挨拶文 締め。 目上の人への手紙・メールの挨拶文の書き方と例文〜忘れてはいけない結び言葉のマナー付き

懇親会での中締めの挨拶例文

挨拶文 締め

ビジネスメール「締めの言葉」の書き方の基本 まずはじめにビジネスメールの締めの言葉の書き方の基本を説明します。 メールの内容や相手にふさわしい言葉を使う ビジネスメールの締めの言葉は、事務的な連絡などの業務メールでは「よろしくお願いいたします」がよく使われます。 儀礼的な内容のメールや目上の人に送るメールでは、手紙の書き方のマナーにのっとり、今後の指導を願う言葉や相手の健康や繁栄を祈る言葉を述べます。 また、単調にならないようにしたり、コミュニケーションを深めたりするために、季節の挨拶などを取り入れることもできます。 具体的な例文はのちほど紹介しますので参考にしてください。 冒頭の挨拶の言葉と格を合わせる 締めの言葉は、冒頭で述べた挨拶の言葉と格を合わせ、かつ重ならない表現にします。 「冒頭の挨拶+締めの言葉」例文• 「いつもお世話になっております。 」+「以上、よろしくお願い致します。 「平素は格別のご愛顧を賜り心から感謝申し上げます。 」+「今後とも一層のご高配をいただきたくお願い申し上げます。 」 社内メールでも忘れずに入れる 事務的な連絡などの社内メールであっても、必ず締めくくりの言葉を述べるようにします。 メールの締めの言葉はマナーだと心得ておきましょう。 締めの言葉のあとに2~3行追記を入れることもできる 本文とは別記したい内容や、特に注意を促したい内容は締めの言葉のあとに「追記」として2~3行くらいまで書き加えることができます。 「締めの言葉」の状況別フレーズ(例文) 次に状況別に締めの言葉を紹介します。 取引先や目上の人、社内など相手と状況に応じて使い分けられるよう、参考にしてください。 シンプルな言葉 よく使われているシンプルな締めの言葉は次のような表現があります。 簡単な連絡の場合は、シンプルな言葉で締めくくりましょう。 どうぞよろしくお願いいたします。 以上、よろしくお願いいたします。 何とぞよろしくお願い申し上げます。 以上、ご連絡いたします。 何らかのお願いや依頼をしている場合は「恐れ入りますが」「ご多忙中/お忙しいところ恐縮ですが」「お手数をおかけして申し訳ございませんが」などのクッション言葉を添えると丁寧です。 お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。 今後につなげる言葉 メールの内容に応じて、今後につなげる言葉を書くときは次のような表現があります。 お礼のメールの時などに使われます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 これからも変わらぬご指導をくださいますようお願いいたします。 引き続きよろしくご協力を賜りたくお願いいたします。 今後も倍旧のご高配を賜りますようお願いいたします。 繁栄を祈る言葉 お祝いや挨拶など、儀礼的なメールの場合は繁栄を祈る言葉を書きます。 お祝いの他に、退職メールなどでも相手の繁栄を祈る言葉で締めることが多いです。 貴社の一層のご発展を心よりお祈りいたします。 貴社のますますのご繁栄を心からお祈り申し上げます。 貴社のより一層のご隆盛を祈念いたします。 