ベタ 飼い 方。 ベタ飼育|必需品から初期費用まで飼育に関する情報をお届け!初心者必見 !

ベタ飼育の注意点

ベタ 飼い 方

ベタってどんな魚? ベタはタイ原種の熱帯魚で 水たまりのような水の流れの少ない沼や池に生息しています。 また改良品種が盛んに行われている魚で、長いヒレと派手な色彩を持つ鑑賞性の高いベタが並べられています。 ベタは闘魚とも呼ばれオス同士はどちらか死ぬまで激しい喧嘩をし、その争いの勝敗がタイでは賭けの対象となっていた歴史があります。 ですのでオス同士は一緒の水槽では飼うことが出来ません。 またラビリンス器官と呼ばれる特殊なエラを持ち、空気中の酸素を取り込むことが出来ることから酸欠に強い魚なので、小さい容器で飼うことが出来る 丈夫で綺麗な初心者向きの熱帯魚とも言われます。 ベタの種類 改良品種が盛んな本種ですが細かく正確に分類するのは難しく大まかにベタのタイプを分けると以下の5種類がベースになると思います。 トラディショナルベタ 一般的にベタと言われれば、この種を指すベタの最も一般的な種で濃い目の赤や青など鮮烈な一色に染まったシンプルに美しいベタです。 定番種なので価格も安く初めてのベタ飼育にもオススメな種でもあります。 クラウンテール トラディショナルベタのヒレが裂けたような切れ込みが入った種です。 ヒレの切れ込み方でグレードが変わり深く切れ込みが入った魚ほど評価が高い傾向があります。 スーパーデルタテール、ハーフムーンテール トラディショナルベタより更にヒレを大きく、そして模様も美しく改良された「ショーベタ」とも言われる種類でベタ愛好家達によって品評会も時折行われる大変美しい種です。 プラカット 原種に近い短いヒレを持つベタです。 以前は闘魚用として改良されていましたが、最近だと鑑賞性に優れた種も世に出回り上の画像の鯉のような模様を持つ「コイベタ」が人気を博しています。 カラーバリエーションも非常に豊富で好みの色を選ぶ楽しみがあります。 ワイルドベタ 品種改良される前の原種のベタです。 上に紹介した改良ベタ達のような派手さはないですが、独特の渋さがありそこまで気性が荒くない種類もいるのでペアで飼育出来る場合もあります。 但しワイルドベタはジャンプ力が強いので飛び出しし易いことからフタが必須になります。 ベタの基本的な飼育方法 ベタは単独飼育が基本 先述したようにオス同士は激しく争うためオス同士を同じ水槽内に入れることは出来ません。 ちなみにヒレが長く美しいのはオスなので販売されているのはオスがメインになります。 オスとメスを一緒に入れるのもペアですとオスがメスに喧嘩を仕掛ける場合があるので基本的には難しいです。 メス同士なら混泳出来る場合もありますが二匹だとどちらかがいじめられる場合があるので3匹以上で飼育すると逆にトラブルになりにくいです。 他の魚との混泳については後述します。 小型水槽で育成可能だが狭すぎるのはNG ベタは酸欠に強く水質の悪化にも強いことから小型水槽で育成可能です。 但しショップでも非常に狭い環境で売られているケースも目立ちますが、どんなに小さくても1. 5~2リットル程度の水量は確保しないと健康的に長期育成することは難しいです。 他の熱帯魚でも同じことが言えますが水槽が小さければ小さい程、育成難易度が上がると思って下さい。 それは丈夫と言われているベタも例外ではありません。 またベタはコレクション性の高い種なので下記のような複数のベタ飼育に適したセパレートがある水槽も売っています。 水流は弱めにする ベタは元々、水の流れが少ない場所に住んでいるため強い水の流れが苦手です。 そのためフィルターの水量は弱めに設定しベタの負担にならないようにします。 また既に水質が安定している水槽で水換えをきちんと行うことが出来ればフィルター無しと言う選択肢もありだと思います。 飛び出しを予防する ベタはジャンプ力が強いため(特にヒレが短いワイルドベタとプラカット)水槽から飛び出ししてしまうという報告が多数されています。 水槽に蓋をするか水槽の水位を下げるようにして飛び出しを予防しましょう。 ヒレのスレに注意 ベタの大きなヒレは他の熱帯魚より繊細に出てきている為、網で掬うときや水槽内の流木などにひっかかり傷がついてしまうことがあります。 それが原因で病気になってしまうこともあるので、ネットで掬うときは注意して下さい。 また枝流木や石などのレイアウト素材もベタのヒレにひっかかるような形状のものは設置しないようにしましょう。 冬はヒーターを設置• ベタは比較的、低水温にも強いですが、それでも熱帯魚なので冬はヒーターで加温しないといけません。 小型容器であれば水槽内の景観を邪魔しないパネルヒーターでも保温は可能です。 また上記のように非常に小型なベタ用のヒータも売られているので3~4リットルくらいの容器で飼育している場合は上記のようなヒーターを使用します。 