ぐら速。 ずんだの青黒フェアリー話 その1【フェアリーってどんなデッキ?】|ぐら(瞬速堂)|note

ぐら速 |ワロタあんてな

ぐら速

現在、カブ70に乗っています。 最高速80キロぐらい出るし普通の走りではそんなに不満は無いのですが、もう少し余裕が有ればいいかなと思いカブ90のエンジンの載せ換えを検討しています。 13cc大きいと体感的にだいぶ違いを感じられるでしょうか。 パワーも1PS上がります。 別のバイクに買い換えるとお金かかるので検討したらカブ90のエンジンに載せ換えるのが安くて耐久性も有りいいみたいです。 マフラーのステーを小加工だけで取り付け可能を確認してます。 オークションで程度のいいエンジン落札して今の70のエンジンは出品します。 専用のCDIにも交換します。 キャブもPC20あたりを付けてみようかと思います。 速いカブは煽られやすいので気を付けて下さい。 【参考】 今のご自分のカブ70の思い入れと、バイクをイジるのがどの位好きかにもよると思います。 私もバイクのメカニズムについてはそんなに詳しくはないのですが、 一箇所替えれば、バランズが崩れます。 スプロケを替えようか、チェーンも切りなおさなきゃ、あれ専用工具ないや。 等 私はカブ90を手放しましたが、カブは楽しかったです。 今はバイクは所有してませんが、カブ90を手放す頃、 理想の走りをするには、パーツ豊富なTWが良いかなと思ってました。 モンキーなんかと違って、カブっていつか自分の理想の走りとギャップを感じる時が来るバイクだと思います。 (ストレスもあるし) モンキーとかカブって、スタイルなんですよね。 走りに不満を感じたら、カブ卒業でしょう。 70から90に変えても、また別の不満が発生するでしょう。 (カブ好き30代) Q ノーマルのカブ50ccっで最高速が75kmってどう思いますか? 最近オークションで中古のスーパーカブ50を手に入れました.ネットで調べたところ形式は50ccのSDX,'82~のようです.4速セル無し,角目です.車両をざっと見たところエンジン(おそらく載せ替えてなくオリジナル),キャブ,エアクリはノーマル,マフラーは社外ですが純正タイプのレプリカです.スプロケはノーマルかどうか確認していません.走行距離がメーター読みで約75000kmです. 2年ほど前にノーマルのC50カスタムに乗っていましたが最高速は60kmそこらだったと記憶しています.この車両で,加速こそかなり鈍いですが,最高速はメーター読み(メーター純正,90kmまで刻んであります)ながら75km出ます.もちろん平坦路で,感覚的にも75km出ている感じです(他人のバイクと同速度で走ってスピードを確かめればいいのですが,なかなか機会がなくまだしてません).ちなみに書類のみ2種登録です.こんなにスピードが出てうれしい限りですが,ノーマルでこんなにスピードが出るものなのでしょうか?ちょっと疑問です. ちなみにカタログスペックは5. 5ps出しているようで,おそらく歴代C50の中では一番高いようです. また実際に75km出ているとしたら,仮にボアアップをした場合,効果が無いといったこともあり得ますか? ノーマルのカブ50ccっで最高速が75kmってどう思いますか? 最近オークションで中古のスーパーカブ50を手に入れました.ネットで調べたところ形式は50ccのSDX,'82~のようです.4速セル無し,角目です.車両をざっと見たところエンジン(おそらく載せ替えてなくオリジナル),キャブ,エアクリはノーマル,マフラーは社外ですが純正タイプのレプリカです.スプロケはノーマルかどうか確認していません.走行距離がメーター読みで約75000kmです. 2年ほど前にノーマルのC50カスタムに乗っていましたが最高速は60k... Q カブ50の排気量を変えて2種変更したいのですがタケガワやキタコなどで発売されているボアアップキットを組み込むかエンジンまるごとカブ70のものに載せ替えてしまうか検討中です。 88ccのボアアップキットを組み込みキャブやMJを最適なものとし、スプロケをタケガワ推奨のギヤ比にして完璧にセッティングした場合、最高速はどれほど出る設定となってるのでしょうか。 費用を考えると工賃含めてかなりかかりそうなのでヤフオクなどで中古の70や90のエンジンを落札してポン付けした方がよほど気楽で簡単なうえガソリンもレギュラーが使えます。 ボアアップキットによりかなり最高速が上がるのでしたら魅力あるのですが中古のエンジンとたいして性能が変わらないのであれば中古のエンジンを検討してしまいますがはたしてどちらがいいのでしょうか。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 88ccボアアップと言っても、ピンキリです。 スタンダードの88キットなら、やはり80kmくらいですよ。 ノーマル90とあまり大差ないでしょう。 が、ノーマルをポン付けすると、バルブSPが付いてくるかこないってくらい、ヘッド音が気になると思います。 