コロナ 禍 の 読み方。 禍とは何?コロナ禍の読み方や意味を解説

コロナ禍の読み方は?鍋(なべ)、渦(うずにしめすへん)?と読めない人が続出!意味と使い方、影響を調べました!

コロナ 禍 の 読み方

コロナ禍の意味は? まず、「禍」の意味は「わざわい」です。 「わざわい」と聞くと「災」の漢字を思い出します。 「禍」と「災」には違いがあるのか調べてみました。 「禍」と「災」の違いとは? 面白い回答が知恵袋の方で比較されていました。 【災】わざわい。 (ア)火事。 大きな火事。 (イ)災難。 自然に起こるわざわい。 洪水・地震など。 神のとがめ。 思いがけず受ける不幸。 (『漢語林』大修館書店) 災・・・・・・・・・・天災的な災い。 防ぎようのない災い。 地震・台風・火山の爆発など。 禍・・・・・・・・・・人為的な災難。 工夫したり、予防していれば防げるもの。 火事・なだれ・洪水・など。 出典: 同じ災難を表すようですが、どうも 天災等のようにどうやっても防ぐことが出来ないのが「災」で、 人為的な原因により発生した禍であり、防ぐことが出来たものが「禍」のようです。 たしかに、今回の「新型コロナ」は「感染症の病気」なので、もっといろいろ対策を早い段階で措置を講じていれば「わざわい」となるまえに防ぐことが出来たものと言えそうなので 「災」ではなく「禍」と呼ぶのがふさわしいのかも知れません。 つまり 「コロナ禍」は「コロナが原因によって生じた禍」という意味になると考えられます。 ちなみに、先ほどの「禍災」は「かさい」と読み、「わざわい」や「災難」の意味を表します。 その他にも「禍」を用いた言葉に次のようなものがあります。 大禍(たいか):大きな禍 惨禍(さんか):むごたらしい禍 水禍(すいか):水難や洪水にあう事 さんずいの「渦」としめすへんの「禍」での区別の仕方が分からず、 「コロナ禍」と「コロナ渦」の意味の違いについては現在調査中です。 ちなみに英語では「災難」の事を「calamity」と呼ぶようです。 こちらの記事も人気です! Sponsored Links 「禍の語源」はわざはひ?「咼」+「示」が表す意味とは? wikipediaによると わざわい【災い、厄、禍】(歴史的仮名遣い:わざはひ) 「わざわい」の語源は「わざはひ」だったんですね。 興味深い記事を発見! 日本語の「わざはひ」はワザ(隠された神意)+ハヒ(這うように広がる)が語源で、「いましめる神意のきざし」が原義というが(『岩波古語辞典』)、古典漢語の禍は予想外の不幸や難儀の意味である。 禍は「咼(音・イメージ記号)+示(限定符号)」と解析する。 出典: 先ほどの記事によると ・「わざ」とは神意つまり神の意図 ・「わい」は古語で使われていた「はひ(這ひ)」が元。 「這ひ」を調べてみると「這ひ歩く」「這ひ蚊来る」「這ひ入る」「這ひ出」 という言葉等が見つかります。 いずれも 「這う」という意味で使われています。 出典: また、 ニコニコ大百科による「示」の意味 意味 示す、表す、人に告げる、教える、人の目に晒す、という意味がある。 もともとの意味は、神、神のお告げで、そこから示すという意味が出た。 また視と通じて視る、祇と通じて土地神、寘と通じて、おく、という意味があ 出典: 「示す」が神のお告げから来ている言葉だとは初めて知りました。 確かに「しめすへん」を表す漢字には「 神」「祈」「福」等、「神」を意識している感じはありますね 「禍」を表す「咼」の意味や成り立ちは? 「咼」は「冎」+「口」という字で成り立っています。 冎カ は、手足の骨が連続してつながる形で、ここでは関節部分をさす。 そこに口のついた咼カは、関節部分がまるいことを表し、関節の先端が、とびでてまるい意と、それを受けるへこんでまるい部分をいう。 具体的には、大たい骨のまるい上部とそれを受ける骨盤の骨臼をさすものと思われる。 咼を音符に含む字は、関節の骨の一方のくぼんだ「まるい穴」、骨の一方のまるく出た「まるい山形」のイメージをもつ。 出典: 「渦巻く」って水が丸くなっているイメージありますし、「鍋」は「丸い器」って、「咼」が 「丸い」ってイメージなのは分かりました。 禍 カ・わざわい ネ部 解字 「ネ(=示。 祭壇・神)+咼(まるい穴)」の会意形声。 神のたたりを受けて思いがけない穴(落とし穴)にはまること。 出典: 「禍」も同様なんですね。 