目の下 の クマ 解消 法。 目の下のクマを消す方法|マッサージ法、アイクリーム、コンシーラーを使ったメイクテクニックなど

目の下のたるみの原因と解消法|簡単エクササイズ&アイクリーム6選

目の下 の クマ 解消 法

目の下のクマ(青クマ・茶クマ・黒クマ)を取る方法 原因と解消方法 青クマ・茶クマ・黒クマの3つのタイプによって、目のくま解消法は違いますので、しっかりとチェックしてみてください。 最近では、「目の下のクマにいいマッサージは何か」、「目の下のクマに良いサプリメントは何か」、また「目の下のクマを隠すメイク方法はないか」と悩んでいる人が多いのです。 女性の3人に1人が「目の下のクマ」に悩んでいるとも言われています。 でも、実は、男性も「目の下のクマ」に悩んでいる方が多いようなのです。 また、同じ「目の下のクマ」といっても原因によって目の下のクマの種類が違ってきます。 「目の下のクマ」という悩みを抱えていると毎日が憂鬱ですが、そんな「目のクマ」という悩みがなくなれば、ストレスなく楽しい毎日が過ごせますし、いつまでも若々しく、みなさんから憧れられるような存在になれます! 3種類の目の下のクマ(青クマ・茶クマ・黒クマ)についてのそれぞれの対処法にあわせて、目の下のクマを取る方法を実践していきましょう! 【目次】• 目の下のクマの種類は3タイプ 同じ目の下のクマといっても原因によって目の下のクマの種類が違ってきます。 1.血行不良による目の下のクマ(青クマ) 睡眠不足や疲労、ストレス、、目の疲れによる血行不良が原因の目の下のクマ。 血行不良による目の下のクマで悩んでいる方の中には、や冷え性持ちの方が多くいるようです。 目の下のクマは、乾燥と冷えが厳しい冬の時期に起こりやすい傾向にあるようです。 また、血行不良による目のクマには、目の下の皮膚が特に薄いために目のクマに見える方もいます。 でも、どうして目のまわりにだけ、「クマ」ができるのでしょうか? それは、眼のまわりやまぶたの皮膚が、まわりの皮膚に比べてとても薄く、皮膚の下の血管の色などが見えているからです。 特に、眼の下の皮膚は0. 6ミリととても薄く、卵の薄皮程度しかありません。 そのため、目の下の部分は、皮膚の下に張り巡らされた毛細血管の色が常に透けて見えるほどなのです。 人体の中でも特に眼の下は薄いので、睡眠不足や疲労、ストレスによるうっ血などで血液が黒ずんでいたり、皮膚にメラニン色素が沈着した状態では、その部分が黒ずんで見え、それが「目の下のクマ」となります。 なぜ血液の色は赤いのに「目の下のクマ」は黒っぽく見えるのか? なぜ血液の色は赤いのに「目の下のクマ」は黒っぽく見えるのでしょうか? それは、 血流の低下によるところが大きいようです。 血液の赤い色は、赤血球の中にある赤い色素であるヘモグロビンの色です。 血流の良い状態では、ヘモグロビンはきれいな赤い色をしています。 疲労や睡眠不足、ストレスの蓄積などの影響で、目の下の脂肪が前に出てくることで、その脂肪が毛細血管を圧迫することによって、血行が悪くなり血液中の酸素が欠乏すると、ヘモグロビンが暗赤色になって皮膚の薄い目の下の部分が黒ずんで見えるのです。 つまり、それが 「目の下のクマ」なのです。 ヘモグロビンは、血液の赤血球中に存在する色素タンパクで、全身に酸素を運ぶ役割を担っています。 肺で酸素と結合して、血液と一緒に全身に運ばれ、酸素を供給します。 酸素と結合した状態のヘモグロビンは、「酸化ヘモグロビン」と呼ばれ鮮やかな赤い色をしています。 しかし、酸素を供給した後は酸素が離れ、この状態を「還元ヘモグロビン」と呼び、色は暗赤色をしています。 大手メーカー(明治製菓)では、カシスポリフェノール(カシスアントシアニン)が視覚改善(眼精疲労改善)や抗酸化作用だけでなく、血流改善にも効果がある(眼精疲労や肩こり、冷えなどの改善効果が臨床試験で確かめられていました)ことから注目し、研究がなされていました。 そして、 は目の下の血流改善による目の下のクマの解消(美肌効果)に役立つことが新たにわかりました。 蒸しタオルは小さめのハンドタオルを濡らして、電子レンジで30秒から1分ほど温めれば簡単にできます。 今日は目の下のクマをスッキリさせて明るい顔で頑張りたいという時にはぜひお試しください。 