木 の 城 たい せつ。 木の城たいせつについて|注文住宅 ハウスメーカー・工務店掲示板@口コミ掲示板・評判

スタッフのブログ

木 の 城 たい せつ

ON YOUR MARK! 木の城たいせつ その後 「木の城」のその後 新築から10年以上経ちました。 相変わらずたいへん快適で、大満足です。 今後にも不安はありません。 新築から10年以上経過しました 平成8年5月の新築入居以来、10年以上経過しました。 相変わらず、品質には問題ありません。 たいへん快適に過ごしています。 ちなみに、今までに生じたの問題点は次のとおりです。 ・雪解け時に、屋外雨水管が凍結し、無落雪ダクトの下の1階排水タンクが溢れ、1階が水浸しに。 〜新築2年目に木の城たいせつ社により、屋外雨水管の断熱と、排水タンク溢れ水の地下浸透配管を設置してもらいました。 (浸水した1階物置は、床を張る前のコンクリート乾燥期間だったので、特に被害はありませんでした。 また、その後の浸水はありません。 ) ・冬に、3階東側の3重窓の最も外側の窓(シングルガラス)の結露水がサッシの下に溜まる。 〜新築5年目に地元のガラス屋さんに頼んで、この窓だけシングルガラスを複層ガラスに入れ替えました。 (それまでの間に、サッシの下の木製の窓枠が結露水で多少痛みましたが、毎朝窓ガラスから水をかき集めていたので、被害はこの程度で済みました。 現在は痛んだ窓枠にラッカーで防水加工して修繕完了。 ) 今までに行った有料メンテナンスは次のとおりです。 ・新築5年目の手すり等の金属部分への塗装(木の城たいせつ社の5年定期検査により屋根の塗装は不要との判断) ・新築10年目の屋根・壁・金属部分への塗装(足場を組んで大々的に行いました。 壁の色もちょっと変えました。 ) その他に気づいたことや起こったことは次のとおりです。 ・新築4年目に近くの有珠山が噴火し、3日間に渡り数時間ごとの震度4と10数分ごとの震度3の連発により、ペチカと煙突の接続部分からモルタルの欠片がパラパラ落ちましたが、特に問題と言える被害はありませんでした。 (家具もグラスが1個割れただけでした。 もちろん全て耐震補強済みです。 ) ・新築10年を超え、さすがに階段の絨毯がすり減ってきました。 でも、まだ交換する気持ちは全くありません。 ・多くのメーカー製の住宅のデザインは経年とともに古く感じてきますが、「木の城」のデザインは経年を感じさせません。 実感してます。 木の城たいせつ社倒産について マンション設計強度偽装事件に伴う建築基準法改正によって、3階建て住宅の設計審査の審査期間が数ヶ月単位で余計にかかるようになったことは知っていたので、影響がなければと心配していたところに破綻の報道が飛び込みました。 商品価格にこだわらない小規模専門特化企業ならばニーズがあり、良いものをつくり続けていくこともできたのでしょうが、価格競争の激しい一般向け商品としてつくる場合は、規模を大きくしなくてはならず、その場合、制度改正は企業活動に致命的な刃となったようです。 同じ年には「比較」のページの富士総研の満足度調査の第3位の「松本建工」も破綻するなど、北海道の住宅不況がピークを迎えていたこともあります。 いずれにしても、木の城たいせつ社の破綻は、非常に残念に思います。 ただ、後日出てきた「粉飾決算」の件は、ちょっと悲しかったです。 これからについて 木の城たいせつ社の遺産は、大きく2つのグループに分かれて引き継がれています。 ちなみに、「しんせつ」からは、早速ダイレクトメールでメンテナンスの案内が届きました。 また、私の地元には元社員が起業した会社があり、「しんせつ」とも提携しているとのことでした。 というわけで、緊急時についても、定期メンテナンスについても、老後のライフスタイルに合わせた将来のリフォームについても、今のところは全く不安はありません。 これからも、当初の見込どおり、高い製品能力と商品価値を維持したまま、将来も住み続けることができるようです。 今も、私の選択は間違っていなかったと、自信を持って住んでいます。

