仮想通貨 おすすめ。 ビットコインFX(仮想通貨FX)おすすめの業者は?

仮想通貨の種類一覧とおすすめ銘柄ランキング【2019年最新】

仮想通貨 おすすめ

海外仮想通貨取引所のおすすめ25選! さっそく、数ある海外取引所の中でも 現役仮想通貨トレーダーが厳選したおすすめ25社をご紹介します。 どこも魅力的な海外取引所になりますが、それぞれ違った特徴がありますので、ぜひ自分にあった取引所を見つけてみてください! おすすめ海外取引所TOP25ランキング! 第1位 第2位 第3位 第4位 第5位 第6位 第7位 第8位 第9位 第10位 第11位 第12位 第13位 第14位 第15位 第16位 第17位 第18位 第19位 第20位 第21位 第22位 第23位 第24位 第25位 第1位 BitMEX(ビットメックス) はセーシェル諸島に拠点を置く取引所。 特徴はレバレッジの大きさで、 最大100倍までレバレッジをかけることが可能です。 しかも、 「ゼロカット」という仕様により レバレッジ取引の借金リスクがありません。 レバレッジをかけて仮想通貨取引したい人は、開設必須だといえるでしょう。 BitMEX(ビットメックス)のメリット 最大100倍!脅威のレバレッジ 手持ちのビットコインの100倍を賭けて取引ができる、 脅威のハイレバレッジ取引所です。 2019年12月現在、国内取引所では 4倍が最高となりますので、文字通り桁違いなのがわかりますよね。 さらに、 アルトコインでレバレッジ取引ができるという点も特徴的です。 BitMEXではビットコインのことをXBTという独自の名前に置き換えています。 つまりデリバティブ(金融派生商品)取引ということですね。 ビットコインのやり取りを仮想取引化しているため、こんなに高倍率を実現できるんです。 とはいえ、 高倍率の取引は損失が大きくなりやすいというのも事実。 そのため、レバレッジを掛ける際はあくまでも慎重な姿勢が大切です。 「ゼロカット」で安心!ハイレバレッジでも借金ナシ BitMEXは「ゼロカット」が導入されているので、急激な価格変動があっても借金を背負う心配がありません。 通常のレバレッジ取引では、証拠金を下回った損失を返済する必要があります。 これを 「追証(おいしょう)」と呼びます。 BitMEXはこの 追証がなく、証拠金以上の損失を被ることはありません。 この絶対的な安心感から、レバレッジ取引をしている猛者の支持を集めているんです。 日本語表示に対応 世界的に見ると小規模な取引所ではありますが、 日本語に対応しているというのは嬉しいポイントです。 レバレッジ取引や仕様などの複雑な情報を、口座開設前に日本語で概要資料や仕様などを確認できるのは安心ですよね。 また、 サーバーの負荷も少なくサクサク快適に取引できます。 手数料が安い BitMEXでは、メイカー手数料がマイナスになります。 つまり、メイカー注文をすると逆に手数料をもらえる仕組みになっているんですね。 テイカー注文については通常通り手数料が発生しますが、レバレッジを掛けられる取引所の中では圧倒的に安く設定されているので安心です。 BitMEX(ビットメックス)のデメリット レバレッジ取引で残高が吹き飛ぶリスクも 借金を追うことはありませんが、 口座の残高が一瞬でゼロになるリスクは当然あります。 ゼロカットの安心感から大胆になりがちですが、確実に値動きが予測できているときだけしかポジションを持たない、などのルールを決めて、慎重に取引することをおすすめします。 チャートが見づらい 画面の情報量が多いためどうしてもわかりにくい印象。 普段からFX取引に慣れている方にとっては気にならない程度です。 細かくリニューアルされているため今後の改善に期待したいところです。 BitMEX(ビットメックス)のまとめ BitMEXは、 「100倍のレバレッジを 、追証なしで 」の一言に尽きる取引所です。 世界を見渡しても、ここまで快適・安全なレバレッジ取引を提供している取引所はありません。 国内取引所のレバレッジでは物足りない人、一発逆転を狙っている人はマストで登録しましょう。 ただ、ハイレバレッジを利用する際は慎重な取引を心がけてくださいね!• ハイレバレッジで取引をしたい• 日本語対応の取引所がいい• 取扱銘柄の数は 174種類と、海外取引所の中では多からず少なからず。 とはいえ、 使い勝手・手数料・信頼性などすべてが高水準まとまった優秀な海外取引所となっています。 BINANCE(バイナンス)のメリット 手数料の安さ 最大のメリットとして、 手数料の安さが挙げられます。 国内に比べて安い傾向のある海外取引所ですが、その中でも上位に入る安さを誇っています。 使い勝手がいい アプリの完成度が高く、スマホから取引したい方にもおすすめ。 以前のサイトでは Googleの翻訳機能が使えたので、英語が苦手な人でも問題なく利用できましたが、最近はサイトが新しくなり、Googleの翻訳機能が使えなくなっています。 そのため、翻訳機能を利用したい人は以前のサイト (Old Website)を利用するのがおすすめです。 ハードフォークへ積極的に対応 ハードフォークへの対応は、仮想通貨において結構重要ですよね。 取引所によっては新しくできた通貨を受け取れなかったり、対応がかなり遅かったりといったこともあります。 バイナンスは、ビットコイン分裂時に「すべてのフォークコインを付与する」と公式発表。 そのため、ハードフォーク祭りに乗り遅れる心配はありません。 バイナンス発のトークンやICOを主導! バイナンスは、 BINANCE Coin(BNB)オリジナルトークンを発行しています。 BNBトークンを使うことで、ただでさえ安い 手数料がさらに大幅割引。 初年度は半額、2年目以降も割合は下がっていきますが割引が適用されます。 