トラネキサム 酸 添付 文書。 トラネキサム酸の副作用とは。市販薬服用の注意点と配合薬について

併用禁忌・注意薬はある?医薬品との飲み合わせ

トラネキサム 酸 添付 文書

製品情報• 製品検索• よくあるご質問・ お問い合わせ• 安全にお使いいただくために• 企業情報• 会社情報• ニュースリリース• IR情報・ CSR• IR情報• 財務情報• IR資料室• 株式情報• CSR• E(環境)• S(社会)• 従業員と共に• お客さまと共に• 地域社会と共に• お取引先・お得意先と共に• G(ガバナンス)• 採用情報• 小林製薬とは• キャリア採用• 個人情報の取り扱いについて• 取り扱いについて• 成分 1日量 3包:3. 9g 中 分量 有効成分のはたらき トラネキサム酸 750mg 抗炎症作用があり、のどのはれ・痛み等の症状を改善します カンゾウエキス 198mg 原生薬換算量990mg 主成分グリチルリチン酸の抗炎症作用で、のどのはれ・痛み等を改善します ピリドキシン塩酸塩 ビタミンB 6 50mg 粘膜の機能を正常に働かせる作用があります リボフラビン ビタミンB 2 12mg L-アスコルビン酸ナトリウム ビタミンCナトリウム 500mg 体力消耗時のビタミンC補給になります• 添加物として、エリスリトール、アルファー化デンプン、二酸化ケイ素、タルク、カラメル、無水ケイ酸、l-メントール、香料を含有する 成分・分量に関連する注意• 1 本剤に配合されているリボフラビン ビタミンB2 により、尿が黄色になることがあります• 2 本剤の服用により、尿及び便の検査値に影響を与えることがあります 医師の検査を受ける場合は、ビタミンCを含有する製剤を服用していることを医師に知らせてください• 本剤は天然物(生薬)を用いているため、顆粒の色が多少異なることがあります してはいけないこと 守らないと現在の症状が悪化したり、副作用が起こりやすくなる• 1.本剤を服用している間は、次のいずれの医薬品も服用しないこと 1 甘草 カンゾウ 又はその主成分グリチルリチンを含有する内服薬 むくみ、血圧上昇及び筋疾患 ミオパチー 等が起きることがある 2 トラネキサム酸を含有する内服薬 鼻炎用内服薬、かぜ薬、解熱鎮痛薬、鎮咳去痰薬等• 2.長期連用しないこと 相談すること• 1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること 1 医師又は歯科医師の治療を受けている人 2 妊婦又は妊娠していると思われる人 3 高齢者 4 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人 5 次の症状のある人:むくみ 6 次の診断を受けた人 高血圧、心臓病、腎臓病、血栓のある人 脳血栓、心筋梗塞、血栓静脈炎等 、血栓症を起こすおそれのある人• 2.服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、製品の添付文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談すること.

