とう せい びょう いん。 亀頭包皮炎(きとうほうひえん)の症状、原因、感染、検査、治療方法がわかる。

糖尿病腎症(とうにょうびょうじんしょう)とは 総論

とう せい びょう いん

九字(くじ)は、道家により呪力を持つとされた9つの。 とのが著した『』内篇巻17「登渉篇」 に、抱朴子が「 入山宜知六甲秘祝 祝曰 臨兵鬥者 皆陣列前行 凡九字 常當密祝之 無所不辟 要道不煩 此之謂也」と入山時に唱えるべき「六甲秘祝」として、「 臨兵鬥者皆陣列前行」があると言った、と記されており、以後古代のによって行われた。 これが日本に伝えられ、、等で主に護身のためのとして行われた。 詳しくはを参照のこと。 この文句を唱えながら、手で印を結ぶか指を剣になぞらえて空中に線を描くことで、災いから身を守ると信じられてきた。 ただし『抱朴子』の中では、手印や四縦五横に切るといった所作は見られないため、所作自体は後世の付加物であるとされる()。 また、十字といって、九字の後に一文字の漢字を加えて効果を一点に特化させるのもある。 一文字の漢字は特化させたい効果によって異なる。 種類 [ ] 臨兵闘者 皆陣列前行 読みはりん・ぴょう(びょう)・とう・しゃ(じゃ)・かい・じん・れつ・ぜん・ぎょう。 意味は「臨む兵、闘う者、皆 陣列べて(ねて)前を行く」。 九字の元祖で、人によっては最も強力な九字とされる。 臨兵闘者 皆陣列在前 読みはりん・ぴょう(びょう)・とう・しゃ(じゃ)・かい・じん・れつ・ざい・ぜん。 意味は「臨む兵、闘う者、皆 陣列べて(ねて)前に在り」。 臨兵闘者 皆陣烈(裂)在前 読みはりん・ぴょう(びょう)・とう・しゃ(じゃ)・かい・じん・れつ・ざい・ぜん。 意味は「臨む兵、闘う者、皆 陣烈(裂)れて(きて)前に在り」。 臨兵闘者 皆陳列在前 読みはりん・ぴょう(びょう)・とう・しゃ(じゃ)・かい・ちん(じん)・れつ・ざい・ぜん。 意味は「臨む兵、闘う者、皆 陳列べて(ねて)前に在り」。 天元行躰神変神通力 読みはてん・げん・ぎょう・たい・しん・ぺん・じん・つう・りき。 朱雀・玄武・白虎・勾陣(陳)・帝久(帝公、帝正、帝台、帝后、帝禹)・文王・三台・玉女・青龍 読みはすざく・げんぶ・びゃっこ・こうちん・ていきゅう・ぶんおう・さんたい・ぎょくにょ・せいりゅう。 初出は鎌倉時代の反閇について書かれた文献。 この文献では帝の後の一文字が読めないため、あらゆる仮説が出されている。 が用いる。 青龍・白虎・朱雀・玄武・勾陳・帝台・文王・三台・玉女 陰陽道が九字を取り入れた際に字を四神、神人、星神の名に置き換えたもの。 青龍・白虎・朱雀・玄武・勾陳(空陳、空珍)・南斗(南儒)・北斗・三台(三態)・玉女(玉如) 読みはせいりゅう・びゃっこ・すざく・げんぶ・くうちん・なんじゅ・ほくと・さんたい(さんだい)・ぎょくにょ。 中国で用いられ、日本にも伝えられた。 令百由旬内 無諸衰患 読みはりょう・ひゃく・ゆ・じゅん・ない・む・しょ・すい・げん。 読み下しは、「百由旬の内に諸の衰患無からしむ」。 由旬は古代インドでの単位で、一由旬で牛車の一日分の行程を表わす。 初出は法華経陀羅尼品第二十六。 病魔等を払う九字として紹介される。 阿耨多羅 三藐三菩提 読みはあ・のく・た・ら・さん・みゃく・さん・ぼ・だい。 大乗仏教がを定める文、Anuttara samyaksaMbodhiに当てた字群。 三を二回使っているため、これを九字とするのには異議が唱えられている。 九字を取りあげた作品 [ ]• 1981年 - で演ずるが無刀取りをしているときに唱える• 1999年 - の拠り所として登場• 2003年・2005年 - 伊賀忍者の拠り所として登場 TVドラマ• - 主人公である安部清明が怨霊を浄霊する時に唱える。 - 主人公が除霊をする時に唱える• (1985年 - 1989年) - 主人公が除霊をする時に唱える ゲーム• 1998年 - 2010年 - このゲームの世界観を表現する上でのコンセプトの一つとして、シリーズを通して表記または要素として使用されている• 火の魔装機神、グランヴェールを駆るホワン・ヤンロンが火風青雲剣を発動するときに唱える アニメ• - 主人公の一人火野レイ(セーラーマーズ)の敵の攻撃時に唱える• - 精神統一し幻術を防ぐための呪文として登場するが、間違えて「かんぴょう豆腐かにオムレツぜんざい」と唱えてしまう• 脚注 [ ] [].