〇〇様のますますのご活躍を心よりお祈りいたします。 皆様の一層のご清栄をお祈り申し上げます。 健康を祈る言葉 社交を目的としたメールなどでは、健康を祈る言葉で締めくくることもできます。 皆様のますますのご健康をお祈りいたしております。 ご自愛くださいますようお祈り申し上げます。 ご自愛のほどお祈りいたしております。 〇〇様にはどうぞお健やかにお過ごしくださいますようお祈りいたします。 用件を結ぶ挨拶の言葉 「連絡」「挨拶」などの用件を述べて結ぶこともできます。 まずはとり急ぎメールにてご連絡いたします。 以上、略儀ながらメールにてご挨拶申し上げます。 以上、取り急ぎご報告いたします。 まずはとり急ぎご連絡まで。 まずは〇〇のお祝いまで。 お礼の言葉 お礼のメールを送る場合は、まず冒頭でお礼を述べますが、とりわけ深い感謝の気持ちを伝えたい時などは、最後の締めの言葉でもう一度お礼の言葉を述べることもあります。 このたびの件につきまして、謹んでお礼申し上げます。 このたびは心より感謝申し上げます。 軽いお礼の挨拶の時は、最後に繰り返すとくどい印象にもなりますので注意しましょう。 そのような時は次のような締めの言葉もあります。 取り急ぎ、メールにてお礼申し上げます。 まずはお礼まで。 謝罪の言葉 謝罪のメールを書くときは、冒頭でまず謝罪の言葉を述べますが、最後にもう一度謝罪の言葉を述べて締めの言葉とします。 このたびの件につきまして、謹んでお詫び申し上げます。 このたびは何とぞご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。 このたびは大変申し訳ございませんでした。 その他の結びの言葉 メールの内容に合わせて、次のように結ぶこともできます。 〇〇を楽しみにしています。 〇〇となるよう、お祈りいたします。 返事を求める挨拶の言葉 返事が必要な場合は締めの言葉で返事を求めることもできます。 ご多用中恐縮ですが、お返事をお待ちしております。 恐れ入りますが〇月〇日までにご返事を頂戴できれば幸いに存じます。 季節感のある「締めの言葉」(例文) 真夏や真冬の厳しい季節の時には、締めの言葉で相手の健康を気遣う言葉を述べることもできます。 季節を特定せず使える言葉• 時節柄、ご自愛のほどお祈りいたします。 季節の変わり目の折、ご自愛のほどお祈りいたします。 夏の言葉• 猛暑の折、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。 炎暑の折、どうかお健やかに過ごされますようお祈り申し上げます。 暑さもいよいよ厳しくなる折、くれぐれもご自愛くださいませ。 いよいよ暑くなりますので、一層のご健勝をお祈り申し上げます。 冬の言葉• 厳冬の折、お風邪など召しませんようご自愛のほどお祈り申し上げます。 時節柄、くれぐれも風邪にはご用心ください。 これからが冬の寒さも本番、どうぞご自愛専一にお過ごしください。 まとめ ビジネスメールの「締めの言葉」は、状況にあわせて適切な言葉を使います。 メールの内容が業務連絡なのか、儀礼的な挨拶のメールなのか、あるいは個人的な内容を含む内容なのかによっても使う言葉が変わります。 また、冒頭の挨拶の言葉と格を合わせたり、重ならないようにすることも配慮が必要です。

