エクセル プルダウン 追加。 【Excel・エクセル】プルダウン(ドロップダウン)メニューを作成して、リストから選ぶ方法

Excelでプルダウンする選択肢を簡単に増やせるドロップダウンリスト

エクセル プルダウン 追加

EXCEL プルダウン リスト を連動させる二つの方法/入力規則を使いこなせ! EXCEL プルダウン リスト を連動させる二つの方法/入力規則を使いこなせ! EXCEL プルダウン リスト を連動させる二つの異なる方法を紹介 一つの プルダウンを編集すると、その結果に合わせてもう一つのプルダウンの内容を 連動させたい。 例えば、都道府県を選ぶとその市区がプルダウンで選べるように… 意外とニーズのある作業に思えるので、今回その方法をご紹介したいと思います。 F1に都道府県のプルダウンを表示し、F1の選択に合わせ、F2に市区のプルダウンを表示させます。 まずは、都道府県名について名前の定義という作業をします。 続いて、各都道府県の情報を名前の定義づけします。 神奈川県も同様に登録します。 これで読み込むリストの作成は終了しました。 次はプルダウンの作成を行います。 次にF2を選択し、データの入力規則を行います。 まず、F1はさっそくデータの入力規則を行います。 OFFSET関数が一番ネックだと思いますので、この関数については改めて解説する機会を 設けたいと思っています。 以上"EXCEL プルダウン リスト を連動させる二つの方法"でした。 関連コンテンツ 文字列抽出・変更・置換系トピック 検索系トピック 集計・ピボット系トピック マクロで自動化!簡易ツールの作成やVBAの活用例を紹介 その他EXCELテクニック コラム 当サイトでは皆さまがEXCEL作業で行き詰った問題を解決するべく王道のテクニックからちょっと特殊なテクニックまで 様々な中〜上級技・プチテクニックを公開し、少しでも皆様の業務効率改善に役立てていただければと思い、ネタをまとめています。 EXCELの作業で悩み・お困りごとはありませんか? 集計に時間がかかり過ぎ。 効率化をしたい。 などなど日頃から奮闘しているあなたに少しでも参考になる情報を与えることが出来れば幸いです。 質問・相談なども受け付けておりますが、最近忙しくて返事が遅れてしまいます。。。 サイト内の内容についてのご質問は優先的に受け付けておりますが、それ以外のご相談などはお断りすることもありますのでご了承ください。

