ワン キャリア。 「ワンキャリアエキスポ」のイベントは参加価値あり?|評判まとめ

自分らしく働く未来をつくろう。ファミワンキャリア supported by Waris

ワン キャリア

ワンキャリアのコンテンツ• 企業研究• イベントの日程検索• 就活記事• ES・選考体験記• クチコミ 今回はその中でもワンキャリアならでばの特徴である、「就活記事」「ES・選考体験記」に着目して説明したいと思います。 就活記事が充実している ワンキャリアの就活記事は非常に充実していることが特徴。 就活記事とは、 選考に通過するために必要なテクニックやエントリーシート(ES)やグループディスカッション(GD)の攻略法が多いです。 ワンキャリアは上のような記事もさることながら、とにかく記事のジャンルが非常に幅広いです。 ES・選考体験記が充実している ワンキャリアの特徴としてエントリーシート(ES)・選考体験記の充実があげられます。 就活生が実際に提出したエントリーシートを見ることが出来る点はもちろん、 選考体験記では、知りたい情報に効率よくアクセスできる点が特に秀逸です。 ワンキャリアなら、手際よく選考情報を獲得することが出来ます。 ワンキャリアの使い方とは? ワンキャリアの特徴についてまとめたので、次は各特徴を フル活用するための「ワンキャリアの使い方」について説明します。 ワンキャリアの「就活記事」の使い方 筆者は就活序盤の時期に、特にワンキャリアの就活記事を活用させてもらいました。 ですので、ここでは就活序盤時の就活記事の使い方を説明します。 就活序盤の時期は何をすれば良いのか全くわからない方が多いと思います。 それは就活のやり方を把握していないからです。 筆者も最初は何もわからないまま、ただ時間だけが過ぎている状態でした。 ですので、就活のやり方を知るために、私は就活初心者コンテンツをまずは全て読みました。 読破することで、就活のスケジュールややるべきことが分かりました。 しかしどうでしょう。 次はやるべきことはわかったものの、やり方がわかりません。 そこで次はやるべきことのやり方に関する記事を読み漁ります。 これらを繰り返すことで、筆者は就活の大部分を把握できました。 ワンキャリアの「ES・選考体験記」の使い方 エントリーシート(ES)の使い方 エントリーシート(ES)は主に、夏インターン・冬インターン選考の対策に使っていました。 人のエントリーシートをそっくりそのまま真似ても、内定出来るとは限りません。 なぜなら、必ずしも書いている人と背景が一緒であるとは限らないからです。 そこで、筆者は以下の流れでエントリーシートを活用しました。 選考体験記の使い方 次に選考体験記に関してですが、主に面接前に活用していました。 例えば、A社の2次面接についての情報が必要だとします。 多くの就活サイトで2次面接に関する情報を獲得しようとした場合、各選考体験記をクリックし、その中から、2次面接に関する情報を見つけ出さなければなりません。 同じページに1次選考までしか通過できなかった人の選考体験記が掲載されていることもあるでしょう。 これでは時間がかかってしまいます。 しかしワンキャリアでは、 選考段階ごとに情報がまとめられているのです。 つまり2次面接に関する情報を獲得しようとした際は、A社を検索し画面上部に掲載されている選考フェーズの中から、2次面接の部分にチェックマークをつければ解決します。 ワンキャリアの選考体験記は非常に便利だったので、私自身ずっと使わせてもらいました。 ワンキャリアの申し込み方とは? ワンキャリアに登録しないと、選考体験記などを読むことは出来ません。 しかしワンキャリアを利用できるまでの流れは、「ワンキャリアに登録」して「学生証を送付」するだけです。 ワンキャリアへ登録するためには、大学所定のメールアドレスと学生証の登録も必要になります。 とはいえ、登録したからと言って、怪しいところからメールが来たりすることはありません。 その点は安心して問題ないでしょう。 私自身も、して、特に嫌な思いをした経験はないです。 まとめ いかがだったでしょうか。

