ツクヨミ クロノクロス。 クロノ・クロス 仲間にする方法

クロノクロス:ツクヨミ: 1日1絵(終了)

ツクヨミ クロノクロス

曖昧さ回避 別表記への誘導(フルネームや正式名称での登録推奨)• に登場するとの。 『』に登場するモンスターカード。 『』の舞台。 『』の。 『』に登場するキャラクター。 『』の登場人物のヒーローネーム。 月を見て月齢や日にちを知ること。 『』に登場する。 本項で解説。 『』の登場人物。 『』の登場人物。 『』及びリメイク版に登場するブラッドコード(職業)。 『』の登場キャラクター。 『』シリーズに登場するの一つ。 本項で解説。 『』に登場する伝説のの一種。 『』に登場するモンスター。 『』の登場人物。 アニメ『』に登場する15番機マークフュンフ改の機体コード。 『』に登場するモンスター。 『』に登場するカードの一つ。 『』の登場人物。 『』に登場するキャラクター。 『』の6面ボス。 『』の登場人物。 その昔人工的に創られたのプロトタイプから派生したとされており、その原型となった面影を持つ。 神属性の恐ろしい攻撃を雨雪崩のように叩き込んでき、そのほとんどにスキがない。 怒り活性化すると更に攻撃力と攻撃範囲が上がり、その場の全てを焼きつくさんとする。 欠点無しの化け物のように見えるが弱点属性はあり、雷属性が有効。 特に頭上に浮かぶ天輪が弱点であり、そこを雷属性の武器で集中的に狙う事で短期決戦に持ち込むことができる。 『』ではほぼ必ずと言っていいほど仲間を連れてくる代わりに 「こちらが手を出さない限り攻撃をしてこない」という属性を獲得した。 ただ、仲間の指示を強襲状態にしてるとせっかく待ってくれているのにCPUが殴って怒ってしまう事がある。 あと、アルダ・ノーヴァの使いまわしボイスではなく、電子音的な鳴き声を発するようになった。 関連タグ 『』シリーズのツクヨミ.

