デロイト トーマツ コンサルティング 採用大学。 デロイト・トーマツ

デロイト トーマツの年収は830万円!年代・役職別・推定生涯年収を解説!

デロイト トーマツ コンサルティング 採用大学

デロイト トーマツ コンサルティングとは DTCは国際的なビジネスプロフェッショナルのネットワークであるDeloitte(デロイト)のメンバーで、日本ではデロイト トーマツ グループに属しています。 DTCはデロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、デロイトおよびデロイト トーマツ グループで有する監査・税務・法務・コンサルティング・ファイナンシャルアドバイザリーの総合力と国際力を活かし、あらゆる組織・機能に対応したサービスとあらゆるセクターに対応したサービスで、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援するファームです。 2,700名規模のコンサルタントが、デロイトの各国現地事務所と連携して、世界中のリージョン、エリアに最適なサービスを提供できる体制を有しています。 課題の解決だけが私たちのゴールではありません。 日本、そして世界を取り巻く環境が目まぐるしく変化する今日、 成長を続けると同時に、持続可能な社会の創造とその発展に貢献していくことが、 これからのビジネスに求められている価値観であると考えます。 次世代のために、その先にある未来のために、 クライアントとともにバリューを創り出し、世界へと届ける。 デロイト トーマツ コンサルティングは クライアントと共に日本を、世界を進化させ続けます。 しかし、今やそれだけでは立ち行かなくなっている。 ビジネスの枠を越えて、持続可能な社会の構築そのものへの貢献も求められている。 その考えに基づき、私たちがこれまで掲げてきたスローガン、 「日本のビジネスに、新しい力を。 」を進化させました。 私たち自身も、クライアントへのサービスという従来からのビジネスの枠に留まらず、 社会全体に、専門性と知見そして洞察をもって、 提言し行動するプロフェッショナルファームに進化-Transmute-する。

次の

デロイト トーマツの年収は830万円!年代・役職別・推定生涯年収を解説!

デロイト トーマツ コンサルティング 採用大学

沿革 [ ]• (56年) 等松・トウシュロス コンサルティング設立。 (平成5年) 部隊と部隊へと分離し、部隊が独立してトーマツ コンサルティングを設立。 (平成9年) 残っていた等松・トウシュロス コンサルティングのIT部隊がデロイト トーマツ コンサルティング(旧DTC)に社名を変更。 この時点でトーマツコンサルティングと旧DTCの2組織が存在。 (平成15年) 旧DTCが監査法人トーマツとの資本関係を解消、デロイト トウシュ トーマツより脱退。 同時にへ社名を変更。 トーマツコンサルティングのみが監査法人トーマツの傘下に残る。 (平成20年) トーマツ コンサルティング(東京)がデロイト トーマツ コンサルティング(現DTC)へ社名を変更• (平成22年) トーマツコンサルティング 中京)(関西)(西日本)の各社と経営統合• (平成27年) の100%子会社である株式会社から、監査法人と同列の事業体である合同会社へ転換。 社名をデロイト トーマツ コンサルティング株式会社からデロイト トーマツ コンサルティング合同会社に変更 概要 [ ] は、いわゆるのなかで唯一、傘下に会社を有していることになる。 日本ではデロイト トーマツ グループがデロイトのメンバー企業として活動しており、グループの中でコンサルティングサービスを担当しているのがDTCである。 すなわち、DTCは、デロイトの日本におけるコンサルティング部門という位置付けにある。 とも呼ばれているため系のが多いのではという誤解が存在する。 しかし「旧会計系」とは単に出自を表しているに過ぎず、サービス 会計系サービス は下記サービス提供マトリクスの中の1サービスに過ぎない• コンピテンシーサービス 、・、、サービス、、、• インダストリーサービス 、、&、、・・、、、 社風および採用方針 [ ] 新卒採用を重視し、人を育てる社風があると言われている。 「Up or Out」(昇進か退社か)といわれる外資系企業に顕著な厳しい社風というよりは、厳しい中でもとして一人前になるまで社内でしっかり面倒を見るという考え方が浸透している。 そのため、採用の段階においても「一人前のに成長できる素質を持っているかどうか」を基本的な選考の視点としている。 主な出身者・在籍者 [ ]• - 元CSO、元デロイトトーマツコンサルティング代表取締役社長• - 、元NTTデータグローバルソリューションズ代表取締役社長• - 今治.夢スポーツ代表取締役、元デロイトトーマツコンサルティング特任上級顧問、元監督• - デロイトトーマツコンサルティング代表執行役社長• - 代表取締役社長• - 代表幹事、元上級顧問 主な出版物 [ ]• 「戦略のパラドックスへの解」/松下芳生(パートナー)、泊輝幸(パートナー)、佐瀬真人(パートナー)ほか• 「CSV時代のイノベーション戦略」/藤井剛(パートナー)• 「金融機関の新・顧客データ戦略SVoC CRMを超えて」/有友圭一(パートナー)ほか• 「金融機関のオペレーショナル・リスク管理態勢」/金融インダストリーグループ• 「戦略のパラドックス」/マイケル・E・レイナー(Deloitte Consulting LLP)著、松下芳生(パートナー)、高橋淳一(シニアマネジャー)監修• 「8段階モデルによる企業変革実践マニュアル」/ダン・コーエン(Deloitte Consulting プリンシパル)著、桐野章(シニアマネジャー)訳• 「改訂版 マーケティング戦略ハンドブック」/松下芳生(パートナー)ほか• 「はまる人、はもる人、はめる人」/キャメル・ヤマモト(ディレクター)• 「マネーロンダリング対策の実務」/有友圭一(パートナー)、有富ビクトル(シニアマネジャー)ほか• 「改訂版 お客さまの業務がわかる SEのための会計知識」/篠田昌典(パートナー)ほか• 「金融機関のオペレーショナルリスク・マネジメント」/松下芳生(パートナー)、有友圭一(パートナー)ほか• 「ストラテジーハンドブック」/松下芳生(パートナー)• 「経営統合戦略マネジメント」/松江英夫(パートナー)• 「金融機関のオペレーショナル リスク・マネジメント」/松下芳生(パートナー)、有友圭一(パートナー)ほか• 「経営コンサルティング」/ILO(国際労働事務局)ミラン・クーバー編、水谷榮二 監訳、トーマツ コンサルティング 訳• 「要員・人件費の戦略的マネジメント」労政時報/岡本努(パートナー)ほか 外部リンク [ ]• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援• 道普請人• ボランティアプラットフォーム• 日本印刷産業連合会• 日本CFO協会• 地球環境戦略研究機関• 国際協力NGOセンター• 日本食品分析センター• ACE• ザ・グローバル・アライアンス・フォー・サスティナブル・サプライチェーン• 学校法人国際学院• 岩井医療財団• プラン・インターナショナル・ジャパン• あと会• 学校法人大阪夕陽丘学園• 日本建築センター• 国際開発機構 この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