次の

トラネキサム酸細粒50%「ツルハラ」

トラネキサム 酸 添付 文書

トラネキサム酸注射液1000mg「テバ」の主な効果と作用• 血液を固めないように働くプラスミンの働きをおさえ、出血をおさえる働きを助けます。 血液を固めないように働くプラスミンの働きをおさえることで、 アレルギーや 炎症もおさえる働きがあります。 における口内痛および口内粘膜アフタを治療するお薬です。 出血をおさえる働きを助けるお薬です。 また、や、などを治療するお薬です。 炎症をおさえたり、、などのアレルギー症状をおさえる働きがあります。 トラネキサム酸注射液1000mg「テバ」の用途• 手術中・術後の異常出血• 前立腺手術中・術後の異常出血• 咽の咽頭痛• 咽の充血• 咽の 腫脹• 咽の 発赤• の口内痛• の口内粘膜アフタ• 再生不 良性の出血傾向• 紫斑病の出血傾向• の 紅斑• の腫脹• のそう痒• 中毒疹の紅斑• 中毒疹の腫脹• 中毒疹のそう痒• の出血傾向• 及びその類症の紅斑• 及びその類症の腫脹• 及びその類症のそう痒• の咽頭痛• の充血• の腫脹• の発赤• の紅斑• の腫脹• のそう痒• 局所線溶亢進の異常出血• 局所線溶亢進の• 局所線溶亢進の性器出血• 局所線溶亢進の肺出血• 局所線溶亢進の• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 主な副作用 過敏症、そう痒感、発疹、悪心、嘔吐、食欲不振、下痢、一過性色覚異常、眠気、頭痛 起こる可能性のある重大な副作用 ショック、痙攣 トラネキサム酸注射液1000mg「テバ」の用法・用量• トラネキサム酸として、1日250~500mgを1~2回に分けて静脈内又は筋肉内注射する• 術中・術後などには必要に応じ1回500~1000mgを静脈内注射するか又は500~2500mgを点滴静注する• なお、年齢、症状により適宜増減する トラネキサム酸注射液1000mg「テバ」の使用上の注意 病気や症状に応じた注意喚起• 以下の病気・症状がみられる方は、• 過敏症• トロンビン投与中• 血栓症• 血栓性静脈炎• 消費性凝固障害• 心筋梗塞• 腎不全• 脳血栓• 圧迫止血の処置を受けている• 術後の臥床状態 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 高齢者 65歳〜• 以下にあてはまる方は、服用・利用に際する指示があります。 高齢者 65歳〜 トラネキサム酸注射液1000mg「テバ」の注意が必要な飲み合わせ.