どのくらいのスペックにしたいか、よく検討した方が良いと思います。 ノーマルは70、90であれ、所詮ノーマルですので、高回転域まで回す事は設計してませんから。 純正流用として、DAX70ヘッドを使うのが高回転型向け流用チューンです。 カブ90クランクを使って、ストロークアップになりますが、ちょっと重い感じがします。 補足ですが、2種登録するには、所轄役所によりますが、純正流用の場合、登録難しいですよ。 整備士資格所持してないなら、社外品をお勧めしておきます。 ちなみに、私は純正流用派で、カブ90+4速+セル付き+遠心クラッチのモンキーで、最高速90km出てます。 クラッチ滑りまくり~(笑) A ベストアンサー 私も2種登録のカブに乗ってます.排気量は内緒ですが,黄色ナンバーで最高速は80km弱出ます.250ccにも乗ってます. カブではいつも車の流れに合わせて乗ってます.制限速度50kmの国道では基本的に信号待ちですり抜けはしません. 50ccはよく煽ってきますね.おそらくそのうちの半分以上の人間は僕のカブが原付2種であることを認識しておらず,50ccだと思っているのではないかと私は考えています.なぜなら自動車学校では,道交法的に,原動付き自転車と普通自動二輪しか区別していないので.そして,そんな原付乗りは常に先を急ぐことしか頭に無い人間が多いです.左側から追い越し,路側帯進入,信号無視,平気でやってます.ライテクも無いくせに自信だけあるんでしょう...イラっとすることは頻繁にありますが,私は出来るだけ相手にしないように自分に言い聞かせます.事故になった時,相手はどうせ任意保険入ってないでしょうし.. 車にもよく煽られるというより,無理な追い越しをかけられます.車の流れにのって,前の車に付いて入っているのに無理矢理後ろから追越をかけて私の前に割り込もうとして来ることがよくあります.大概がおばさんが運転している車です..確実に黄色ナンバーの意味を知りません.. 世の中そんなもんだと思います. 私も2種登録のカブに乗ってます.排気量は内緒ですが,黄色ナンバーで最高速は80km弱出ます.250ccにも乗ってます. カブではいつも車の流れに合わせて乗ってます.制限速度50kmの国道では基本的に信号待ちですり抜けはしません. 50ccはよく煽ってきますね.おそらくそのうちの半分以上の人間は僕のカブが原付2種であることを認識しておらず,50ccだと思っているのではないかと私は考えています.なぜなら自動車学校では,道交法的に,原動付き自転車と普通自動二輪しか区別していないので.そして,そんな原付... Q スーパーカブ50ccをバイク屋さんでボアアップして88ccにしました。 同時に強化クラッチとポート研磨とキャブ交換をして貰いました。 スプロケットはノーマルのままです。 ナンバー登録を黄色に済ませました。 他の方のボアアップ後の見てみますと70~80kmは出てるようです。 スプロケットを前15丁後34丁にすれば70km位でますよ!と言われましたがそんなものなのでしょうか?どうすれば楽に60km走行できますか?ボアアップkitは武川・キャブは京浜・エアクリーナーは通勤を考慮してノーマルです。 MJは?です。 たまにボコつきます。 何か他にやらないといけないのでしょうか?素人ですのでこの程度しか分かりません。 楽に60km走行できるようにしたいです。 アドバイスお願い致します。 A ベストアンサー 分かりやすい?例えとして・・・ 競輪選手の脚って見たことありますか? 物凄く太いです。 そして自転車のギア比も超高速寄りです。 普通の脚の人間が競輪用自転車を漕ごうと思ってもなかなか漕げません。 競輪選手みたいにパワーが無いからです。 逆に、その物凄い脚を持った競輪選手でもマウンテンバイクのローギアだと30キロも出せません。 ペダルの回転に脚が追いつかないのです。 スプロケットを変えていない=脚は競輪選手並みに鍛えたのに自転車がママチャリ状態 スプロケットを変えて2次減速比を高速寄りにしないと最高速は上がりません。 スプロケットを変えないで最高速を上げたい場合、エンジンのレブリミットを上げてやるしかありません。 カブのスタンダードには電気式のリミッターはかかっていないのでスプロケット交換だけで最高速は伸びます。 (ノーマル状態だとパワー無いから失速するけどね) とりあえず自分ならドライブスプロケット(前)を1丁上げます。 geocities. html で分かります。 分かりやすい?例えとして・・・ 競輪選手の脚って見たことありますか? 物凄く太いです。 そして自転車のギア比も超高速寄りです。 普通の脚の人間が競輪用自転車を漕ごうと思ってもなかなか漕げません。 競輪選手みたいにパワーが無いからです。 逆に、その物凄い脚を持った競輪選手でもマウンテンバイクのローギアだと30キロも出せません。 ペダルの回転に脚が追いつかないのです。 