次の

社長の挨拶やスピーチに使える言葉の例文や手紙・メールに使える文例

挨拶文 締め

海外の支社や取引先に対して、また外国人のお客様に対してなど、ビジネスシーンにおいて英語でメールを書く機会は多いですよね。 英語でのビジネスメールが初めての場合、内容はともかく、そもそもどうやって書いたらいいのか悩んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?特に、メールの末尾の締めくくり方については、案外知らない方が多いです。 日本語でもメールの最後の結びに型があるように、英語ビジネスメールの結びにも決まった型があります。 しかし、日本語に比べて、英語の結び方はバリエーションが豊富で、シーンによって様々な使い分けが生じます。 この記事では、丁寧な締めくくりからフランクな結びの言葉まで、英語ビジネスメールの締めの言葉をご紹介していきます。 送る相手との関係性や親密度、距離感を踏まえた上で、締めの言葉を使い分けられるようになりたいという方は、是非ご覧ください。 新規のお客様や、会社の幹部の上層部の方にお伺いを立てる際などは、最上級のフォーマルな言葉遣いでメールを書きますよね。 その場合、メールの末尾にも、それ相応の丁寧な結びの言葉を用います。 フォーマルな場面で最もよく使われる締めの言葉は、以下の3つです。 ・Sincerely yours, ・Yours sincerely, ・Sincerely, 他にもフォーマルな結びの言葉はいくつかあります。 以下は、特に手紙でよく見られる丁寧な締めの言葉です。 いずれも「真心を込めて」「心から」といった意味ですが、現在は形式的に使われているだけなので、特に意味を深く考えることはありません。 ・Yours truly, ・Cordially, ・All the best, 最後に、カジュアルな英語ビジネスメールの結びの言葉をご紹介します。 こちらは、同僚や親しい直属の上司の方などに対してメールを送るときに使う末尾の表現です。 ・Thank you, ・Cheers, ・Talk to you later, ・Thanks in advance, ・Have a nice day, ・Have a great day, ・See you soon, ・Take care, 「Have a nice day,」は、週末直前であれば「Have a nice weekend,」、祝日前であれば「Have a great holiday,」のようにアレンジすることもできます。 ・Feel free to reach out if you have any questions. ・If you have questions, do not hesitate to ask me. I will be happy to answer you. ・Should you have any questions, please feel free to ask me. ・Should you require any further information, please do not hesitate to contact me. ・Feel free to contact me. I'm just a phone away. お詫びや謝罪のメールは、丁寧に書くのはもちろんですが、締めの言葉の前にもう一度謝罪の一言を添えるのを忘れないようにしましょう。 以下のようなフレーズが一般的です。 ・I apologize for any inconvenience you may cause. ・My apologies for any inconvenience. ・Thank you very much for your patience. ・Thank you for your understanding. ・I am sorry for any inconvenience. ・I hope this doesn't cause you too much patience. 一言添えるだけでメールの印象は随分変わります。 最後に、日本語の「今後ともよろしくお願いいたします。 」にあたる締めの言葉をご紹介します。 ・Please keep in touch. ・I'm looking forward to working very closely with you. ・I'm looking forward to doing business with you. 「I'm looking forward to working very closely with you. 」や「I'm looking forward to doing business with you. 」は、「これから一緒にお仕事できるのを楽しみにしています」というニュアンスです。 近々会う予定がある場合には、以下のような表現もよく使います。 ・I look forward to seeing you soon. 実際に海外で長いこと生活をしていると、ビジネスやプライベートで英語のメールを書くことが日常的にあるので、肌感覚でこういった英語メールの締めの言葉の使い分けは覚えてきます。 使い方には地域ごとの差もあり、北米はヨーロッパなどに比べるとビジネスでもあまり硬くならずにカジュアルな雰囲気で話をする風潮なので、ビジネスメールもあまりかしこまった表現を使わないことが多いです。 何より肝心なのは本文なので、あまり余計な労力を末尾に費やさず、上述の締めの言葉をそのまま覚えてしまうのがおすすめです。 末尾に締めの言葉をつけなかったからといって、いきなり契約を切られるようなことはありませんが、最後に何もないと、人によっては少しラフに感じたり、失礼に思われたりするので、気をつけましょう。