次の

肝斑薬トランサミン(トラネキサム酸)の美白効果 市販薬も解説

トラネキサム 酸 添付 文書

その結果、血栓ができやすい状態になります。 トロンビンははじめから体内に存在する物質です。 しかし止血のため、トロンビンを投与することもあります。 たとえば、外科手術などで出血が多い場合にトロンビンを投与すれば、フィブリンを増やして止血しやすくなるのです。 しかし、このようなケースでトラネキサム酸を服用中だったとしたら、 血栓ができすぎてしまうという危険性があります。 なぜなら、トロンビンを投与してフィブリンを増やしたところに、フィブリンを分解させにくくするトラネキサム酸の作用が加わってしまうからです。 医薬品としてトロンビンを処方されるケースはほぼないため、トラネキサム酸との併用を心配する必要はないでしょう。 ただし、予期せぬケガなどで多量に出血した場合、トロンビンを投与される可能性はあります。 そのため、トロンビンとの併用を避けてもらうには、医師にトラネキサム酸を服用中であることを伝えておかなければなりません。 トラネキサム酸との併用を注意したい医薬品とは? トラネキサム酸とトロンビンが併用禁忌となる医薬品であることはここまで解説したとおりですが、ほかにも併用しないほうがよいとされる医薬品があります。 ここからは、そういった「併用注意薬」について見ていきましょう。 ヘモコアグラーゼ ヘモコアグラーゼはヘビ毒に由来する有効成分をもつ酵素止血剤です。 トラネキサム酸と大量併用することによって、血栓んが作られすぎるという危険性があります。 一般的には処方されない医薬品であることはトロンビンとおなじですが、やはり突然の手術などで大量出血などの事態となれば投与されることがあるため、医師に伝えておく必要があるでしょう。 バトロキソビン バトロキソビンは抗血栓薬であり、トラネキサム酸とは真逆の作用をします。 血栓を分解しやすくする効果があり、バージャー病や閉塞性動脈硬化症といった慢性動脈閉そく症によってあらわれる虚血性諸症状を改善する効果があります。 また、突発性難聴の改善にも効果があるといわれています。 バトロキソビンにはフィブリン・ポリマーを分解する働きがあります。 フィブリン・ポリマーとは、網目のような形状をしたフィブリンの集合体で、血管にできた傷をふさいで出血を防止する役目をするものです。 トラネキサム酸はこのフィブリンポリマーの分解をじゃまする作用があるため、血栓塞栓症をおこすリスクが高まります。 そういった理由から、トラネキサム酸とバトロキソビンは併用注意といわれています。 もし、突発性難聴の治療が必要となった場合は、併用リスクを避けるため、トラネキサム酸を服用中であることを医師に伝えておきましょう。 血液凝固因子製剤 血液製剤の分類 全血製剤 血液そのものを指し、輸血時に使用されるもの。 血液成分製剤 全血製剤をを遠心分離したもので、赤血球や血小板などを分けて別々に投与しやすくしたもの。 血漿分画製剤 全血製剤をを遠心分離して、各種タンパク質などを抜きだしたもの。 上記はそれぞれの血液製剤についてまとめたものです。 なかでも血漿分画製剤は必要とされるタンパク質を分離し抜きだしたものをさします。 この血漿分画製剤のひとつである「凝固因子製剤」を投与する場合、トラネキサム酸を服用中であれば注意が必要となります。 凝固因子製剤を使うケースとしては、血友病患者が大量出血するなどの場合に、止血を目的として使用する場合などがあります。 そのため、血友病患者でなければ併用リスクはないといえます。 しかし、血友病で治療が必要であるなら、トラネキサム酸を服用することのリスクがあるため、慎重に判断する必要があるでしょう。 よく使われる医薬品との併用・飲み合わせは? シミや肝斑治療を目的としてトラネキサム酸を服用するのであれば、1~2か月間は服用を継続しなければなりません。 その間に、風邪などをひいてしまったら、あらたに医薬品を服用してよいのだろうかと併用を心配する人もいるかもしれません。 ここからは、利用者が多いと考えられる医薬品について、併用の安全性や注意点を見ていきましょう。 咳止めや風邪薬との組み合わせは? 風邪をひいて病院にいった場合に処方されるのは、鎮咳薬や痰切りの治療薬、鼻水・鼻づまりの治療薬などでしょう。 医薬品名 効果 アスベリン 咳止め アストミン 咳止め フスコデ 咳止め メジコン 咳止め レスプレン 咳止め アンブロキソール 喉の炎症を鎮める エンピナース 喉の炎症を鎮める ムコダイン 咳止め、痰切り、鼻づまり防止 上記はよくある風邪の症状で処方される医薬品をまとめたものです。 こういった医薬品とトラネキサム酸がいっしょに処方されることがあり、併用してもよいか心配になることがあります。 風邪の一般的な症状としては、のどの痛みや咳、鼻づまり、痰がでる、などが多いため、これらの医薬品を処方された経験があるという人は少なくないでしょう。 