【デロイト トーマツ ベンチャーサポート】スタートアップ支援コンサルタント・イノベーションコンサルタント・ビジネスプロデュースコンサルタントの募集・DTVS新卒採用本選考エントリー 8/25(火)23:59締切

デロイト トーマツ コンサルティング 採用大学

気になる項目をクリック• デロイト トーマツの平均年収は約830万円 デロイト トーマツ コンサルティング合同会社(以下、デロイト トーマツ)の平均年収は約830万円ほどです。 は約2億円ほどといわれていますので、平均より1億5,000万円近く多くもらえることになります。• 総合系コンサルティング企業の平均年収ランキングでは第2位 デロイト トーマツは「監査・保証業務」や「税務・法務」から「ファイナンシャルアドバイザリー」など幅広いコンサルティング事業を展開する総合系コンサルティング企業です。 同じ総合系コンサルティング企業で平均年収を比較したところ、アクセンチュアに次いで第2位に位置しています。 以下が第5位までをまとめた表です。 順位 企業名 平均年収 1位 アクセンチュア 約850万円 2位 デロイト トーマツ 約830万円 3位 プライスウォーター ハウスクーパース(PwC) 約807万円 4位 野村総合研究所 約811万円 5位 日本アイ・ビー・エム 約774万円 (参考:) 2. デロイト トーマツの年代別の平均年収とは? デロイト トーマツの年代別の平均年収をまとめたものが以下の表です。 年代 平均年収 年収の幅 20代 600万円 530~700万円 30代 750万円 630~900万円 40代 955万円 800~1,200万円 (参考:) 表を見ると、 20代にして平均年収は500万円を超えており、日本企業の平均年収432万円を上回っていることがわかります。 しかし、年収が1,000万円を超えることの多い外資系戦略コンサルティング企業「マッキンゼー・アンド・カンパニー」や、外資系金融コンサルティング企業「ゴールドマン・サックス」と比べると平均年収は低い傾向にあります。 (参考:) デロイト トーマツでは業務はプロジェクト単位で割り振られるので、 一概の固定の業務があるという訳ではありません。 例えば金融(保険領域)における業務では、「事業戦略策定」「海外展開支援」「オペレーションモデル変革支援」「リスク管理」等を顧客と相対して行います。 シニアコンサルタントの平均年収は約1,000万円 デロイト トーマツのシニアコンサルタントはおおよそ入社5〜8年目の社員が該当し、平均年収は900〜1,100万円のあたりです。 業務内容はコンサルタントと同じくプロジェクトごとにチームで動くためさほど変化はありません。 ただし、より責任ある立場として部下を管理する業務が徐々に増えていきます。 マネージャーの平均年収は約1,300万円 デロイト トーマツのマネージャーはおおよそ入社6〜10年目の社員が該当し、平均年収は1,200〜1,500万円のあたりです。 マネージャーからコンサルティング能力だけではなく、プロジェクトやメンバーのマネジメント能力も期待されるようになります。 シニアマネージャーの平均年収は1,750万円 デロイト トーマツのシニアマネージャーはおおよそ入社10年以降の社員が該当し、平均年収は1,500〜2,000万円のあたりです。 シニアマネージャーはプロジェクトの責任者であるため、コンサルタントとしての高い能力に加えて、チームの高いマネジメント能力も問われる役職です。 デロイト トーマツの働き方に関する口コミ 国の平均と比べて年収の高いデロイト トーマツですが、 その代わり激務だったり、社員の入れ替わりが激しい(解雇率が高い)なんてことはあるのでしょうか。 外資系ならではの働き方について、口コミサイト「」の情報を参考に解説していきたいと思います。 「Up or Out」の文化ではない。 社員を長い目で育てる社風 一般的に年収の高い外資系企業では「Up or Out(昇格するか? 去るか?)」