次の

Excelでプルダウンする選択肢を簡単に増やせるドロップダウンリスト

エクセル プルダウン 追加

エクセルのプルダウンリスト作成方法 エクセルのプルダウンリストはどういった点が便利なのか、その作成・解除・編集方法についてお伝えします。 プルダウンリストとは? プルダウンリストとは、エクセルで設定できる入力規則の一種で、あらかじめ設定した入力候補の中から1つを選択してデータ入力ができる機能です。 プルダウンリストの使用には、以下のメリットがあります。 ・入力ミスがなくなる あらかじめ設定したリストから選択できるようになるため、入力ミスをなくすことができます。 ただし、リストを作成する段階でミスをしないことが重要です。 ・入力作業を効率化できる セル上のプルダウンリストから選択するだけで入力できるため、手入力の時間を短縮することができます。 繰り返し入力するキーワードを覚えておく必要もありません。 ・表記の統一ができる 送り仮名やカタカナ・平仮名表記、半角・全角などの表記を統一することができます。 表記が統一されることによって集計作業もしやすくなります。 プルダウンリストの作成・解除 プルダウンリストの作成・解除の方法をそれぞれ説明します。 ・参照リストを使わないプルダウンリストの作成方法 参照リストを使わないプルダウンリストの作成は、以下の手順で行います。 ・参照リストを使ったプルダウンリストの作成方法 「元の値」の欄に手入力するのではなく、あらかじめプルダウンリストの項目を用意してから作成する方法を説明します。 エクセルのプルダウンリストの編集方法 一度作成したプルダウンリストの項目を増やしたり、削除したくなるケースはよくあります。 そこで、プルダウンリストの編集方法・手順をお伝えします。 リストの追加・削除 リストの追加・削除の方法について、プルダウンリストの作成パターン別に説明します。 削除したい場合は該当キーワードをバックキーで削除(このとき「同じ入力規則が設定されたすべてのセルに変更を適用する」にチェックを入れると、手順「1」で同じ入力規則が設定されたセルをすべて選択していなかった場合でも、すべてのセルに変更が適用されます) 4)「OK」ボタンをクリックして完了。 ・参照リストを使ったプルダウンリストの場合 1)項目を追加したい場合は参照しているリストの最後にキーワードを追加入力。 ここでは、「東京」という項目が選択された場合に、セルの色を変更する手順を記載します。 このように複数のプルダウンリストを連動させる方法をご紹介します。 例として、大項目で都道府県を選択させ、その都道府県に該当する市区町村のみを小項目としてプルダウンリストに表示されるように設定する方法を説明します。 複数のプルダウンリストを連動 名前定義を使って複数のプルダウンリストを連動させる方法を説明します。 [表の作成] 例として、A列で都道府県を選択させ、B列で市区町村を選択させる表を作成します。 今回は大項目をA15に設定しているため、A15と入力します。 8)エラーメッセージが出ますが、そのままOKをクリック 名前定義を使わずに連動 名前定義を使わない場合、「元の値」の欄にoffset関数とmatch関数を組み合わせた計算式を入力することで複数のプルダウンリストを連動させることができます。 ・表の作成 名前定義を使う場合と同様の表を作成する場合で説明します。 その横に小項目としてそれぞれの都道府県に該当する市区町村を行ごとに入力していきます。 今回は小項目のプルダウンリストを適用しようとしているセルがB15のため、大項目を選択するセルは左隣のA15 になり、match A15… となります。 6)入力規則を設定したセルをコピーし、同列のほかのセルに貼り付ける =offset の後ろには大項目の基準となるセルを指定することで、プルダウンで大項目が選択された際にmatch関数によって基準セルから何行下の値が設定されたのかを判断できます。 最後の「1,1,50」の引数については、最初の1が基準セルから見て1つ右の列(説明上、B2セルとする)が小項目のプルダウンリストの先頭であることを示し、その次の1,50はB2セルから見て1行50列分がプルダウンリストに設定したいセル範囲だということを示しています。 エクセルのプルダウンリストでミスなく正確な資料作りを! エクセルを使って作成した資料は、後々データを集計・分析したり、社内で共有して使われるケースがよくあります。 そのため、エクセル上でのデータの扱い方は非常に重要です。 それぞれが好き勝手にデータを手入力した資料は表記のズレも発生しやすく、見づらくて正確な集計も難しくなります。 プルダウンリストの機能を使えば、格段に見やすく、集計しやすい資料に仕上がります。 エクセルの便利機能は積極的に活用してワンランク上の資料作りを目指しましょう!.

次の

【エクセル2010】プルダウンリストの作り方

エクセル プルダウン 追加

行数・列数ともに0のため、基準セルのA2から移動はありません。 高さはCOUNTA(A:A)となっています。 COUNTAは指定された範囲で値のあるセルが何個あるかを返す関数となります。 A:Aとなっているので、A列全体で値のあるセルの数を帰してくれます。 幅は1なのでA列のまま、よって以下のようになります。 リストが追加されるとCOUNTAにより高さが変動します。 これによりデータ入力規則で参照するセル範囲が自動で広がることにるんです! まとめ リストが追加されても、自動でプルダウンの範囲を広げる方法を紹介しました。 ポイントはOFFSET関数とCOUNTA関数を組み合わせることです! これでリスト追加されるたびに、データ入力規則で範囲を変更する必要がなくなります。 要するにリスト追加されたかどうかを考えなくて済むんです! 一つ考えることが減るということは生産性向上に大きく関係しますよね。 プルダウンのリスト範囲を自動で広げたいとお悩みのアナタ! 是非、お試しください! どうも、マサヤ@プログラム勉強中です! メイン記事はプログラムですが、楽しく生きていくための学びや料理など、色々好きなこと書いてます。 場所・時間に縛られず、好きに生たい。 それを実現するためエンジニアを目指すブログです。 by ニーバーの祈り タグ一覧.

次の