また、のどの痛みによってトラネキサム酸が処方されることもあります。 つまり、風邪の症状で処方される医薬品と一緒に、トラネキサム酸が処方されることはめずらしくないのです。 なお、ムコダインは風邪でよく処方される医薬品なので、トラネキサム酸とムコダインが一緒に処方されるのはよくあることです。 いずれの医薬品も、トラネキサム酸と相性の悪いものはなく、併用によるリスクはないと考えられます。 併用が心配だからと、片方の医薬品の服用をやめてしまうと、風邪の治療を遅らせることになるでしょう。 早期に治療するためには、処方された医薬品を、指示どおりに服用することが大切です。 なお、市販薬として販売されているルルやパブロンといった風邪薬についても、トラネキサム酸との併用は問題ありません。 こういった風邪薬にはいっていることが多いのは「アセトアミノフェン」という解熱鎮痛薬ですが、トラネキサム酸との併用リスクはありません。 抗生物質との組み合わせは? 抗生物質を処方されるのは、風邪など細菌性の症状がでている場合です。 抗生物質の種類には フロモックス、メイアクト、クラリス、クラビット、ジスロマック などがあります。 わりと広く使用されているものなので、処方された経験をもつ人は少なくないでしょう。 気になるトラネキサム酸と抗生物質との関係ですが、 併用しても問題ない医薬品どうしといえます。 添付文書を確認しても、併用注意といった記載はありません。 また、風邪の治療薬として、病院で一緒に処方されるというケースもあります。 もし、注意するべきことがあるのであれば、胃腸への負担が大きいということでしょう。 抗生物質には、 胃腸系の副作用がでることが多く、下痢や便秘、胃痛などの症状があらわれやすいのです。 そのため、胃腸に副作用がでやすい人が併用すると、たがいの副作用を強めあい、症状が悪化するケースも考えられます。 そういった体質の人にとって、抗生物質とトラネキサム酸は飲み合わせの悪い医薬品だといえるでしょう。 すぐに併用をやめるようにしましょう。 痛み止めや解熱鎮痛剤(NSAIDs)との組み合わせは? 解熱剤や鎮痛剤についても、ひろく服用されている医薬品といえるでしょう。 なかでも知名度が高いのは、NSAIDsとよばれる鎮痛剤です。 ロキソニン、ボルタレン、イブプロフェン、アスピリン、ポンタール、インドメタシン これらすべての医薬品はNSAIDsのなかまです。 「イブ」や「バファリン」などの市販薬は有名で、知らない人はいないでしょう。 なお、NSAIDsはトラネキサム酸との併用注意とはなっていないため、併用しても問題ありません。 トラネキサム酸を服用中にロキソニンなどの市販薬を服用してもよいのです。 とはいえ、注意すべき点もあります。 それは、抗生物質のケースとおなじように、副作用が消化器系にでやすい場合です。 抗生物質との違いは、NSAIDsの副作用が「胃」にでやすいということです。 具体的には、食欲不振や胃痛といった症状があらわれます。 深刻なケースになると、胃潰瘍になることもあります。 このようなリスクをさけるためには、ロキソニンのような鎮痛剤は食後に服用するというルールをかならず守りましょう。 トラネキサム酸の副作用にも消化器系の症状があります。 NSAIDsによって弱った胃に、トラネキサム酸の副作用が重なれば、たがいの副作用が増幅しあい、ひどい症状へと発展する可能性があります。 頻度としては少ないものの、副作用の可能性は否定できません。 トラネキサム酸を服用中に症状がでている、もしくは症状がでやすい人は、あらかじめ胃腸薬などを服用するなどの対策をとるべきでしょう。 抗アレルギーや花粉症との組み合わせは? 花粉症は多くの人がなやまされている症状です。 花粉の季節がゆううつだと感じる人もたくさんいるでしょう。 アレグラ、エバステル、ザイザル、ポララミン 花粉症になると、上記のような治療薬を服用することになります。 このような抗アレルギー・ヒスタミン剤にも注意が必要です。 なぜなら、抗生物質や痛みどめど同様に、消化器系の副作用があるからです。 もし「アレグラなどを服用するときまって胃腸の調子が悪くなる」というのであれば、それらの薬に弱い体質であると考えられます。 トラネキサム酸と服用することで、症状悪化のおそれがあるため、トラネキサム酸との併用には気をつけなければなりません。 胃腸薬との組み合わせは? 日本人の多くは、なんらかの胃腸障害を抱えているといって過言ではありません。 下痢や便秘、胃もたれや胃痛、胸やけなどのうち、誰でもひとつくらいは過去に悩まされていた、もしくは悩みつづけているのではないでしょうか。 そのため、胃腸薬を服用している人も多いはずです。 ムコスタ、ガスター、タケプロン、パリエット、ネキシウム など 上記は胃腸薬のなかでも処方せん薬といわれるものです。 