板 に つく 類語。 板付き

板付き

板 に つく 類語

スポンサーリンク 板につくの語源とは? 「板前さん」との関係ですが、ズバリ、関係ありません 笑 板前さんの「板」はまな板のことなので、「板に付く」の「板」とは全くの別物です。 「板に付く」この言葉は舞台で演じる演劇、舞台演劇で使われていたもの。 昔からある舞台演劇と言えば「歌舞伎」ですよね。 歌舞伎の舞台は板張りで出来ており、 この床材である「板」からきています。 経験をつみ習熟した役者の演技は、舞台にしっくりとなじみます。 自信に溢れ、しっかりと板 舞台 に足をつけ、演じている様から 「板に付く」という言葉が生まれました! 私は歌舞伎を観劇したことはありません。 ですが、舞台演劇を観劇したことは複数回あります。 初日近くの演者さんの演技と千穐楽近くの演者さんの演技。 素人の私が見ても明らかに違い、良い意味での余裕や慣れを感じます。 こう言うのを「板に付く」と言うのですね! ちなみに、歌舞伎は「出雲 阿国(いずもの おくに」という女性が「ややこおどり」から創設した「かぶき踊」が元といわれています。 その歌舞伎が舞台で演じられるようになったのは江戸時代。 という事は「板につく」も江戸時代から使われ続けているという事です。 演技者の経験や習熟具合を表していた「板に付く」 やがて年月が経ち、色んなものに関して経験を積み習熟具合が増してゆき身に馴染むことを表す言葉に転じました。 また、一説によると舞台用語の「板付き」が語源であるというものもあります。 この「いた」も舞台床材の「板」のことを指しています。 しかし、幕開けや場面転換などの時に役者が初めから舞台に上がっていることを、「板付き」と呼ぶので言葉の繋がりがない事から有力な説とはされていません。 よく似ている言葉なので使い間違いに注意しましょう。 板につくの使い方・例文! 主に褒め言葉として使われる「板につく」。 では、どういう風に褒め言葉として使うのでしょうか。 例文を交えながら説明していきましょう。 茶道を始めたころは七五三のようだったけど、最近は着物姿も板についてきたね。 とお師匠さんに声をかけて頂いた。 社会人になって数年、スーツ姿が板についてきたと父にほめられた。 初めは不安だったけど、学級委員長姿が板についてきているね。 って先生思うんだ。 「主語」となっている人物像に共通点はありませんか? お師匠さん・父・先生… あなたならもう気が付いていますよね。 そう、 すべて「目上の方」からのお褒めの言葉なんです。 目上の方から見て、仕事ぶりや立ち振る舞いや手際が慣れてきたと思われる際に発せられるお褒めの言葉なのです。 ということは… 目上の方に使うと失礼に当たりますので気をつけましょう。 しかし、褒めている言葉のはずなのに…と疑問の思うのも無理はありません。 その理由もきちんと説明しますね。 意味からすれば技術が上がってきた人に対してのお褒め言葉なのですが、語源である「演者を褒める」という行為が関係してきています。 観客が「演者を褒める」という行為は、観客目線での言葉です。 「技術が上がって来た」とほめているという事は「以前はダメだった」「まだまだだった」という 風にも取れます。 また、こういうものを調べることであたらしい発見します。 その発見のひとつとしてこんなものを紹介させてもらいます。 同義語• 垢ぬける• Get to the plate• 「板」が使われる慣用句• 板に乗せる(舞台で上演する)• 板に着く(配役がぴったりとくる)• 板に上す(出版する)• 「板」が使われている四字熟語• 一枚看板(芝居などの一座で中心となる人物)• 看板倒れ(見せかけだけで、内容が伴わない)• 見参の板(そこを踏めば音がし人の出入りがわかった鳴板) 使われている「板」それぞれ意味は違いますが、舞台演劇関連が多いことに驚かされました。 「歌舞伎」が発祥であった「板に付く」を勉強したという事。

次の

「板につく」の語源や由来は何?