目の下のクマの改善法:マッサージケア 目のクママッサージではマッサージの専門家やメイクアップアーティストの理論によってやり方が異なります。 これを2、3回ほど繰り返します。 【目のクママッサージ2】 目尻に向かうラインに沿って、下から上へと指を動かした後、こめかみあたりで下へと指を動かして老廃物をリンパの流れに乗せる方法。 【目のクママッサージ3】 下まぶたの目尻の側から目頭の方へ指を動かし、鼻筋を上に上って、上まぶたでは目頭から目尻に向かって、つまり内から外へと指を動かし、老廃物をリンパへ乗せるという方法。 メイクアップアーティストによると、3か月ほどで目のクマに変化が見られてくるとのこと。 じっくりと取り組んでいきましょう。 目のクママッサージの大事なポイント 目のクマのマッサージでくれぐれも大事なことは、やりすぎないこと。 それは、目のまわりや瞼の皮膚が、まわりの皮膚に比べてとても薄いからです。 皮膚に刺激を与えすぎて、「色素沈着」による目のクマの原因にならないように、目の周りは優しく扱ってください。 薬指を使うのは、他の指を使うと余計な力が入りすぎてしまい、そのマッサージ自体が色素沈着による「目のクマ」となってしまわないようにするためです。 また、目のクマのマッサージとだけ考えないで、顔全体の血流を良くするためのマッサージと考えてください。 乳液やパック、目元用パックなどを使い保湿を行い、あわせてマッサージをして、日々のケアで皮膚の疲れが改善するようにしたいですね。 1. 夏には目の下のクマがある女性は38パーセントしかいないのに対し、冬には82パーセントもの女性が目の下にクマがあったそうです。 医師によると、冬は乾燥しているためクマができやすい環境でもあります。 乳液やパック、目元用パックなどを使い 保湿を重視すべきとのこと。 日々のケアで皮膚の疲れが改善され、クマと色素沈着を改善できるそうです。 2. 冬の肌のトラブルの要因はなんといっても乾燥です。 水分が失われ、肌のバリア機能が低下したところに、外からの刺激を受けると荒れの原因になります。 冷えは血行不良が原因の一つであり、血行が悪いと新陳代謝が落ちるため、荒れが起きやすくなります。 手洗いや手を使う仕事をした後は、ハンドクリームなどで水分や油分を補う習慣をもったり、普段から木綿の手袋などを着用し、保湿するのもよいそうです。 これら3つをまとめてみると、次のようなことが考えられます。 目の下のクマは、乾燥と冷えが厳しい冬の時期に起こりやすい• 冷えは血行不良が原因の一つ• ハンドマッサージは冷えにも改善効果が期待できる• 水分や脂分を補うことで保湿が重要 つまり、このことから目の下のクマを予防する方法はこう考えられます。 保湿・マッサージ• 乳液やパック、目元用パックなどを使い保湿を行い、あわせてマッサージをして、日々のケアで皮膚の疲れが改善するようにする 体を冷やさない生活習慣を取り入れる• たんぱく質は熱に変わりやすいので、たんぱく質の摂取することやミネラル・ビタミンを摂取する。 冷たい食べ物や甘い食べ物を食べないようにして、旬の食べ物を選ぶようにする。 運動不足になると、血液を送る筋力が低下し、低体温の原因となるので、積極的に運動して筋肉を鍛える。 また、運動することで交感神経の働きが上手になってくる。 お風呂にゆっくり浸かる• 初めてのお客様向けに『送料無料クーポン』を発行しました! 7980円以上のお買い物時に【couponaoi1】のコードを入力すると、送料無料! 茶クマは、こすることなどによってメラニン色素が沈着してできています。 つまり、茶くま解消法としては、1.目の周りをこすらないように気を付けること、2.肌のを促すこと、となります。 1.目の周りをこすらないように気を付ける 乾燥するとかゆくなることがあり、目をこすってしまいますので、しっかりと保湿クリーム、乳液、美容液、パック等で、保湿を行ないましょう。 また、の症状として、花粉が目や鼻の粘膜に入ると、目がかゆくなり、目をこすってしまいますが、注意が必要です。 2.肌のターンオーバーを促すこと 肌のターンオーバーを促す方法としては、を解消する方法を参考にすると、次のような方法が挙げられます。 ピーリングを行なって、古い角質層を剥がし、肌の新陳代謝を促す• 紫外線対策(UVケア)を行う• 水分・脂分を補給する• を摂取する• 血行を促す• 2.