水質は中性から弱アルカリ性が理想 ベタの理想のpHについては弱酸性~中性程度が常識となっていますが(筆者もそう思っていました)実際は逆でpH7. 0~8. 0程度の中性~弱アルカリ性程度で飼育する方が良いそうです。 ワイルド(野生で採集された個体)は除きます。 ワイルド個体については概ね酸性寄りの水質で生息していますが種によって異なります。 理由としてはベタはタイのファーム(養殖場)で育てられ日本へ輸入されますがタイのファームで使用している水のpHが概ね弱アルカリ性の硬度が高めな水質で育てられているからです。 但しベタのpHの適応範囲は広いので弱酸性程度であればほとんどの種は問題無いと思います。 ベタを飼育する際にマジックリーフ等を使用してpHを下げる方も多いと思いますが日本の水道水は中性~弱アルカリ性の地域が多いので特に調整の必要は無いというのが筆者の調べた限りの結論です。 pHについて詳しくは以下の記事でも書きましたので宜しければご覧下さい。 ベタのフレアリングについて ベタは前述の通り縄張り意識の高い熱帯魚です。 ベタは同種間で縄張りを主張する際にヒレを目一杯広げます。 この行動をフレアリングと呼びますが、このフレアリングした状態は非常に見応えがあって美しいです。 ベタは単独飼育するため普段はフレアリングをすることはありませんが、意図的にフレアリングをさせることが出来ます。 その方法は簡単で手鏡をベタに前に持って行ってやるだけです。 フレアリングは観賞面だけでなくベタのストレス発散やヒレの状態を綺麗に保つために一日数分から10分程度を目安にやらせると良いでしょう。 ベタに適している 餌は浮遊性があり小さい粒タイプのものがオススメです。 理由としてはベタは体の大きさの割には口が小さく大きな餌は食べることが出来ません。 また基本水面に浮かんでいる餌にしか興味を示さないため底に沈んだ餌は食べないです。 そのような特徴を考えられて作られたベタ専用餌が上記画像のになりますので迷っている方はこちらをオススメします。 餌の量は基本一日5粒程度で十分だと思います。 また出来れば一辺に水面に浮かべるのではなく一粒ずつあげるとベタが食べやすいと思います。 稀に人口飼料を食べてくれないベタもいますがその際は乾燥赤虫を与えてると食べてくれます。 実際に私が飼育しているベタは人工飼料を食べないどころか興味すら示さなかったのですが(数種類の人工飼料を試しました) 乾燥赤虫を与えたらすぐに食いついてくれました。 但し赤虫だけ与えていると栄養のバランスが偏ってしまいますので人工飼料にも段々と慣れさせていくことが必要です。 ですので赤虫を与えつつ人工飼料を一緒のタイミングであげると人口飼料を餌として認識し人口飼料を食べてくれるようになります。 ベタの混泳について ベタのオス同士の混泳は出来ないと先に紹介しましたが、他の魚との相性はどうか考えてみます。 まず前提としてベタにも性格の個体差がありネット上などの情報でうまくいってる組み合わせが、自分の水槽でもそのままそうなるかは、やってみなければわからないです。 ですのでやはり単独飼育が理想ではあるのですが、それでも混泳に挑戦したい方に基本的な考え方を紹介します。 結論から言うと 遊泳層がかぶらない大人しい魚とならうまく共存出来る可能性が上がります。 ベタは上層付近を泳ぐので下層から中層を泳ぐ縄張り意識が少ない性格が温和な魚を選びましょう。 また小型のミナミヌマエビは食べられてしまう可能性があるので基本は避けるべきです。 ヤマトヌマエビは食べられることはありませんが、ベタを警戒し隠れるようになりコケを食べなくなる時があります。 具体的にはコリドラス系やオトシン、小型ラスボラあたりが無難だと思います。 避けた方がいいのは以下のような魚達です。 ベタの水換えについて ベタは小さい水槽で飼われるケースが多いため、通常の水換え方法とは少し違った方法をとることをオススメします。 何故、高頻度で多めの水換えを推奨するかと言いますと、水槽が小さければ小さいほど水が汚れやすく水を綺麗にしてくれる硝化バクテリアも定着しにくいです。 通常サイズの水槽であれば繁殖したバクテリアを捨てない意味もあって水換えの量を抑えますが、そもそも極小水槽だとそのような期待も余り持てません。 であれば頻度を高めに、また量も多めに水換えを行った方が綺麗な状態の水を保てるという訳です。 そこで、そんなに多くの量を水換えしたら水質の変化にベタがストレスを受けるのでは?という疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。 しかしこれは水換え頻度を高く保つことによって 水道水と飼育水の水質をほとんど変わらない状態になるので心配はいりません。 実際にベタ水槽の水を全換えしているショップ、個人の方は結構いらっしゃいます。 水量にもよりますので一概には言えないですが要は 水槽が小さければ小さい程、水換え頻度と量を多くすることがベターではないかと思います。

