね備えているのです。 初めてこのAI技術搭載のLuminar 4を使ってみるとそこには、驚きを隠せずぱっと新しい世界が突如として現れる感じです!まずは今スグ試してみることをオススメします!.

次の

[2020最新]映像編集おすすめソフト8選(PC向け)

画像編集ソフト おすすめ

無料で使える便利な画像加工・編集フリーソフトまとめ 1. 無料で使えるベーシック、アップグレード版のPROがあり、無料でも加工・エフェクト・美肌・素材・HDRの機能を使うことが可能です。 他のソフトとは異なる最大の特徴が毎月アップデートされる コンテンツ群です。 Fotorオリジナルのスタンプやフレーム、テンプレート素材を使ってデザインすることができます。 参考: 2. 切り抜き、色調補正、角度補正、赤目修正のほか、基本的な画像編集機能を一通り備えた高機能が魅力的です。 有料のPhotoshopに比べると機能は劣りますが、無料とは思えないほど機能が揃っています。 Photoshop代わりとしてはもちろん、日常的にPhotoshopを使っている方が、外出先でPhotoshopの入っていないPCを使って画像加工したい時に便利です。 無料ですが、有料の画像加工ソフトと比べても遜色ないほどの機能を備えています。 Adobe PHOT OSHOP EXPRESS EDITOR同様、GIMPも画像加工機能が一通り揃っており、パス・レイヤーも使えます。 Photoshop プラグインを使うことができたり、ブラシやスクリプトを自作することも可能です。 参考: 4. Sumo Paint(Web) 機能性も欲しいけれどもっと手軽に使いたい、という方にはSumoがオススメです。 インストール不要、ブラウザ上だけで画像加工をサクサク行うことができます。 使用感はPhotoshopに似ており、レイヤー、各種フィルター機能も備えています。 参考: 5. Pixlr Editor(Web) こちらもSumoと同じく、 オンライン上だけで動作する画像加工ソフトです。 Sumoは日本語非対応ですが、Pixle Editorは日本語を含む28ヵ国語に対応しているため、英語が心配な方にはオススメです。 機能も豊富で、レイヤー、マスク、フィルター他一般的な機能が使えます。 デメリットとして、オフラインでは使用できないことが挙げられます。 参考: 6. Seashore(Mac) Seashoreは、Mac専用のオープンソース画像加工ソフトです。 GIMPをベースに開発したものですが、GIMPと比較すると機能は少ないですが、手軽でシンプルな設計です。 手軽に使えるインストール型を探しているMac ユーザーにオススメです。 GIMPなどの高機能ソフトに比べると機能が劣るものの、一般的な加工機能は揃っていますので、加工ソフトを初めて使う方、初心者の方には適しています。 Pinta(Web) Pintaは、Photohshopライクな機能性の軽量なソフトです。 GIMPのような高機能ソフトは使いにくいがレイヤー機能などは欲しい、という方にぴったりです。 動作も早いため、GIMPだと動作が重いという方にもオススメできます。 Polarr(Web) 直感的に操作できるソフトをお探しの方にはPolarrがオススメです。 画面左右のツールリストからお好みの加工を選択するだけで、誰でも簡単に画像加工が楽しめます。 ちょっとだけ画像の色調を変えたい、彩度を変えたいという時に便利ソフトです。 Pixlr Express(Web) AUTODESKが提供する、PIXLR EDITORの姉妹ソフトです。 簡単な設計で誰にでも操作がわかりやすくなっており、時間をかけずに画像加工ができます。 オシャレな写真編集も簡単にできますので、さくっとエフェクトをかけてプロっぽい写真にしたいという方に最適です。 難点としては、日本語非対応という点が挙げられますが、直感的に操作ができるため英語が苦手でもすぐに慣れることができます。 参考: 11. befunky befunkyは、画像加工・コラージュ・デザインの3機能を備えた オンラインツールです。 人物補正に最適なタッチアップツール、オシャレなエフェクト、装飾に便利なグラフィックなどが揃っており、好きな加工を組み合わせる感覚で手軽に画像加工ができます。 レイヤーを追加することも可能となっているため、手軽ながらも本格的な加工編集ができるのが魅力的です。 参考: 12. orgから派生したソフトウェア「LibreOffice」内のドロー系ツールです。 特に、PowerPointを使っていた方には扱いやすい使用感で、その他の画像加工ツールに苦手意識を持っている方やOfficeソフトをメインに使っている方にオススメです。 