むくみを解消する むくみがあると、下垂しやすくなるので、リンパの流れをスムーズにして老廃物を流すようにすることで、むくみを解消しましょう。 ティバッグに含まれるタンニンは、むくみやシミを軽減させるそうです。 キュウリのパックもおすすめ。 目のクマやむくみのおススメの食べ物は、キャベツ、ほうれん草、その他の葉ものなのだそうです。 また、一日2杯のクランベリージュースを飲むと、良いとの声もあるそうです。 塩分を取りすぎると、身体は水分を蓄えようとしてしまい、むくみとなってしまいます。 また、塩分過多は血液の循環を悪くするので、皮膚の上から見た血管が青っぽくなってしまうそうです。 3.表情筋を鍛える 顔のたるみは「筋肉の張力の低下」によって、皮膚が支えきれなくなり、たるみが起こります。 加齢にともない、腕や脚の筋肉が衰えるように、私たちの顔にある筋肉である 「表情筋(ひょうじょうきん)」も衰えるのです。 表情筋の中にもほおを引き締める 「頬筋 きょうきん 」、目の周りの 「眼輪筋(がんりんきん)」、額の 「前頭筋(ぜんとうきん)」などがありますが、顔のたるみ解消には、口元の表情筋である 「口輪筋(こうりんきん)」を中心に鍛えるとよいようです。 口輪筋は、唇の周囲を取り囲む筋肉ですが、口輪筋は日ごろ意識して動かすことが少なく、衰えやすい筋肉であり、口輪筋が弱くなると、表情筋が動かなくなってしまい、老け顔になってしまうというわけのようです。 また、たくさんの表情筋が口輪筋から放射状に伸びているため、口輪筋が弱くなると、周囲の表情筋もあまり動かなくなってしまうそうです。 表情筋を動かすことで、顔のたるみを少しでもなくしていきたいですね。 口輪筋を鍛えるトレーニング方法• 人差し指と中指でこめかみを軽く押さえながら、「イー」と言って、前歯を見せる。 次にゆっくりと「ウー」と言って唇をすぼめる。 *この動作を5から8回(20秒から30秒程度) *1日2回が目安 下まぶた、頬の筋力をアップして、筋肉から支える力を強化しましょう。 顔ヨガの方法• 口を「お」の形にして、顔を上下に伸ばします。 目線だけを上に引き上げます。 目を細める・戻すを繰り返します。 (5回ほど)• (2)隠そうと思って厚塗りをしない=薄塗りを心掛ける 目の下のクマを隠そうと思って厚塗りをしてしまうとかえって目立つ結果になってしまいます。 コンシーラーを薄塗りすると目立たなくなります。 コンシーラーはごく少量使いましょう。 少量使う理由は、時間とともに皮脂によるメイク崩れが起こりやすいためです。 リキッドタイプだと、厚塗りになりやすく、時間とともに崩れやすいので、少量でもカバー力が高い固形タイプを薄塗りにすることで自然な仕上がりとなりやすいです。 また、仕上げにはファンデーションではなく、フェイスパウダーを使うのもポイント。 フェイスパウダーを使ったほうが良い理由は、ファンデーションを重ねるとコンシーラーで隠した部分が厚塗りとなってしまうためなのだそうです。 (3)視線誘導テクニックを使う アイラインをしっかりと入れる、ふんわりチークを入れる、リップを明るい色にする、というように目の下のクマ以外の部分に視線が集まるようにすることで、目の下のクマが目立たないようになります。 人差指で頭の中心に向かって押します。 左右同時に5秒間押して離すを5回。 頬の血行を促し、むくみを解消してくれるそうです。 6.頭皮マッサージ 黒クマ対処法は、上へ引き上げるように頭皮をマッサージして血流を良くします。 そこで、のやり方を参考に、頭皮マッサージのやり方を紹介します。 スカルプケアマッサージ1• 両手の指全部の指の腹を頭皮につけたら、その1点を動かさないようにして、押しながら回す。 動かしにくい場所は頭皮のコリのあるところですので、じっくりゆっくり動かしましょう。 軽くお湯で頭皮を洗い流します。 スカルプケアマッサージ2 頭皮のケアをすることは、抜け毛予防だけではなく、リフトアップにもつながります。 髪の根元をつかみ、心地の良い力で優しくひっぱりましょう。 頭蓋骨に圧着している頭皮がゆるみ、血流が改善します。 強く引っ張りすぎると、髪の毛が抜けてしまいますので注意しましょう。 マッサージの後は、軽くお湯で頭皮を洗い流しましょう。

