磯野 家 の 人々 20 年 後 の サザエ さん。 ドラマ【磯野家の人々〜20年後のサザエさん】のキャストとあらすじ!

[磯野家の人々20年後のサザエさん]見逃し配信や再放送は?視聴率も調査

磯野 家 の 人々 20 年 後 の サザエ さん

20年が経ち、すれ違う家族に笑顔を取り戻すため、サザエが奮起する。 1969年のテレビアニメ放送開始から10月で50周年を迎えた『サザエさん』。 その記念すべき年に、磯野家の20年後をオリジナル脚本で描く本作。 ドラマで未来の磯野家の人々を描くのは初の試みとなる。 天海がサザエを演じるほか、マスオ役を西島秀俊、カツオ役を濱田岳、ワカメ役を松岡茉優、タラオ役を成田凌、フネ役を市毛良枝、波平役を伊武雅刀が務める。 いつも明るく笑い声の絶えなかった磯野家。 だが20年が経ち、子供たちは社会の厳しさに直面して悩みを抱えているが、家族に心配をかけまいと弱みを見せない。 その様子を見守ることしかできない大人たちも、もどかしい思いを抱えていた。 20年後のカツオ(濱田)は31歳となり、野球選手、漫画家など、夢見ては挫折するのを繰り返し、今は商店街の洋食店でシェフをしているが、経営がうまくいかず幾度目かの挫折の危機に直面している。 29歳になったワカメ(松岡)はアパレル関係のデザイナーをやっているが、なかなか自分のデザインが採用されず悩んでいる。 23歳のタラオ(成田)は就職活動中だが、やりたいことが見つからず面接で玉砕の日々だ。 74歳の波平(伊武)は定年退職を迎えて時間的余裕ができ、カツオたちの将来を案ずる一方、距離感の取り方が分からず歯がゆい思いを抱えている。 そんな夫・波平と磯野家の人々を温かく見守る70代のフネ(市毛)。 48歳になったマスオ(西島)は出世したものの、中間管理職として板挟みの会社員生活を過ごしている。 そんな、もやもやとした曇り空模様の磯野家に明るい太陽のような笑顔を取り戻そうと、44歳のサザエ(天海)は奮起し、盆踊り大会に家族みんなで集合と呼びかける。 しかし、天気予報によると急に発生した嵐が近づいてきており…。 果たして、互いを思い合うあまりすれ違ってしまっている家族の仲を修復しようと奔走するサザエは、磯野家に明るい太陽を照らすことができるだろうかー。 アニメ『サザエさん』放送50周年記念スペシャルドラマ企画 『磯野家の人々~20年後のサザエさん~』はフジテレビ系にて今夜11月24日20時放送。 この記事の写真を見る•

次の

「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」ネタバレ感想・嵐の夜の晩御飯

磯野 家 の 人々 20 年 後 の サザエ さん

「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」は、国民的アニメ「サザエさん」の放送開始50周年を記念して放送される、サザエさん一家の20年後の姿を描いた実写ドラマ。 サザエさん役を演じるのは女優の天海祐希さん。 フグ田サザエ役…天海祐希• フグ田マスオ役…西島秀俊• 磯野カツオ役…濱田 岳• 磯野ワカメ役…松岡茉優• フグ田タラオ役…成田 凌• フグ田ヒトデ役…桜田ひより• 磯野フネ役…市毛良枝• 磯野波平役…伊武雅刀 子供が大人になり、大人も年齢を重ねると家族の形は変化していくもの。 磯野家も例外ではなく、いつも明るく笑い声の絶えなかった磯野家だったが、20年が経ち、家族一同が会する機会を持つことも難しくなっていた。 子供たちは社会の厳しさに直面して悩みを抱えているが、家族に心配をかけまいと弱みを見せない。 その様子を見守ることしかできない大人たちもまた、もどかしい思いを抱えていた。 お互いを思い合うあまり、すれ違ってしまっている家族の仲を修復しようと奔走するサザエ。 そんな時、町内の盆踊り大会に久々に家族全員で行こうと計画を立てるが…。

