ハロン 棒。 競馬のハロンの意味は?ハロンタイムを使った予想で的中率アップ!?

ハロン (単位)

ハロン 棒

テレビやラジオで競馬を視聴していると、 「残り~ハロン」とか 「~ハロンを過ぎまして」 とか聞くことがあります。 では、 この「ハロン」とは何ぞや? という事になりますよね。 日本で長さの単位と言えばメートル(m)が使われます。 これは、競馬においても同じです。 例)日本ダービー 東京:芝2400m ただ、日本競馬はイギリス競馬を参考に成り立ったものなので、 イギリス競馬で距離を表す単位である 「ハロン」も併用して使われています。 1ハロン=201. 168メートル ですが、簡略化して1ハロン=200メートルで計算されます。 つまり、上の例で言うと 芝2400メートル(m)=芝12ハロン(furまたはf) になります。 「fur」とはfurlong(ファーロング)の略。 「f」だけでも日本では通じますが、 アメリカで使われるフィート(ft)と混同されるので注意しましょう。 日本の競馬ではレースの距離自体をハロンで表すことはなく、 レースの通過距離を表すのに使われることが多いです。 何のこっちゃ? と思う方も多いと思うので具体的に見てみます。 これはJRAのホームページに載っている、 先日(2013. 5)行われたNHKマイルCのレース結果表の一部です。 「12. 3-10. 8-11. 3」と数字が並んでいるのが、1ハロンずつのタイムです。 このように1ハロンごとのタイムを表記するのを 「ラップ」と言います。 下の「上り 4F 46. 6 - 3F 34. 9」というのは 最後の4ハロン(800m)と3ハロン(600m)の合計タイムです。 では、このラップはどのように計っているのでしょうか。 競馬場のコースには 「ハロン棒」というのが設置されています。 ハロン棒の数字が残りの距離を表します。 この「距離」とは、現在の日本の競馬場のほとんどは「メートル(m)」を意味します。 この画像だと、残り200m。 レースで 先頭の馬がこのハロン棒を通過した際にラップが計測されます。 上の「ハロンタイム」では先頭馬がハロン棒を通過したタイムを表記していますが、 各馬それぞれがハロン棒を通過したラップタイムを書いている媒体もあります。 特に残り3ハロンのタイムは、どの媒体でも各馬のタイムが書かれています。 残り3ハロンタイムは、その馬がレースの終盤にどれぐらいのスピードで 走る事が出来るか分かるため、馬の能力を計る上で非常に大事な指標になります。 ラップで、そのレースがどのような展開だったか分析する予想方法もあるので、 早めに、このハロンの表現に慣れましょう。 さらに、レースだけでなく 調教でもこの「ハロン」は良く使われるので、 競馬をやる上で覚えておいた方が良い項目です。 ~ひとこと豆知識コーナー~ 昔、日本の競馬場には残り100mを表す「1」の数字が 書かれたハロン棒が存在しました。 関連記事•

次の

ハロン湾

ハロン 棒

ハロン棒名無しさん• December 22, 2019 20:12• ID:40. 9PVLS0• 一周目の直線で全力出しかけて最後何事もなかったかのように突き抜けたディープがどんだけ化け物だったのか再確認。 …てのもあるけど、基本的に距離適正狭く造りすぎなんだよ。 間隔開けて数使わないのもそうだけど、チャンピオンに有るべき「不利を引き受けて退ける」っていう思想が無い。 ベストの距離でのベストパフォーマンスを捨ててでも全距離に対応させようとする気概がない。 他がメイチで仕上げてくるのを9割で受けて立ってなお勝ってやろうという矜持がない。 商売としてはそれで正解かもしれんけど、90年代の熱狂が無いのはそれ• ハロン棒名無しさん• December 22, 2019 22:45• ID:eeY8q5Of0• 「こりゃオイシいな」と 笑 まだ馬単も3連単もない時代で。 競馬場は淀ばっかりやったな。 高槻なモンで、車ですぐやったし。 最後に行ったのがオルフェーヴルの三冠菊花賞やったな。 これは見とかなアカンと。 それ以来行ってない。 マチカネフクキタルの菊花賞も見にいったで 笑 ダービーは東京出張の1年間、ロジユニヴァースとエイシンフラッシュの時を見たな。 ダービーで始まってダービーで終わった出張やった。 その足で大阪に戻った。 競馬はホンマ面白いね。 長く遊べたらそれでいい。

次の

ハロン (単位)

ハロン 棒

ハロン、めっちゃ耳にします。 ハロンの意味 ハロンとは、もともとは距離(長さ)をあらわす単位のことです。 英語では「furlong」で、「ファーロング」とも読みます。 ちなみに、ハロンはヤード・ポンド法の単位で、1ハロン=660フィート。 1ハロンは8マイルになります。 メートルに換算すると、1ハロン=約201. 168 402メートルになります。 でも201.何メートルだとちょっと使いづらいので、 日本の競馬では便宜上1ハロン=200メートルに換算して使用しています。 【スポンサードリンク】 「ハロン棒」とは?日本の競馬で「ハロン」が使われている理由 と、ここでひとつギモンが。 なぜ「メートル」でなく「ハロン」が使われているのか? その理由は、「 ハロン棒」にあります。 ハロン棒とは、競馬場のレーストラックの側面に、1ハロンごとに建てられている棒のことです。 競馬発祥の国はイギリスといわれいます、そしてイギリスはヤード法の国なので、単位はもちろんfurlong(ハロン)を使用。 フランスも日本もメートル法の国ですが、フランスは200メートルごとにハロン棒をたてているので、日本もフランスにならってハロン棒を設置しています。 そのため、日本はメートル法の国なのに、「ハロン」という言葉(単位)を使用しているんですね。 「上がり三ハロン」とは? ハロンが200メートルというのはわかりましたが、では「上がり」というのは? 競馬における「上がり」というのは、レース終盤の走破タイムのことを指します。 つまり、「上がり三ハロン」というのは 「ゴールまでの最後の600メートルの走破タイム」 なのです。 ちなみに、この最後の600メートルは、レース終盤の、馬にとってはもっとも苦しい部分です。 そのため競馬中継や競馬新聞でも、馬の能力を表すのによく使われています。 しかし、「上がり三ハロン」 のタイムが早いからといって、イコール能力の高い馬、というわけでは必ずしもないようです。

次の