次の

まほろばblog: 「木の城たいせつ」さん

木 の 城 たい せつ

北海道の家づくり 株式会社木の城しんせつ リフォーム、新築戸建ては「木の城しんせつ」にお任せください。 高度な技術を持つ職人が、宮大工伝統の匠の技術と知恵を継承した木組みでお家を造ります。 北海道でリフォームをしたい!家を建てたい!家造りのことなら北海道の気候を熟知した「木の城しんせつ」へ。 株式会社木の城しんせつは、技術力・技能力を持ったプロ集団による「直営責任施工」で、快適な冬の生活をご提案いたします。 株式会社木の城しんせつ 北海道滝川市泉町286-33 TEL: 0120-235096 安心リフォーム 北海道のリフォームのことなら木の城しんせつにお任せください。 限られたご予算の中で、お客様一人ひとりの理想を形にしていきます。 住宅は定期的にメンテナンスを行うことで、寿命を延ばすことができます。 新築注文住宅 木の城しんせつの特徴は、天然木をふんだんに使った木造住宅。 伝統の工法と匠の技でつくる頑丈な家を造ります。 「家づくりは一生に一度のこと」予算に合わせたプランをご提案いたします。 【各事業所】 株式会社木の城しんせつは、地域密着で営業展開しています!リフォーム、新築戸建てのご相談はお近くの営業所までお気軽にお問合せください。