お得に使えるだけでなく、BNBトークン自体も価格も急上昇中。 取引所がオリジナルトークンを発行する例は少なくありませんが、利用者が多いバイナンスだけに今後も順調に伸びていきそうです。 さらに、 バイナンス自体がICOの管理まで行っています。 バイナンスが主導しているので比較的信頼性が高く、将来的な値上がりも期待できます。 自分のバイナンス口座からそのまま送金ができるので、参加する手間も小さくなります。 BINANCE (バイナンス)のデメリット 日本語に対応していない バイナンスは世界トップクラスの人気を誇る取引所ですが、 日本語に対応していません。 以前は Google翻訳機能が利用できたのですが、現在のリニューアル版サイトではGoogle翻訳機能もないため、 英語が苦手な人にはややハードルが高いといえます。 BINANCE (バイナンス)のまとめ 人気が集中するだけあって 総合力抜群。 手数料の安さだけでなく、取引のしやすさにも妥協がありません。 ベーシックな取引の使い勝手はもちろん、オリジナルトークンやICO管理など発展的な内容もカバー。 そのため、Binenceも開設は必須だといえるでしょう。 注意 2019年12月現在、金融庁の規制によりHuobiは日本居住者へのサービス提供を停止しています。 Huobi(フォビ)のメリット SBIと提携した過去を持つ信頼性 Huobiは2017年12月7日に、 SBIホールディングスと業務提携を結びました。 SBIホールディングスといえば、三井住友信託銀行と共同で住信SBIネット銀行を運営するなど、日本の仮想通貨トレーダーにはおなじみの会社ですよね。 Huobiの 安定した経営実績やセキュリティを評価して、パートナーシップが実現しました。 2018年3月9日をもって解消されていますが、問題が起こったわけではなくSBI側のノウハウが構築でき、提携の必要がなくなったためと発表されています。 日本企業のお墨付きがついているということで、間接的ではありますが安全性の高さが裏付けられています。 また、 イギリスのロンドンへの進出も発表。 仮想通貨規制の厳しいイギリスに進出する意義は「イギリスの規制に準拠した上で主流の仮想通貨取引所になる」ことを明確に表明しています。 セキュリティ、体制含めて今後に期待できる優良取引所の一つになると考えられます。 バランスの取れた万能型取引所! さらに、最大3倍のレバレッジ取引も可能。 レバレッジメインの使用には物足りないかもしれませんが、通常の運用にプラスアルファといった位置づけで使う分には問題なさそう。 飛び抜けた点はありませんが満足に使える水準にまとまっています。 独自トークン「HT」を発行 バイナンス、KuCoinと同様に 独自トークン「HT」を発行しています。 手数料半額や新規上場通貨の無料配布(エアドロップ)といった保有者特典も用意されています。 目新しい特徴ではありませんが、世界有数の取扱高を誇るHuobiだけに、今後の値上がりなども魅力的な材料です。 HTトークンは今後バイナンスに匹敵する価格上昇を見せるポテンシャルがあります。 Huobi(フォビ)のデメリット 手数料が高め Huobiの売買手数料は0. 先述のHTトークンを活用すれば0. 出金処理に時間がかかる? まだ遭遇したことはありませんが、ネットでは出金に6時間ほど要したという声が多々上がっています。 入出金を頻繁に行う人は避けておいたほうがよさそうです。 Huobi(フォビ)のまとめ 近年勢いのある仮想通貨と目されているHuobi(フォビ)。 中国3大取引所に数えられる 規模感やセキュリティ性など、バランスの取れた完成度の高い海外取引所です。 ただ、 現在は日本で登録できない状態となっており、今後の利用再開も未定です。 HTトークンの価格上昇に期待したい• 特化型ではなく、バランスで取引所を選びたい• サブとして安全性の高い取引所を持ちたい 第4位 OKEx(オーケーイーエックス) OKExは中国3大取引所に数えられる海外取引所です。 日本のビットバンクトレードと提携するなど海外展開に力を入れおり、 独自トークンを発行していることや 手数料、取扱銘柄などの条件も比較的良好。 OKEx(オーケーイーエックス)のメリット 取引が成立しやすい OKExのメリットは、とにかく 取引が約定しやすいということ。 中国3大取引所というだけあり取引量も多く、 「板取引の注文がなかなか成立しない…」といったことはほとんどありません。 独自トークンOKBを発行している OKExでは、独自トークン OKBを発行しており、これを基軸通貨に設定すれば 取引手数料が無料になったり、保有割合によって手数料の還元を受けたりできます。 そのため、手数料を抑えて取引したい人には最適でしょう。 OKEx(オーケーイーエックス)のデメリット 日本語に対応していない 画面の使いやすさや通貨の豊富さなど、日本人にも使いやすい取引所となっていますが、日本語に対応していないため、 英語が苦手な人にはややハードルが高いかもしれません。 OKEx(オーケーイーエックス)のまとめ 圧倒的なユーザー数を誇るOKExでは、板取引でもサクサクと注文が約定していくため、スピーディーに取引を進めたい人におすすめです。 また、 日本人にも使いやすい取引所となっていますので、メインもしくはサブとして口座を開設しておくのも良いでしょう。 OKBトークンの価格上昇に期待したい• 手数料を気にせずサクサク取引したい• 英語表記でも問題ない 第5位 bybit(バイビット) bybitは、2018年に誕生したまだ新しい取引所です。 最大レバレッジ100倍のハイレバレッジが利用できるほか、 メイカー手数料がマイナスであることなどが魅力となっています。 取扱通貨は 4種類と少ないものの、いずれも主流通貨となっているため、 仮想通貨初心者でも十分使いこなすことができるでしょう。 