Jtrim(Win) 簡単操作で画像加工ができる、初心者にオススメのソフトです。 透過、切り抜き、テクスチャ、カラー、ぼかし、合成ほか様々な効果を適用することができます。 インストール型のソフトですので、オフラインでいつでもどこでも使えるのがポイントです。 Picozu(Web) Picozuは、シンプルな操作性と高クオリティな画像加工を実現できるソフトです。 定番の画像加工機能に加えて、レイヤー、フィルターなどの充実した機能が使えますが、初心者でも使いやすい設計というのがポイントです。 高度な画像加工ソフトで挫折してしまった方は、Picozuを一度試してみてください。 参考: 15. Paint. NET(Win) Windowsのペイントに近い使用感の画像加工ソフトです。 加工機能は他のツールと比較するとやや少なめですが、基本的に必要なツールは備わっているのがポイントです。 AzPainter(Linux) AzPainterは、フルカラーのペイントソフトです。 手軽にイラストを描いたり、レタッチ、ドット編集ができます。 デフォルトでペン、鉛筆、エアブラシ、水彩を使うことができるほか、オリジナルのブラシを自作することが可能です。 画像編集にも使えますが、イラストを描く時に特に活躍するツールです。 PictBear(Win) PictBearは、直感的に使えるシンプルなインターフェースと多彩な機能が魅力的なペイントソフトです。 画面はカスタマイズすることもできるため、自分仕様の画面にしておくことで効率よく作業が可能です。 また、Photoshopなどの高機能ツールで見かけるレイヤー機能を備えており、様々な効果を組み合わせて表現することができます。 なお、ソフトウェアの開発・サポートは現在終了しています。 Pixia(Win) レイヤー、フィルター機能を備えたフリーのペイントソフトです。 筆先のタイプも自由に設定できたりと柔軟性の高いツールが揃っており、本格的なイラストを描くことができます。 フリーソフトながらも、柔軟性の高いドローツールを備えており、レベルの高いベクターイメージが作成できます。 Windows、Macに加えてLinuxでも利用が可能です。 将来的にIllustratorの導入を考えている方は、まずこちらを使ってみてはいかがでしょうか。 素材が豊富に揃っているため、自分でデザインを考えなくとも魅力的な画像が作れるのがポイントです。 また、手元にある画像をアップロードして使うこともできます。 参考: 22. gifs(Web) Youtube動画からgif画像を手軽に作成できるサービスです。 YouTube動画の URLを指定し、使いたいワンシーンを選択するだけで、あっという間にgif画像ができ上がります。 切り取ったgif画像にはキャプションを入れたり、ちょっとした編集も可能です。 アニメーションGIFを作ろう! 画像を指定するだけで、gif画像が簡単に加工できるサービスです。 最大30枚の画像を指定できるほか、リピート回数、持続時間、画像の重ね方など細かな設定もできます。 SmillaEnlarger SmillaEnlargerは、画像加工ソフトと合わせて使いたい、画像解像度を上げるためのツールです。 画像の劣化を抑えながら解像度を上げてくれます。 中でもビットマップ画像は高品質で拡大することが可能です。 写真加工. com(Web) 170種類以上の豊富なツールが魅力的な画像加工サービスです。 文字入れ、回転といった基本編集に加え、フレーム枠、イラスト化といった様々な加工を簡単に行えます。 ツールの種類がわかりやすくリスト化してあり、人気のツールも一目瞭然ですので、どう加工したらいいかわからない初心者の方にも使い勝手良いです。 Sumo Paint(Web) 英語のサイトですが、編集したい画像をサイト上で開くだけで、ブラシなどのレタッチを行うことができます。 直接キャンバスに描写することもでき、色んな事ができるレタッチツールです。 また、Photoshopのようにレイヤー機能を持っています。 一度Photoshopを使ったことがある人にとっては非常にわかりやすい作りになっていて、画像の回転・反転・トリミング・リサイズなども可能です。 PhotoFunia(Web) ユニークなエフェクト加工が楽しめるサービスです。 ヴィンテージ、ロマンティックといった人気のフィルターから、写真にコラージュしたようなフレームまで、幅広く全部で500種類以上を揃えています。 顔にスタンプを押した加工など、他ではあまり見ない機能もあります。 