次の

ベタの飼い方|値段・寿命・種類・混泳・飼育に必要な飼育用品は?

ベタ 飼い 方

ベタは古くから世界中で観賞魚として親しまれ、品評会が行われるほどの熱帯魚です。 日本でもコップやガラス容器で飼育ができること、またその美しい外見から人気のある熱帯魚の一つです。 ベタには ラビリンス器官という、 呼吸器官があります。 この呼吸器官のおかげで、空気中から直接酸素をとることができるため、コップやガラス容器などといった狭い容器での飼育が可能なのです。 ペットショップやホームセンターなどで販売されているのは 品種改良された トラディショナルベタや クラウンテールがなどの種類が多いです。 ベタの改良品種とは ベタはもともと、沼地に住む野生の魚です。 原種を ワイルド・ベタと呼びます。 美しい色合いの鱗や長く華麗なヒレを固定したものが、 トラディショナル・ベタをはじめとする 改良品種のベタです。 トラディショナル・ベタ ホームセンターのペットコーナーでも販売されているベタですが、瓶でも飼育できるという点から劣悪な環境のまま放置され、病気だったり弱った状態で販売されているものがいることが多いんです。 購入時に注意したいポイント• ヒレが破れていたり溶けていないか• えらや口元、体の表面が充血していないかどうか• ベタの入っている容器の水が汚れていないか• 体にできものができていたり、何かくっついていないか• 入荷直後かどうか 購入時にはこの 5つのポイントを重点的に見ると良いでしょう。 ヒレが破れていたり、充血している、できものがあるなどといった場合は 病気や寄生虫がいることがあります。 また 入荷直後は体調を崩しやすく、弱っていることがあるので、なるべく入荷してから少し時間の経っているものを選びましょう。 通信販売は運任せになる! ネットショップでベタの生体を購入することもできますが、航空便での輸送などで 家に着いたときに死んでしまっていたということもあります。 また、通信販売では 実際に自分で気に入った色の個体を選ぶことが出来ません。 通信販売で購入する際はまずお店の評判を調べて、 ユーザーから信頼のあるお店で購入するようにしましょう。 なるべく家に着いたときに死んでいた場合の保証のあるショップで購入するようにしたいですね。 ベタのは気性が荒いので単独飼育で! オスの特徴として、 長く美しいヒレがあります。 一般に観賞魚として広まっているのはオスのベタです。 しかし攻撃性が非常に高く、寂しげに見えても、やはり 単体での飼育を強く推奨します! また、オスは口から粘液を出し、水面に『 泡巣』を作ります。 これは繁殖のための行動です。 単体飼育の場合は、かわいそうですが水換えのタイミングで除去するしかありません。 フレアリングでヒレを鍛える?! ベタは フレアリングという 威嚇行動をします。 他のベタを認識すると全身のヒレやエラを広げて、体を大きく見せるのです。 しばしば、水槽の壁や鏡に映った 自分の姿でもフレアリングしてしまうことがあります。 その性質を利用して、品評会に出すショーベタはヒレを鍛えています。 全身に力が入ることで、ヒレの発達が促され、形も美しく広がります。 人間の筋トレのようなイメージです。 メスの特徴 メスのベタは ヒレが短く、トラディショナルベタの場合、色も控えめです。 よく『地味』といわれてしましますが、顔つきは女の子らしく、つぶらな瞳が可愛らしいです!もちろん、人に慣れます。 混泳もオスほど厳しい条件ではないです。 コリドラスなどと混泳できます。 ただ、やはり 気性は荒いので注意が必要です。 流通量はオスよりも少なめです。 もしメスも取り扱っているアクアショップでしたら、ベタに力を入れている、良いお店だと考えていいです。 水替えの頻度は? ベタの水槽の水に関しては他の熱帯魚同様、しっかりとカルキ抜きをした水を使います。 必要な場合は水質調整剤も入れ、水温は飼育している水槽と同じにして水替えを行います。 