スプロケットを変えていない=脚は競輪選手並みに鍛えたのに自転車がママチャリ状態 スプロケットを変えて2次減速... A ベストアンサー 同じことを書いてもナンですので、小生は少し違った観点から比べてみます。 ノーマルで乗るなら、90です。 皆さんのおっしゃるとおり、余力が違います。 ですが、改造を前提にするなら、70がお勧めです。 事実、30年以上前になりますが、学生時代に通学用に、カブ70改を使用していました。 ただし、5速リターン・クラッチ付きになって、カブとはいえないシロモノでしたが。 A ベストアンサー 総走行距離25000キロを突破したカブ90を持ってますがけっこ~気に入ってます。 片道28キロの場所へ行くため毎朝毎朝流れの速い、しかも渋滞で神経を尖らせたドライバーが大勢いる幹線道路を走行していますが、さほど加速に関して不満はありません。 加速性能はみなさんのおっしゃるとおり50CCのスクーターと同程度です。 ただ、60~70キロ程度での巡航でスクーターのようにいっぱいいっぱいになることがないので気分的にも余裕がありますね。 (ちなみに自分は煽られるのがちょっと苦手なので70キロ程度で巡航してますがそこそこ快適です。 ) 形がまるっきりカブなので、大排気量のバイクで同じペースで走っているときに比べて危険な追い越しや煽りが明らかに多いです。 通勤時間帯は少ないですが日中オバサン運転に、休日はサンデードライバーにかなりの頻度で煽られます。 二人乗りをすることもできますが、あくまで緊急用として考えたほうがよろしいです。 前輪荷重がスカスカになり不安定な上、後ろの人の体重移動がモロバイクの挙動に現れてしまいます。 無論加速減速もにぶくなります。 消耗品自体の価格も安く、うちの場合は維持費が携帯電話の利用料を下回ってます。 無論欠点もあります。 はっきり言って長距離ツーリングはきついです。 腰にかなり来ます。 ニーグリップできないのでついつい肩に力が入りやすく、8時間も走れば全身がクニャクニャになっちゃいます。 (下道オンリーの長距離ツーリング用にGN125購入を本気で考えるぐらいきついです。 ) フロントブレーキがプアです。 新型は改善されてますが自分のHA-02はダメダメです。 社外のシューを入れたら大分良くなりましたが・・・。 チョイ乗りに関しては最強ですね。 後ろの荷台に箱をつければ買い物袋をスポッと入れてすぐに発進できますし、前カゴも同じく色々と入ります。 車体が軽いのでサッと出掛けられますし回転半径が小さいので自転車よりも機動力は高いです。 俺はこいつを買って後悔してません。 是非実車をごらんあれ。 総走行距離25000キロを突破したカブ90を持ってますがけっこ~気に入ってます。 片道28キロの場所へ行くため毎朝毎朝流れの速い、しかも渋滞で神経を尖らせたドライバーが大勢いる幹線道路を走行していますが、さほど加速に関して不満はありません。 加速性能はみなさんのおっしゃるとおり50CCのスクーターと同程度です。 ただ、60~70キロ程度での巡航でスクーターのようにいっぱいいっぱいになることがないので気分的にも余裕がありますね。 (ちなみに自分は煽られるのがちょっと苦手なので70... A ベストアンサー どちらも長時間乗ったことがあります。 この2台は、同じ名前で、似たような格好はしているけれども、 ぜんぜん別のバイクだと考えた方がいいかもしれませんよ。 90の中古と、110の新車をそのまま比較すると、90に勝ち目はありません。 断然、110の方が快適で、燃費も良いですし、インジェクションなのでキャブのように 調子崩したりしません。 テレスコピックサスペンションと剛性の高いフレームで、乗り味は90と比べてひとクラス 上の快適さ。 ノーマルで乗るなら110の方が良いのですけれど、自分好みにカスタムする手段が かなり限られています。 カブ90の場合は、星の数ほどパーツがありますから、その辺は好みかと。 10年、20年、30年乗るつもりで考えてらっしゃるのなら、 110の経年耐久性は、まだ未知数です。 フレームを覆う外装のプラスチックパーツは20年もすれば朽ち果てるでしょうし、特にインジェクション周りが心配です。 しかし90は鉄板をプレスして整形した外装パーツが主なので、錆びてきても気にせず、いい感じにヤレて年季が入ってくるので、キャブ掃除ぐらいの軽い整備を覚えれば、今から20年後でも30年後でも、きっと現役で乗れると思います。 私も30年前のカブに乗ってますけれど、ものすごく調子いいですよ。 どちらも長時間乗ったことがあります。 この2台は、同じ名前で、似たような格好はしているけれども、 ぜんぜん別のバイクだと考えた方がいいかもしれませんよ。 90の中古と、110の新車をそのまま比較すると、90に勝ち目はありません。 断然、110の方が快適で、燃費も良いですし、インジェクションなのでキャブのように 調子崩したりしません。 テレスコピックサスペンションと剛性の高いフレームで、乗り味は90と比べてひとクラス 上の快適さ。 ノーマルで乗るなら110の方が良いのです...