次の

メールの締めの挨拶の例文・書き方|シーン別/季節別/ビジネス

挨拶文 締め

パソコンやスマホが普及した現在、かしこまって手紙を書くことは、日常生活の中ではあまりなくなってきたのではないでしょうか。 しかし、仕事の場ではちょっとした報告から大事なお礼、お詫び、異動、挨拶などきちんとした文書を書かなければいけないシーンは多いのでは。 目上の人に手紙やメールを送る場面も多いと思います。 しかし、具体的にどういう場面で上司や目上の人への手紙やメールの挨拶文を送ればいいのか分からないものです。 そもそも仕事において挨拶文を書かなければならないときというのは、どういった場面なのでしょうか。 その際にはもちろん、状況の報告だけではなく、冒頭の挨拶や締めや結びの一文にまで気を配りましょう。 目上の人に宛てるものであれば、マナーをしっかりとわきまえ、丁寧な文章を心掛けてください。 また、目上の人へのメールや手紙を送る前には、誤字や脱字も確認しましょう。 メールや手紙のマナーは社会人としては基本的なスキル 挨拶文や手紙の文面というのは、人柄が出ますし、人間関係を円滑にするうえでも非常に大切なものです。 細かいマナーや普段使わない言葉などが出てきて、戸惑う事もあると思いますが、ここで綺麗な挨拶文・手紙を送る事ができるだけで、上司からの評価はグンと上がります。 また、挨拶文はビジネスにおいて何度も書く場面に出くわすと思いますし、目上の人への対応は早いうちに覚えてしまった方が今後の、挨拶文や手紙作成の際にも役立ちます。 挨拶文の重要性を知って、しかりと綺麗な挨拶文を書けるようにきっちり勉強しておきましょう。 手紙かメールかは目的に応じて使い分けよう 仕事では筆まめは得をすることが多いようです。 上司に対しても、取引先などに対しても、ちょっとしたことでも一筆書くということを心がけていると、コミュニケーションも円滑になるのではないでしょうか。 しかし、どんなことを伝えたいか、また挨拶文を書く目的によって、手紙かメールは使い分けれるようにすることです。 日頃使い慣れている言葉ではないので、いざ使おうと思っても何が正しいのか、何を書けばいいのか分からないという人も多いと思います。 ここでは、挨拶文の正しい頭語・結語を見ていきましょう。 目上の人への手紙にはかならず「頭語・結語」を入れる 「謹啓」「敬白」もしくは「拝啓」「敬具」を用いるのが、マナーとなっています。 特に目上の人への手紙には正しく使用して手紙を整えましょう。 手紙を記入する際、その多くは「拝啓・敬具」で記載されることが多いです。 また、略式の手紙の場合は、「前略」「草々」もポピュラーです。 より改まった手紙の場合は、「謹啓」「敬白」なども使われます。 なお「敬具」のかわりに「かしこ」を使う場合がありますが、記入できるのは女性のみです。 場合によっては時候の挨拶も使う ・1月「新春の候」「大寒の候」「厳冬の候」など ・2月「立春の候」「早春の候」「梅花の候」など ・3月「春暖の候」「春分の候」「啓蟄の候」など ・4月「花冷えの候」「桜花の候」「陽春の候」など ・5月「新緑の候」「立夏の候」「初夏の候」など ・6月「入梅の候」「紫陽花の候」「小夏の候」など ・7月「盛夏の候」「大暑の候」「酷暑の候」など ・8月「土用の候」「残暑の候」「立秋の候」など ・9月「新秋の候」「白露の候」「秋分の候」など ・10月「秋涼の候」「紅葉の候」「寒露の候」など ・11月「晩秋の候」「初霜の候」「菊花の候」など ・12月「師走の候」「寒冷の候」「歳末の候」など 目上の人へのメールの書き方とポイント• いただいたメール、拝読いたしました。 ご連絡いただきありがとうございます。 表題の件でございますが、……• 目上の人へのメールの書き出しは時候の挨拶は必要ありません。 また、拝啓や敬具といった始まりの言葉と締めの言葉も必要ありません。 上司や目上の人へのメールだとつい丁寧に書こうとしつこくなりがちですが、シンプルで読みやすいことが一番なのです。 メールは素早く返すことも重要なマナー 目上の人へのメールだと、文面にこだわってしまい、なかなか返信できないという人もいるでしょう。 しかし、メールの利点は素早く連絡をし合えることです。 メールで連絡をしてくる場合、上司などそのメールを送ってきた目上の人も早く返信がほしい可能性が高いです。 目上の人へのメールだからと時間を書けず、シンプルでわかりやすい内容のメールを素早く返信しましょう。 目上の人への手紙やメールでおすすめの「締め・結びの言葉」 目上の人への手紙やメールを送る際は、締め・結びの言葉にも気をつけましょう。 締め・結びの言葉でその手紙やメールの印象が大きく変わりますし、気の利いた言葉や季節を表す締めの言葉を送ることで、より印象の良い素敵な文面にできるのです。 それでは上司や目上の人への手紙、メールの締めくくりの文にはどういったものがあるのか見ていきましょう。 目上の人へのメールや手紙での挨拶文はマナーが重要!締め・結びの言葉にも注意! 目上の人へのメールや手紙での挨拶文の書き方やマナーをみてきましたが、いかがでしたか?これで上司などの目上の人へのメールや手紙での挨拶文を書く事が出来るはずです。 そのシチュエーションによって様々な挨拶文がありますので、注意しましょう。 ちょっとした手間や心遣いで、仕事はうまくいくものだといえます。 ここぞというときに、手紙やメールで好印象を与えたいですよね。 頭語・結語や手紙の締めくくり、メールの結びの言葉など、使い慣れない、聞きなれない言葉もありますが、場面や上司によって上手に使いこなしましょう!.

次の