水替えの詳しいことはこちらの記事も参考にしてみてくださいね。 熱帯魚の餌は人工餌や生き餌など様々な種類がありますが、ベタの餌はアクアショップで販売されているベタ専用のもので問題ありません。 餌の選び方 このベタ専用の餌、数年前までは1種類しかなかったのですが、2019年11月現在、顆粒タイプでもメーカーが違うと粒の大きさが異なるだけでなく、餌に乳酸菌入りのものなどさまざまな種類のものが販売されています。 選び方のポイントですが、ベタは口が小さいので 大きな顆粒タイプのものだと、一度口に含んでからすぐに吐き出してしまいます。 人工餌を購入する際は、 なるべく小さな顆粒のものがおすすめです。 また、ベタは他の熱帯魚同様に生き餌を好む傾向にあるので、赤虫などの生き餌を与えるのもよいでしょう。 しかし、他の熱帯魚もそうですが、 生き餌ばかりだと栄養が偏ってしまいますし、 人工餌を食べなくなってしまうことがあるので生き餌を与える場合は 月1~2回程度と少な目に与えた方がよいですよ。 生き餌についてはこちらの記事も参考にしてくださいね。 餌のやり方 ベタの餌のやり方ですが、 1日に2回にわけて与えるのがベストでしょう。 1回で5~6粒程度、粒が小さくスプーンが付いているものならスプーン1杯弱が適量です。 ベタは大食漢であればあるだけ食べてしまい、食べ過ぎで死んでしまうこともあります。 食いつきがよいからと大量に与えるのは避けましょう。 また1度に大量に与えてしまうと餌の食べ残しが発生し、水質悪化の原因になってしまいます。 食べ残しがあったときは、 水質悪化を防ぐためにも残った餌はすぐにスポイトで取り除くことを忘れずに! 病気になったらどうする? どんな生き物でも避けて通れないのが「病気」です。 熱帯魚も病気になりますが、ベタが病気になった場合、どのように対処したらよいのでしょう?基本的な対処法をご紹介します。 水面に泡が!これって病気? オスのベタを飼育していると口から気泡を出して水面に泡が沢山浮いていることがあります。 ベタ飼育初心者だと病気かと心配になってしまう人もいますが、実はこれ繁殖時にメスが産卵するための「 泡巣」と呼ばれるものなんです。 この泡巣は繁殖適齢期のオスが作るものなので心配することはありません。 病気になったらまず水温を高めに設定し塩浴させる 熱帯魚は病気になったらまず、水槽内の水温を28度くらいに設定します。 これはベタも例外ではありません。 なぜ温度を上げるのかというと、病原菌が高温を苦手としているからです。 このときいきなり水温を上げるとベタも弱ってしまうため、1~2日かけて少しずつゆっくりと水温を上げるのがポイント。 温度の目安としては1回で0. 5~1度くらいのペースで上げてベタが水温に慣れてからまた上げるといった感じです。 そして同時に塩浴をさせます。 水槽内の塩分濃度を0. 5%(10リットルで50グラムの塩)にすることでベタの体の負担を減らし、病原菌に対しての消毒効果で病気を治せるかを試します。 先述したとおりベタのオスは繁殖期のみ、気の合うメスには優しく接します。 しかしこの「気の合う」というのがとても難しく、仕切り板で区切って大丈夫そうだからと板を外した途端にメスを攻撃してしまうことも多々あるんです。 気の合うメスを探す段階でまず一苦労しますが、無事産卵が終われば親と卵を別水槽にして卵を孵化させることは可能です。 しかし孵化したばかりの稚魚はとても小さいため、初心者には飼育が難しいのである程度熱帯魚飼育に慣れてから繁殖を考えましょう。 ベタの飼育方法についてまとめ 今回はアクアリウム初心者さんに向けてベタの飼育方法についてお話しました。 コップなど小さな容器では 水質管理が難しいため、アクアリウム初心者は25cmくらいの小さな水槽で飼育することをおすすめします。 ベタは飼いこめば飼い込むほどに、その魅力に引き寄せられる、そんな熱帯魚です。 模様や色の具合など全く同じものがいないのも、魅力の一つです。

