豚 バラ キャベツ 巻き。 九州人でこれを知らないとモグリ?激ウマ屋台グルメ「野菜巻き焼き鳥」を自分で焼いてみた【筋肉料理人】

九州人でこれを知らないとモグリ?激ウマ屋台グルメ「野菜巻き焼き鳥」を自分で焼いてみた【筋肉料理人】

豚 バラ キャベツ 巻き

豚バラキャベツの作り方 準備するもの:キャベツと豚バラ だけね! 醤油、みりん、酒は各大さじ1杯を合わせておいて下さい。 これだけでも美味しいけど、ニンニクと生姜入れると風味が増します。 キャベツ千切りにして、豚バラ3枚くらい少し重ねてこんな感じで準備して、キャベツを適量とって巻き巻きします。 キャベツ巻く時にキツ目に巻いた方が、焼いた時にバラけません。 リアルな写真です。 キャベツにしっかり火を通したいので、弱火より少し上の火加減で、蓋をして蒸し焼きにして下さい。 焼き目がついて、もういいかな〜ぐらいになったら、合わせておいた調味料を入れて、軽く水分飛ばします。 アレンジは無限大!やってみよう。 料理は愛情がこもって美味しければ簡単でもいいんだよ 気がノッた時や、じっくり料理できるタイミングがあればやりたいけれども、 毎日丁寧な料理やってらんねぇよ。 と言うのが正直なところです。 そんな時に美味しくて簡単で、材料もそんなに必要ないレシピ、助かりますよね〜愛を込めて作ってるのは変わりない! 本当に簡単で美味しいから皆真似してほしい。 ぜひ作ってみてくださいね〜。 材料2つで作れる超簡単料理サイコー!それではまた〜!.

次の

簡単でわかりやすい!ロールキャベツの巻き方:白ごはん.com

豚 バラ キャベツ 巻き

豚バラキャベツの作り方 準備するもの:キャベツと豚バラ だけね! 醤油、みりん、酒は各大さじ1杯を合わせておいて下さい。 これだけでも美味しいけど、ニンニクと生姜入れると風味が増します。 キャベツ千切りにして、豚バラ3枚くらい少し重ねてこんな感じで準備して、キャベツを適量とって巻き巻きします。 キャベツ巻く時にキツ目に巻いた方が、焼いた時にバラけません。 リアルな写真です。 キャベツにしっかり火を通したいので、弱火より少し上の火加減で、蓋をして蒸し焼きにして下さい。 焼き目がついて、もういいかな〜ぐらいになったら、合わせておいた調味料を入れて、軽く水分飛ばします。 アレンジは無限大!やってみよう。 料理は愛情がこもって美味しければ簡単でもいいんだよ 気がノッた時や、じっくり料理できるタイミングがあればやりたいけれども、 毎日丁寧な料理やってらんねぇよ。 と言うのが正直なところです。 そんな時に美味しくて簡単で、材料もそんなに必要ないレシピ、助かりますよね〜愛を込めて作ってるのは変わりない! 本当に簡単で美味しいから皆真似してほしい。 ぜひ作ってみてくださいね〜。 材料2つで作れる超簡単料理サイコー!それではまた〜!.

次の

豚バラキャベツにんにく鍋にハマってしまった【ピェンロー鍋を超えた?】

豚 バラ キャベツ 巻き

こちら、コメントを下さる、 「orange-chocolate」 の NAOKO様のブログ で一目ぼれ した です。 もう、これは作るしかないと、早速キャベツを購入してきました。 豚バラ肉を2パック使い、作っていると、 全部で11個出来ました。 5人家族の我が家、一人2個づつで 一つ 余り。 夫か 息子が食べるかなぁと思っていたら、 先に食べ終わった(はずの・・・)娘が、 「もう一つ食べたい 」 「じゃあ、夫か息子が食べる時にもう一つ揚げて揚げるから。 」 そして、夫が帰宅。 夫に2つ、娘に1つ 2つ食べてしまった夫が、娘のお皿を見ながら、 「もう一つ無いの??」 ごめ~ん。 最後に帰宅した 息子も 「もう少し 食べたかったなぁ」 ですって。 評判よかったですよ。 NAOKO様 有り難うございました。 さて、作り方ですが、オリジナルはNAOKO様のところでご覧下さい。 私のは、ちょっと変更してあります。 豚バラ肉 ・・・ 16枚(1枚を半分の長さにする)• キャベツ ・・・ 4枚くらい• 塩 ・・・ 少々• マヨネーズ ・・・ 小匙2• 塩・胡椒• 卵+水 ・・・ 1個+大匙1• 薄力粉 ・・・ 適宜• パン粉 ・・・ 適宜 作り方• キャベツを千切りにし、塩少々をふってしんなりさせ、マヨネーズを加えて混ぜる。 豚バラ肉は2枚を並べて、逆十字(上部分を少し長く)に重ねる。 (合計4枚使う)• キャベツを手で握って、水分が出ていたら水気をしぼり、お肉に乗せる。 短い3方を交互に巻き、最後に長い方に向かって巻く。 軽く、塩・胡椒をする。 卵に水を加えよく混ぜ、小麦粉を加え、泡だて器で混ぜ、とろっと落ちるくらいにする。 (多少ダマになっても大丈夫)• キャベツを巻いた豚煮肉をくぐらせ、パン粉を付けて揚げる。 トンカツソース、お醤油、お塩、お好みの調味料を付けて召し上がれ。

次の