次の

新卒採用ならワンキャリアクラウド

ワン キャリア

本記事を読めば、「ワンキャリア(ONE CAREER)」について概要から口コミだけでなく、その使い方までマスターすることができます。 (またワンキャリアを活用する人としない人では、大きな情報格差が生まれるので、そのあたりも詳しく解説していきます。 ) 僕はこれまで4年間、就活攻略論を運営してきました。 その中で強くおすすめするサービスは9つしかありません。 そんな数少ない就活サービスの中でも、ワンキャリアは本当におすすめ! 特に選考対策において、活用するとしないとでは大きな差が生まれます。 そこで本記事では、ワンキャリアのサービス概要から評判、活用方法まで全てまとめます。 まだワンキャリアを利用していない方は、ぜひこの記事を通して理解を深めて活用してくださいね! 就活マンがここまでサービスを褒めるのは珍しいですね。 ワンキャリアは最高だと断言するよ。 ちなみに僕は16卒ですが、ワンキャリアが出始めた当初から利用していました。 僕が就活生の時はまだ知名度が低いサービスだったので、特に「 選考情報」を独占的に入手できたのは嬉しかったですね! 運営会社「株式会社ワンキャリア」の概要 株式会社ワンキャリアは2015年に、現代表である 宮下尚之さんによって立ち上げられた企業であり、提供されているサービスです。 2015年創業なので、意外にも最近立ち上げられたサービスなんですよね。 (4年でここまで知名度の高いサービスを作ったのは凄すぎる...。 ワンキャリア登録者の評判を聞いてみました ワンキャリアの詳しいサービス内容を解説する前に、早速ですが 利用者の評判を見ていきましょう。 まずは僕が直接就活生から聞いた評判を紹介していきますね。 (本人の希望により、偽名で紹介させていただきます。 結局のところ、企業には「自社のここを押さえてくれている人材を面接で通過させる」という傾向があるのではないかと私は分析して就活を行っていました。 具体的には、「自社のビジョンに共感できる人材が欲しい」とか「明るくて話しやすい性格の人材を積極的に採用する」といったポイントですね。 これらは、ワンキャリアにすべて書いてありました。 一部の情報がない企業に対しては、OB訪問を行って確認作業をしていました。 」 良い評判を見ると、ワンキャリアに掲載されている選考情報が役立つと言われていますね。 まさにこれはワンキャリアを利用すべき大きなメリットだと僕も思います。 次に悪い評判も合わせてみていきましょうか。 ワンキャリアの悪い評判 愛知学院大学 金松さん(20卒) 「ワンキャリアは無料で利用できるのに、得られる情報が非常に多い点に満足しています。 特に エントリーシートが無料で読める点と、 企業ごとの選考情報が見れる点を重宝しています。 デメリットとしては会員登録が少し面倒だったことぐらいですが、それ以上のメリットを受けることができているので非常に満足しています。 」 エントリーシートの無料閲覧と、企業の選考情報の2点がワンキャリアの大きなメリットだとこれらの評判を見ても分かると思います。 各企業の選考対策において、ワンキャリアは非常に便利です。 次にネットでの評判も合わせて見ていこう! ワンキャリアのネット上の評判まとめ ツイッターなどのSNSでも情報を探すことは重要です。 【ワンキャリアを利用する】 これだけ良い評判が多いサービスも珍しい。 ワンキャリアは利用価値が高いサービスだと評判を見ていても強く思うよ! ワンキャリアが提供する6つのサービス では、ワンキャリアを利用することでどんなサービスを受けられるのか? ワンキャリアが提供するサービスは大きく6つのサービスがあります。 【ワンキャリアが提供するサービス】• 企業を探す• イベントをさがす• ワンキャリアエキスポ(合同説明会)• 口コミをさがす• 就活記事を読む• ES・体験談をさがす 特に6つ目の「 ES・体験談をさがす」はチート級のサービスなので必見です。 ワンキャリアがあるのとないとでは、選考対策の効率が数倍も違ってくることは間違いないので、詳しく把握してくださいね。 まずは「企業を探す」というボタンをポチっと! すると企業が一覧で表示されました。 最初見た瞬間は、「なんだ企業が表示されるだけか」と思ったんですよね...。 【企業を探す】 しかし、これめちゃくちゃ便利です。 ポイントは2つありまして、「企業サイトをみる」というボタンを押せば、その企業の公式サイトに一発で飛べるので企業のことを調べやすい。 次に、その企業の「 募集職種が掲載されている」ので、職種を明確化していれば自分が志望する職種と、その職種の募集をしている企業を照らし合わせることができます! (マイナビやリクナビだと、これが分かりにくいので助かりました) これは特に「 事務職を志望している人」には特に便利ですね。 サイト上では、「本選考をさがす」「インターンをさがす」「説明会・セミナーをさがす」という3項目が表示され、それぞれ検索をかけることができるようになってます。 こちらはワンキャリアの会員のみが参加できる無料の合同説明会で「 ONE CAREER EXPO(ワンキャリアエキスポ)」という名前のイベントです。 参加企業が超人気企業ばかりという点が特徴的ですが、それゆえにコネを作りにくいというデメリットがあります。 このワンキャリアエキスポの詳細については、別記事で詳しく解説しました。 情報つまりすぎです。 たまに「 この企業のインターンって選考に繋がるのかな?」と疑問に思ったり、「 この企業の説明会って出る必要あるのかな?」