タイピング練習 長文 10分。 タイピングが「早くならない・遅い」初心者おっさんが上達した練習方法

5分間タイピング練習

タイピング練習 長文 10分

タイピング練習サイト(e-typingなど)やフリーソフト(Ozawa-Kenなど)で練習しています。 数字キーや記号等に多少の不安は残るものの、アルファベットに関してはだいぶ自信がつきました。 ただ、上記の練習ではタイピング速度のみの練習で、漢字変換練習ができないので、いざ文書を作成するとなると変換ミスも目立つし速度も満足のいくものではありません。 先日は新聞記事・社説を練習素材にしてみましたが、何か違うような??? 漢字変換も含めた長文タイピング練習で「これは!」という練習方法があればぜひ教えて下さい。 ・練習できるHP ・練習できるフリーソフト ・練習方法の提案 アドバイスよろしくお願いします。 現在、10分間で600~800字程の文書入力(日商文書技能2~1級)を目標にしています。 A ベストアンサー ご存知と思いますが、現在の日本語変換ソフトでは、複文節変換法 別名一括変換法 と単文節変換法 文節単位で変換 があります。 タッチタイピングが出来るのであれば、単文節変換法をお勧めします。 ただ、ここで云う単文節とは、文法上の文節ではなく、「助詞」や「句読点」を含めた文節と云うことになります。 なお、単文節変換の操作例を挙げておきます。 項目 文字入力、数字入力、英字入力 内容 <文字入力> ・ローマ字・かな入力対応 ・漢字変換あり ・ローマ字入力に関して、複数入力方法を可能にしておく し:si、shi いった:itta、iltutaなど ・できれば文章を入力するようにする <文字・数字入力共通> ・結果表示 正確率・ランク・入力文字数 ・時間制限がある 上記の条件を満たすソフトがあれば教えて下さい。 市販、フリーソフト、有料ソフト、オンライン上なんでも結構です。 あと、もし自分で作成するとしたら、何を使用すればいいですか ソフト名、言語など ちなみに自分の能力はOFFICEは一通り使用できますが、言語に関しては初心者です。 vector. html シェアウェアのアップグレード版もあります。 vector. html こちらはシェアウェアです。 vector. html 漢字変換は出来ませんが、ゲーム感覚で練習できますので、中高生などには最適かと思います。 ご参考になれば幸いです。 Q 最近データ入力の仕事が決まったのですが、殆どが数字の入力です。 他の方々はまるでピアノでも弾くように、見た数字を脳を通さず反応しているように打っていらっしゃるのを見てかなり焦っています。 私は一度頭で「いち、はち、…」と考えてから打ってしまうので必然的に遅くなります。 5桁以上の数字をパッと見てパッと打てるようになるにはどうしたら良いのでしょうか。 コツなどありましたら教えて下さい…。 また、テンキーと(ノートパソコンなもので…)練習用ソフトを購入しGWを利用して特訓でもしてみようかなと思っているのですが、ソフトには沢山の種類があり、またテンキーの練習の有無やどのようなことができるのかを説明してあるものが中々見つかりません。 ホームポジションの練習から実践的な練習まで出来るソフトをご存知でしたら教えて頂けると嬉しいです。 Win98を使っています。 どうぞ宜しくお願い致します! A ベストアンサー 「文字数」(かきこくけ)のことだと思います。 「何文字叩けるか」ではなく、「何文字入力できるか」ということではないでしょうか。 私も派遣会社で登録したときに入力スピードのチェックテストがありました。 テンキーは変換不要なので入力数でしたが、日本語入力は文字数でカウントされました。 そして、漢字はひとつ一文字です。 たとえば「今日」は「きょう」で3文字ではなく、2文字で数えられます。 どれくらい打てればいいか、ということですが、速いに越したことはありませんが、10分で800字以上入力できれば速いほうではないでしょうか。 ちなみに平均900~1000文字打てる私は、マンパワージャパンの日本語入力テストで7段階のランクで最上級のランクをいただきました。 その時何文字入力できたかは知りませんが、最上級をもらうのは滅多にないとお褒めの言葉をいただきました。 …でも、大手の派遣会社なら自社で入力テストを登録時にやらせるため、あらかじめ計っておくようにということはまずないです。 だって極論を言えば10分で400文字しか打てなくても800文字打てるってハッタリ通用しちゃいますよね? 「文字数」(かきこくけ)のことだと思います。 「何文字叩けるか」ではなく、「何文字入力できるか」ということではないでしょうか。 私も派遣会社で登録したときに入力スピードのチェックテストがありました。 テンキーは変換不要なので入力数でしたが、日本語入力は文字数でカウントされました。 そして、漢字はひとつ一文字です。 たとえば「今日」は「きょう」で3文字ではなく、2文字で数えられます。 Q お恥ずかしい質問ですがお願いします。 (高齢初心者です) NECのノートMEを使用していました。 今までウィールスバスターを長年使っていましたが=2007は入らず+06のアップデートも年末までとの事で、止む無くVISTAノートPCを購入しました。 もしかしたら(次からこの画面は表示しない)にチェックが付いていたのかも知れませんが、どこを探しても二度とこの画面が出せません。 あれは良かったのになあ~と残念に思っています。 kotaete-net. geocities. odn. asahi-net. moug. kenzo30. eurus. dti. relief. microsoft. mspx A ベストアンサー マンパワーでは40歳を過ぎての登録者の紹介実績もありますし、周囲でそういう人を知っています。 OAスキルが高く、TOEICでも高いスコアをお持ちなので、お仕事の幅は広いように思うのですが、英語を使ったお仕事に限定されると、ちょっと厳しいかもしれません。 OAメインで、英語も使うよ、くらいのお仕事から始められた方が無難かもしれません。 というのも、ここ数か月、特に外資系の案件が少なくなっているようなのです。 登録したてのスタッフには、どこの派遣会社も積極的に案件を紹介してくれるようですが、今はご存じのように、スタッフ間の仕事の奪い合い、派遣会社間の競争も激しいです。 実務経験だけでなく、直近の経験が重視されます。 英文事務の派遣社員を採用している企業や派遣会社は、TOEICのスコアはあくまで目安と考えているようです。 私は以前の職場で、スコアが十分だったので採用された派遣スタッフが、実務に入ったら全く仕事にならなかったということで、契約途中で終了したのを見ました。 企業も派遣会社もそういうケースを何度か経験しているので、スコアを絶対視はしないようです。 900もあれば読み書き、会話全てでビジネスレベルに達していると推測されるので、ビジネス英語が使えて、outlookでのミーティング設定、場合によればSAPが使えることがセットになるように思います。 そのご経験があれば可能性はあると思います。 ちなみに、マンパワーのホームページのお仕事検索で、ご自身の希望、スキルに合ったお仕事は見つかりましたか? なければ、登録されても、紹介までは時間がかかると思います。 マンパワーでは40歳を過ぎての登録者の紹介実績もありますし、周囲でそういう人を知っています。 OAスキルが高く、TOEICでも高いスコアをお持ちなので、お仕事の幅は広いように思うのですが、英語を使ったお仕事に限定されると、ちょっと厳しいかもしれません。 OAメインで、英語も使うよ、くらいのお仕事から始められた方が無難かもしれません。 というのも、ここ数か月、特に外資系の案件が少なくなっているようなのです。 登録したてのスタッフには、どこの派遣会社も積極的に案件を紹介してくれるようです...

