ハケンの品格赤西仁。 『ハケンの品格』(2007)は、アマゾンプライムで見られる?視聴できる動画配信サービスはどこ?

赤西仁と錦戸亮の「NO GOOD TV」にファン歓喜!

ハケンの品格赤西仁

欠点のない平凡に綺麗な音は、それまでのジーパンTシャツの粗削りなドライ感を一変させ、アシッドジャズ的な、この上ないラグジュアリーな方向にシフトチェンジする。 音楽的煩悩に打ち勝った赤西仁の姿が眩しい一品だ。 凡庸の中の複雑な設計「On My Mind」 手前の「Candy Flava Girl」からポーズなしで始まることで、その続き的なドラマ性に欠ける曲のように扱われている。 が、このメロディーを追ってみると、実に音の高低差の激しい、またリズムのシフトチェンジが頻繁にある極めて複雑な構造であることが分かる。 平凡な一日と思うのはその外部にいる者だけで、陽の光は様々に変化し、風はあらゆるものにぶつかって方向転換している。 凡庸なうたーその水面下で、赤西仁の緻密で妥協なき音の設計は確かに繰り広げられているのだ。 到達した先にある崩しがたい癒しが、心地よい。 丁度いい現実感が美しい「Perfect」 この曲がもともと前衛的で、コンテンポラリーなものだったのか。 それとも、できた時からいい感じの今っぽさを放つこの音だったのか想像はできない。 ただ言えることは、彼は自分の見えるところにしか音を置いていないということだ。 もし視界の外にまで好きなだけ音を配置していたら、それはサバンナに立つおしゃれなカフェのごときミュージシャンのロマンに凝り固まった音楽にしかならない。 この「Perfect」は確かに土の臭いのしないアフリカ音楽と言えるのだが、そこにあるのはAIが歌い踊る仮想現実ではない。 人間が狩猟をし,子を創り育てる,生々しい現実世界である。 聴覚を回帰させる見えない技 変化するリズムを操縦した「Be Alright」 入りは鋭さのない鈍角的なリズム。 それは次第に箔数が増え、小刻みに変化。 後半はそこに力強さと乱拍子的ずれが生まれ、祭囃子のような泥臭さが加わる。 このリズムの変化にボーカルがついていけないと、ドラマーのいい仕事が目立つ。 赤西仁はリズムについていくどころか、ドラマーのパフォーマンス1つ1つを完全にマネジメントしている。 それまでの概念はそのままで、聴覚だけが初期化される作品だ。 しかし、それを声に出して「すばらしい」と言えないところが、この曲の本当の味なのだ。 もし、サビ以外は歌ではなく、ラップだったら・・・ つまりこの作品にはもう一つの道もあったのではないかと、リスナーに考えさせる隙間が潜んでいる。 が、それはリスナーを攪乱し、聴くことの集中力を奪うものではない。 この曲がもたらす考え、映し出す情景を認識することで、この曲のすばらしさは、わざわざ口に出して言わなくてもいいものになるのだ。 言うまでもないが、このアルバムは未だライブという形では披露されてはいない。 が、CDという商品のまま、ある意味冷凍保存された状態でいることも、この『THANK YOU』にとっては一つの理想の姿なのかもしれない。 TEXT 平田悦子.

次の

篠原涼子と赤西仁キスシーンや過去の芸能人とのドラマやバラエティでの濃厚キス裏舞台がヤバい

ハケンの品格赤西仁

2019年10月上旬、赤西とのタッグについて錦戸に聞くと「関係ない」と否定したが… ハワイ・オアフ島のカピオラニ公園にある「トム・モファット・ワイキキ・シェル」。 貝殻をかたどったこの屋外ステージは、輝く太陽や、満天の星空の下で音楽に酔いしれることができるハワイならではのライブ会場だ。 すると、赤西のツイートには7万人近いファンからの「いいね」が押された。 また、錦戸ファンが「亮ちゃんをよろしくね!」と赤西にお願いするなど、双方のファンは盛り上がりを見せている。 2020年5月24日に、初ライブを開催することも発表した。 その会場が、件のハワイを代表する会場である。 「一方、2019年10月に独立してすぐに赤西さんとタッグを組んだ錦戸さんに、業界内からは批判の声も上がっています。 そのため、テレビやCMでの露出は少なくなっていきそうです」(芸能関係者) 独立して風向きが怪しいかと思いきや、2人とも順風満帆のようだ。 赤西は、ファンクラブ運営にも力を入れ、その年会費だけで1億円近く稼いでいるといわれる。 1stソロアルバム『NOMAD』が初週7. 6万枚を売り上げ、オリコン週間アルバムランキング1位を獲得した錦戸も、同様に基盤を確保しているようだ。 年会費は5000円なので、2019年10月の独立以来、それだけで2億5000万円もの収入があるということになります」(音楽業界関係者) 日本ではなく、あえてハワイでライブを開催することも理由があるという。

次の

新作「THANK YOU」で表現した赤西仁の100%の勝算

ハケンの品格赤西仁

が、7月3日に放送された『』(日本テレビ系、毎週水曜21:00~)2時間スペシャルに出演。 番組内で、篠原が出演していた懐かしいドラマのVTRが流れ、インターネット上で多くの反響があった。 ある共通点を持ったゲストをあらゆる角度から比較し、それをもとにMCの・、・、、がトークを繰り広げる同番組。 今回は「トリオ THE黙っていればキレイな群馬の女」をテーマに、篠原、、、、()、そして埼玉出身のが登場した。 日本テレビの人気ドラマ『anego』(2005年放送 最高視聴率17. 5%)で主演を務めた篠原。 共演のやとの恋愛関係がどうなっていくのかに注目が集まった作品だが、当時、この作品のファンだったという徳井は「篠原さんが商社に勤める32歳のOLで、結婚にちょっと焦っている。 そこに赤西くん演じる年下の男の子と惚れた腫れたがありながら、後輩の女子社員の旦那(加藤)と、いろいろあるっていう……」と熱弁。 後藤からは「なんぼほど好きやねん!」とツッコミを受けた。 『anego』のほか、『ハケンの品格』(2007年放送 最高視聴率26%)のVTRも流れた。 こちらは、派遣社員が物怖じせず、ズバズバ物申す役どころで、共演のとのバトル「くるくるパーマ」(篠原)や「喧嘩売ってる?」(大泉)などのやりとりも話題となり、VTRを見終わると、若槻が「なんでこんなに(篠原は)変わらないんだろう」とこぼすと、篠原は「そんな……」と謙遜しつつも「もっと言ってください」と笑わせた。 また、篠原の代表曲でもある「恋しさとせつなさと心強さと」の音程が分からないという若槻に、本人がレクチャーする一幕も。 プロデューサーのからは当時「確実に(高音が)出るものになる」と言われ、本当に高いキーが出るようになったと語った。 最終的に篠原が、それぞれの頭文字、恋しさの「い」、せつなさの「せ」、心強さの「こ」を歌い、その続きの歌詞を若槻が歌うという流れになり、再びスタジオを笑いに包んだ。 ネットでは「篠原涼子の魅力にやられそう」といった声はもちろん、10年以上ぶりに人気ドラマのVTRが流れたことで「赤西くん超絶イケメン」「リメイクして!」「『anego』に『ハケンの品格』に最高やな!」のほか、大泉とのやりとりについては、「あのやりとりめっちゃ好きだった」「大泉洋とのコンビが最高」「ひさびさに見たい!」といった反応もあった。

次の