と思うことってありますよね。 それらの情報って基本的に入手不可能じゃないですか。 だと思っていたら、ワンキャリアにありましたね。 笑 「こうした情報って、取りにいけばあるんだな」と思い知らされました。 僕がこのメディアを「就活攻略論」という名前にしたのは、「 就活を圧倒的に効率化するための攻略法がある」と思っているからです。 ワンキャリアはそれを確信へと変えてくれました。 ワンキャリアの記事に負けないよう就活攻略論の記事にはこだわりを持って執筆しています。 ですが、ワンキャリアの記事も非常に高品質なので、登録した方はぜひ目を通してみてください。 このためだけにワンキャリアは利用する価値がある。 そう言えるサービスですね。 まず「 エントリーシートの無料閲覧」に関しては、他にもいくつか別のサービスがあります。 これに関しては ユニスタイルというサービスが最強なので、ワンキャリアと同時に利用するのがおすすめ。 (エントリーシート無料閲覧サービスのおすすめ3選は でまとめました!) 選考体験談がチートすぎる件! ワンキャリアを僕がこれだけゴリ押しする理由。 それが今から説明する「 選考体験談」にあります。 はっきり言ってチートです。 選考体験談では「 選考内容はどんな手順か」「 面接ではどんなことを聞かれたのか」「 どんなことを面接で言えば評価されるのか」といったことが全て書いてあります。 (要するに各選考では何が聞かれて、どんな立ち回りをすべきか書かれています) では画像で表示されている準決勝(実質最終面接)の投稿を見てみましょう! その 選考の様子が完璧に網羅されていますね。 更にページを下げていくと、「 選考合格の秘訣を見る」というボタンがあります。 これを見るには、ワンキャリアさんへの会員登録が必要となりますので、まだ登録していない人はぜひ登録して、この選考合格の秘訣を見てみてください! はっきり言いますね。 「どんな人が受かりますか?」「今貴社が求めている人材はどんな人材ですか?」とか聞くだけのOB訪問をする人はですよね。 それなら家でワンキャリアを読み込んだ方が効果的です。 【選考合格の秘訣】 ワンキャリアはゲームの「攻略本」みたいだ 思い出しましたねー。 小学生の頃にポケモンのゲームをやっていたんですけど、全然アイテムが隠された場所がわからなかったんです。 そこで親が 攻略本を僕にプレゼントしてくれました。 そこにはすべてが書いてありました。 (今までの頑張り、なんだったんだよと悔しい思いもありましたけど) ワンキャリアに出会った瞬間の感動は、まさに攻略本を初めて読んだ時のあの感覚に似ています。 笑 これだけの就活情報が詰まっているサービスを他に聞いたことがありません。 実際にないね。 現状で 選考対策におけるトップサービスだよ。 ワンキャリアの登録方法(完全無料・約2分) ここまでお疲れ様でした! ワンキャリアを僕がゴリ押しする理由がわかりましたか? この章では簡単に、 ワンキャリアの登録方法について解説しておきます! (完全無料で利用できる、かつ所要時間も2分ほどで完了するので早めに登録しておいて、使い倒せるようになっておきましょう!) ワンキャリアの登録方法 公式サイトへ移動して会員登録 「」へ移動して【会員登録】をクリックします。 メールアドレスを入力して確認メールを送信 メールアドレスを入力して確認メールを送信してください。 確認メールの指示に従って情報を入力して完了です! 確認メールから本登録を完了させれば、これまで紹介した全てのサービスを利用することが可能になります。 簡単に登録できるのが嬉しいですね! 就活サービスって無料かつ高品質なサービスが多いから、それらを押さえておくことは効率的な就活を実現する上で最重要なんだよ。 ワンキャリアのサービスについてまとめ ワンキャリアのおすすめポイントは、とにかく『ES・体験談一覧』と『選考合格の秘訣』、『クチコミ』ですね。 正直この情報を持っているのと、持っていないでは就活力の差が開きすぎると思います。 僕もこの就活攻略論を運営する中で、「就活攻略論を読んだ人が、他の就活生を圧倒して就活を楽しく効率的にやって欲しいな」と思いを持っています。 そのために本当に必要な情報のみをおすすめして、いらん情報ははっきりと「糞だ」と言っていますよね。 口の悪さはごめんなさい、誤っていますが治すつもりありません。 笑 しかし、これだけ情報が沢山ある時代です。 必要なことは情報を取捨選択し、最上級の情報のみを取り入れ実行することです。 これからも最上級の情報のみを発信していきますね! 余談ですがワンキャリアは役員もやばい ワンキャリアの執行役員に、 北野唯我さんという方がいます。 この方が執筆されている「 転職の思考法」という本がありますが、僕が転職関連で一番おすすめする本になります。 更に賢い就活生ならわかると思うのですが、「どんな会社に転職すれば良いのか?」ということは、「 どんな会社に新卒で入社すれば良いのか?」と同義なんですよね。 この北野さんの本を読めば、今伸びている業界の探し方や、今入社すべき会社が本当にわかりやすく理解できます。 僕は企業を見る時に、その企業の役員などトップ人を見るようにしているのですが、役員に北野さんが入っているところも、僕がワンキャリアを好きな理由ですね。 本記事の最後に、ぜひこのワンキャリアと一緒に登録しておいた方が良いと考える無料サービスを紹介しておきますね! それぞれのサービスは利用する目的が異なるので、全て利用し尽くすことが重要です。