また、 追証もないため借金のリスクもありません。 ただし、最大レバレッジが100倍なのはビットコインのみで、 他のアルトコインについては50倍が最大となります。 マイナス手数料 bybitの取引には手数料がかかりますが、 メイカー注文(指値注文)についてはマイナス手数料となっています。 つまり、 逆に手数料がもらえるということ。 そのため、指値注文だけを利用していれば取引手数料を抑えることができます。 日本語に対応している bybitは 日本語に対応しているだけでなく、 日本人によるカスタマーサポートを受けることができます。 しかも、問い合わせは メールもしくは チャットが選べますので、英語が苦手な人でも安心して利用することができますよ! bybit(バイビット)のデメリット 取扱通貨が少ない デメリットとしては、取扱通貨の少なさが挙げられます。 bybitでは ビットコイン・イーサリアム・イオス・リップルの4通貨しか取扱がなく、アルトコイン取引を楽しみたい人には向かないといえるでしょう。 また、いずれも USD建てになりますので、通貨ペアがかなり限られています。 bybit(バイビット)のまとめ bybitは取扱通貨こそ少ないものの、 日本人にはとても使いやすい取引所だといえます。 今後は 通貨が増える可能性もあるので、今のうちに使い心地を体感しておきたいところ。 ハイレバレッジで取引がしたい• 主流通貨で取引がしたい• 取引できる通貨ペアが 58種類と豊富なほか、 レバレッジが世界最大の500倍というのも大きな魅力となっています。 また、日本語にも対応しているため、 英語が苦手な人でも国内取引所感覚で取引することができるでしょう。 レバレッジが大きいほど 大きな利益が狙えますから、うまく取引すれば効率的に稼ぐことが可能です。 また、ハイレバレッジは損失も大きくなりやすいですが、CryptoGTの場合は 追証なしのゼロカットシステムを採用。 そのため、 損失が証拠金を上回る心配もありません。 入金できる通貨が多い CryptoGTの入金は10種類以上の通貨に対応しており、 仮想通貨だけではなくステーブルコインを入金することもできます。 同じくハイレバレッジが魅力のBitMEXは、ビットコインしか対応していませんから、ここでもCryptoGTの 利便性の高さが伺えますよね! CryptoGT クリプト GT のデメリット レバレッジの変更が面倒 CryptoGTのデメリットは、 レバレッジが手軽に変更できないという点です。 CryptoGTでは 口座開設時にレバレッジを設定する仕組みになっており、取引の際はそのレバレッジに固定されます。 レバレッジ設定を変更したい場合は、 サポートデスクに連絡して申請を行う必要がありますので、「ポジション毎にレバレッジを変える」というのが難しいのです。 CryptoGT クリプト GT のまとめ CryptoGTは 少ない資金で大きな利益を狙いたい人、借金のリスクを回避したい人におすすめの取引所です。 ちなみに、プラットフォームには MT5を採用していますので、 テクニカル指標にこだわりたい人もぜひ利用してみてください!• ハイレバレッジで取引したい• リスクを最小限に抑えたい 第7位 BitZ(ビットジー) BitZもポストBinanceとして期待されている海外取引所です。 BitZは、2016年に誕生した仮想通貨取引所。 一般的な現物取引やレバレッジ取引のほか、取引所を介さない OTC(相対取引)も利用可能となっており、その珍しさも人気の秘訣といえます。 また、上場する通貨をユーザーが選定する「 投票制上場システム」の導入によって、今後も注目は続くでしょう。 18〜0. さらに、 投票制の上場システムがありますから、1つの取引所でさまざまな取引を楽しむことができます。 BitZ(ビットジー)のデメリット 出金制限がある BitZでは 「アカウントレベル」というものが設けられており、 自分のレベルによって1日に出金できる金額が異なります。 とはいえ、いちばん低いレベル1でも 1日に2BTCまで出金できるほか、アカウントレベルを上げることも可能なので、そこまで大きなデメリットにはなりません。 BitZ(ビットジー)のまとめ 日本でまだ馴染みのないBitZですが、海外では BINANCEに匹敵するほどの人気を誇っています。 また、 豊富な通貨や 使いやすさ、 日本語対応といったさまざまなメリットがあることから、今後日本での人気も上がっていく可能性が高いでしょう。 相対取引を利用したい人• 草コインの取引を楽しみたい人• 取引所の安全性を重視する人 第8位 FTX(エフティーエックス) FTXは、 「レバレッジトークン」と呼ばれる特殊なトークン取引ができる取引所。 レバレッジトークンはER20規格のトークンで、2019年12月現在は MOON・BULL・HEDGE・BEAR・DOOMの5種類が用意されています。 ほかにもインデックスやアルトコインをメインとした 無期限契約も可能となっており、ちょっと変わった取引所として注目を集めているんです。 01〜0. 当初は日本語に対応していませんでしたが、2019年10月に日本展開の協力パートナーと提携を結び、それを機に 日本語対応となりました。 通貨ペアが300種類以上と豊富なことや、 最大100倍のハイレバレッジが利用できることから、日本でも人気が高まりつつあります。 04〜0. 取扱通貨7種類、最大レバレッジ20倍とやや控えめですが、さまざまなトークンの IFOが実施されていることで注目を浴びています。 最近ではFacebookが発行するLibraのIFOが行われ、多くのメディアにも取り上げられました。 