次の

臨兵闘者皆陣裂在前の意味は?

とう せい びょう いん

糖尿病性昏睡とは?糖尿病性昏睡の原因と症状について解説〜高齢者の生活習慣病 糖尿病性昏睡 - 糖尿病性昏睡の原因・症状について解説。 糖尿病性昏睡とは 当サイトでは、様々な生活習慣病の中でも高齢者に見られる病気を中心に解説紹介しています。 このページでは、糖尿病 (とうにょうびょう)について解説しています。 糖尿病は誰でもなりうる病気ですが、特に中年から高齢になると注意したい病気です。 そして、糖尿病はとても危険な病気の発症につながる可能性があります。 ですから糖尿病について理解して、糖尿病の症状・原因・治療・検査やさらに気になる色々な情報などから、糖尿病を早期発見・予防できるようにしましょう! 糖尿病について知りたい方のために当サイトが少しでもお役にたてると幸いです。 それが「 糖尿病性昏睡 (とうにょうびょう せい こんすい)」です。 糖尿病性昏睡とは、インスリンが不足しすぎることで起こる症状です。 発症することは多くはありませんが、すぐに対処しないと最悪の事態になる可能性がある危険な合併症です。 糖尿病性昏睡がなぜ起こるのかというと、インスリンが極端に不足することでブドウ糖をエネルギーとしてうまく利用することができなくなると、その代わりに体にたくわえられた脂肪やタンパク質をエネルギーとして利用しようとします。 このときに、副産物として「 ケトン体 (けとんたい)」と呼ばれる酸性の物質が発生するのですが、このケトン体が血液の中に増えてたまってしまうと、血液が酸性になります。 この、血液が酸性の状態を「 ケトアシドーシス」といいます。 ケトアシドーシスの状態になると、体のいろいろな機能の働きが低下します。 そして脳細胞への酸素の供給もなくなっていき、脳の機能も低下して意識が薄れて、意識がなくなる「 昏睡」の状態になってしまうのです。 このように、ケトン体が増加することで発症する糖尿病性昏睡のことを、「 ケトン性糖尿病性昏睡(ケトン性昏睡)」といいます。 ・ケトン体とは・・・ ケトン体は、「尿アセトン体」とも呼ばれます。 糖質が利用されずに、その代わりに脂肪やタンパク質が分解される過程でできる物質で、「アセト酢酸」、「ヒドロキシ酪酸」、「アセトン」、の 3つの物質の総称です。 それでは次のページでは、ケトン性糖尿病性昏睡の原因と症状について見ていきましょう。

次の

糖尿病(性)腎症〔とうにょうびょう(せい)じんしょう〕|家庭の医学|時事メディカル

とう せい びょう いん

似た症状の病気を探す• 主な症状 腹痛,嘔吐,頻尿,多尿,食欲亢進,体重減少,全身倦怠感,喉の渇き,頭痛,吐き気,意識障害 説明 糖尿病性昏睡とは、糖尿病が進行して意識を失ってしまう状態である。 インスリン注射をしなかったり、ストレス等が原因によって、インスリンが不足してしまう。 これにより、脱水状態になると共に昏睡に陥る。 生命に関わるため、早急に対処が必要。... 主な症状 無症状(自覚症状がない),倦怠感,腹部膨満,食欲不振,発熱,体重減少,腹痛,吐き気,嘔吐,下痢,黄疸,意識障害,腹水,肝臓腫大 説明 大量のアルコールを長く飲み続けることによって、肝臓に障害が起きること。 アルコール性肝障害には進行の程度によって、脂肪肝、アルコール性肝炎、アルコール性肝硬変に分けられる。... 主な症状 倦怠感,腹部膨満,食欲不振,発熱,体重減少,腹痛,吐き気,嘔吐,下痢,黄疸,意識障害 説明 肝細胞が壊れて、肝臓に炎症が起きてしまうもの。 禁酒により状態が良くなることもある。... 主な症状 腹痛,腹部膨張感,食欲不振,体重減少,全身倦怠感,黄疸,吐き気,嘔吐,自覚症状がない 説明 肝臓に発生するがんを肝臓がんと言う。 肝臓から発生する原発性のものと他の臓器から転移した転移性のものがある。 初期には自覚症状がない場合もある。... 主な症状 腹痛,吐き気,食欲不振,吐き気,嘔吐,下痢,黄疸,発熱,体重減少 説明 急性膵炎を繰り返すことにより、消化酵素が細胞を消化してしまい、膵臓が線維化して硬くなり、消火液の分泌機能が低下する病気。 この病気の原因は、アルコールの飲み過ぎが高い割合を占めている。 一度、慢性膵炎にかかってしまうと完治する事は難しい。... 症状を選んで病名を調べよう!.

次の