次の

一条工務店に決めるまで(上)~木の城たいせつ\(^o^)/│一条工務店i

木 の 城 たい せつ

この記事はのような記述内容になっています。 に沿ったの記述内容に、してください。 ( 2020年6月) 株式会社 木の城たいせつ Kinoshiro Taisetsu co. ,ltd. 本社所在地 〒069-1592 北海道夕張郡栗山町旭台1-58 設立 2009年 事業内容 住宅販売、建築請負、建築設計・管理 代表者 代表取締役 吉村孝文 資本金 2,200万円 外部リンク 特記事項:札幌営業本部:〒007-0848 札幌市東区北48条東19丁目2番5号 (旧)木の城たいせつ 株式会社 本社所在地 〒069-1592 夕張郡栗山町旭台1-15 設立 1950年 事業内容 住宅建築、リフォームほか 代表者 山口昭 資本金 2億2千万円 株式会社木の城たいせつ(きのしろたいせつ)は、にある住宅販売会社。 付で事業を停止した、旧木の城たいせつの事業を、大阪の住宅メーカー「」が引き継いで創立した会社である。 関連会社に木材加工、住宅施工を手掛ける「株式会社たいせつ」がある。 本項では旧木の城たいせつについても記述する。 旧・木の城たいせつ [ ] 北海道の木材だけで、北海道向けの木造を建築。 施工エリアは北海道に限られ、約19000棟を建築した。 同社の住宅は「木の城」と名付けられていた。 「冬に強い本物100年住宅」がアピールポイントで、「日本で唯一北方圏にある北海道は本州基準とは全く違う、北海道に合った住まいがあるべき」をモットーとした。 北海道産材を中心とする自然素材にこだわった健康性能や、100年長持ちの耐久性、寒さや、対策などが特長である。 特に(無落雪屋根を施した住宅)のパイオニアであった。 また、同社のである冬総合研究所が、産学官によるプロジェクトに参画し、を建築してに寄贈するなども行った。 栗山町に約65000の生産拠点「もったいないランド」を有し、原木生産から製材・加工・設計・管理・施工・アフターサービスまで全て自社直営で行っていた。 住宅メーカーでは珍しく、下請けは一切使っていないのが特徴であり、北海道では季節業である建築業界において、31年前から一貫して冬期間の施工も行っていた()のも大きな特徴。 創業者の山口昭は、に弟子入りして、日本の伝統建築の精神を学んだ後、注文住宅を手がけた。 そして、伝統の匠の技術や知恵と、生産機械など近代技術の両方を生かし、トータルシステムと呼ばれる独自の生産・建築システムを構築した。 その原点には、彼が祖父母や両親、故郷などから受け継いだ「精神」があり、もったいないの実践基地とも評価されていた。 1992年に参加した世界環境会議「グローブ'92」で「を実践する21世紀のモデル企業」と絶賛されて以来、国内外から注目を集める。 、「もったいない」の実践企業として、経営者から行政関係者、ジャーナリスト、研究者など視察者が相次ぐ。 には当時の内閣総理大臣も栗山総合メーカー基地を視察し、「日本が世界に誇れる企業だ」とコメントしている。 北海道内では派手なテレビCMでも長年親しまれた。 最もテレビCMを提供していた番組は『』(金・土・日、20:54〜21:00)と『』(同じ日時)だった。 しかし、2002年の売上高(約195億8千3百万円)と比較すると、2007年の売上高はその半分以下(約94億6千6百万円)にまで減少。 2008年2月にはそれまで2005年より取締役会長を務めていた山口昭を代表取締役社長に再び就任させ、会社の再生に取り組んでいたものの、2008年3月5日、事業停止と報道される。 同月10日、グループ会社3社を含めた自己破産をに申請、同月21日に破産手続きの開始が決定した。 負債総額はグループ企業を合わせて120億円超になる見込み。 従業員566人は破産手続き開始前の15日に全員解雇された。 一因ににより遅延となった工事の着工、消費の伸び悩み等が挙げられている。 破たん当時、新築、リフォーム合わせて400件以上の工事を請け負っていたが、同社は建築会社倒産に備える「完成保証制度」に加入しておらず、すべて未完成のまま中断された。 顧客への代金返還の目途も立っていないが、新聞報道によると破たんの1年前から顧客に大幅な値引きを持ちかけて代金振り込みを急がせていたケースが数多くあったとされる。 かつての営業所• 、、、、、、、、、 かつての展示場• (札幌会場、札幌森林会場、札幌南会場、旭川会場、函館会場、帯広会場)• (宮の沢) 木の城たいせつ社内(すべて閉鎖)• もったいないランド(夕張郡栗山町旭台1-15)• 空知(滝川市流通団地1-1-15)• 岩見沢(岩見沢市9条東6丁目1-4)• 江別(江別市高砂町34-11)• 千歳(千歳市清水町6丁目26-5)• 苫小牧(苫小牧市双葉町3丁目9-2)• 小樽(小樽市若竹町7-2)• 倶知安(倶知安町北4条東9丁目) 現・木の城たいせつ [ ] 2009年3月、大阪の住宅メーカー「」が、栗山町の旧木の城たいせつ本社跡地に住宅販売会社「株式会社きのしろ」と、建設施工会社「株式会社たいせつ」の2社を設立。 創建によると、旧従業員や木の城ユーザー、北海道、栗山町から事業継続への支援要請があったとされる。 旧本社施設を引き取ると共に、旧従業員を50名ほど採用し、 創建が持つ外断熱住宅のノウハウと「木の城」の技術を組み合わせた新築住宅販売を手がけるほか、 既存の「木の城たいせつ」の住宅のメンテナンスとリフォームを請け負う事を表明。 また、旧木の城たいせつと契約しながら未完成となっていた住宅の建設も採算度外視で引き継ぐとした。 2009年9月11日から栗山町の工場を再稼働し、栗山町の工場で保持している宮大工の技術を駆使した頑丈な構造躯体の技術を継続し、さらに住宅の断熱構造を付加断熱工法(内断熱構造と外断熱構造の両方を採用した)に変更し断熱構造を向上させた、新しい木の城の住宅「Eco未来100」の商品名で新築住宅販売を開始。 「木の城」は一見して判る独特のデザインを採用していたが、新しい木の城の住宅『Eco未来100』はデザインにおいても変更した。 