次の

目の下のクマを消す方法|マッサージ法、アイクリーム、コンシーラーを使ったメイクテクニックなど

目の下 の クマ 解消 法

Sponsored Link 目の下のクマは、疲れた顔に見せたり、老けて見せるという、女性にとって天敵となるものです。 しかし、女性は忙しさにストレスがプラスされるとデリケートな体に傾き、目の下のクマが体のお疲れサインとして出てきます。 クマの原因と、気軽に出来る「ながらクマ解消方法」、目の下のクマを改善・緩和だけではなく予防まで出来る栄養などをご紹介します。 目の下の小熊・ヒグマ・ツキノワグマとさよならしたい方、必見ですよ~。 ・目の下のクマの原因は? ・目の下のクマは病気? ・目の下のクマの種類について ・目の下のクマの解消方法 ・目の下のクマに効く食べ物や飲み物は? Sponsored Link 目の下のクマの原因は? 目の下のクマの原因は、 血行不良・シミ・たるみがきっかけとなっています。 血行不良・シミ・たるみになる原因は人それぞれなので、ケアの方法も変わってきます。 血行不良になる原因・シミになる原因・たるみとなる原因を見つけてケアすることが、目の下のクマの改善へと繋がります。 目の周りの皮膚は、とても薄く、皮脂腺が少ないため乾燥しやすいのに、目を潤すために瞬きをして、物を見るピントを合わせてと常に働いています。 ここに、目のストレスがかかり負担が増えると、目は疲れてしまいサインを出します。 これが「目の下のクマ」です。 目に負担がかかり緊張状態になると、血管が縮こまり血行不良を起こし、目の下にクマがぼわわ~んと出てきやすくなります。 緊張状態になるきっかけとして、 睡眠不足・疲労だけではなく、ストレスも大きく関わってきます。 目のストレスは、紫外線・パソコン・スマホ・タブレットなどを頻繁に使用することが増えたというのもありますが、それ以上に自分自身に負荷がかかっていることがあります。 心身のストレスも、目に負荷がかかる原因となります。 目の下のクマが出来るということは、心身の疲れ・ストレス・目への負担などがあるというサインなので、クマさんを見つけたら早めに、心身・目をケアして癒しましょう。 目の下のクマは病気? 目の下のクマが出来る原因となる、血行不良・シミ・たるみのきっかけが病気から来ていることもあります。 生理が来るたびに目の下のクマがひどいという方もいます。 生理の時、疲れて立ちくらみがしやすいなど貧血を伴うときには、鉄分不足によるクマということがあります。 あとは、 パセドゥ病(汗をよくかく、動悸がする)、肝機能・腎機能の低下(お酒を飲んだ後に出やすい、下まぶたがぷっくりとしている)、うつ病(物や食べ物への興味の変化)、アレルギー性皮膚炎(かさつき、痒み、擦ってしまう)がきっかけとなりクマさんがぼわわ~んと出ることがあります。 目の下のクマと一緒に、体調など()カッコ内のような変化があり、いつもと違うときには、健康診断がてら診てもらうのもいいかと思います。 病気かどうか自分で判断すると、判断することが原因でストレスとなり、目の下の小熊さんがツキノワグマになってしまうこともあるので、判断は医師にお任せしましょうね。 Sponsored Link 目の下のクマの種類について 目の下のクマには、小熊・ヒグマ・ツキノワグマさんがいて・・・ではなく 「青クマ」「茶クマ」「黒クマ」があります。 