次の

長文タイピング練習ができるサイトを探しています。タイピングの練習を...

タイピング練習 長文 10分

はじめに パソコン打つの大好きな、ほうじょうです。 今回は 1分間に300打を打つことが安定している私が タイピング練習に使ったサイトをご紹介します。 タイピング速度を上げるために役立ちます。 みなさんはタイピング早くなりたいですよね? 私はもっと早くなりたいです! 文章を打つのもデータを入力するのもタイピングが早くないとつらいですからね……。 ですが、裏を返せばタイピングさえ早ければ気持ちよくパソコンを扱うことができます。 皆さんには私がをするために練習した経緯をお話しします。 私も最初は当然などできませんでした。 しかし、あるひとつのことを意識することでができるようになりました! それはという手の位置を体に叩き込むことです。 とは、左手の小指をaに薬指をsに中指をdに人差し指をfに置き、 右手の人差し指をjに中指をkに薬指をlにおくことです。 言葉だけではわかりづらいので、図をご用意いたしました。 をするためにはこのを崩さずにタイピングすることが一番重要です。 これができなければ、キーボードの位置を覚えることも難しいです。 とにかく指を特定の位置に置くことに慣れましょう。 100回ぐらいに指を置けば何となく癖になると思います。 なくして、タイピングなしです。 まずは型を取得する。 スポーツでもお仕事でも、なんでも重要ですね。 早さよりも正確性 早く速くタイピングしたいという方。 焦らないでください。 焦りが一番タイピングの習得を妨げます。 ゆっくりとでも正確にタイピングを続けることで結果的にタイピング速度は速くなります。 理由はただ一つ、間違えたら、修正する必要があるからです。 修正するためにはバックスペースを押す必要があります。 バックスペースを押して、もう一度押しなおすというだけで非常に大きな手間です。 1度打つべきものが2度打つ必要が出てきます。 単純に労力が2倍です。 そのため、速度が半分であっても、2倍速で間違え続けるよりもずっと早くタイピングすることができます。 長文タイピングのすすめ みなさんは何のためにタイピングを取得したいとお考えですか? 私の場合は文章を可能な限り早く打ち込みたかったからです。 多分、文章を早く打ちたいとかデータ入力を早くしたいとかそういう意図が皆さんにもあると思います。 どのような目的でも私は長文タイピングをおすすめしたいです。 理由は画面の切り替わりが少ないからです。 もしかすると、長文は難しいのでは?とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、実は長文のほうが楽なのです。 なぜなら、表示速度が全く違うからです。 単語タイピングですと、毎回画面が切り替わります。 正直反射神経を求められます。 みなさんは反射神経に自信がありますか? (私はちょっと自信があります。 ) 自信があるかどうかにかかわらず、反射神経を使う時点でそれは手間です。 単語は毎回画面が切り替わります。 それに対して長文タイピングはだいたいの打つべき文章が画面にすべて表示されます。 単純に度が違います。 総合的には長文タイピングのほうがたくさん練習できます。 だから、私は単語タイピングを繰り返すよりは長文タイピングを繰り返すほうをおすすめするのです。 後、文章のほうが楽しいです。 ランダムに単語が配列されるよりは 規則性のある文章を打つほうが気が楽です。 とにかく、長文タイピングはおすすめです。 難しそうだなあと避けていた方もちょっとやってみてください。 結構楽しいです。 おすすめ長文タイピングサイト そこで今回は面白い長文を載せてくれている無料のタイピングサイトを3種類ご紹介します! ちなみに、タイピングの正誤率を表示してくれるタイピングサイトで 自分がどれぐらいタイピングで間違いやすいかを確認するのがおすすめです。 速度よりも正確性を重視したほうがいいですからね。 