Sponsored Links コロナ禍の読み方はなんて読む? では、「コロナ禍」はなんと読むのか? 「 鍋(なべ)」、 「渦(うず)」、 「過(か)」に似ている字です。 上記の漢字と間違えて 「コロナなべ」「コロナうず」「コロナか」等と読んでいる人は多そうな感じがします。 では、「禍」の「読み方」は? 「禍 読み方」で調べてみると 「禍」についての「訓読み」は次のようになっています。 「訓読み」では「わざわい」「まが」 と読みます 「わざわい」と聞くとどちらかというと 「災」の字を思い浮かべてしまいます。 一方、「禍」についての「音読み」は次のようになっています。 「音読み」では「カ」 と読みます。 この事から 「コロナわざわい」「コロナまが」「コロナか」に絞られます。 さすがに、「コロナまが」とは言わなそうなので、「コロナわざわい」か「コロナか」のどちらかだと思われます。 「コロナわざわい」とも読めそうですが、「禍」をつかう、その他の熟語を調べてみました。 「禍」を前に使用する熟語 「禍神(まがかみ)」「禍言(まがごと)」「禍事(まがごと)」「禍福(かふく)」「禍災(かさい)」 「禍」を後に使用する熟語 「水禍(すいか)、大禍(たいか)、惨禍(さんか)」 等があります。 「将来(未来)にかこんを残す」とか「かこんをのこした」って言葉を聞いた事ありません? 実はあの 「かこん」は「禍根」と書きます。 「禍」を後に使用する場合 「禍」は「か」と読んでいるため、おそらく 「コロナ禍」は「コロナか」と読むのではないかと考えられます。 テレビ等の報道で「コロナ禍」の文字が出てこないため、アナウンサーによる発音もありませんので、残念ながら、正式な読み方は発表されていません。 あくまでも予想にすぎませんが、 「コロナ禍」の読み方としては「コロナか」が一番高そうで、次に「コロナわざわい」ではないかと思われます。 同じ「わざわい」の字を2つ並べ「禍災」と書いて「かさい」と読む場合もあるようです。 追記:最近はコロナ渦も使用! 実は 「渦」も音読みで「カ」と読み、一部の記事やニュースでは 「コロナ禍」ではなく「コロナ渦」をタイトルで使われているものもあるようです。 冷静に考えてみると 「渦中(かちゅう)」では「渦(か)」とよみますね。 ニュース記事で「コロナ渦」が使われていました。 新型コロナ渦に見舞われた東京五輪、延期がまだ決まらない理由 — AFPBB News afpbbcom しかし、 ツイート上でのタイトルが「コロナ渦」、実際の記事は「コロナ禍」になっているのが不思議です。 「コロナ禍」と「コロナ渦」の使い分け方までは分かっていません。 「コロナ渦」を使う理由は 「誤り」もしくは「新語?」等と指摘する意見も・・・ 既に指摘されている方も多いようだが、「コロナ禍」と「コロナの渦中」が混淆したと思われる「コロナ渦」という表記が大量に出現中。 全くの誤りと見るべきか、新語と見るべきか。 — yhkondo yhkondo コロナ禍で不足中のマスクですが ネット購入可能なマスクを発見! 当サイトに掲載された情報 については、 充分な注意を払っておりますが、 その内容の正確性等に対して、 一切保障するものではありません。 当サイトの利用で起きた、 いかなる結果について、 一切責任を負わないものとします。 リンク先の参照は 各自の責任でお願い致します。 当サイトは著作権の侵害を 目的とするものではありません。 使用している版権物の知的所有権は それぞれの著作者・団体に 帰属しております。 著作権や肖像権に関して 問題がありましたら御連絡下さい。 著作権所有者様からの警告及び 修正・撤去のご連絡があった場合は 迅速に対処または削除致します。 不適切な記事、リンク等が ありましたら 早急に削除等の対応をいたしますので ご連絡下さい。 尚、ツイッターやインスタは 基本的に許可なく埋め込み機能にて 引用可能なため、 当サイトでは埋め込み機能を利用して 掲載させて頂いていますが、 もし、掲載において不適切なツイートやインスタ等がありましたら、 削除依頼があれば早急に対応致しますのでご連絡下さい。 YOUTUBEにおいても同様に 動画共有機能を利用させて いただいていますが、 ツイッターやインスタと同様に 削除依頼があれば早急に対応致しますのでご連絡下さい。 返信は72時間以内にお返事しております。 返信がない場合は不達も考えられますので 再度、ご連絡下さい。

