ドコモ 光 ホーム ゲートウェイ。 auひかりのホームゲートウェイで快適通信!ホームゲートウェイの種類と内容をご紹介!

ホームゲートウェイとは? ルーターとは違うの? 購入が必要?

ドコモ 光 ホーム ゲートウェイ

目次 この記事でわかること• フレッツ光のホームゲートウェイとは? フレッツ光でインターネットを利用するためには、ONU(回線終端装置、いわゆるモデムでインターネットの利用に必須)と有線・無線ルーターのふたつの機器が必要です。 しかし、 フレッツ光を「ホームゲートウェイ」付きのプランで契約すれば、ONUとルーターが1つの機器にまとまります。 ホームゲートウェイはモデムとルーターの機能を兼ね備えた機器 モデムとルーターが別々だと、電源が2つ必要だったり配線が複雑になったりとデメリットがあります。 しかし、 ホームゲートウェイをレンタルすれば機器が1台なので電源も1つです。 さらに ONUとルーターを繋ぐ配線が不要になるので、ケーブルが絡まる、邪魔になるなどのデメリットもなくなります。 フレッツ光のレンタルホームゲートウェイ申込手順 フレッツ光でレンタルできるホームゲートウェイは、NTT東日本と西日本で申し込む手順が異なっています。 NTT東日本の場合は、電話で申し込みが必要です。 以下の番号に、電話をかけましょう。 フレッツ光ライト• フレッツ光ライトプラス レンタルホームゲートウェイの月額料金は、以下のとおりです。 東日本エリアの場合、一枚目の無線LANカードは本体とセットになった料金ですので、750円でホームゲートウェイも、ホームゲートウェイを利用した無線LAN通信も快適に行うことができます。 そのため、別途ホームゲートウェイのレンタルを申し込む必要はありません。 ホームゲートウェイをレンタルで使いたい場合、ギガファミリープランやギガマンション・スマートタイププランを選ぶのも良いでしょう。 また、設置工事費は フレッツ光の契約時にレンタルホームゲートウェイを申し込めば基本的にかからないので、フレッツ光を契約前の方は、契約と同時にレンタルホームゲートウェイを申し込みましょう。 西日本エリアでホームゲートウェイをレンタルする場合 NTT西日本エリアでフレッツ光のホームゲートウェイをレンタルできるのは、 フレッツ光ネクストまたはフレッツ光ライトプランのどちらかを契約している人です。 月額料金は利用期間や利用するサービスによって少々細かくわかれているので、しっかり確認しましょう。 また、上記の表にある 「低価格プラン」は、2年以上の契約が条件で200円(税抜)の割引が適用されます。 低価格プランの場合、 2年以内にホームゲートウェイを解約すると月額料金の差額10ヶ月分である2,000円(税抜)の解約金が必要になるので注意しましょう。 ただし低価格プランの解約金は、以下のどちらかに当てはまる場合無料です。 フレッツ光orコラボ光の解約と同時にホームゲートウェイのレンタルを解約する• しかしNTT西日本に設置工事を代行してもらう場合は、 機器工事費1,500円(税抜)+派遣の基本工事費4,500円(税抜)の合計6,000円(税抜)がかかってしまうので注意しましょう。 レンタルしたホームゲートウェイは解約時に返却が必要 フレッツ光からレンタルしたホームゲートウェイは、フレッツ光の解約時に返却しなければいけません。 解約を申請すると返却用の封筒などが返却手順のご説明書きとともに送られてくるため、ホームゲートウェイを入れて返送しましょう。 フレッツ光のホームゲートウェイ設定手順 フレッツ光でホームゲートウェイを使うには、接続設定が必要です。 ここからはホームゲートウェイの設定手順を解説するので、フレッツ光からホームゲートウェイをレンタルした際は、チェックしてみてください。 