特に 先物オプション取引ができる取引所は珍しく、通常の先物取引よりも効率的に取引ができるとして人気を集めています。 日本語に対応しているほか、公式のスマホアプリもありますので、出先や移動中に取引したい人にもおすすめです。 02〜0. ただこの撤退は日本の資金決済法の規制に準拠した形で再度仮想通貨交換業ライセンスの申請を行うということだったので、前向きな撤退と考えていいでしょう。 レバレッジ取引も可能ですが、 最大5倍と控えめ。 取扱銘柄も17種類も海外取引所にしては少ないですが、シンプルにデザインされた取引画面の使い勝手は抜群です。 ポテンシャル的にはとてもおすすめな取引所なのですが、2018年1月には「Tether社」と結託して不正を行いました。 これにより、一時期は新規口座開設ができない状態となりましたが、 2019年12月現在は開設できるまでに復活しています。 取引量ランキングは 世界58位となっています。 第14位 KuCoin(クーコイン) KuCoinは2017年9月にオープンしてから、 急成長を遂げている取引所です。 最近では取扱量で世界20位以内に入るなど、第二のBINANCEと目される海外取引所です。 第15位 Poloniex(ポロニエックス) Poloniexは日本でも利用者の多い、 世界最大規模の取引所です。 セキュリティ性の面を不安視する声はありますが、 手数料や取扱通貨数などの条件が比較的良いため、現在でも根強い人気を誇る取引所です。 第16位 Bittrex(ビットトレックス) Bittrexはアメリカ大手の取引所です。 2014年設立と歴史があり、世界の取引量ランキングでもトップ10圏内をキープしています。 主な特徴としては 時価総額が10億円以下の比較的マイナーな仮想通貨を多くラインナップしている点が挙げられます。 さらに セキュリティ性も高いという点も好材料です。 第18位 HitBTC(ヒットビーティーシー) HitBTCは ICO直後の通貨を幅広く取り揃える海外取引所です。 通常の取引所と違い、送金手数料だけでなく 預金(デポジット)する際にも手数料がかかります。 HitBTC内で取引する分には問題ありませんが、 他のウォレットや取引所と併用して流動的に運用する場合には不向きといえそうです。 第19位 Yobit(ヨービット) Yobitは 「レンディング」と呼ばれる貸し通貨システムや、 賭博機能が充実している取引所です。 上級者向けの取引所としてかなり見どころがありますが、 運営元や担当者名などが一切不明というデメリットもあります。 危機管理の面で不安はあるものの、幅を広げる意味で活用したいという人は登録しても面白そうです。 第20位 CoinBene(コインベネ) CoinBeneはシンガポールに拠点を置く取引所で、オリジナルトークン 「COINトークン」を発行しています。 しかし、 取扱通貨はビットコイン1種類のみ。 現状は取引で役立つ機会は少なそうですが、今後ビットコインがさらに普及したときに重要な役割を担う可能性は高いでしょう。 第22位 CROSS exchange(クロスエクスチェンジ) CROSS exchangeは、2018年11月にできたばかりの新しい取引所です。 拠点となるアゼルバイジャンで初めて金融ライセンスを取得した取引所なので、 海外取引所の中でも信頼性は高いといえます。 第23位 Bibox(ビボックス) Biboxは独自トークンの発行や手数料の設定など、かなりBinanceに似たところがある取引所です。 新しい取引所なだけに、 現時点ではBinanceの後追いといった印象がありますが、これから盛り上がっていきそうな取引所です。 第24位 Changelly(チェンジリー) Changellyは「 仮想通貨の両替サービス」。 ウォレットや取引所内にある仮想通貨を、別の通貨に両替でき、手数料は0. 取引所ではビットコインやイーサリアムなどの基軸通貨でしかやり取りできませんが、 Changellyであれば約60種類の通貨を簡単に交換することができます。 効率的に利益を上げるため短時間でトレードをしたい人には向きませんが、 長期保有している仮想通貨を確実に両替したい場合には有用です。 第25位 Localbitcoins(ローカルビットコイン) Localbitcoinsは、フィンランドのヘルシンキに拠点を構える取引所。 誕生は2012年とそれなりの歴史があり、ユーザー同士が直接取引できる OTC取引所として知られています。 取扱通貨は ビットコインのみとなりますが、 対面取引をはじめPayPalやクレジットカード、アマゾンギフト券など、さまざまな決済方法に対応しているのも魅力です。 気になる取引所が複数ある人は、ぜひ比較してみてくださいね! 取引所 主な魅力 手数料 取扱通貨 日本語 BitMEX 大手 -0. いくつかの切り口に分けておすすめしていきます。 初心者におすすめの取引所3選 海外取引所は、 初心者にとってやや敷居が高い存在かもしれませんが、使いやすい取引所というのもたくさんあります。 その中でも特におすすめなのが BINANCE。 BINANCEは世界一の取引所と言われるだけあり、誰にとっても使いやすい設計になっています。 また、大手で信頼性も高いので、登録して後悔することはまずないでしょう。 あとは、 BitMEXと BitZもシンプルで使いやすい取引所です。 BitMEXについては信頼性も高く、 トータル的にバランスの取れた取引所だといえます。 取引所の併用でリスク分散しよう! 投資には 「卵は一つのカゴに盛るな」という格言があるのをご存知でしょうか? 一つの取引所で取引をしていると、万が一その取引所にトラブルがあった際、 全ての資金を失う可能性があります。 しかし、複数の取引所を利用していれば資金が分散されていますので、全資金を失うリスクがなくなるのです。 