ただ、あらかじめ用意されている画像を加工することは可能ですが、逆に自分で好きな画像をアップし、その画像を編集することはできません。 Pixlr O-Matic(Web) トイカメラ風のオシャレな画像が簡単に作れるサービスです。 こちらもAUTODESKが提供しています。 写真を選択し、好きなフィルターや設定をするだけで一瞬で画像をイメージチェンジできます。 パソコン内の写真はもちろん、Webカメラで撮影した写真をそのまま加工することも可能です。 参考: 29. Photox(Web) 最大1,000ピクセルまでの大きな画像も加工できるサービスです。 サイズ変更、トリミング、回転、反転といった基本の機能が揃っていて、マウス操作だけで作業ができるので、画像加工初心者でも安心です。 高度なツールによくある、操作履歴が残るヒストリー機能も搭載していますので、間違って処理した場合にも遡ることができます。 モジマル(Web) 画像加工未経験の方でも簡単に使えるサービスです。 カラーペン、ネオンペンといった好みのペンで文字入れをしたり、スタンプを貼付けることができます。 さらに、ドラッグして好きな場所に移動するだけですので誰にでも操作が可能で、アニメGIF、アメコミ風画像、トーク画といったユニークなものもサクッと作成できます。 素材は、フィルター、フレーム、スタンプ、 テキストが豊富に備わっていて、トレンド感も押さえた素敵なものばかりが揃うのが特徴です。 バナー工房(Web) 画像加工からGIFアニメ、点滅する画、スクリーンショット、アイコン・ バナー作成、QRコード作成まで、幅広い画像が作成できるサービスです。 どれも簡単なステップで作れますので初心者、未経験でも簡単に使え、Photoshopのような高度なツールではなく、手軽なものを探している時に使いやすいサービスです。 Photobucket(Web) 表示がわかりやすい、シンプルなデザインの画像加工サービスです。 機能一つひとつにアイコンが設定されているので、英語ができなくても直感的に理解でき、使いこなすことができます。 どの機能も好きなものを選択するイメージで作業できるので、とても簡単です。 Picfull(Web) 定番から個性的なものまで、あらゆるエフェクトを用意している画像加工サービスです。 人気のヴィンテージ風はもちろん、ビビッドな2色のデザイン、カラードットといったものまで適用することができます。 作成後の画像はダウンロードできるだけでなく、そのままFacebook、 Twitterに投稿が可能です。 FotoJet(Web) 豊富なテンプレートが魅力的な、コラージュ画像加工サービスで、600種類もの膨大なテンプレートはどれもオシャレで、合成するだけで素敵な画像に仕上がります。 単なるコラージュだけでなく、Facebookカバー、カード、Facebook投稿用画像も簡単に作れます。 Web Resizer(Web) 画像のリサイズを中心とした加工が簡単にできるサービスです。 色合い、露出、コントラスト、彩度の調整もあわせて行うことができ、写真の見栄えを手軽に良くしたい時に便利です。 フォトコンバイン(Web) 簡単な画像編集のほか、様々なツールが使える画像加工サービスです。 画像結合、GIFアニメ作成、ロゴ・ボタン作成、QRコード作成もブラウザ上で手軽にできます。 Pixer. us(Web) 簡単な画像の編集だけなら、これで十分なブラウザベースで動く画像編集ツールです。 画像の回転・反転・トリミング・リサイズはもちろん、明るさ調整・色調補正などが簡単に可能です。 あらかじめ複数のフィルタが用意されているため、こだわりがなければ一発で画像編集が可能です。 これだけの機能が無料で提供されていることにも驚きですが、必要な機能だけが用意されているため動作が軽いのも大きな強みです。 自分の手に馴染む画像加工・編集ソフトを見つけよう Photoshop、Illustratorと比較すると機能的には劣りますが、どれも決して無料とは思えないほど高機能なソフトばかりです。 実際に試してみて、自分にぴったりの画像加工ソフトを選んでみてください。 デザインについてもっと学ぶ コンテンツ コンテンツ(content)とは、日本語に直訳すると「中身」のことです。 インターネットでは、ホームページ内の文章や画像、動画や音声などを指します。 ホームページがメディアとして重要視されている現在、その内容やクオリティは非常に重要だと言えるでしょう。 なお、かつてはCD-ROMなどのディスクメディアに記録する内容をコンテンツと呼んでいました。

次の