青クマは血行不良、茶クマはシミ、黒クマはたるみやくぼみによる影(エイジングによるもの)に分かれます。 茶クマの緩和には、同様に晴明や瞳子髎のツボを押します。 上手にクマ対策のツボをおすことで、目の周りの負担を軽くして、シミができにくいすっきりとした目元にしていきましょう。 つぼ押しのポイント ツボを押すのって難しそうだと感じる方もいるかと思います。 ここでのポイントは、 ツボを意識しすぎないことです。 「大体、ここらへんかな~」「ツボがある辺りだな~」でいいので、軽くプッシュ! クレンジングや洗顔・ローション・ミルク・クリームを使うスキンケアのときでいいので、内側から外側へと流すように両手で顔を包み込みながらスキンケア品を使って「ツボを通りま~す、はい、プッシュ」くらい気軽にしちゃいましょう。 つぼ押し以外の改善方法 クマの緩和や改善のスピードを上げたい方には、青クマ、黒クマには、目元が潤う成分入りの目元専用コスメを、茶クマには美白成分入りの目元専用コスメを使ってやさしくお手入れがおすすめです。 今まで肌に蓄積させたものを一気に解消できる方法があるほうが怖いので、毎日「ながらプッシュ」と目元専用コスメで気付いたら「クマさん、すっきり!」へと促していきましょう。 このほかにも 「温める」「目の周りの筋肉ストレッチをする」「表情筋を鍛える」「マッサージをする」などがあります。 しかし、忙しい方々には、じっくりとゆっくりする時間を作るのもちょっと難しいかもしれません。 そんなときは 「ながら押し」ができるツボ刺激なら続けやすいし、忙しい女性の方々も仕事や育児・家事をしながらできるかなと思いますが、みなさんいかがでしょうか。 物は試しで、ちょっと「ながら押し」から始めてみるのもいいかと思います。 目の下のクマに効く食べ物や飲み物は? 目の下のクマに効くというと医学的なものになるので、あくまでも改善・緩和に繋がる食べ物や飲み物と考えて積極的に摂りたいものを調べてみました。 ところが、偏頭痛や緊張性・群発性の頭痛がある方には避けてほしいものもありました。 そこで、偏頭痛に悩む方にも安心!目の下のクマの改善・緩和に繋がる栄養たちをご紹介します。 目の下のクマの緩和・改善に繋がる栄養たち 先ほど触れた偏頭痛についてですが、女性ホルモンのバランスが崩れやすい、生理前・生理中・生理後に起こることが多いという方は マグネシウム(豆腐・豆製品など)を一緒にプラスすると、目の下のクマがツキノワグマから小熊に変わっていくお手伝いができます。 目の下のクマの緩和・改善に繋がる栄養たちは、食べ物や飲み物で摂るのも一つですが、 サプリメントに頼ってもいいかと思います。 今は女性の体を考えて作られているサプリメントが揃っているので、その中から、栄養・コスパ・飲みやすさと自分のライフスタイルに合わせて選んでくださいね。 しかし女性は忙しくストレスが多くなりがちで、体はデリケートになるので、「ながらツボ押し」と「食べ物」「飲み物」だけではなく「サプリメント」をうまく取り入れましょう。 そして毎日頑張っているご褒美に「目元専用コスメ」を投入し、イキイキとハリのある目元で、周りを魅了してくださいね。 目の下のクマはそのまま「クマった状態」にしないことが一番です。 お後がよろしいようで。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の