つまり、胃腸薬としてはほんの一部であり、市販薬をあわせればたくさんの種類があるのです。 このような胃腸薬とトラネキサム酸の組み合わせは問題ないとされています。 トラネキサム酸添付文書を確認しても、胃腸薬の併用について注意をうながすような記載はありません。 なお、抗生物質や痛みどめは、トラネキサム酸と併用することで、消化器系の副作用リスクがあることを解説してきましたが、胃腸薬にはリスクどころか副作用をやわらげるというメリットがあります。 つまり、飲み合わせのよい医薬品どうしだといえるのです。 とはいえ、なんらかの胃腸の症状があって胃腸薬を服用しているのですから、症状によってはトラネキサム酸の副作用の影響をうけることもあります。 そういった場合には、副作用に気をつけたほうがよいでしょう。 抗不安薬や睡眠薬との組み合わせは? 多くの人が服用している医薬品として デパス、ワイパックス、ソラナックス、メイラックス、レキソタン、アモバン、ルネスタ、ロヒプノール、レンドルミン など 上記の睡眠薬や抗不安薬などがあります。 それだけトラネキサム酸と併用するケースも多いということです。 とはいえ、トラネキサム酸と抗不安薬・睡眠薬の相性は悪くありません。 つまり、併用注意ではないため、併用しても問題はないのです。 なお、可能性は低いですが、睡眠薬や抗不安薬にも消化器系の副作用があることを忘れてはいけません。 確率は0. しかし、それほど気にする必要はないでしょう。 睡眠薬や抗不安薬によって胃腸障害が発生するリスクは、NSAIDsなどと比べるととても低いからです。 ピルとの組み合わせは? ピルを服用しているという女性も多いのではないでしょうか。 トリキュラー、ダイアン、ヤスミン、アイピル ピルにはこのようにいくつかの種類がありますが、いずれもトラネキサム酸と併用注意とされるものはありません。 つまり、一般的には、併用に問題のある医薬品ではないといえます。 しかし、血栓症の副作用を起こすピルもあるため注意が必要な場合もあります。 そうしたピルと、トラネキサム酸の血栓を作りやすくするという作用は、相性が悪いといえます。 とはいえ「併用しているけれどとくに問題はない」という人もいるでしょう。 重要なことは、血栓症のリスクをきちんと知っておき、なんらかの異常があった場合はすぐに医師の診察を受けるなど、早めに対処するという意識をもつことです。 ワーファリンとの組み合わせは? ワーファリンは服用している人がそれほど多くない医薬品です。 しかし「併用」という問題においてはたびたび話題になる医薬品でもあります。 ワーファリンは制約が多い医薬品であり、納豆と一緒に摂取してはいけなかったり、妊婦に投与してはいけないとされています。 そのため「トラネキサム酸も併用してはいけないのでは?」と心配になる人もいるかもしれません。 「血栓症」の治療に使用されるワーファリンには、血栓をできにくくする働きがあります。 血栓を作りやすくするというトラネキサム酸の作用とは真逆であることから、飲み合わせが悪いように思えます。 しかし、トラネキサム酸とワーファリンの併用は問題ないとされています。 その理由は、トラネキサム酸よりワーファリンの作用が強力だからです。 もし、トラネキサム酸を服用中だったとしても、血栓を作らない作用のほうが強いため心配することはないのです。 また、ワーファリンを服用しなければならないなら、止血が必要でトラネキサム酸を服用していることはないはずです。 トラネキサム酸の服用が、シミや肝斑対策であったり抗炎症を目的とするなら、ワーファリンを併用することのリスクはないといえます。 万が一、手術をすることになった場合、止血のほうが大切であるため、ワーファリンの服用は中止することになるでしょう。 そういった場合、医師によってきちんと判断されるため、併用について不安を感じる必要はないでしょう。 たとえば、トロンビンやヘモコアグラーゼといった医薬品がそれにあたります。 これらの医薬品は、手術などで止血が必要となるケースや、血友病患者などでなければ投与されないため、通常であればトラネキサム酸との併用はないといえるでしょう。 また、風邪や花粉症の治療を目的とした医薬品はひろく使用されていますが、併用時に注意したいのは消化器系の副作用です。 消化器系の副作用がある医薬品は多く、胃痛や下痢といった症状は比較的でやすいからです。 トラネキサム酸にもおなじような副作用があるため、症状が重なることでより強い症状があらわれることがあります。 とはいえ、そこまで心配する必要はありません。 くり返しになりますが、一般的な医薬品のなかに併用禁忌・併用注意とされるものはないからです。 つまり、基本的には問題がないといえます。 それでも不安なようであれば、併用する前に見出しのなかからその医薬品を探して、問題がないか確認しておきましょう。 もし、なんらかの問題を見つけたなら、事前に医師に確認するようにしましょう。

次の