正確性さえ身についていれば、あとは繰り返せば速度が伸びます。 上で述べたことに合わせて、おすすめのタイピングサイトをご紹介します。 ちなみに「タイピング 長文」でインターネット検索すれば、 上位3位に表示されます。 成功タイピングだけわかりづらいので、ご注意を。 成功タイピング 系の文章がたくさんあります。 このサイトの文章が個人的に打っていて一番楽しいです。 一番文章が整っていますので、打ちやすいです。 最近は基本的のこのサイトを利用しています。 思考の整理方法や計画の立て方など多種多様な長文がありますので特におすすめです! もっと詳しく書いた記事もございます。 とにかく、参加人数が多いサイトです。 毎月新しい課題文が出て、直ちにランキングに反映されます。 日本で自分がどれぐらいタイピングが早いのか、わかりやすいサイトです。 (基本的に自信がある人しか登録していないので、めっちゃくちゃスコアが高いのはお気になさらず……。 私も気にしてません()。 ) 文章のあらが目立ちます。 ですが、むしろ正確に打つという点では難易度を高めてくれるので 本当に初心者から上級者までおすすめです。 [上級編] 長文タイピング練習 少し古めのサイトです。 しかし、おすすめな点は1回ミスをすれば、1秒制限時間が減ることです。 ミスがタイピング速度に直結することを身をもって知らしめてくれるサイトです。 基本的に最後までいけないということはご注意ください。 私もいまだ最後までたどり着いていません。 正確性を意識するためにはこのサイトを利用するのが効率がいいです。 サイト選びはとても重要です。 多くの補助が受けられるサイトでストレスなく練習できることが最効率のタイピング向上につながります。 同じ文章を何度も打つ 皆さんの中には同じ文章を打つのは何か気が引けるなあと感じられている方がいらっしゃるかもしれません。 同じ文章を打つのは意味がないんじゃないかというお気持ちはわかります。 私もそうでした。 ですが、タイピング練習を続けるうちに気づきました。 同じ文章でも5回連続で100%正確に打つのは非常に難しいということに、です。 タイピングでは正確性が一番重要だと何度も強調してきました。 その正確性を最も高めてくれるのが同じ長文の繰り返しです。 私は何度も同じ文章を繰り返して、練習しました。 3桁同じ文章を打ち込みました。 それでも、5連続で100%を達成したことはありません。 同じ文章を繰り返すことは退屈なことではありません。 むしろ、正確性を求めるほど難しくなるのです。 私はここで楽しくなってしまい、タイピング練習にすっかりはまってしまいました。 その結果、ゆっくりとでもだいたい300打を98%ぐらいの正確性で打つことができるようになりました。 とにかく反復です。 反復せずして、タイピングなし、です。 さあ、反復しましょう! 反復です! まとめ 今回はタイピングの速度を上げるために自分が意識していることを ご紹介しました。 私などは1分間にゆっくりと打って、300打程度の若輩者です。 安定して、400打を叩き出し続ける猛者も数多くいます。 などですと、本当に上がはるか彼方に感じられます。 上には上がいます。 しかし、一分間に300打程度打てれば、議事録で誰が発言をして、 どのような発言をしたかまで書くことができます。 ブログを書く速度も上がります。 自分のタイピング速度に自信がないという方は タイピングサイトに1日1度赴いて、一度練習をしてみてください。 やってみれば、案外楽しいものです。 皆さんにはとにかく正確性を意識して、タイピングをしてほしいです。 勝手に早くなっていきます。 早くタイピングしようと焦るとミスが増えて、逆に速度が落ちます。 とにかく正確性を意識することとひたすら同じ文章を反復すること。 それを繰り返せば、だいたい1分間に300打まで行けます。 この記事が皆さんのタイピング速度が速くなる手助けになれば、 幸いです。 ご読了ありがとうございました。