設定はすべて自分で行うようにすれば、設定サービスなどの余計な出費もかかりませんよ! なお、ホームゲートウェイの初期設定は、以下のたった2つの手順のみです。 ホームゲートウェイ• パソコン• 機器の接続用LANケーブル• プロバイダから送られてきている、ユーザー名やパスワードの設定が記載された書類 特に プロバイダによるユーザー名(ID)とパスワードが記載されている書類は必須で、なければ設定を進められません。 紛失している場合はプロバイダに連絡しましょう。 次項より、パソコン(ここではWindows10とします)とホームゲートウェイを有線接続した場合の設定方法を解説します。 接続するパソコンが1台の場合 壁から繋がっている配線とホームゲートウェイを接続後、ルーターのLANポートとパソコンのLANポートを接続すれば配線は完了です。 配線が完了したら、以下の手順で初期設定を行います。 パソコンの画面左下にあるWindowsのロゴマークをクリックし「設定」を選択• プロバイダの書類に記載されているユーザー名とパスワードを入力・保存 以上で設定は完了。 設定したパソコンで、インターネットを利用できるようです。 接続するパソコンが2台以上の場合 ホームゲートウェイ1台に対して、複数の機器を有線接続できます。 しかしパソコン1台を設定する前項目の設定だと、2台目以降のパソコンやその他機器には設定が保存されていないため、インターネットを使えません。 2台以上の機器を使うときは、ルーター側にインターネット接続設定を保存する必要があります。 フレッツ光のホームゲートウェイが故障したときの対処法 ホームゲートウェイは、 長い間使用していたり初期不良などの不具合があると故障してしまいます。 故障の際はNTTに問い合わせを行うことで新しいホームゲートウェイを郵送してもらえますが、 機器が変更になるので再度初期設定が必要です。 一度交換を申し込むと手間がかかってしまうので、問い合わせる前にルーターを再起動してみたり、設定が間違っていないか確認したりしましょう。 ホームゲートウェイが故障した場合は無料で交換可能 ホームゲートウェイは、 自分で壊したのでなく長期使用による劣化などが原因で勝手に壊れてしまった場合に、無料で交換できます。 言い換えると、「うっかり足で蹴って倒してしまった」「こぼした水がかかってしまった」など、 自分が原因で壊れてしまったと判断された場合は交換時にルーター代などを請求されてしまうので、注意しましょう。 【番外】フレッツ光のホームゲートウェイは東日本と西日本で違う? これからフレッツ光でホームゲートウェイをレンタルする場合は、東日本・西日本で機能が共通のホームゲートウェイが貸し出されますが、 すでに数年前にホームゲートウェイのレンタルを開始している人は要注意です。 数年前は、 NTT西日本エリアのフレッツ光だと無線LANルーター機能がない(別途無線LAN対応のルーターを用意する必要がある)ホームゲートウェイが提供されていました。 つまりNTT西日本エリアで無線LAN機能非対応のルーターをレンタルしている人が無線LAN機能を使いたい場合は、 以下のどちらかの手順を踏まなければ無線LAN機能は使えないので注意しましょう。 別途料金を支払って、ホームゲートウェイを交換する• 自分で購入した無線LANルーターをホームゲートウェイに接続する まとめ フレッツ光では、対応するプランを契約している場合に ONUとルーター機能がセットになった「ホームゲートウェイ」をレンタルできます。 ホームゲートウェイのレンタル料金は東日本エリア・西日本エリアで違いがあるため、 ホームゲートウェイのレンタル料金を確認する際は、お住まいのエリアの料金であるかどうか注意してください。 ホームゲートウェイをレンタルした場合、 自分で設定を行う場合は設定費用は基本的に必要ありません。 今回紹介した手順をもとに、ご自分でホームゲートウェイの初期設定を行ってくださいね。