という文化が根付いていることが多く、社員同士の競争も激しく入れ替わりも盛んなイメージがあります。 しかし、 デロイト トーマツは外資系企業としては珍しく、「Up or Out」の文化は弱く、社員もじっくりと長い目で育てていく社風のようです。 若くても、責任の重たい仕事を任せられる社風。 上司もこれまで場数を踏んでここまでやってきた人が多く、失敗しても批判されるより建設的な意見を言われる事の方が多い。 一人一人が社員の成長を大事にしていると感じている。 (引用:) プロジェクト内容によって業務時間はさまざま 「外資系企業だから平日も休日も関係なくハードワークを強いられるのではないか?」と不安の方もいらっしゃると思いますが、労働時間はどれくらいなのでしょうか。 デロイト トーマツでは先ほども説明したようにプロジェクト単位で業務が進んでいくため、労働時間はプロジェクト内容によってさまざまなようです。 基本的には10時〜19時ごろが定時のようですが、プロジェクトによっては深夜を過ぎるケースもあるようです。 公認会計士• 税理士• セキュリティアナリスト• エンジニア• クリエイティブ・UXデザイナー• コーポレート デロイト トーマツのおもな福利厚生 デロイト トーマツでは多くの大企業と同じように、以下のような充実した福利厚生を社員に提供しています。 各種社会保険完備• 企業年金• 退職金• 出張手当• 通勤手当• 総合福祉団体定期保険• 財形貯蓄制度• 定期健康診断• 保養施設利用補助• カフェテリアプラン デロイトトーマツへの転職は「JACリクルートメント」を利用しよう! (引用) デロイトトーマツへの転職は、転職エージェント「」を利用しましょう。 JACリクルートメントは、グローバル・ハイキャリア・高年収求人に強みを持つ転職エージェントです。 つまり、外資系・ハイキャリア・高年収のデロイトトーマツへの転職を、どこよりも的確にサポートしてくれますよ。 また、「アクセンチュア」を始めとした コンサル業界への転職支援実績も多いため、安心して支援を任せられます。 実際にもあるため、デロイトトーマツへの転職ノウハウも豊富です。 登録や利用がすべて無料なのも嬉しいですね。 JACリクルートメントを利用し、デロイトトーマツへの転職を目指してみてはいかがでしょうか。 なお、推定年収の測定は、「」の登録を進めると表示される「適正年収を診断する」というボタンから行えます。 診断は3分ほどで完了しますので、ぜひ気軽に試してみてくださいね。 年収診断を行う流れ ちなみに、では キャリアアドバイザーへの転職相談も行えます。 年収アップを狙える求人を紹介してもらったり、実際に転職活動を行う場合は、書類作成などのサポートを受けることが可能です。 キャリアアドバイザーの相談は一切お金がかかりません。 対面・電話のどちらでも気軽に相談できますし、今の仕事に少しでも不安を感じているならば、 今後のキャリアを真剣に考えるきっかけになるはずです。 転職活動を考えている人はもちろん、まだ転職に現実味がない人も、ぜひ年収診断と合わせて転職相談を活用してみてください。 業界トップクラスの求人数や丁寧な転職サポートが評判で、「転職者満足度No. 1」にも選ばれています。 自分で求人を探したり、担当者に求人を紹介してもらったり、無料で様々なサービスを受けられるので、登録だけでも済ませておくのがおすすめです。 まとめ デロイト トーマツの平均年収は約830万円です。 総合系コンサルの平均年収ランキングでは、アクセンチュアに次いで2位です。 新卒初任給は約500万円で入社5〜8年目を目安に昇進するシニアコンサルタントでは年収900〜1,100万円となっています。 実力次第ですが、シニアマネージャーまで昇進すると年収は1,500万円超にものぼります。 また、デロイト トーマツは外資系コンサルとしては珍しく「Up or Out(昇進するか?去るか?)」という文化ではなく、新卒社員をはじめ、じっくりと長い目で社員を育てていく社風です。

次の