2012年2月28日より、創業以来50年以上で初めてとなる総合リフォームサービスを開始し、本来の住宅のメンテナンスやアフターサービスに加えて、木の城たいせつ住宅の構造や骨組みが頑丈で丈夫である為に、新しい世代の居住者の方の思いにマッチングさせて、木の城たいせつの住宅の中古市場を円滑に活性化させるべく、増改築・フルリノベーション・基礎だけ残した建て替えなどの、住宅に関してのをスタート。 同年6月9日にはSoloHaus Seriesのリニューアルを行うべく、年内SoloHausの販売後、 のみの販売を開始。 2013年に、あったかい平屋に加えて、あったかい一部二階の家や、あったかい二階建ての家 として、それぞれ、平屋の1000万円に加えて、1090万円、1180万円で販売を行っている。 2016年4月末に、「北海道家具事業部」を立ち上げ、大手ネットショッピングサイトである楽天市場内に「北海道家具」として出店を開始。 北海道育ちの木材のみを使用した商品のラインナップ仕様とし、主にカラマツ材を使用した商品開発を開始。 収納家具やTVボード、花台等々、実用性の高い商品の販売を行っている。 2015年に建築した北海道札幌市南区に古くより在る伊勢神宮信仰の石山神社の建て替えを行ったことを初めとし、社寺仏閣の建築技術を全国国内に広く提供して行くために、創建グループとともに、毎年一社出雲大社の第84代目の千家宮司のご指定のもと、無償で神社の寄贈を行う、震災被災神社復興プロジェクトと立ち上げる。 2018年にその1社目の神社として、2016年4月14日以降に発生しました熊本地震の際に、甚大な被害を負った熊本県益城(ましき)町に近い、西原村で、地域のシンボルとして親しまれていた白山姫神社(熊本県阿蘇郡)を無償で建築し、寄贈致しました。 また、2019年には、 東日本大震災で大きな被害にあった福島県浪江町、双葉町エリアにある、約50人の命を救った福島県浪江町両竹鎮座「諏訪神社」の再建、寄贈。 2020年に神社再建・地域復興プロジェクトの第3弾として、宮城県にある閖上湊神社の寄贈を致します。 この神社は、東日本大震災の津波による二次被害によって全て倒壊してしまった神社になります。 同年2020年6月5日より、TV CMを開始。 また、木の城たいせつ独自の新基準とこだわりをせべてのお客様に均等にご提供するための年間最大供給可能数を50棟 として販売することを開始している。 沿革 [ ]• 禅寺建立、劇場、学校などを手掛ける。 創業者の山口昭、木の事業家を志し、企業。 興成建設設立• 匠建設設立• 火災で匠建設全焼• 弘匠建設株式会社設立• 新川工場(札幌)建設• 耐雪構業株式会社設立• 「無落雪建築」の専業化• 耐雪ハウス株式会社設立• 株式会社耐雪ハウス事業設立• 「住財高度加工物流センター」完成(栗山町)• 株式会社木の城たいせつ設立。 「耐雪ハウス事業」社名変更。 「トータルライフ開発センター」完成• 「天然素材開発センター」完成。 「手づくり心のCI」スタート• 世界環境会議「グローブ92」参加(カナダ)。 北米・モンタナ大学との共同研究開始。 「国際環境総合研究所」発足• 「もったいない」出版(山口昭著)• 「冬生活総合研究所」発足• カナダ・ブリティッシュコロンビア大学との共同研究開始。 ハーバード大学が山口昭に「ジョン・ハーバード・フェロー」を授与• 株式会社冬総合研究所設立• ハーバード大学公衆衛生大学院に「山口昭プロフェッサーシップ」創設• 冬に強い本物100年住宅「白い木の城」開発。 化学物質過敏症研究住宅(旭川)完成• 山口昭会長に就任。 佐藤義礼代表取締役に就任• 山口昭会長、社長に復帰• 3月5日 事業停止• 3月10日 自己破産申請(札幌地方裁判所)• 3月21日 破産手続開始決定(札幌地方裁判所)• ミキハウス子育て総研の認定を取得• 2月28日に、住宅のアフターメンテナンスのみならず、既存木の城たいせつの住宅の活性化を図るべく、また、既存住宅にお住まいの方に、住まいの変化に合わせた住まい図クリを提供するべく、をスタートしている。 6月9日に,Solo Haus series のリニューアルを行い、更に低燃費で高性能な の商品の販売をスタートしている。 12月に、あったかい平屋に加えて、あったかい一部二階の家や、あったかい二階建ての家 として、それぞれ、平屋の1000万円に加えて、1090万円、1180万円で販売を行っている。 2016年4月には、「北海道家具事業部」を立ち上げ、顧客のニーズに合った家具を製造販売を開始し、大手ネットショッピングサイトである、「楽天市場」にて出店をする。 北海道育ちの木材のみを使用する事に特化し、数々の商品を開発する。 2015年に建築した北海道札幌市南区に古くより在る伊勢神宮信仰の石山神社の建て替えを行ったことを初めとし、社寺仏閣の建築技術を全国国内に広く提供して行くために、創建グループとともに、毎年一社出雲大社の第84代目の千家宮司のご指定のもと、無償で神社の寄贈を行う、震災被災神社復興プロジェクトと立ち上げる。 2018年にその1社目の神社として、2016年4月14日以降に発生しました熊本地震の際に、甚大な被害を負った熊本県益城(ましき)町に近い、西原村で、地域のシンボルとして親しまれていた白山姫神社(熊本県阿蘇郡)を無償で建築し、寄贈致しました。 2019年には、 東日本大震災で大きな被害にあった福島県浪江町、双葉町エリアにある、約50人の命を救った福島県浪江町両竹鎮座「諏訪神社」の再建、寄贈。 2020年に神社再建・地域復興プロジェクトの第3弾として、宮城県にある閖上湊神社の寄贈を致します。 この神社は、東日本大震災の津波による二次被害によって全て倒壊してしまった神社になります。 同年2020年6月5日より、TV CMを開始。 また、木の城たいせつ独自の新基準とこだわりをせべてのお客様に均等にご提供するための年間最大供給可能数を50棟として販売することを開始している。 脚注 [ ] [].

次の