また、それぞれの取引所の長所を組み合わせることで、 より賢く取引することもできますよね! そのため、 自分が使いやすい取引所を複数登録し、資金を分散しながら取引するのがおすすめです。 海外取引所のメリット なぜ 上級者ほど海外取引所を活用するのでしょうか。 国内取引所と比較したメリットを確認しましょう。 仮想通貨の種類が多い• 手数料が安い メリット1: 仮想通貨の種類が多い 海外の取引所は取扱銘柄が多く、 日本の取引所では扱っていないアルトコインを購入できるというメリットがあります。 日本の取引所では、現在新規登録を中止しているコインチェックを除けば、 bitFlyer や DMM ビットコインの7種類が最多です。 対して海外には、 600種類以上の仮想通貨を取り扱っている海外取引所もあります。 また、「草コイン」とよばれる無名な通貨に投資するのも方法の一つです。 玉石混交のなかから将来性の高いアルトコインを見極める必要がありますが、 将来的に大きなリターンを期待できます。 メリット2: 手数料が安い 海外取引所を使うと、アルトコインの 取引手数料を安く抑えられる傾向があります。 国内取引所では、 「ビットコインは取引所」、「アルトコインは販売所」と別れていることが多く、手数料が高くなりがち。 海外の取引所は アルトコインでも取引所で売買ができるため、手数料を抑えられるだけでなく、指値注文などの応用的な取引ができるんです。 海外取引所のデメリット 仮想通貨で 効率的な取引をしたいのであれば、海外取引所は最適です。 しかし、 人によってはデメリットになる場合もあるので、マイナス面もしっかりと認識しておく必要があります。 言語の壁• 信頼性が低い通貨も デメリット1:言語の壁 基本的に海外取引所は英語表記です。 英語に対して苦手意識があると、始めはストレスを感じるかもしれません。 そういった人は 日本語に対応している取引所から選びましょう。 でも、目まぐるしく状況が変化する仮想通貨市場は情報の鮮度が命。 最新の情報をキャッチするために、苦手な人でもなるべく英語に慣れておきたいですね。 デメリット2: 信頼性が低い通貨も 国内の取引所の取扱通貨が少ないのは、裏を返せば導入するときの審査が厳しく信頼性が高いということ。 海外の取引所には、公開(ICO)されたばかりで 信頼性に欠ける通貨もたくさん出回っています。 将来的に値上がりしそうか、新規性はなにか、信頼性は問題ないか、とった基準で有望な通貨を選ばなければいけません。 海外取引所でさらなるステップアップを! 海外取引所を活用できるようになると、仮想通貨取引の幅がぐっと広がります。 慣れないうちは戸惑うこともあるかもしれませんが、基本的には国内取引所と同じ。 今回おすすめした取引所のなかで気になったところをいくつか試してみて、ピンときたところをメインにするとスムーズです。 ぜひこの機会に、 自分に合った海外取引所を見つけてみましょう!.

次の

【仮想通貨おすすめベスト3】ビットコインはもう遅い!?これから上がりそうな銘柄とは!?

仮想通貨 おすすめ

「仮想通貨ウォレットの種類が多すぎて、どれを選べばいいのかわからない…。 おすすめの仮想通貨ウォレットを教えてほしい。 」 2018年1月に起きたコインチェック事件では、取引所が不正アクセスの被害を受け、仮想通貨が大量に盗まれる事態となりました。 その事件以降、セキュリティの高い 「仮想通貨ウォレット」が注目を集めています。 今回は、安全に仮想通貨の保管ができる「仮想通貨ウォレット」について解説しながら、 おすすめの仮想通貨ウォレットをご紹介します。 この記事を読むことで、ハッキングや不正アクセスの被害を最小限に抑え、安心して仮想通貨取引が行なえます。 ぜひ最後までご覧ください。 ホットウォレットの特徴として、インターネット上であればいつでもアクセスが可能なので、利便性が高い点が挙げられます。 しかし一方で、ホットウォレットはハッキング被害に遭う可能性が高く、実際に2018年1月に発生したコインチェック事件も、仮想通貨をホットウォレットに保管していたために引き起こされました。 なのでホットウォレットは、 利便性が高い 反面セキュリティに問題を残していると言えるでしょう。 ちなみにホットウォレットの中にはさらに 4種類あり、主に下記の通りです。 コールドウォレットは、ホットウォレットとは異なり物理的に仮想通貨を保管するので、ハッキングされる恐れがなく 安全性が高いのが特徴です。 ただ一方でコールドウォレットは、 紛失したり物理的に壊れてしまうと仮想通貨が取り出せなくなるので、保管方法には十分注意する必要があります。 ちなみにコールドウォレットは 2種類あり、主に下記の通りです。 Blockchainは、ウェブウォレットの中で最も歴史がある老舗のサービスで、700万人以上のユーザーに利用されており、 信頼度が高いことで知られています。 またBlockchainは、送金の際に発生する手数料が業界最安値で、さらに仮想通貨の自分専用ウォレットを 無料で作成できます。 ちなみにBlockchainで対応している仮想通貨は、下記の4種類です。 Gincoは日本の企業が運営している仮想通貨ウォレットのサービスで、アプリをお手持ちのスマートフォンにダウンロードすることで、誰でも簡単に利用できます。 Gincoの一番の特徴は、シンプルで使いやすい操作画面で、 難しい仮想通貨の管理を初心者でも簡単にできる点です。 またGincoは、 クライアント型と呼ばれるハッキングに強い管理方法を採用しており、セキュリティ面でも安心して利用できるのも特徴的です。 Electrumは、パソコン上で利用できるビットコイン専用の仮想通貨ウォレットで、デスクトップウォレットが登場した初期の段階から存在しています。 