次の

【総まとめ】初心者でも簡単!ベタの飼育方法と改良品種について

ベタ 飼い 方

熱帯魚ベタってどんな種類があるの? ベタの原産地はタイのメコン川です。 縄張り意識も強く、 タイでは「闘魚」として 賭け事にも 使われてきたほど気性が荒いのが特徴。 原種はヒレが短いのですが、 現在では観賞魚として改良され、 大きなヒレや特徴的な色の種類が 作り出されていますが、 この特徴が出るのは、オスのベタだけです。 近年ではその美しさを競うコンテストも開かれ、 観賞魚としても人気がある熱帯魚になりました。 その中でも代表的な種類を 次の章からいくつか紹介していきましょう。 トラディショナル トラディショナルなるはベタの中でも一般的で、 ホームセンターなどでもよく売られている ポピュラーな種類です。 少し前までは「並ベタ」と呼ばれ、 他の種類よりも安く取り扱われていましたが、 現在ではその尾ヒレのかたちから ベールテールとも呼ばれ、 新たに注目を集めています。 価格も500円~800円前後と求めやすく、 まずは この種類から飼育をはじめみるのも、 おすすめです。 クラウンテール 熱帯魚ベタの飼い方で注意したい3つの点 ここまでベタのおもな種類を 紹介してきましたが、 どのベタも飼育するうえでの注意点があります。 次の章から3つの注意点を 詳しく解説していきましょう。 このためコップやビンなどの 少ない水量でも飼えるといわれていますが、 水量が少ないということは、 水質の悪化も早く水温も安定しないため、 おすすめできません。 ベタに長生きしてもらうためにも、 飼育は水槽で行うようにしましょう。 そのため ベタはオスメス関係なく、 単独飼いが基本です。 ベタの闘争心には個体差があり、 混泳が上手くいく場合もありますが、 いじめが発生してしまう場合は、 すぐに隔離できるようにするなど、 自己責任で混泳を行ってください。 どうしても混泳させたい場合は、 広い水槽に水草や隠れ家などを用意して 飼育するようにしましょう。 種類はコリドラスやオトシンクルスなど、 水槽の底で生活するタイプや、 泳ぎの早いネオンテトラがおすすめです。 また混泳させる前に ベタを小さな容器に入れ、 他の熱帯魚と相性をみるという手もあります。 この時点で他の魚を威嚇するようなら、 その個体は混泳には不向きというのがわかります。 参考に他の個体を威嚇する様子がわかる 動画がありましたので、紹介します。 そのため餌の与えすぎは、 内蔵に負担がかかり、 体調不良や便秘の原因になってしまうことも。 餌はメーカー推奨の量よりも 少なめに与えるのがおすすめです。 餌を少なめにすることで、 ベタが寿命も長くなります。 こちらの記事で詳しく紹介しています。 まとめ ここまで ベタの種類と、 飼い方で注意したい点3つを 紹介してきました。 ベタは種類でヒレに様々な特徴をもち、 現在でも愛好家によって 新しい種類が作出されています。 初心者にも飼いやすいベタですが、 長く楽しむためには水槽や、 餌の量など気をつけたい点が いくつかあります。 熱帯魚の餌について、 もっと知りたい人には、 こちらの記事で詳しく紹介しています。 ぜひ今回の記事で お気に入りのベタを見つけて、 上手に育ててくださいね。

次の