次の

磯野家の人々~20年後のサザエさん~とは

磯野 家 の 人々 20 年 後 の サザエ さん

fujitv. ワカメ(29歳・松岡茉優)はアパレル関係のデザイナーをやっているが、なかなか自分のデザインが採用されず悩んでいる。 タラオ(23歳・成田凌)は就職活動中だが、やりたいことが見つからず面接で玉砕の日々を送っている。 また、 波平(74歳・伊武雅刀)は定年退職を迎えて時間的余裕ができ、カツオたちへの将来を今まで以上に案ずる一方、距離感の取り方がわからず歯がゆい思いを抱えている。 そんな夫・波平と磯野家の人々の姿をあたたかな愛情で見守る フネ(70代・市毛良枝)。 マスオ(48歳・西島秀俊)は出世したものの、中間管理職として板挟みの会社員生活を過ごしている。 もやもやとした曇り空模様の磯野家に明るい太陽のような笑顔を取り戻そうと サザエ(44歳・天海祐希)は奮起する。 盆踊り大会に家族みんなで集合!と呼びかけるが、天気予報によると急に発生した嵐が近づいてきており…。 サザエは磯野家に明るい太陽を照らすことができるだろうかー。 fujitv. ここから先はもう少しだけ詳しく! 磯野家の悩み 物語は伊佐坂先生が小説を書くシーンから始まります。 サザエさんはお弁当を忘れた娘の ヒトデ(桜田ひより)を追いかけて走り、猫のタマは彼女の足音の驚いて逃げます。 明日はお祭りという日、商店街へ行った帰りにサザエさんは今年で引退を決意している花火師の ヒラマサさん(佐土井けん太)所へ寄って立ち話をしていますが、その頃、 カツオは半年ほど前に始めたレストランが上手くいかずに悩んでいました。 彼は今までも 野球選手、漫画家など、志しては半年ほどで挫折し、今は近所の商店街で洋食店のシェフとしてがんばっていたのですが、上手くいかず 花沢さん(森矢カンナ)に試食してもらってダメだしされて・・・。 一方、アパレル関係のデザイナーをやっている ワカメも なかなか自分のデザインが採用されないことに悩んでいました。 つき合っている恋人の 貝塚タケシ(中林大樹)からプロポーズされたことをきっかけに、仕事をやめて彼について海外に行こうか迷っていたのです。 そして現在、 就活中のタラオもやりたいことが見つからず面接で不採用をもらう日々を送り、偶然行き会った妹・ヒトデに誘われてカラオケに行くと、やけくそで熱唱するのでみんな引いてしまって気が付けば一人でマイクを握っています。 ヒトデはヒトデで、毎日作ってくれる 母親・サザエさんの手の込んだキャラ弁が恥ずかしくてたまらず反発していました。 また、 定年退職を迎えて時間的余裕ができた 波平さんはといえば、今一つはっきりしないカツオたちの将来心配していましたがどう言ってやったらいいのかわからず、 押し入れから探し出した何年も前の花火をフネさんとふたりで眺めていました。 中間管理職の マスオさんも上司と部下のて板挟みで胃が痛くなるような日々をすごし、そんな彼を暖かい目で見つめているのは同僚の アナゴくん(小手伸也)です。 今夜は家族みんなで集合! そんな悩みを胸に秘める磯野家の面々ですが、『今夜は盆踊り大会に家族みんなで集合!』というサザエさんのメールを受け取って家に帰ってくるのでした。 ところでこの日は朝から 天気予報では台風の接近を伝えていて、 もやもやとした曇り空が夕方にはポツポツと降り出してきて夜になると嵐になってしまいました。 当然、盆踊り大会は中止、花火大会も中止です。 それでも磯野家ではフネさんがご馳走をたくさん作って待っていましたが、ワカメとマスオは遅くなりそうなので、カツオ、タラオ、ヒトデ、サザエさん、フネさん、波平さんで先に食事を始めました。 爆弾報告 そこへびしょ濡れで帰ってきた ワカメが結婚して海外へ行くかもしれないと爆弾報告をしたのです。 (本当は仕事は辞めたくないようです) すると カツオもレストランを辞めて職探しをするなんて言い出し、ビックリして声も出ない波平さん! 久しぶりに大勢で食卓を囲むと話題はやっぱり近況報告みたいなことになってしまい、タラオは気まずい気分で学生で起業したイクラちゃんとは違い、 自分にはやりたいことがみつからないと話します。 丁度そこへマスオさんが帰ってきました。 そんな中へサザエさんが 「カツオは店を辞めない!ワカメも仕事を辞めない!タラちゃんは就活を止める!そして私はキャラ弁を続ける!」と持論をぶちかましたので喧喧囂囂の大騒ぎになってしまったのです。 「私はキャラ弁を作る2時間、ずっとヒトデのことだけを考えているの!そんな楽しいことをやめたくないわ!だからみんなにも自分がやりたいと思ったことをやめてほしくないのよ!!」 波平さんの怒り 大騒ぎの合間を縫って何とかご飯を食べようと波平さんが声をかけますが騒ぎは収まりません。 「 お前たちは 母さんが一生懸命作ってくれたご飯を、なぜ楽しく食べないんだ!」と、ついに波平さんが怒った時に外で轟音が響きました! 何事が起ったのだ?と窓を開けてみると、庭にあった大きな庭木が強風でへし折られていたのです!! この木はサザエさんが幼い頃に両親と共に植えた記念の木で思い出深いモノだったのですが・・・。 その夜はワカメもカツオも実家に泊まり、それぞれの胸にいろんな思いが去来していました。 盆踊り大会再会! 翌日、台風が去った後メチャメチャになった盆踊り会場でせめて「ヒラさんの花火だけでもやりましょうよ!」と言ったサザエさんの言葉に触発された盆踊り実行委員会の人たちは「花火だけかい?」と、壊れた会場を立て直すことに決めたのです。 そして夜になり、波平さんとフネさんがサザエさんたちに連れられて土手の上にくると、1日遅れで盛大に打ち上げられ立花火を家族そろってしみじみと見上げるのでした。 もう一度やってみる その後、タラオは本当にやりたいことを見つけるために1年間ニュージーランドに行くことにし、カツオは母からもらった味噌にヒントを得てもう一度レストランを続けてみようと考えなおしました。 ワカメも母からもらった子供のころに描いたデザイン画に自分の目標を思い出し、プロポーズを断ってもう一度デザイナーの仕事に取組むことに決めたのです。 それからしばらくして、磯野家では折れてしまった木に代わって新しい木が植えられ、その木を取り囲んで ノリスケさん(矢島智仁)が写真を撮ってくれました。 その写真はとうとう作家業を引退することを決めた伊佐坂先生の最後の本「磯野家の人々」の表紙を飾ることになったのでした。 20年後のサザエさんは、いつものサザエさんよりちょっとばかり長くて切なく、考えさせられる物語でしたね。 真面目すぎてがんじがらめで悩むタラちゃんとか学生企業家のイクラちゃんとかびっくりでしたが、濱田岳さんのチャランポランなカツオが良かったですね~。 キャスト&相関図 《フグ田家》• フグ田サザエ・・・天海祐希さん• フグ田マスオ・・・西島秀俊さん• フグ田タラオ・・・成田凌さん• フグ田ヒトデ・・・桜田ひよりさん 《磯野家》• 磯野波平・・・・伊武雅刀さん• 磯野フネ・・・・市毛良枝さん• 磯野カツオ・・・濱田岳さん• 磯野ワカメ・・・松岡茉優さん 《波野家》• 波野ノリスケ・・・・矢島智仁さん• 波野タイコ・・・・・堀内敬子さん• 波野イクラ・・・・・稲葉友さん• 伊佐坂難物・・・・・浅野和之さん• 貝塚タケシ(ワカメの恋人)・・・中林大樹さん• 穴子・・・・・・・・小手伸也さん 《カツオの同級生》• 早川・・・・・・・・松井玲奈さん• かおり・・・・・・・黒川智花さん• 中島・・・・・・・・岡崎体育さん• 花沢花子・・・・・・森矢カンナさん• 演出・・・鈴木雅之氏• fujitv. 無料登録後、ポイントですぐ視聴• 1ヶ月無料体験• 月額888円• 追加料金なしでマンガも読める•

次の