目の下のクマを1分で解消できる超簡単マッサージ方法

目の下 の クマ 解消 法

茶クマ 茶色っぽいクマは、色素沈着によるもの。 顔を洗う時やクレンジングで落とす時、強くこすってしまったり、目が痒い時に目の下をゴシゴシしてしまうと、その刺激が慢性的な炎症性の色素沈着を引き起こしやすくなります。 【 その他の原因 】 肌荒れ・紫外線 【 特徴 】 アトピーの方や肌荒れの方がなりやすい。 クマに狙われやすいのは? 青クマ・茶クマは共存する可能性があります。 さらに、青クマ・茶クマがいるときは、目の下に影のできる「黒クマ」も出没! これは、まぶたの皮膚がたるんだり、眼球の下の脂肪が突出することでできるもの。 そして、黒クマは、青や茶と違ってメイクでカバーすることができません。 まずは、青クマ・茶クマを出没させないことが大切です。 色白サンはクマに狙われやすい!? シミ同様、色黒サンより色白サンの方がクマも目立ちます。 顔色が悪く見え、寝不足や疲れている印象が強調されてしまうので要注意! クマは朝夕に出没しやすい 睡眠不足や疲れがたまると血管が収縮し血行不良になるため、クマが出没します。 朝は、体温が低く血流が滞りやすいため、クマが目立つ時間帯。 目を酷使し、疲れが蓄積される夕方も危険です。 クマのできやすい生活習慣 生活習慣の中にもクマを呼び寄せている原因があります。 青クマの原因となる血行不良には、睡眠不足や疲れ・ストレスが大きく関係。 茶クマの原因となるメラニン色素の沈着には、スキンケアやメイク時の摩擦が関係。 あまり気にしすぎてクマ自体をストレスにしない事も重要です。 また、パソコン作業は、たった30分でも目の下の肌の明るさが急激にダウン! 目の酷使が肌の色に影響を与えていることは明白です。 茶クマ こすりすぎが原因 摩擦こそが、茶クマの一番の原因。 無意識に目をこすってしまったり、アイメイクやクレンジングのときに起きる摩擦が、メラニン色素沈着の原因となっています。 クマの解消法 クマの原因となる血行不良は、首や肩のこり、眼精疲労などからきている場合が多く、それは姿勢、疲れやストレス、睡眠不足などが大きく関係しています。 クマを治すには目元のケアだけではなく、根本的な血行促進のアプローチが大切です。 血流を促す手段としておすすめなのは温めること。 収縮した血管を広げて、血行不良を改善するように心掛けましょう。 ただし、脂肪やたるみなどが原因となった黒クマには、脂肪の除去など、外科的な処置が必要になってきます。 茶クマ メラニンケア&代謝促進で撃退 目元に摩擦を与えないように気をつけるだけでなく、乾燥や紫外線から肌を守り、新陳代謝を促してメラニンの蓄積を防ぐことも大切です。 クマは温めて解消しよう 血行不良や新陳代謝と冷えは深い関係。 体温が下がると血管が収縮し、血流が滞りやすくなり、新陳代謝も悪くなります。 睡眠中は体温が低いため、朝はクマが目立ちがち。 温めて血管を広げ、血流を促すのが効果的です。 夕方や夜は、温めると目の周りの緊張をほぐすことができ、蓄積した目の疲れを和らげることができます。 サプリメントで内側からクマ解消 外側からのお手入れだけでなく、サプリメントで体の中からもケアしましょう。 青クマには疲れ目や血行不良に働きかけるカシスアントシアニンなどの成分。 青クマにカシスというのは定番です。 茶クマにはビタミンCなど、美白ケアの成分を取り入れるのが有効的です。 目元のいたわりでクマ解消 現代生活に欠かせないパソコンや携帯電話。 でも、その作業時間が増えるほど、目は酷使され周囲の筋肉は緊張し、血行不良の原因になります。 眼精疲労を予防するには、定期的に目を休め、酷使しすぎないこと。 目薬をさしたり、 遠くを見たり、目を動かして目元の緊張をほぐします。 板前料理まえ田では、暮らしの彩りを題材とした様々なセミナーを行っております。 約3ヶ月に1度、1年間で3〜4回程度の定期講座です。 お申し込み・お問い合わせは 0544-26-0062(板前料理 まえ田) まで。 Copyright C 2009 All Rights Reserved.

次の