次の

上級者練習用の長文タイピングゲーム|タイピング無料ゲームセンター

タイピング練習 長文 10分

スポンサーリンク タイピングの長文でスピードアップさせるコツとは? <変換のタイミングを意識> タイピングの長文でスピードアップさせるコツは、変換のタイミングを意識することです。 長文のタイピングを行う場合、ついつい勢いで入力していってしまう方がいますが、それをすると変換した際に、おかしな変換をされることが多いです。 その結果、正しく変換し直すために、無駄な時間を割かれることがあるのです。 そのため長文のタイピングでは、変換のタイミングを意識するのがコツとなっています。 ベストの変換のタイミングは、文節で区切ることで、文節ごとに変換することで、変換ミスを減らすことができ、スピードアップにつながります。 <緩急をつける> タイピングの長文では、緩急をつけるのもスピードアップのコツです。 通常時は、スピードを意識して、素早く入力していけば大丈夫です。 しかし、同じキーを連続で入力する場合やホームポジションから遠い「Y」などを入力する場合、あえてスピードを落とすのがコツです。 なぜなら、これらのケースでスピードだけを意識していると、先を急ぐあまり入力が終わる前に次に入力をしてしまうことがあるからです。 その結果、ミスタイピングとなってしまい、逆にスピードが遅くなってしまいます。 そのため、入力ミスを防ぐために、あえて緩急をつけるのが長文のタイピングのコツなのです。 スポンサーリンク <同じ指を連続で使わない> タイピングの長文でスピードアップのコツは、できるだけ同じ指を連続で使わないことです。 例えば、「いこう」と入力する場合、「I」「K」「O」「U」と入力する方が多いと思います。 この入力だと、「I」「K」のどちらも右手の中指を使うため、連続で同じ指を使ってしまいます。 しかし、「K」を「C」に変えても「いこう」になり、こちらなら同じ指で入力する必要がありません。 このように、できるだけ同じ指を連続して使わないようにすることで、タイピングのスピードアップにつながるのです。 初めのうちは難しく感じますが、練習すればスピードアップにつながり、長文のタイピングのコツとなっています。 <ブラインドタッチを極める> やはり、タイピングの長文でスピードアップするならブラインドタッチを極めることです。 ブラインドタッチを極めることができれば、長文も速い速度でタイピングすることができます。 とは言え、ブラインドタッチを極めるのは難しいです。 ブラインドタッチを取得するコツは、ホームポジションを意識することで、常にホームポジションを意識し、入力したらホームポジショに戻すようにしましょう。 あとは、練習しながらキーボードの位置を覚えることができれば、ブラインドタッチを習得することができます。 タイピングの長文でスピードアップしたいなら、ブラインドタッチを習得してみてください。

次の