特にElectrumはセキュリティの設定が簡単で、使いこなせば非常に硬い財布として機能します。 また、Electrumは 操作自体が簡単なので初心者の方でも機能をフル活用でき、慣れてくれば自分好みの設定で仮想通貨の管理が可能です。 GMOコインは、IT業界大手の「GMOインターネット」により運営されている国内最大級の取引所で、 これまでハッキング被害などの大きなトラブルがなく、初心者でも安心して仮想通貨が預けられます。 またGMOコインでは、入金・出金・送料などの基本的な 手数料がすべて無料なので、運用コストが非常に安いのも特徴的です。 下記の公式サイトから 無料で口座開設できますので、今から仮想通貨取引を始めたい方に一番おすすめできる取引所です。 Ledger Nano SはUSBタイプの端末で、これまで紹介しました4つのウォレットとは異なり、 仮想通貨を物理的に保存できます。 特にLedger Nano Sは、一個1万円以上もするにも関わらず全世界で10万人以上が利用しているので、人気の高さが伺えます。 また、Ledger Nano Sに対応している仮想通貨は27種類あり、さらにウェブウォレットと連携することで、 100種類以上の仮想通貨を保管することも可能です。 bitaddressのサイトでは、ランダムな数字を入力することで、自分専用のビットコインアドレスと秘密鍵を作成できます。 また、bitaddressサイト内の「Paper Wallet」をクリックすると、アドレスと秘密鍵の情報を紙に印刷できますので、 ビットコインを長期間保管する際は一番安全と言えるでしょう。 下記の公式サイトから 無料で利用できるので、一度確認することをおすすめします。 仮想通貨は電子データなので、現金のように実物を確認できず、パソコン上の数字のみで確認しなければなりません。 なので、別のウォレットから送金する際に、数字の入力を誤って間違ったアドレスへ送金してしまうケースがまれに発生します。 特に仮想通貨取引の場合、 間違ったアドレスへ送金された仮想通貨を取り戻すことはほぼ不可能なので、送金の際はしっかりとアドレスを確認するようにしましょう。 これはコールドウォレット全般に言えることですが、そもそも仮想通貨を保管している財布が紛失してしまうと、仮想通貨も消えてしまいます。 また、ハードウェアウォレットの場合は故障しても、購入時にパスフレーズと呼ばれる暗証番号さえ残しておけば復元できます。 なので 秘密鍵・パスフレーズ・アドレスは紙に書き留めておき、厳重に保管しましょう。 おすすめの仮想通貨ウォレット【まとめ】 今回は仮想通貨ウォレットの種類について解説しながら、おすすめの仮想通貨ウォレットを紹介しました。 要約すると下記の通りです。 おすすめの仮想通貨ウォレット• :ウェブウォレットの中で最も信頼度が高い• :日本の企業が運営しているスマホアプリ• :自分好みの設定ができるデスクトップウォレット• :国内最大級の取引所で、これまで大きなトラブルがない• :USB端末のハードウェアウォレット• のサイトを利用したペーパーウォレット 仮想通貨取引を行う上でウォレットは、セキュリティ面を考えると必ず導入すべきツールです。 まず初心者の方は 「GMOコイン」で口座を開設し、 「Blockchain」と 「Ginco」を利用ながら仮想通貨ウォレットの扱いに慣れましょう。 そして 「Electrum」や 「Ledger Nano S」を利用し、さらに 「bitaddress」も活用することで、お手持ちの仮想通貨を安全に管理できます。 特に仮想通貨を管理する際は、自分自身で可能な限りセキュリティ管理を行い、リスクを最小限に抑えることが大切です。 この記事を参考に、あなたも仮想通貨ウォレットを活用しながら安全に資産運用を行いましょう。

次の

【2020年ランキング】おすすめのビットコイン(仮想通貨)取引所を比較!|イケハヤ大学【ブログ版】

仮想通貨 おすすめ

2020年4月25日現在において、世界中には数千種類のが存在すると言われている。 しかし、いざ仮想通貨を購入しようと思っても、「どの仮想通貨を買えば良いかわからない」という声も少なくない。 そこで、今回は、仮想通貨の選び方について整理した上で、初心者の方におすすめできる将来性の高い銘柄とそれらを購入できる国内のをご紹介する。 仮想通貨のおすすめの選び方 まず、投資対象とする仮想通貨を選ぶ上で、重視すべき項目は下記の3点である。 通貨としての信頼性 1つ目は、通貨としての信頼性である。 基本的には、国内の仮想通貨取引所で取り扱われているホワイトリスト入りしている仮想通貨は、他の仮想通貨と比べると、安全性や信頼性が高いと考えられる。 ただし、ホワイトリスト入りしている通貨の安全性を金融庁が保証している訳ではない点については、注意が必要である。 マーケットにおける流動性 2つ目は、マーケットにおける流動性である。 一般的には、時価総額の大きな仮想通貨ほど、流動性が大きくなる。 そのため、投資すべき仮想通貨の銘柄選びに際しては、十分な時価総額があるかどうかを確認するべきである。 ボラティリティの高さ 3つ目は、ボラティリティの高さである。 多くの場合、ボラティリティがなければ、仮想通貨投資で利益を上げることは難しい。 ボラティリティを確認するには、仮想通貨の価格チャートを見る必要がある。 仮想通貨おすすめ銘柄ランキングTOP5 上記を踏まえ、仮想通貨おすすめ銘柄ランキングTOP5を紹介する。 1位 ビットコイン(BTC) 1番目におすすめの銘柄は、ビットコイン(BTC)である。 ビットコイン(Bitcoin)は、2008年にサトシナカモトによって公開された「」がきっかけとなって開発され、翌年の2009年から稼働しているシステムである。 