次の

【#ホロぐら】とどめの一撃を刺したのは誰だ!?罪のなすりつけ合い!

ぐら速

注意事項• ・本キャンペーンは、株式会社バンダイナムコエンターテインメントが単独で実施するものであり、本アプリを配信するストアの運営会社及びTwitterの運営会社を含む第三者はその実施に関与していません。 ・以下の項目に該当する場合は本キャンペーンへの参加の対象外となります。 あらかじめご了承ください。 お客様がTwitterアカウントを非公開に設定している場合• キャンペーン終了までにTwitter公式アカウントのフォローを外す、または該当ツイートを削除した場合• そのほか運営が不適切と判断した場合• ・本キャンペーンに参加する場合には、Twitterの利用規約またはルール等に従ってください。 ・本キャンペーンに参加するために、複数のTwitterアカウントを作成することはお控えください。 ・パケット料金などの通信料を含む、応募に係る費用はお客様のご負担となります。 ・本キャンペーンは、予告なく内容の変更、または中止になる場合がございますので予めご了承ください。 ・ご応募に当たっては、本ページ記載の内容及び「」をご確認の上、ご同意の上ご応募ください。 なお、「キャンペーン規約」の内容と相反する内容が本ページの注意事項その他の箇所に記載されている場合、当該事項に関しては、本ページ記載の内容が「キャンペーン規約」に優先して適用されます。 ・本お知らせに記載されている会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。 お問合せ先:アプリキャンペーン総合窓口.

次の

【#ホロぐら】とどめの一撃を刺したのは誰だ!?罪のなすりつけ合い!