板 に つく 類語

でも どういう意味なんだろ? と思いつつ喜んでたりしませんか? 『仕事に 慣れてきたねぇ』でも『仕事が できるようになってきたねぇ』でもなく 『板についてきた』ってどういう意味?? 絶対に意味を知った上で言われた方が嬉しいと思うんですよ。 それに後述でご説明しますが、意味はよく分からないけど 「相手を褒める言葉には違いないから使ってみよう」が 実はトラブルを招く事になったりします。 板貼り舞台ってなんぞ? と言われれば、一般的に歌舞伎や演劇を行う時に立つ舞台の事ですね。 最近は普通に『舞台』と呼ぶので、板貼り舞台という呼び名は馴染みは薄いのかもしれません。 『つく』というのは 『ピッタリ合致する』とか 『見事にハマっている』といった意味合いで使われています。 この事からも分かるように、 元々は役者さんの間で使われている言葉だったのです。 経験を積んで、一人前になった役者さんの演技を指して 『舞台上での演技と舞台そのものの調和が取れている』を一言で表したのが 『演技が板につく』なんです。 演技が舞台に馴染むと言った方が分かりやすいでしょうか。 現在の『板につく』の意味を調べてみると 【態度や物腰、服装や仕事などがピッタリしてよく似合う】とのこと。 相手によっては失礼にあたる時もありますので、 注意しなければなりません。 料理を始めたばかりの時は危なっかしくて見ていられなかったけど、今では包丁さばきも上手くなって だいぶ板についてきたね。 入社したての頃は頼りない奴だと思っていたけど、三年目になって後輩への指導の仕方や接し方が 板についてきたね。 最初は着慣れていないせいか、しっくりこなかった息子の制服姿も最近はすっかり 板についてきたね。 この役者さん、どうも時代劇には合わないなと思ってたけど、最近では役柄がすっかり 板についてきて違和感が無くなったね。 警察官になってもうかなり経つけど、顔が幼すぎて凛々しさがなく、警察官の格好が未だに 板についていない感じがする。 こんな感じでしょうか? 最後は否定的な使い方ですが、必ずしも褒める時だけに使うものでもないという事ですね。 例えば『最近は夏の暑さもすっかり板についてきて〜』 みたいな使い方は少し違いますね。 語源のくだりでご説明したように 基本的には 人が人に対して使うのが正解であり 努力により身についた能力であったり、経験や年齢を重ねて制服姿がその人に相応しい格好になったなど、人間の生き様に関連した言葉なのではないかと思います。 先輩が後輩に『最近は仕事っぷりも板についてきたね!』と褒めるのは、後輩にとっても先輩から褒められたと嬉しい気持ちになるでしょう。 先輩目線でこの言葉を言い換えると、『少し前までは仕事面で頼りなかったけど最近は頼もしくなってきたね』となりますよね? 板についてたの前提には必ず 『今まではあまり良くなかった』があるのを忘れてはいけません。 よって、後輩から先輩や部下から上司へ使うのは避けるべきではないでしょうか。 例え褒める側に一切の嫌味なく純粋に上司を褒め称える意味合いで使ったとしても相手にとってはこう変換されます。 由来を知らないまま目上の人に使ってしまうと 場合によっては馬鹿にされたと 激怒される可能性がありますよね。

次の

「板につく」の正しい使い方は? 語源と由来から知る例文集

板 に つく 類語

スポンサーリンク 板につくの語源とは? 「板前さん」との関係ですが、ズバリ、関係ありません 笑 板前さんの「板」はまな板のことなので、「板に付く」の「板」とは全くの別物です。 「板に付く」この言葉は舞台で演じる演劇、舞台演劇で使われていたもの。 昔からある舞台演劇と言えば「歌舞伎」ですよね。 歌舞伎の舞台は板張りで出来ており、 この床材である「板」からきています。 経験をつみ習熟した役者の演技は、舞台にしっくりとなじみます。 自信に溢れ、しっかりと板 舞台 に足をつけ、演じている様から 「板に付く」という言葉が生まれました! 私は歌舞伎を観劇したことはありません。 ですが、舞台演劇を観劇したことは複数回あります。 初日近くの演者さんの演技と千穐楽近くの演者さんの演技。 素人の私が見ても明らかに違い、良い意味での余裕や慣れを感じます。 こう言うのを「板に付く」と言うのですね! ちなみに、歌舞伎は「出雲 阿国(いずもの おくに」という女性が「ややこおどり」から創設した「かぶき踊」が元といわれています。 その歌舞伎が舞台で演じられるようになったのは江戸時代。 という事は「板につく」も江戸時代から使われ続けているという事です。 演技者の経験や習熟具合を表していた「板に付く」 やがて年月が経ち、色んなものに関して経験を積み習熟具合が増してゆき身に馴染むことを表す言葉に転じました。 また、一説によると舞台用語の「板付き」が語源であるというものもあります。 この「いた」も舞台床材の「板」のことを指しています。 しかし、幕開けや場面転換などの時に役者が初めから舞台に上がっていることを、「板付き」と呼ぶので言葉の繋がりがない事から有力な説とはされていません。 よく似ている言葉なので使い間違いに注意しましょう。 板につくの使い方・例文! 主に褒め言葉として使われる「板につく」。 では、どういう風に褒め言葉として使うのでしょうか。 例文を交えながら説明していきましょう。 茶道を始めたころは七五三のようだったけど、最近は着物姿も板についてきたね。 とお師匠さんに声をかけて頂いた。 社会人になって数年、スーツ姿が板についてきたと父にほめられた。 初めは不安だったけど、学級委員長姿が板についてきているね。 って先生思うんだ。 「主語」となっている人物像に共通点はありませんか? お師匠さん・父・先生… あなたならもう気が付いていますよね。 そう、 すべて「目上の方」からのお褒めの言葉なんです。 目上の方から見て、仕事ぶりや立ち振る舞いや手際が慣れてきたと思われる際に発せられるお褒めの言葉なのです。 ということは… 目上の方に使うと失礼に当たりますので気をつけましょう。 しかし、褒めている言葉のはずなのに…と疑問の思うのも無理はありません。 その理由もきちんと説明しますね。 意味からすれば技術が上がってきた人に対してのお褒め言葉なのですが、語源である「演者を褒める」という行為が関係してきています。 観客が「演者を褒める」という行為は、観客目線での言葉です。 「技術が上がって来た」とほめているという事は「以前はダメだった」「まだまだだった」という 風にも取れます。 また、こういうものを調べることであたらしい発見します。 その発見のひとつとしてこんなものを紹介させてもらいます。 同義語• 垢ぬける• Get to the plate• 「板」が使われる慣用句• 板に乗せる(舞台で上演する)• 板に着く(配役がぴったりとくる)• 板に上す(出版する)• 「板」が使われている四字熟語• 一枚看板(芝居などの一座で中心となる人物)• 看板倒れ(見せかけだけで、内容が伴わない)• 見参の板(そこを踏めば音がし人の出入りがわかった鳴板) 使われている「板」それぞれ意味は違いますが、舞台演劇関連が多いことに驚かされました。 「歌舞伎」が発祥であった「板に付く」を勉強したという事。

次の