次の

新卒採用ならワンキャリアクラウド

ワン キャリア

Contents• ワンキャリアのESとは? そもそも、なぜ ワンキャリアといえばES なのでしょうか?なぜかというと、 ワンキャリアでは約5年分ものESが企業ごとにまとめられている からなのです。 これまでの就活生にとって、過去のESを閲覧するためには、大学のキャリアセンターに行ったり、OB・OG訪問でコピーをもらったり…このようなまどろっこしいオフラインでのやりとりが必要でした。 しかし、 ワンキャリアの場合にはオンラインで新規登録をするだけで過去のESが見放題 というメリットがあるのです。 気になった方は、以下から会員登録ができます。 ただしESを閲覧・投稿するためには学生証が必要です。 これは見方を変えれば、 本当の学生しかESや体験談などを投稿できない ということでもあります。 そういう意味でも非常に信憑性が高い資料と言えますね。 ちなみに2020年4月時点でワンキャリアのESは 61920件 も登録されています。 ある程度、知名度のある企業であればESを入手することができるでしょう。 ワンキャリアのESを活用する方法3選 さて非常に便利なワンキャリアのESですが、便利な ESをより有効活用するためのテクニック があります。 その方法は以下の3点。 優れたESのフォーマットを把握する• 自己PRの方法やパターンを活用• 同じ志望先のESを読んで求められる人材を読み取る 早速、各テクニックについて見ていきましょう。 優れたESのフォーマットを把握する 1つ目に紹介するワンキャリアのESを活用する方法は 「優れたESのフォーマットを把握する」 ということです。 ESをいくつか見ていくと、優れたESにはある程度、決まったフォーマットがあるということに気づきます。 例えば、以下のような流れです。 結論に基づく経験• 経験に基づく将来像 このように、相手に伝えやすい論証の順番はある程度決まっており、 どの言い回しが伝えやすいのか、どういった順序で論を展開していけば説得力があるのか、 などがわかってきます。 優れたESを参考にしながら自分もESを執筆すれば、より良い文章を書けるようになります。 自己PRの方法やパターンを活用 2つ目に紹介するワンキャリアのESを活用する方法は 「自己PRの方法やパターンをコピーする」 ということです。 先ほどの話にも通じるところではありますが、 どのように話を展開すれば自己PRがうまくいくのか などについては、ESを研究することで理解が深まるでしょう。 いくつかのESを読みながら、自分にあった自己PRのパターンを見つけ、そのパターンを自分の文章にも応用してみましょう。 同じ志望先のESを読んで求められる人材を読み取る 3つ目に紹介するワンキャリアのESを活用する方法は 「同じ志望先のESを読んで求められる人材を読み取る」 ということです。 実はワンキャリアのES活用法として、こちらがもっともおすすめしたいポイントです。 企業の採用基準というのは一本筋の通ったものがあるため、数年経っても 「どのような人材を求めているのか」 という点はブレません。 つまり、同じ志望先の先輩のESを見ながら、どのようなESが効果的なのかを研究することができるということです。 研究する観点としては、 どんな強みを持った学生が志望しているのか、どんな将来像・展望を持った学生が志望しているのか などです。 このような観点で研究を続け、企業が「ぜひ、弊社に!」と思うような魅力的なESを工夫して作っていきましょう。 