ビットコイン(Bitcoin)の一番の特徴は、P2P技術に基づく分散型のシステムによって、公的な発行主体や管理者が存在しない非中央集権型の電子決済システムを実現した点にある。 従来の決済システムは、第三者的な仲介者が存在することで、取引が成立していたが、ビットコイン(BTC)の場合、この仲介者が存在せず、参加者全員で管理する世界初の分散型の決済システムを構築したことが画期的なポイントである。 上記に加えて、ビットコイン(BTC)は、数多くの仮想通貨の中で、事実上の基軸通貨としての役割を果たしており、現在存在するほとんどのアルトコインの価格はビットコイン(BTC)の価格に少なからず影響を受けている。 また、ビットコインから分裂したり派生した通貨も少なくない。 このような背景もあって、ビットコイン(BTC)は数多く存在する仮想通貨の中でも、きわめて中心的な存在であり、仮想通貨投資を始めるに際しては、真っ先に投資対象として検討すべき銘柄の一つと言える。 2020年4月に公開された120銘柄以上を評価対象とするWeiss Ratings社による仮想通貨格付ランキングでは、ビットコイン(BTC)は総合1位に選出されている。 参考: ビットコイン(Bitcoin)を購入する上で、おすすめの取引所は下記の通り。 DMM Bitcoin (DMM ビットコイン) を運営する株式会社DMM Bitcoinは、DMM. com証券を傘下に抱える合同会社DMM. comのグループ会社。 売買コストの低さとレバレッジ取引の種類の豊富さに定評がある。 スマホアプリでは様々な注文方法に対応していることで知られている。 DMM. com証券を通じて培った金融サービス運営のノウハウを有していることを強みの一つとしており、サーバーの強度に関しては、国内屈指の水準を誇る。 現物取引が可能なのは、ビットコイン、イーサリアム、リップルのみであり、他のアルトコインはレバレッジ取引での売買となる点には注意されたい。 取扱仮想通貨 9種類 手数料 販売所:スプレッド 最低取引数量 0. 001BTC スマホ対応 注文・分析に優れたスマホアプリ セキュリティ 顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理を実施 Coincheck(コインチェック) を運営するコインチェック株式会社は2012年の創業。 2018年1月に大規模なハッキング事件(参考:)に見舞われたが、東証一部上場のの傘下で、経営再建を図り、平成31年1月11日に仮想通貨交換業登録を完了した。 サービスの使いやすさに定評があり、2019年12月時点で、スマホアプリの累計ダウンロード数は270万を記録している。 取引手数料は無料。 国内では最多となる12通貨に対応しており、国内ではでしか取り扱っていないアルトコインも少なくない。 代表取締役を務める蓮尾 聡氏は、の理事(非常勤)を務めている。 CryptoCompareの仮想通貨・暗号資産取引所ランキングでは、世界第9位に選出されており、国内の仮想通貨取引所の中では、ナンバーワンの月間取引高を誇る。 スマホアプリが使いやすく、アプリ経由でFX取引を行うことも可能である。 創業者の加納裕三氏は、の代表理事を務めており、 グループ子会社のでは、ブロックチェーン技術の開発や普及に注力している。 取扱通貨の種類 9種類 手数料 取引所:0. 01〜0. 001BTC/販売所:0. 初心者の方にも十分におすすめできます (20代 女性) 2位 イーサリアム(ETH) 2番目におすすめの銘柄は、イーサリアム(ETH)である。 2015年7月に登場したイーサリアム(ETH)は、ビットコイン(BTC)に次ぐメジャーな仮想通貨であると言われており、時価総額もビットコイン(BTC)に次ぐ第二位となっている(出典:)。 ビットコインの技術を応用し、Vitalik Buterin氏によって開発されたイーサリアムだが、ビットコイン(BTC)が決済に利用される仮想通貨であるのに対して、イーサリアム(ETH)は分散型アプリケーション(Dapps)のプラットフォーム内で使用される通貨として開発された経緯がある。 イーサリアムの独自の特徴の一つとして、スマートコントラクト機能が挙げられる。 スマートコントラクト機能とは、簡単に説明すれば、契約の自動執行のことであり、条件を満たした場合に自動的に契約を実行するための仕組みのことを指す。 契約情報はブロックチェーン上の書き込まれるため、改ざんされるリスクが少なく、契約の履行に第三者を介する必要がないため、コスト面でも競争力があると言われている。 2020年4月に公開された120銘柄以上を評価対象とするWeiss Ratings社による仮想通貨格付ランキングでは、イーサリアム(ETH)は総合2位に選出されている。 については、Plasma等のソリューションによって解決が図られようとしており、具体的な解決手法が日々議論されている状況である。 参考: イーサリアム(Ethereum)を購入する上で、おすすめの取引所は下記の通り。 初心者の方にも十分におすすめできます (20代 女性) 3位 リップル(XRP) 3番目におすすめの銘柄は、リップル(Ripple)である。 リップル(Ripple)は、決済システムに特化したプラットフォームである。 そのため、厳密に言えば、リップルネットワーク内で用いられるXRPが仮想通貨としての役割を果たすことになっている。 リップル(Ripple)は、中央集権的な管理主体が存在しないビットコインと異なり、リップル社という企業体によって運営されている。 リップル(Ripple)は、分散型台帳技術を利用しているが、その仕組みはビットコイン(Bitcoin)に代表されるパブリック型のブロックチェーンとは大きく異なっている。 