次の

コロナ禍の読み方と意味

コロナ 禍 の 読み方

「コロナ禍」の読み方とは 「コロナ禍」は「ころなか」と読みます。 「禍」は 災禍 さいかや 水禍 すいかなどのように災い・ 禍々 まがまがしいこと・不運・凶事を表す漢字です。 コロナ禍 ころなかの発音だけ聞いて、駅ナカをなんとなく連想してしまうのは筆者だけではないはず、多分……。 「コロナ禍」の意味とは 「コロナ禍」の「禍」は禍々しい災いや凶事のことを表す漢字です。 従ってコロナ禍とは「コロナによってもたらされた、禍々しい事態や状況、災害」という意味になります。 実際にはコロナそのものの被害も多いですが、 コロナ禍による経済被害も広がるばかりです。 特に自粛要請や緊急事態宣言で、休業しながら補償がない状態では、 非正規雇用などの弱い立場の労働者から被害が拡大しています。 コロナ禍のように読めない漢字を調べる方法 日本語はひらがな、カタカナ、漢字で成り立っています。 漢字は常用漢字だけで2000文字以上になりますので、うろ覚えや読み方がわからない漢字もありますよね。 「この本、難しい漢字を使いよるなぁ……この漢字、なんて読むんやろ?」 「おっしゃ、ググって検索したら読み方が出てくるはずやわ!」 「……っ! 読み方わからんから、キーボードで入力できへんやん!」 「おっしゃ、読み方をGoogleで……ってもうええわ!」 あるあるですよね。 ネット上で見たわからない漢字なら、コピペで一発です。 しかし新聞や本などの紙媒体でわからない漢字があると、ネットでググるのも一苦労。 調べる方法ひとつと、類推する方法ひとつを解説します。 手書きツールで調べる スマートフォンでもパソコンでも、手書き入力に対応しているIMEがほとんどです。 手書き入力の方法がわかるなら、漢字を手書きで入力して読み方を調べましょう。 手書きツールの呼び出し方法は、スマートフォンやパソコンでも異なりますし、IMEによっても違います。 MS IMEやGoogle日本語入力、ATOKなど全部解説するのは面倒です。 よって…… 上記の「漢字手書き検索」を使用しましょう。 IMEの手書きツールのように漢字が書けて、検索できるので非常に便利ですよ。 他の似た漢字から読み方を類推する 今回の「コロナ禍」の「禍」であれば、似たような漢字がいくつか思い浮かびませんか?• 通過、過去などで使用する「過」• 渦中、戦渦で使用される「渦」 どちらも「禍」に似ていますよね。 そして読み方はどちらも「か」です。 このように読み方を類推できるのも、漢字の便利さのひとつです。 しかし類推した後は、必ず当たっているかどうか? 調べるようにしましょう。 読み方が本当は間違えていたなんて、しゃれになりませんからね。 コロナ禍で検索されている意外なキーワードとは? 筆者は日々、記事を書くためにキーワードを調べています。 どのようなキーワードが検索されていて、トレンドになっているのか? は、ブロガーなら敏感に調べるものです。 今回「コロナ禍 とは」というキーワードで記事を書くに当たって、意外なキーワードが検索されていましたので紹介します。 コロナ禍の挨拶文 「コロナ禍 挨拶文」というキーワードに、思わず「なるほど……確かに」と首肯しました。 例えば現在のコロナ禍で「ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます」や「お元気でご活躍のこととお喜び申し上げます」という挨拶文は、いかにも適当ではありません。 かといってこの手の挨拶文は、テンプレートです。 自分でなんとかカスタマイズしようとしても「変じゃない?」となる可能性も。 上記はコロナ禍対応の5月の挨拶文です。 いやはや、すごい便利。 季節は早くも五月を迎えま したが、コロナは当面収まる気配があり ませんが、長い闘いをともに頑張っていきましょう。 コロナ禍でインフレ? 「コロナ禍 インフレ」というキーワードも、ユニークですよね。 「なぜこのキーワード?」と思うか「なるほどな」と思うかで、経済への理解度がわかるかもしれません。 コロナ禍で多くの企業や店舗が、休業しています。 しかし生活需要は、コロナ禍といえど存在します。 また輸入もどうなっているのか、気になります。 つまり物資が不足するかもしれない、という懸念があります。 この物資不足を経済用語に直すと、インフレとなります。 ちょっと解説しておきます。 短期的には「自粛によって需要減、それに引きずられて供給減」という面が大きいと思います。 コロナ禍でも再開しようと思えば、飲食店や通勤なども再開は可能でしょ? コロナ禍は短期的にはインフレ要因にならない、と筆者は判断しています。 コロナ禍が長引いて倒産が相次げば、インフレ要因になる可能性が高くなってきます。 コロナ禍はいつまで? 「コロナ禍 いつまで」というキーワードは、切実ですよね。 そしてこのキーワードの問いに答えることは、現在のところ誰にもできません。 一説によればワクチンは、1年から1年半で開発される見通しです。 それまで長引くかもしれない、と最悪の事態を想定しておく方が賢明でしょう。 Googleのキーワードプランナーは現在、「コロナ」というキーワードでは検索できなくなっています。 「コロナ」というキーワードで、広告を出すことを禁止したからです。 キーワードを調べたい人は、を利用してくださいね。 筆者も非常にお世話になっているツールです。 コロナ禍とは、非常に大変な状況です。 多くの企業や店舗が休業して、体力のないところは倒産の危機にあります。 雇用は縮小され、非正規雇用の人たちは稼ぐ当てをなくしました。 こんなときこそ筆者は、国家が国民を救うべきだと思います。 コロナ禍も、いつかは終わります。 しかし終わった後に再生できるかどうかは「 現在、国民が政治に真面目に向け合えるかどうか」にかかっているように思えます。 >ヤンさん リアルタイムで自分が判断できたかどうかという話しでしたら、小泉さんは無罪ですね~・・・。 だって私自身が小泉さんの改革を応援してましたもんww まさか当時、あれが改悪だとはまではさすがに思ってもいませんでした。 小泉さんが選挙で圧勝した時は、これでこの国ももう少し『我慢すれば』、良くなっていくんだろうと思ってましたもん。 結果はあれでしたけど・・w. 乃木希典さんは、リアルタイムでの戦局での、タイムリミットやらなんやら総合的に勘案すれば、あの消耗戦のような戦いはいたしかたないみたいな論調も、たしかに昔とは違って最近でてきてますね・・。 悠長に戦えたわけではなかったということで・・。 そこで多くの若者を、多大な犠牲がでることを理解しながら勝つために死にに行かせたから、乃木さんはそののちずっと自死を望み続けたんでしょうね・・・。 申し訳ありません。 本来スレチでしたが、失礼致します。