ES作成のポイント2選 さて、ここまでワンキャリアのES活用法3選を紹介していきました。 ここからは 就活ハック独自のES作成ポイント を紹介していきます。 以下は、どんな志望先であったとしても通じるESの黄金ルールのため、ぜひみなさんのESに生かしてください!ポイントは以下2点です。 結果から先に書く• 経験よりも「やりたいこと」を重視 結果から先に書く 1つ目に紹介するES作成のポイントは 「結果から先に書く」 ということです。 これはよく言われていることですが、意外にもできていない人が多いのです。 「志望動機は?」と聞かれたら志望動機を、「自己PRは?」と言われたら自己PRを まずは出すという心構えが重要です。 面接となると、さらに結論を先に出すということがしづらくなりますが、ESであれば何度も推敲する余地があるため、ぜひ 結論から先に というポイントを忘れないでください。 経験よりも「やりたいこと」を重視 2つ目に紹介するES作成のポイントは 「経験よりも『やりたいこと』を重視する」 ということです。 これは意外に思われる方もいるかもしれませんが、 過去の経験値がベースとなって、将来、その企業で何をしたいのか の方が人事担当としては聞きたいところです。 過去の功績や経験はあくまで、志望動機を強化するための理由や文脈でしかありません。 そのため過去の経験をメインに書いてしまうことほど、相手に自分の意図を伝えられない、もったいないことはありません。 ES作成の注意点3選 さて、本記事も最後に ES作成の注意点3選 を紹介していきましょう。 こちらもぜひESを作成する際、参考にしてください。 ポイントは以下3点です。 ふさわしい言葉遣いで書けているか• 「です・ます」調か「だ・である」調のどちらかに統一• 具体的な内容となっているか それぞれ、詳しく見ていきましょう。 ふさわしい言葉遣いで書けているか 1つ目に紹介するES作成の注意点は 「ふさわしい言葉遣いで書けているか確認する」 ということです。 ふさわしい言葉遣いというと抽象的かもしれませんが、特に間違いやすいのは 尊敬語・謙譲語・丁寧語 の使い分けです。 たとえば目上の人の行動に謙譲語を使ってしまったり、自分の行動に尊敬語を使ってしまったり…このようなミスはビジネスマナーとしてもNGのため、絶対に避けたいところ。 ESは提出前に何度でも推敲することができるため、言葉の使い方が誤っていないか、確認しましょう。 「です・ます」調か「だ・である」調のどちらかに統一 2つ目に紹介するES作成の注意点は 「『です・ます』調か『だ・である』調のどちらかに統一する」 ということです。 ESを書く際には「です・ます」調でも「だ・である」調でも、どちらでも構いません。 ただし、どちらかに統一しなければなりません。 最初のうちは「です・ます」調で執筆していたのにもかかわらず、後半で「だ・である」調になってしまうといったミスは起こりがちです。 そのため、何度も文章を読み返し、語調が混在していないかどうかについて確認しましょう。 具体的な内容となっているか 3つ目に紹介するES作成の注意点は 「具体的な内容となっているか確認する」 ということです。 基本的に抽象的な内容はNGです。 たとえば経験談を語るときに「がんばりました」などといった主観的な測定だけでは相手に伝わりません。 数値など、具体的にわかりやすい評価があれば、そちらを記載しましょう。 ワンキャリアの登録方法 まずはワンキャリアにアクセスしましょう。

次の