ぐら速

はじめましての方ははじめまして。 そうでない方はお久しぶりです。 ニコニコ動画にて「瞬速のずんだ!」というMagic Onlineの動画を投稿している、ぐらと申します。 モダンの【青黒フェアリー】を回してもう4年になるのですが、デッキ構築やプレイングで考えていることについて、個人的に思っていることを複数回にわたってまとめようかと思っております。 基本的にほぼ独学でやってきましたので間違いや考察の浅い部分があった場合はご容赦願います。 全体の流れ(予定) 1. 【フェアリー】にはどんなカードが入るの? 4. いつも使っているデッキの紹介。 いつも試合中に考え、注意している事。 デッキごとのマッチアップ関する考え、サイドボーディング。 ここまでの記事でリクエストがあったものに関して。 (予定) -------------------------------------------------------------------------------------- 第1回である今回は、【フェアリー】というデッキ、そして大まかな型の紹介をしたいと思います。 【フェアリー】ってどんなデッキ? 『ローウィン=シャドウムーア』期のスタンダードから成立し、エクステンデット、そしてモダンへとフォーマットを移して存在する、《苦花》を主軸としたクロック・パーミッションデッキです。 キーカードとなるのは元モダン禁止カードである、通称「2ターンキル」《苦花》。 理想的な動きとしては以下の通りです。 1T:手札破壊orドローソースor除去 2T:《苦花》 3T:お相手の動きを見てクリーチャーor打ち消しor除去orPW 4T:お相手の動きを見てクリーチャーor打ち消しor除去orPW …以下省略。 この「お相手の動きを見て」が非常に重要で、お互いのデッキ、手札、盤面等々の状況、そしてインスタントタイミングで取れる選択肢の多さにより、「これがこの展開で最善のプレイングである」が試合ごとに変化するため、定石にとらわれない思考、プレイングを要求されるデッキとなっています。 《苦花》は毎ターン強制的にライフを失うものの、ライフの続く限りトークンが生み出されるため、これを除去する手段が無いデッキやクリーチャーへの対策を単発の除去呪文に頼ったデッキ、プロテクションやトランプル等のブロック不可・貫通能力を持たないデッキ、そして少数のクリーチャーの攻撃を除去でこじ開けて攻撃を通してくるデッキに対し、 除去を上回る展開力を駆使することで無類の強さを発揮します。 また《苦花》というカードの特性上、2ターン目に置けたとしても、そのトークンで攻撃ができるようになるのは4ターン目、トークンだけで勝とうとすると最短で9ターン目になってしまいます。 その代わり、序盤に手札のリソースを使い切ることなくトークンが生み出され続けるため、 デッキとしての動かし方の考えとしては、お相手を早期に圧倒する【ビートダウン】ではなく、やりたいことをさせずこちらに有利な盤面を作る【コントロール】に寄せた方がよいでしょう。 しかし、【人間】や【マーフォーク】に代表される部族デッキは「優れたステータスや強力な能力のあるクリーチャーを多数展開し、それらのステータスをロードで底上げして攻撃する」スタイルが一般的です。 一方【フェアリー】はクリーチャーの展開を《苦花》に依存している部分が大きく、クリーチャーよりその他の呪文が多く入っているのが特徴です。 そのため、部族デッキとしては珍しくクリーチャーの枚数が8~12枚程度と少ない上に、マナコストもバラバラかつ瞬速持ちであるため、呪文を唱える時の色事故や手札事故を減らすために《魂の洞窟》や《霊気の薬瓶》が採用されないことがほとんどです。 (その代わり、他のデッキでも採用される汎用的な呪文が大量に入っているため、結構なお値段がします…) というデッキ【フェアリー】ですが、《苦花》のトークンをはじめとする大半のフェアリーのタフネスが1であるため、《レンと六番》や《疫病を仕組むもの》のような継続的にダメージや-1修正を与えるカード、インスタントタイミングでの二択を迫る動きでアドバンテージを取っていくため、《時を解す者、テフェリー》のような呪文を唱えるタイミングを阻害するカード、色拘束が厳しく2色土地をはじめとした特殊地形が多いため、《血染めの月》のような土地から出るマナを制限するカードが弱点です。 【フェアリー】にはどんな型があるの? 先述の通り、このデッキはロードのためにクリーチャーを一定数入れる必要が無く、かつこの呪文を確定で入れなければならないという縛りが緩いために自由に採用できるカード枚数の枠が広く、一口に【フェアリー】と言っても様々な種類の型があります。 