次の

質問!ITmedia

ドコモ 光 ホーム ゲートウェイ

写真のホームゲートウェイはIPv6に対応するNTTのPR-500KI。 PR-500KIの設定画面。 パソコンのブラウザーからPR-500KIの設定画面にアクセス 192. 168. 1 できます。 IPv6サービスを契約中は、接続先設定(IPv4 PPPoE)画面の「編集」ボタンが無効(グレーアウト)になり、操作できません。 IPv4はPPPoE方式では「未接続」、IPoE IPv4 over IPv6 方式で接続します。 インターネット開通時はPPPoE方式なので「接続中」でした。 IPv6サービスの開始後は「未接続」になります。 切り替え作業はすべて回線事業者側で行います。 IPv6サービスを解約しない限り、接続先設定(IPv4 PPPoE)は「編集」できません。 2019年6月26日、DTI光は「OCNバーチャルコネクト」サービスの提供を開始。 上記は以前の「v6プラス」の内容になります。 IPv6対応のWi-FiルーターからIPv4 over IPv6 事業者変更後は以下の通り• 回線事業者(光コラボ):• VNE事業者( IPoE接続事業者):NTTコミュニケーションズ• ただし、ホームゲートウェイだけでは、IPv4は PPPoE方式になります。 これではIPv6接続サービスのメリットが十分に生かせません。 IPv4もIPv6と同じ IPoE方式で接続するには、ホームゲートウェイとは別にIPv6対応のルーターが必要です。 IPv4サイトにアクセスできない? 事業者変更による解約後、新事業者からインターネットに接続すると、ホームページページが閲覧できない? このとき、Googleのサービス(検索、Gmail、You Tubeなど)に繋がれば、IPv6接続はできています。 これはIPv4向けのサイトが閲覧できない状態です。 ほとんどのサイトはIPv6接続では閲覧ができません。 IPv4サイトに接続するには、接続先設定を変更します。 168. 接続先設定(IPv4 PPPoE)画面、状態が「未接続」ならば「 接続中」に切り替えます。 手順は 接続可をチェック後、操作「編集」ボタンから新事業者のユーザーIDとパスワードを設定。 何か変ですね? OCNバーチャルコネクトは対応ルーターが必要 IPv4 PPPoEの接続でも問題はありませんが、光コラボのIPv6サービスはIPoE IPv4 over IPv6 が利用できます。 「IPv4 over IPv6」とは、 IPv4向けのサイトもIPv6接続から閲覧できる技術です。 限られたIPv6サイトのためだけにIPv6接続をしても、通信の高速化は期待できません。 ぷらら光エクスプレスでは「IPv4 over IPv6(OCNバーチャルコネクト)」を利用するには、ルーターが別に必要です。 ホームゲートウェイを利用中の場合は、ルーター機能を無効にして、新たにOCNバーチャルコネクト対応ルーターを接続させなければなりません。 再びIPv4 PPPoEを無効にする ホームゲートウェイにIPv6 OCNバーチャルコネクト 対応ルーターを接続する場合は、IPv4 PPPoEを解除しなければなりません。 状態「 接続中」を「 未接続」に切り替えます。 表示された情報のゲートウェイ名の変化でわかります。 「ぷらら光」ぷららv6エクスプレス(OCNバーチャルコネクト) の場合 ゲートウェイが「ap. plala. jp」の場合はIPv4 PPPoE 接続 ぷらら光は、2019年12月1日以降の申し込みから ホームゲートウェイ(HGW)によるIPv4 over IPv6接続が可能に 新規契約者限定ですが、ぷらら光はホームゲートウェイだけでもIPv4 over IPv6接続が可能になりました。 従来通りWi-FiルーターをLANケーブル接続し、併用することも可能です。 2019年11月30日以前に申し込みした場合は 本記事で紹介した通り、IPv6 OCNバーチャルコネクト 対応ルーターが必要になります。 ぷらら光「マイページ」に 手続きが表示されても、設定を変更することはできません。 出典: ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続利用について plalaマイページに ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続利用についての 注意事項が追加されました。 ホームゲートウェイ(HGW)の型番が300番台以降である必要があります。 ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続を利用した場合、IPoE方式接続となり、PPPoE方式による接続はできません。 現在、対応ルーターでIPoE接続している場合は、ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続を「ON」にすることで、通信ができなくなる場合があります(対応ルーターでIPoE接続中にホームゲートウェイ(HGW)へIPoE接続を可能にするためのソフトウェアが配信されると通信ができなくなります)。 ホームゲートウェイ(HGW)によるIPoE接続を「ON」に変更する場合は、事前にホームゲートウェイ(HGW)からPPPoE接続を行い、対応ルーターを AP(ブリッジ)モードに変更するか、配線から切り離してください。 万一、対応ルーターでIPoE接続中にソフトウェアが配信され、通信ができなくなってしまった場合は、対応ルーターを再起動してください。 再起動しても改善しない場合は、対応ルーターを初期化(工場出荷時の状態に戻す)するか、動作モードを手動でAP(ブリッジ)モードに設定してください。 IPoE方式による接続の場合、以下のサービスはご利用いただけません。 <IPoE方式接続で利用できないサービス>• SMTP(25番ポート)からのメール送信• 外部へのサーバー公開• PPPoE接続とIPoE接続の通信速度比較 検索 事業者変更後(ぷらら光)の通信速度をGoogle検索ページから測定。 ホームゲートウェイを切り替え、IPv4 PPPoE 接続とIPv6 IPoE 接続で比較してみました。 画像はIPv6の平均的な速度。 速度テストはタイミング次第で数値が大きく変わります。 比較は難しく、IPv4の速度と大した違いはみられません。 元々、「通信が混み合う」認識はありませんでした。 現状に不満がある場合は、通信速度が改善されるかもしれません。 \ アップデートで速くなった!/ 最後に NTTコミュニケーションズのオフィシャルサイトでは OCNバーチャルコネクトサービスのIPv4 over IPv6接続に対応したホームゲートウェイ及びブロードバンドルーターの「」が確認できます。 DTI光のIPv6接続サービスは現在、「v6プラス」から「OCNバーチャルコネクト」に変更しています。 以降は「OCNバーチャルコネクト」を提供しているようです。 通信技術&サービスは目まぐるしく変化します。 過去の情報が氾濫して、どれが正確で最新の情報なのか、判断が難しいです。 本記事は、2019年8月、DTI光(v6プラス)からぷらら光(OCNバーチャルコネクト)への変更、実体験です。 利用するVNE事業者や通信方式または契約時期で、記事の内容と異なる場合があります。