次の

「コロナ禍」の使い方や意味、例文や類義語を徹底解説!

コロナ 禍 の 読み方

「禍」という漢字の使い方についても、ひもときましょう。 「禍(わざわい)」とも読む漢字ですが、同じ読み方を持つ「災(わざわ)い」と、意味の上での使い分けがあります。 「 災(わざわ)い」は、「天災」など、 主に「防ぎようのない元凶によりもたらされもの」に使われる漢字、 それに対し「 禍(わざわい)」は「舌禍」など、 主に「人為的ミスなどにより発生した凶事」に使われるようです。 新型コロナウイルスに由来する凶事に「禍」の字があてられるのは、 「これ以上感染を広げない」という重要ポイントが、個々人の行動にかかっている…という点にあるでしょう。 自分や大切な人、そしてこの社会を守るため、できる限りの予防策をとって、協力しあって参りましょう。 2問目に参ります。 【問題2】「禍々しい」ってなんと読む? 「禍々しい」という日本語の読み方をお答えください。 ヒント:意味は「不吉である」「いまいましい」などです。 <使用例>「禍々しい出来事にも、必ず終わりが来ます!」 文字、音ののイメージが強烈ですが… 「禍」という字には「禍(まが)」という読み方があります。 凶事の表現として「禍事(まがごと)」という日本語もあり、文字だけでも凄みを感じてしまいますが…。 苦境でこそ大切なのが「イメージにひきずられない」「必要以上にネガティブにならない」という「冷静さ」でしょう。 東京都の地区別感染者数が発表された際、筆者の周囲で、こんなエピソードがありました。 4月2日の時点で感染者数が最多であった世田谷区在住の友人が、SNSの友人グループに「怖い」と怯えたメッセージを送ってきました。 すると別の友人が「世田谷区は実は人口そのものが多いので、感染者数だけ見ると一見して最多であっても、人口比で考えると、世田谷区だけの罹患率が突出しているわけではないのよ?」という情報を、冷静に提示したのです。 罹患率そのものよりも、 怯えた友人の平常心を呼び戻すために、このやりとりは意義があったと思います。 つい、心が曇りそうになりますが、必要以上にネガティブになっても状況は変わりませんし、むしろ立ち向かう気力をそいでしまうでしょう。 見えないウィルスとの闘いには、一人一人が当事者として、平常心で毅然と戦う力が不可欠です。 「禍(わざわい)を転じて福となす」未来が一刻も早く訪れるよう、ともに立ち向かって参りましょう! 本日は、 ・コロナ禍(ころなか) ・禍々(まがまが)しい という日本語をおさらいしつつ、 ・禍(わざわい)を転じて福となす という先人の経験に基づく故事成語をお届けしました。 関連記事•

次の