次の

回想録:「クロノ・クロス」 Ⅲ.難解と言われる物語の先にあるもの|一期崎火雀(ノンジャンル人生)|note

ツクヨミ クロノクロス

クロノクロスのマルチエンドの一つです。 セルジュがテルミナのショップでバイトしていて、キッドはイシトとスパイ?活動?一方、ピエールとシュガールたちは… 発生条件:シナリオ11「古龍の砦 古の龍たちが夢の跡」終了前、セルジュがヤマネコになる前にラスボスを倒す。 内容:キッドを助けている場合とそうでない場合とで内容が一部異なる。 キッドを助けていない場合 テルミナのエレメント屋でアルバイトをするセルジュ。 セルジュとリサは仲良さそうに仕事をしている。 そこへレナが登場、セルジュを巡ってレナとリサの熾烈な女の争いが展開される。 その頃、ヒドラの毒に冒されたキッドはイシトに救われ、イシトの部下となってパレポリの工作員をやっていた。 キッドは「ブラッディローズ」というコードネームをイシトに勝手につけられて怒っている。 一方、シュガールとソルトン、ピエールは、蛇骨大佐の敵を討とうと古龍の砦へとビビりながらも乗り込んで行った。 しかしその後3人の行方は不明だという。 キッドを助けていて仲間にいて、コルチャがキッドにプロポーズした後にクリアした場合 キッドとコルチャがセルジュたちが働いている店に来る。 今度はリサとキッドの熾烈な女の争いに。 コルチャはキッドに再度プロポーズをするも、ママチャの邪魔が入る。 キッドを助けていて仲間にいて、コルチャがキッドにプロポーズする前にクリアした場合 上記と同様の内容でコルチャがいない。 内容:元の姿に戻れないセルジュは、ヤマネコの姿のまま、ツクヨミとともに復興中のマブーレで暮らしていた。 やがて、マブーレの住人たちはヤマネコを慕うようになり、賢者からは長にならないかと言われる。 一方、世界の敵となったダークセルジュは各地を力で支配し恐怖に陥れていた。 ラディウス・ファルガ・ザッパの3人は、ダークセルジュを追いつめ、戦いを挑む。 エンディング6 ヤマネコ討伐 クロノクロスのマルチエンドの一つです。 面白くて何回か見たくなるようなエンディングになってます。 発生条件:シナリオ23「時の審判 運命の女神の微笑み」終了前、フェイトを倒す前にグランドリームを入手している状態でラスボスを倒す。 内容:蛇骨館はリデルの計らいで孤児院になっていた。 蛇骨大佐が園長になっており、リデルとダリオが保育士をつとめている。 一方、テルミナへやってきたダークセルジュ、キッド、ツクヨミは「バー蛇骨」で休息をとることに。 そこではなぜか、アカシア騎士団の四天王がホストをやっていた。 隣の席では星の子の仲間らしき宇宙人たちがこの星の征服計画を立てていた。 ダークセルジュは会計をすると店から法外な値段を請求される。 抗議のため別室へ行くと、恐いお兄さん役のゾアがいた。 「バー蛇骨」は暴力バーだったのだ。 エンディング8 黒い運命の書 マルチエンディングその9。 内容:フェイトが倒れ、ついに人間への復讐を始める龍神。 更にドワッフと亜人たちも龍神側について共に人間に復讐を開始する。 やがて彼らはエルニドから人間たちを一掃する。 セルジュの故郷だったアルニ村も亜人たちの手に落ち、彼らの村となってしまった。 久しぶりにアルニ村のセルジュの家だった場所にやって来たツクヨミは複雑な想いを抱えていた。 ツクヨミは風鳴きの岬へ行き、セルジュの墓に花を添えるのだった。 『クロノ・クロス』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話 ジャキの行方 ゲーム中ではサラの弟、魔王ジャキの行方については明らかにされていない。 『クロノ・トリガー』DS版のエンディングの1つでは、魔王ジャキは自らの記憶を封じて何処かへ姿を消していることから、今作に登場していたとしてもそれとすぐわからないのだろうと推測できる。 しかし、その外見などから登場人物のアルフがジャキではないかと目されている。 その主な理由は、 以下の通り。 ・メニュー画面でのキャラクターの並び順や、台詞の優先順位、セーブデータの顔アイコンの順番が、セルジュ、キッドに続き3番目になっていること。 ・魔王ジャキと同じやや紫がかった青白い髪色をしており、走る動作なども魔王と同じであること。 ・アルフの名前の由来は 『クロノ・トリガー』での魔王ジャキの飼い猫の名前「アルファド」だったことからではないかと推察される。 ・公式設定資料集には、アルフのラフスケッチに「魔王のなれの果て」というメモや、魔王を彷彿とさせるような台詞などが書かれていたこと。 ・魔王ジャキ同様、高位のエレメント(魔法)を数多く使えること。 しかし、『アルティマニア』に掲載されていた、シナリオを担当した加藤正人氏のインタビューによると、当初は前作に登場したサラとジャキのアフター・ストーリーが本編シナリオにおいて展開される事になっていたが、パーティーメンバーが総勢45人という仕様になった時点でこれを諦めたとのこと。 そのため、ゲーム中ではアルフの正体について語られることはなく、アルフが魔王ジャキがなのか、そうではないのかはプレイヤーの解釈に委ねられることとなった。 また、本編中のルッカの手紙には、ジャキが身近にいる、との暗示があるが、『アルティマニア』によれば、これは開発初期にジャキがパーティにいるという設定の元で書かれたものであり、その後の企画変更に伴ってこのセリフは削除もありえたのだろうが、パーティに必ずしもジャキがいると断言しているわけではないので、あえてそのまま残したということである。 『クロノ・ブレーク』.