では「デッキを【フェアリー】と定義するカードは何か?」という疑問になるのですが、個人的には《呪文づまりのスプライト》だと思っています。 《苦花》は単体でも【苦花変身】や【白黒トークン】、そしてモダンの枠を超えてレガシーにも入ることがありますが、《呪文づまりのスプライト》の能力は戦場のフェアリーの数を参照とするため、追加のフェアリーや《変わり谷》等、このカードをデッキに入れて使うためにはある程度構築を考える必要があり、このカードの有無が【フェアリー】の定義かなと。 続いて「型を定義するものは何か?」という疑問になるのですが、こちらに関しては《苦花》以外の戦術、そしてそれを実現させるためにどのカード、特にどのクリーチャーを採用するかに影響されるものだと思っています。 「2ターンキル」の異名の通り、ライフをコストに強力なアドバンテージを得るカードですが、エンチャント破壊やフェアリーの全体-修正等でこれを無力化される場面も多々あります。 そのため、これ以外の勝ち手段を考える必要があるのですが、ここの枠に何を採用するかによって、型の種類の分岐につながると思っています。 実際のデッキでは完全に特化して分割された形ではなく、いくつかの型が複合された形という方が大半だと思われますが、以下、青黒ベースのものについて、大まかな分岐を5つに分けて記しました。 私が使っている【フェアリー】は基本的にこれがベースになっています。 お相手のドローステップに《ヴェンディリオン三人衆》で手札の確認、アップキープに《霧縛りの徒党》で土地のタップでお相手の取りたい行動を的確に妨害しつつ、高打点の飛行クロックで速やかに勝負を決めていきます。 《霧縛りの徒党》を採用する場合、能力:覇権で戦場にいるフェアリーを追放するため、《苦花》や《変わり谷》を含めたフェアリーの採用枚数を多くする必要があります。 墓地のインスタントやソーサリーにフラッシュバックを持たせて再利用するため、クリーチャー少なめにして枠を多く取り、手札破壊、除去、打ち消しと状況に応じて必要なものを再利用できる対応力が魅力的。 その分打点が低くなってしまいますが、継続的にアドバンテージを稼ぎ、勝利条件も達成するプレインズウォーカーが多く採用されており、《苦花》のトークンはこれらを守るための途切れない壁としても非常に強力です。 飛行クロックでブロックしづらいものの、そのパワーの低さで決定打とはさせづらい《呪文づまりのスプライト》を忍術で回収して再利用しつつ、《堕ちた忍び》の強力な打点と能力で計2枚分以上のアドバンテージを取る動きは強力です。 また、忍術の攻撃してブロックされないという条件を達成するため、青黒コントロール型とは逆に、こちらはクリーチャーが比較的多くなります。 以前は《ウーナの末裔》による部族ビートを活かしたものが主流でしたが、《執着的探訪》を採用したイクサラン~基本セット2020期スタンダードの【青単テンポ】と《深き刻の忍者》を採用したパウパーの【青単】を融合してモダンに投入した型も現れ、モダン参入への障壁は最も低い方だと思われます。 2ターン目にゲームを決めるカードが最大8枚となることでキープ基準が大幅に下がり、青黒の【フェアリー】でも元々《饗宴と飢餓の剣》が採用されていたこともあり、装備品をつける先は《苦花》で供給、ライフレースは《殴打頭蓋》で逆転と、それぞれの相性はとてもよく、最近上位入賞者デッキリストが掲載されているのをよく見かけるようになりました。 その他、除去とダメージソースになる赤の火力を投入した別名【ライトニングフェアリー】と呼ばれる 青赤型や、そして《スクリブのレインジャー》を投入した 青緑型…等々あります。 -------------------------------------------------------------------------------------- では今回はここまでです。 次回は【フェアリー】に入るカードの説明とデッキ内における役割や相互のシナジーについて、書いていく予定です。 ここまでご覧いただき、誠にありがとうございました! 全体の流れ(予定) 1. いつも使っているデッキの紹介。 いつも試合中に考え、注意している事。 デッキごとのマッチアップ関する考え、サイドボーディング。 ここまでの記事でリクエストがあったものに関して。 (予定) -------------------------------------------------------------------------------------- おまけ【どうしてこの型のフェアリーになったのか】(以下1,205文字).

次の