次の

IPv6インターネット接続機能

ドコモ 光 ホーム ゲートウェイ

v6プラス対応Wi-Fiルーターは有料でレンタルを行っているプロバイダが多いですが、 や、、では最新のv6プラス対応ルーターを無料レンタルできますので、ドコモユーザーの方にはオススメです。 最近では、光回線申し込み時のキャンペーンとして、 もありますので、 そういったキャンペーンを利用するのもオススメです。 また、 注意点として、市販されているWi-Fiルーターには、v6プラス対応のものと、そうでないものがあります。 「IPv6対応のWi-Fiルーター」であっても「v6プラス対応のWi-Fiルーター」とは限らないため、間違ってv6プラスに対応していないものを購入しないように注意してください。 というわけで、このページでは v6プラス対応機器 ホームゲートウェイ・Wi-Fiルーター を紹介していきます。 これからv6プラスを利用する方、すでに利用中の方は参考にしてください。 ひかり電話ルーターと呼ばれることもあります。 フレッツ光や光コラボで、ひかり電話 名称は各光回線で異なります オプションを利用する方には、HGWが貸し出されます。 ひかり電話オプションを利用せず、ネット回線だけ利用の場合はHGWではなくONUが貸し出されます。 そのため、これまでv6プラスを使っていなかった方でも、 ひかり電話を利用している場合は、現在使用中のHGWがそのままv6プラス接続に使えます。 具体的には、 現在利用中のものが下記の型番であれば、v6プラス対応のHGWです。 対応機器はより• RT-S300シリーズ• PR-S300シリーズ• RV-S340シリーズ• PR-400シリーズ• RV-440シリーズ• RT-400シリーズ• PR-500シリーズ• RT-500シリーズ• RS-500シリーズ• PR-600シリーズ•

次の