次の

回想録:「クロノ・クロス」 Ⅲ.難解と言われる物語の先にあるもの|一期崎火雀(ノンジャンル人生)|note

ツクヨミ クロノクロス

クロノクロスのマルチエンドの一つです。 セルジュがテルミナのショップでバイトしていて、キッドはイシトとスパイ?活動?一方、ピエールとシュガールたちは… 発生条件:シナリオ11「古龍の砦 古の龍たちが夢の跡」終了前、セルジュがヤマネコになる前にラスボスを倒す。 内容:キッドを助けている場合とそうでない場合とで内容が一部異なる。 キッドを助けていない場合 テルミナのエレメント屋でアルバイトをするセルジュ。 セルジュとリサは仲良さそうに仕事をしている。 そこへレナが登場、セルジュを巡ってレナとリサの熾烈な女の争いが展開される。 その頃、ヒドラの毒に冒されたキッドはイシトに救われ、イシトの部下となってパレポリの工作員をやっていた。 キッドは「ブラッディローズ」というコードネームをイシトに勝手につけられて怒っている。 一方、シュガールとソルトン、ピエールは、蛇骨大佐の敵を討とうと古龍の砦へとビビりながらも乗り込んで行った。 しかしその後3人の行方は不明だという。 キッドを助けていて仲間にいて、コルチャがキッドにプロポーズした後にクリアした場合 キッドとコルチャがセルジュたちが働いている店に来る。 今度はリサとキッドの熾烈な女の争いに。 コルチャはキッドに再度プロポーズをするも、ママチャの邪魔が入る。 キッドを助けていて仲間にいて、コルチャがキッドにプロポーズする前にクリアした場合 上記と同様の内容でコルチャがいない。 内容:元の姿に戻れないセルジュは、ヤマネコの姿のまま、ツクヨミとともに復興中のマブーレで暮らしていた。 やがて、マブーレの住人たちはヤマネコを慕うようになり、賢者からは長にならないかと言われる。 一方、世界の敵となったダークセルジュは各地を力で支配し恐怖に陥れていた。 ラディウス・ファルガ・ザッパの3人は、ダークセルジュを追いつめ、戦いを挑む。 エンディング6 ヤマネコ討伐 クロノクロスのマルチエンドの一つです。 面白くて何回か見たくなるようなエンディングになってます。 発生条件:シナリオ23「時の審判 運命の女神の微笑み」終了前、フェイトを倒す前にグランドリームを入手している状態でラスボスを倒す。 内容:蛇骨館はリデルの計らいで孤児院になっていた。 蛇骨大佐が園長になっており、リデルとダリオが保育士をつとめている。 一方、テルミナへやってきたダークセルジュ、キッド、ツクヨミは「バー蛇骨」で休息をとることに。 そこではなぜか、アカシア騎士団の四天王がホストをやっていた。 隣の席では星の子の仲間らしき宇宙人たちがこの星の征服計画を立てていた。 ダークセルジュは会計をすると店から法外な値段を請求される。 抗議のため別室へ行くと、恐いお兄さん役のゾアがいた。 「バー蛇骨」は暴力バーだったのだ。 エンディング8 黒い運命の書 マルチエンディングその9。 内容:フェイトが倒れ、ついに人間への復讐を始める龍神。 更にドワッフと亜人たちも龍神側について共に人間に復讐を開始する。 やがて彼らはエルニドから人間たちを一掃する。 セルジュの故郷だったアルニ村も亜人たちの手に落ち、彼らの村となってしまった。 久しぶりにアルニ村のセルジュの家だった場所にやって来たツクヨミは複雑な想いを抱えていた。 ツクヨミは風鳴きの岬へ行き、セルジュの墓に花を添えるのだった。 『クロノ・クロス』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話 ジャキの行方 ゲーム中ではサラの弟、魔王ジャキの行方については明らかにされていない。 『クロノ・トリガー』DS版のエンディングの1つでは、魔王ジャキは自らの記憶を封じて何処かへ姿を消していることから、今作に登場していたとしてもそれとすぐわからないのだろうと推測できる。 しかし、その外見などから登場人物のアルフがジャキではないかと目されている。 その主な理由は、 以下の通り。 ・メニュー画面でのキャラクターの並び順や、台詞の優先順位、セーブデータの顔アイコンの順番が、セルジュ、キッドに続き3番目になっていること。 ・魔王ジャキと同じやや紫がかった青白い髪色をしており、走る動作なども魔王と同じであること。 ・アルフの名前の由来は 『クロノ・トリガー』での魔王ジャキの飼い猫の名前「アルファド」だったことからではないかと推察される。 ・公式設定資料集には、アルフのラフスケッチに「魔王のなれの果て」というメモや、魔王を彷彿とさせるような台詞などが書かれていたこと。 ・魔王ジャキ同様、高位のエレメント(魔法)を数多く使えること。 しかし、『アルティマニア』に掲載されていた、シナリオを担当した加藤正人氏のインタビューによると、当初は前作に登場したサラとジャキのアフター・ストーリーが本編シナリオにおいて展開される事になっていたが、パーティーメンバーが総勢45人という仕様になった時点でこれを諦めたとのこと。 そのため、ゲーム中ではアルフの正体について語られることはなく、アルフが魔王ジャキがなのか、そうではないのかはプレイヤーの解釈に委ねられることとなった。 また、本編中のルッカの手紙には、ジャキが身近にいる、との暗示があるが、『アルティマニア』によれば、これは開発初期にジャキがパーティにいるという設定の元で書かれたものであり、その後の企画変更に伴ってこのセリフは削除もありえたのだろうが、パーティに必ずしもジャキがいると断言しているわけではないので、あえてそのまま残したということである。 『クロノ・ブレーク』.

次の