具体的には、リップル社によって「信頼できる参加者である」と認定されたバリデーター(ユニークノードリスト:UNL)と呼ばれる承認者によって検証が実施され、一定数のバリデーターが「この取引は正しい」と認めることによって、合意形成を図る仕組みを採用している。 リップル(Ripple)の優れたポイントの一つとして、処理速度の速さが挙げられる。 実際、ビットコイン(Bitcoin)の場合、決済処理時間は最短でも10分かかってしまうのに対して、リップルの場合、最短4秒で決済が完了する。 これらの特徴に基づき、リップル(Ripple)には異なる通貨同士を接続する「ブリッジ通貨」としての役割が期待されている。 2020年4月に公開された120銘柄以上を評価対象とするWeiss Ratings社による仮想通貨格付ランキングでは、リップル(Ripple)は総合4位に選出されている。 参考: リップル(Ripple)を購入する上で、おすすめの取引所は下記の通り。 仮想通貨初心者ですが、使い方をマスターできることが嬉しい。 (50代・女性) 4位 ビットコインキャッシュ(BCH) 4番目におすすめの銘柄は、ビットコインキャッシュである。 ビットコインキャッシュは、2017年8月にビットコインのハードフォークによって誕生した仮想通貨であり、基本的な仕様はビットコインのそれと類似している。 ブロックチェーンのブロックサイズを大きくしたことによって、ビットコインが抱えていたスケーラビリティ問題の解消を図ろうとしていることがビットコインキャッシュの最大の特徴である。 具体的には、ビットコインのブロックサイズの上限は1MBだが、ビットコインキャッシュでは、ブロックサイズの上限を8MBに拡大することによって、スケーラビリティ問題の解決を図っている。 ビットコインキャッシュを購入する上で、おすすめの取引所は下記の通り。 初心者の方にも十分におすすめできます (20代 女性) 5位 ライトコイン(LTC) 5番目におすすめの銘柄は、ライトコイン(LTC)である。 ライトコイン(LTC)は、ビットコインのソースコードをもとに2011年10月に開発された仮想通貨である。 ビットコイン(BTC)を金だとすれば、ライトコイン(LTC)は銀であると言われることがある。 2020年5月7日時点で、時価総額は第7位である。 ビットコイン(BTC)のブロック生成時間が約10分であることに対して、ライトコイン(LTC)のブロック生成時間は約2. 5分であり、決済スピードに優位性を持つ。 また、ビットコイン(BTC)の発行上限枚数が2,100万枚であるのに対して、ライトコイン(LTC)の発行上限枚数は8,400万枚であることも押さえておきたい。 2020年4月に公開された120銘柄以上を評価対象とするWeiss Ratings社による仮想通貨格付ランキングでは、ライトコイン(LTC)は総合5位に選出されている。 ライトコイン(LTC)を購入する上で、おすすめの取引所は下記の通り。 世の中に存在する仮想通貨の種類は、で確認することができる。 また、それぞれの仮想通貨の価格をグラフ化した仮想通貨のチャートは、CoinDesk Japanウェブサイト内の「」でも見られる。 を購入することできる仮想通貨取引所としては、、、等が挙げられる。 また、過去に草コインと呼ばれる時価総額の低い仮想通貨に投資する「草コイン投資」が流行したことがあったが、草コインの多くは、仮想通貨(暗号資産)としての信頼性が低く、国内のでも取り扱われていないため、弊サイトでは、草コインを購入することはおすすめしていない。 仮想通貨を購入した後は、自身で用意したウォレットで保管 した後は、ハッキングリスクを抑えるために、自身のウォレット内で仮想通貨を保管することを推奨する。 ウォレットの種類としては、ウェブウォレット、モバイルウォレット、デスクトップウォレット、ハードウェアウォレット、ペーパーウォレットなどが存在するが、利便性とセキュリティの高さの観点から、ハードウェアウォレットで保管することを心掛けたい。 主なウォレットの種類については、下記の通り。 ウェブウォレット ウェブウォレットとは、サービス提供者のサーバー内で仮想通貨を管理するタイプのウォレットのことを指す。 利便性の高さが特徴であり、インターネットがつながる環境下であれば、いつでもアクセスすることができる。 その一方で、セキュリティ面については、サービス提供者に依存することになる点には注意が必要である。 モバイルウォレット モバイルウォレットとは、iPhoneやAndroid上のアプリとして動作するタイプのウォレットのことを指す。 QRコードが利用できる点や持ち運びができる点が特徴であり、実際の店舗で利用する場合は、最も利便性が高いウォレットの一つであると言える。 一般的には、ウェブウォレットよりも安全性が高いと言われている。 デスクトップウォレット デスクトップウォレットとは、自身のPC上にインストールし、ローカル環境で管理するタイプのウォレットのことを指す。 ウェブウォレットよりもセキュリティ面で優れていることが利点として挙げられる。 ハードウェアウォレット ハードウェアウォレットとは、専用のハードウェア端末に仮想通貨を保管するタイプのウォレットのことを指す。 オフライン環境下で保存することは可能であり、セキュリティ面で優れていることが利点として挙げられる。 ただし、ハードウェアウォレット自体を紛失するリスクには注意する必要がある。 ペーパーウォレット パーパーウォレットとは、秘密鍵や秘密鍵を復元するためのパスワードを紙などの物理媒体に転記し、保存するタイプのウォレットのことを指す。 ハードウェアウォレットと同様、オフライン環境下で保存することが可能であり、非常に高いセキュリティ性能を誇る。 ただし、ペーパーウォレット自体を紛失するリスクには注意する必要がある。

次の